• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

NATOは2024年までに加盟国の国防費を国内総生産(GDP)比2%に増やす目標を設定。ソ連崩壊後、欧州「平和の配当」として国防費軽減の動き。一時ロシアの脅威事実上ないとの決定。米国軍産複合体の圧力が国際化。当然日本への増額要請が来る。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NATOは2024年までに加盟国の国防費を国内総生産(GDP)比2%に増やす目標を設定。ソ連崩壊後、欧州「平和の配当」として国防費軽減の動き。一時ロシアの脅威事実上ないとの決定。米国軍産複合体の圧力が国際化。当然日本への増額要請が来る。

2018-07-13 09:06
  • 9

A-1;事実関係 NATO首脳会議が閉幕 国防費「公平な分担」へ行程表(2017/5日経)

 

北大西洋条約機構(NATO)は25日、ブリュッセルの本部で首脳会議を開き、欧州加盟国の国防支出増額や過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦への支援拡大で合意し、閉幕した。初参加したトランプ米大統領の要請にひとまず欧州側が応えた格好だ。ただトランプ氏は欧州側が期待していた「集団防衛」への決意を間接的に示したものの明言はせず、米欧の結束になお不安を残す会議となった。

 首脳会合では加盟国の国防費の負担を巡りトランプ氏が求めていた「公平な分担」の実現で一致した。NATOは2024年までに加盟国の国防費を国内総生産(GDP)比2%に増やす目標を設けているが、現時点で達成したのは米国、英国、ギリシャ、ポーランド、エストニアの5カ国のみ。全加盟国の達成を確実にするため、今年12月までに国

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2018-07-19 09:06
チャンネル月額: ¥108 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
米国にしろ、ロシアにしろ、中国にしろ、軍事力を強さの源泉としている国は、現在の軍事的脅威を問題にしているのではないでしょう。

将来を見据えた軍事力の強化が,強国にとって不可欠であり、軍事産業の育成強化は欠かせないのでしょう。たとえ、平和的な外交交渉があっても、軍事費削減は、即、軍事開発の遅れを意味し、戦いに敗れることであり、強国が取る道とは言えない。人間のとてつもない愚かさであるが、愚かさを悟った方は、敗者の道をとることであり、なかなか踏み出せない、
6日前
userPhoto
p_f
×
地球に巣食った癌細胞、あるいは水虫の軍産複合体。
もはや埼玉県と東京都の戦争などあり得ないが、ドイツとフランスにしてもまた然り。
得体の知れない火星人でも攻めて来ない限り、国を含めた地域集団同士の問題は、武力に訴えず対話で妥協点を見出すのが過去の失敗を踏まえた現代人の知恵だ。但し米国だけは例外であり続けている。上記癌細胞に侵されているからどうしようもない。「米国の全ての経済成長は、様々な戦争によって促進されてきた」-G.W.ブッシュもそう明言した。

> 軍産複合体の圧力が国際化してきたといえる。

いよいよ癌細胞が彼方此方に転移し始めたのか。
しかし、かつてアーミテージは「石器時代に戻りたいのか」とパキスタンを脅している。日本でもニコニコで孫崎さんとやり合った「沖縄はゆすりの名人」のケヴィン・メアが「尖閣は頑張れ。イージス艦を買え。F35を買え」-と圧力?をかけていた。
件の「国際化」がより目立ってきたということか。
それとも、日本だけの希少種、「ジャパン・ハンドラー」が彼方此方の国にも棲息が確認され「よかよか」という事態なのか。
6日前
×
米国の國際活動に他国を説得できる大義らしいものが無くなって久しい。NATO軍、これって、ソ連、つまりソ同盟が共産主義という大義を掲げてヨーロッパ全土を席捲するのでは困るということで出来上がった軍事同盟ですよね。ソ連が隙をみせればすかさず攻め寄せ共産主義ソ連を倒してしまう目的をも固く抱いていたのです。その限りでは、ナチスと同様の理念がそこにある。しかし、考えても見ましょう。ソ連はCIAの買収工作でKGBの一部を腐敗させ、エリチェンという米傀儡を誕生させ、変貌させ、ソ連は崩壊したのです。マヤ帝国みたいにね。その後、これが米強欲の目的なんだが、ロシアは米ウオール街の略奪をとことん受けたのです。ロシアの良識が怒り、ロシア民族主義に火が付き、新規のロシア連邦が誕生した。ざっと言えばそんなことです。従って、現代ロシアにはNATOが怖がるものは無いのです。であるが、NATO解体に手がつかない。何故だ?それは米兵器産業の売り上げを支える為に必要だからでしょう。因みに、ウオール街略奪の主犯はレーガン時代の副のジョージ・ブッシュ、その後の4年間のブッシュ大統領、クリントン大統領だということが明らかになっている。勿論、ブッシュジュニアは犯行データを償却したが、諸々の証言があり二人の犯罪は確定しているのです。

ドイツ、スペイン、イタリアは上記の事情に明るく米国の盗人根性にはうんざりしているみたいですね。NATO冥加金の低率にそれが現れて居ます。ポーランドはロシア嫌いが根本にありヨーロッパの沖縄を目指しているとの報道がある。勿論、フィジカルな意味です。マインドやセンチメントは真逆であることは言うまでもありません。

イスラム国は不思議な存在です。イスラエルのモサド、サウジの情報機関がそのパトロンで、その兵士は全部が傭兵で、ヨルダンの原野でテロ訓練を、言わば、米国の第五列が行っていることは米CIAのセンサーを受けて居ないメデイアの世界では常識です。ここで明確に言えるのは「米国は建国以来平気でフェイクする国だ」と思いますよ。

日本は米国の州の中でも米国の戦争屋に「忠誠(チョンソン)」しているユニークな州ですから、思いやり予算を増やそうと日本人に訴えオケするでしょう。今の状況では日本の良識程度では止められません。悲しいことです。ただ、中国はプーチンからミサイル制御技術をそっくりいただいて更に強くなったとの報道があり、日本州の「星条旗ファシスト」と言えども中国には手が出なくなっているはずでちょっとだけ安堵しますが。
6日前
×
>>2
埼玉と東京との関係と独仏関係を一緒にしてはいけません。

独仏間ではもう戦争はありえない、ということは孫崎さんも
おっしゃっていますが、甘い。
ソビエト連邦もユーゴスラビア連邦も解体しました。
それに比べればEUなどの命運がいつまでもつか。

そんなことは国際間の年表をじっと見れば誰にも理解できることです。
国家間には永遠の敵も永遠の味方もいないことは。

日本も日英同盟からいくらもたたずに鬼畜米英でした。
そして、鬼畜米英からすぐ米国のアナルなめ国家へ、(下品で失礼、
誰かが似た言葉を使っていたような気がするので)。

独仏はあと10年くらいは戦争はないと私も思います。
(グルジアとロシア連邦を思い出して)。
しかしそう言い切れるのはせいぜい10年です。

例えばドイツで右翼政治家が人気を持つようになり、
アルザスはドイツだ、フランスはドイツに返せ、と
アジったらどうなるか。
(アルザスは実際ドイツです、かの地の住人が話す言葉は
アルザス語と言われますが、それは政治的呼び名で、
実際はドイツ語です)。

もう、独仏は戦争前夜となります。
6日前
×
付け加えると、独仏の経済格差が拡大して
アルザスの住民がドイツ帰属を求めるようになり
住民投票を強行し、それをフランスが軍隊で弾圧し
多くの死者が出た場合、ドイツ世論は...
6日前
×
ロシアはこの20年間ずっと軍事費をふやしつづけ、「はじめて減った」というのがニュースになるほどです。
https://www.cnn.co.jp/world/35118702.html

記事によれば最近のロシアの軍事費はGDPの4から5%台であり、軍備の近代化を急いでいるようですね。

そしてロシアはたとえばシリアに兵力を展開してアサドの後ろ盾となっています。そこから発生するシリア難民が、Brexitの一因であり、独仏等にも深刻な影響を与えていること等も考えると、NATOとしてロシアを想定した軍事費増強が必要だというトランプの立場は、わたしは理解できるとおもいます。

具体的にNATO各国の軍事費がどのくらいが「適正」なのかは私にはわかりませんが、少なくとも孫崎さんが「冷戦が終結し、ソ連の脅威が軽減した」ということだけを述べて、その後のロシアの軍事的動向に触れないのは、やはり詐術に近いというべきなのではないでしょうか。

なお、「アナルなめ」というのは、調べてみると風俗における特殊なプレイの名称のようですね。ケツナメという意味で使ってるのはわたしは見たことがありません。アナルは形容詞で舐めることはできないし。どこで「アナルなめ」なんてことばを知ったんだか 大笑
6日前
×
ところで、なんでもかんでも「軍産複合体」のせいにするのなら、いっそ建国から現在に至るまでの北朝鮮もその背後に「軍産複合体」がいてコントロールされていると考えるのが、論理的に徹底しているとおもいます。

実際にそういうことを言ってるのが馬淵睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)ですね。彼によると、北朝鮮だけでなく、ロシア革命とソ連、中国にいたるまで、「軍産複合体」の成果物であり、プーチンとトランプは反「軍産複合体」どうしのきずなで結ばれているということになります。

一方、このブログ界隈でみかける、なんでもかんでも「軍産複合体」のせい論者はこれとは異なっていて、

世界は「軍産複合体」という悪の帝国で支配されている。どのくらい悪いかというと、もう悪くて悪くて言葉にできないほど悪い。
一方、ロシア、中国、北朝鮮という光の帝国がこれとたたかっている。光の帝国は良い。どのくらい良いかというと、もう病人も治り、水の上を歩きだすほど良い。
世界は悪の帝国と光の帝国というふたつの勢力のたたかいが続いているが、最終的には光の帝国が勝つ。

という、世界認識のようですね。どうなんでしょうねえ。
6日前
×
けつなめはアナルなめとは違うぞ、と論陣をはると
思っていたが、案の定。
だから、かれは幼稚と言われる。
だから、似た言葉とかいたでしょう。

小学生君。

さて、風俗嬢たちがその言葉を厳密に区別しているだろうか。

私の推測だが、朋輩どうしでの会話では普通にけつなめと
言っている気がする。

ま、行ったことがないので厳密な議論ができないので
この辺でやめとく。
5日前
×
風俗嬢に詳しいようですね。 わはは。
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。