• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

重要:安倍氏の嘘と詭弁、海外の日本人を米軍艦が救出することはない。辻元氏ブログ引用。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

重要:安倍氏の嘘と詭弁、海外の日本人を米軍艦が救出することはない。辻元氏ブログ引用。

2014-06-12 21:49
  • 7
 

安倍首相は5月15日の記者会見で次のように述べている。

「今や海外に住む日本人は150万人、さらに年間1,800万人の日本人が海外に出かけていく時代です。その場所で突然紛争が起こることも考えられます。そこから逃げようとする日本人を、同盟国であり、能力を有する米国が救助、輸送しているとき、日本近海で攻撃があるかもしれない。このような場合でも日本自身が攻撃を受けていなければ、日本人が乗っているこの米国の船を日本の自衛隊は守ることができない、これが憲法の現在の解釈です。(PKO関係省略)

 皆さんが、あるいは皆さんのお子さんやお孫さんたちがその場所にいるかもしれない。その命を守るべき責任を負っている私や日本政府は、本当に何もできないということでいいのでしょうか。内閣総理大臣である私は、いかなる事態にあっても、国民の命を守る責任があるはずです。そして、人々の幸せを願ってつくられた日本国憲法

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
仕事や旅行などで外国に行った時に、付近で武力紛争が始まったとして、米軍だろうと自衛隊だろうと、武装した組織に救助を求めることは、最も紛争に巻き込まれる危険が高い選択です。
武力紛争は決して突然起こる訳ではなく、必ず前兆があるはずですから、早めに自力で非難することが必要です。
また、米軍は米国人やグリーンカード所有者などについては保護をすることが任務になっていますが、「日本人の保護」という項目はないと思います。5月15日の記者会見での発言は、「福島の汚染水はアンダーコントロール」や「日本の原発は世界一安全」と同様のウソだと思います。
40ヶ月前
×
ここ4,5年、日本の政治をウオッチしているけど、嘘ばっかり。関西のどこかの市長が言ってるけど「弁護士と政治家は嘘つくのが仕事だ」と。また大半の国民は嘘に慣れっこ。むしろ喜んどる。こんな現象、日本だけかと思ったら、米国の高官も嘘ばっかり。ただ米国は嘘が後でばれるし、「嘘つき」というそれなりのレッテルが貼られるだけ日本より米国が少しはましか。

中国と日本が小競り合い始めるのだろうな。金門馬祖みたいな。実際はもう始まってるけど。お互い嘘の応酬を本格化させるんだろうな。ただ、インタネットでいろんなソースを検索できるからどっちか正しいかが素人にもだいたいわかるからいいけど。

中国の軍事力は5年以内に米国を超える。米国とロシアがそう言っている。それまでに何とかしようとしてるのかな。でも平和憲法が完全に無傷で残っているから、それだけが安心。国民は憲法に従えばいいんだ。
39ヶ月前
×
民主主義国家は、民意を大切にする、議論を大切にする。賛否が伯仲し、議論を繰り返しても半々の拮抗した状態が続けば最後は多数決で決める。この国で行おうとしていることは、民意が反対:酸性=2:1ぐらいでも、民意を無視し、議論はおざなりにし、アリバイ作りだけ、国会議員で多数決で決めようとしている。民意を代表していなくてもよいという考え方に基づいている。国の方向を決める大切なことがわかっていながら、決めることが先決であり、独断専行が続いています。
この国の国会議員は、議員に選ばれると舞い上がり、何をやっても許されると大きな勘違いをした人が多くなっている。おかしな国である。誰からお金をもらっているか、だれから選ばれたか、不特定多数だと無視するが、大企業など諸団体だと、ペコペコして利権を認める活動に余念がありません。公共性欠如の国会議員の増殖は、全体主義がのさばることになるのでしょう。安保で屈辱を味わい、集団的自衛権といえばなにか問題なさそうだが、実態は米軍従属化されることであり、二度の屈辱というより、TPPも加わって民族が米国に吸収されるということであり、もっと時間をかけて議論すべきだと思うが、おかしな民族になってしまったといえる。無念さが募ります。
39ヶ月前
×
NO.3の酸性は賛成の誤りです。
39ヶ月前
×
米国の第一の同盟国英国が中国の経済力に屈服せざるを得なくなっている。この一年で、大きく世界の力関係が変わることがわかっているから、米国は焦っているが、日本が付き合う必要はなく、一年は様子見を決め込んだほうが国益にかなうのではないか。
39ヶ月前
×
>>5
全くそう思います。強いて言えば、一年と言わず、折角取ったオリンピック開催まで、世界の様子を観ながら、全方向微笑外交に徹するのが最も実りある成果を上げると思うのですが、とても残念です。

日本の国会議員は貴兄がおっしゃるように米国にがんじがらめになっているのみならず、私の診断では深刻なSINOPHOBIAという病気に罹っています。この病気は心をやられますから、全体像が見えなくなってしまっています。本当に残念ですが、後戻りできないと覚悟してるんですけど。平和憲法が私のバイブルですから、平和憲法に磨きをかけてライフボートを演じさせなくちゃと思ってます。
39ヶ月前
×
>>6
先人たちが、苦労して日中友好条約を結び、戦後を脱皮できたと喜んでいたが、どういう目的があって対立するのか分からないが、中国と対立してしまう。時には対立があっても構わないが、対話外交がまったくできない状況に追い込んでしまう。ベトナムに遠く及ばない。民主主義の基本である議論をするという学習が欠けているといえます。党首討論を聞いていてもまったくかみ合わない。ジェスチュアーを交えて自分の主張を繰り返すのみ。相手の話を聞こうとしません。これではお友達ではない中国と外交交渉などできないなと納得しています。戦争は対話がなくなり自己主張が強くなりすぎると起きることを理解せず、相手と真摯に議論する頭脳がなくてはいかんともしがたい。
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。