• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 麻雀最強戦2016 歴代最強位代表決定戦 レポート

    2016-09-22 19:00
    沢崎、得意の「引き出し」で決勝進出!

     歴代最強位代表決定戦は、同時に最強戦の歴史を思い起させる場でもある。対局開始前、配信の解説を務める張敏賢(第19期最強位)が各選手に熱心にインタビューをしていた。
    c6d16ac7b411d7600c979c1f0299c6a612a7739b

    張「放送を見る人には、各最強位がどのような時代に、誰を相手に、どんな勝ち方をしたのか知らない人も少なくない。ですから、解説の中でそこにも触れていきたいと思いまして」

     初代最強位の片山まさゆきから現最強位の前田直哉まで実に25年以上の隔たりがある。片山や小島武夫(第2期最強位)が優勝したのはバブル時代の真っただ中。片山が雀鬼会会長の桜井章一さんの代走として出場し、そのまま優勝したこととや、小島が優勝した後、会場地下のバーで関係者全員に奢って賞金を一晩で使い果たした話を知らない人も多いだろう。

     第12期最強位の森山茂和は、準決勝で故・安藤満や前原雄大を相手に勝ち上がり、決勝では沢崎誠(2013最強位)や、多井隆晴を倒して優勝している。また、オーラスを四暗刻ツモで逆転優勝し、表彰式ではプレゼンターから「見事な役満だった。感動した!」と小泉純一郎・元総理の名セリフをもじった挨拶をされた鈴木たろう(第15期最強位)。そして、福田聡(第20期最強位)が勝った時は、初めてニコニコ生放送で対局が配信された記念すべき年でもある。

     そんな新旧レジェンド達が集う今回の代表決定戦。A卓は鈴木・水沼利晃(2012最強位)・小島・沢崎の組み合わせで始まった。
    26982dfe567cdc61ae443f6520ae580da9d5bab2

     多くの人が本命視していたのが鈴木たろうだったが、南1局の親で、沢崎のタンピンイーペーコードラ3のハネ満に放銃し、圏外に去る。
    ff40796f9f3ae3d373b8e48d0ae021f5d6c58dac

    2bea57d93ffa746e418726a6d873dbe9f86ad0af

     残り3人が僅差の競り合いの中、南3局でトイトイをアガった水沼が一歩リード。
    ac78919a2a0a423f5edc7ae090906b02f308425f

    a71d871c9fe8782c4bac914c6bdc65c2402f6a64

     残る1つの椅子をラス親・沢崎と小島が争う構図となった。
    179a259c44441b5a01c1549a299713495dc809e7

     オーラス。3700点のビハインドを追う小島は、タンヤオ含みドラ1の手でpai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpg待ちのリーチ。
    394f6141a647248abc3961ceb9882a523ce0157b

    634383ee152ad152a7b746d8e6f2be0acca97476

     pai_s_6s.jpgなら文句なしに逆転。ツモか沢崎直撃、他家からでも裏ドラ1枚でOKだ。直後、沢崎は小島のロン牌を掴む。
    a0a7b71537d597cf203fd20621ce6b9c7f97c328

    95adc9ee49d28bdcfb4fa9957a525c1e8d263d55

    沢崎「pai_s_9s.jpgは嫌な予感がした。ぱっと見たら、pai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpgは山に1枚か2枚。これならオリて流局を狙う価値がある」

     危険牌を掴んだこと、そして小島がリーチ棒を出したことで、ノーテン罰符でも変わらない点差になったことで沢崎はオリる決意を固める。ところが、である。断ラスで国士狙いの鈴木が小島の無筋を飛ばしてくる。
    39e1543f49233b3bd5fabb41d5fca363a0393e64

    f35bb00fc9299932e15a52150b1479134e810bf6

     ラス親の沢崎がオリたので、次局がない。国士の可能性がある限り、アガリに向かわなければ敗退が確定してしまうのだ。そんな中、沢崎は4枚目のpai_s_9m.jpgをツモ。これで鈴木の国士が消えた。

    7d498b982d2d9470119bb096b6f195346c3ab287

    7fde1793bfee0b9d13c1362055e65abe1ceb6bc5

    沢崎「ただ、僕が分かっただけではダメなんです。たろうさんに、国士の可能性がなくなったことが伝わらなければ、彼の押しは止まらないので」

     沢崎は前巡にもpai_s_9m.jpgを捨てていた。だが、鈴木の手は直前に手変わりしている。今度のpai_s_9m.jpgは国士に捕まってしまうかもしれない。「今回の戦いで一番苦しいのがこの場面でした」と語った沢崎は、意を決してpai_s_9m.jpgをツモ切る。これで鈴木の攻撃も止み、流局。沢崎は、水沼とともに決勝進出を果たした。

    cf7646569cc029c1c37fbde57b5770eed52af83b

    4c6ef872fa58251876e376b2d484e3d0e3c305eb

     沢崎という打ち手を紹介する際、必ずと言ってよいほど出てくるのが「引き出しの多い打ち手なので‥」という言葉である。さきほどのpai_s_9m.jpg捨てもその1つだと沢崎は言う。

    沢崎「引き出しというのは、『相手が何を欲しているか』を考えれば、必然的に出てくるものです。あのpai_s_9m.jpgも普通は切らない。けど、今回は切らない方が不利になるから捨てたんです」



    冴える勝負勘が生んだ倍満

      予選B卓は、福田・藤田晋(2014最強位)・片山・森山の並びで開始。
    943cd8a0d18e5f9efe9f440eab196b2f8f2a36ad

     ここは東場で片山がサンドバッグ状態になる。
    4ffd96778831cb071269ecec9396ab0768af85e0

     東3局で福田にタンピンドラ2、東4局では森山とのリーチ合戦で親満を放銃。
    e22cea0a6d5dd7c5359b53d8bc7f1a44c7069005

    268017b2c3e334921224a0de4522cc061038e296

    90a40075d7a5dcda5daccea2a4fe11a07ceb54d3

     その後、藤田がタンヤオドラ3をツモアガり、A卓同様、三つ巴の争いとなる。
    8745844d6cbd3ee3b63d4b3668e26a071b7ee16e
    479b6eff78dc603392378096315a1a888364673d

     ここで先に抜け出したのが森山。藤田の親で満貫をツモり安全圏に。
    90d8919df512297377dff736460d9584f7465789
    74e9f68e48445f3e08850a6242fd048a0a271bf0

     オーラスはスピードを駆使した福田の仕掛けが決まり、森山・福田が決勝進出を果たした。
    6e19f1d95f7bb92f9a8c435f53ef582ceb23d11c

    c08076121c69505d430705bf909ef3f735188dff

     決勝メンバーが出そろった時、沢崎はこう思ったという。
    5ec36cadd1e3c9c3d52a873a41319ce1ac0ea0b9

    沢崎「このメンツは自分向きだと思いました。皆、良く知ってますし。森山会長はもちろん、水沼さんも一度対決してますし。福田君は以前、半年ほど同じ雀荘で仕事をしたので。この3人なら普通の手組で戦える、と」

     対局が大きく動いたのが東2局だ。親の森山がpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpg待ちでリーチをかけていた。
    adb2b2105bf3ffe55449aad3013761021fe95360
    b5957842a9d58cc1c5cb0400f7dd7d2abb9ba3a3

     これを受けた沢崎の手牌はチートイツドラ2のイーシャンテン。
    d90e8975aa3385fb6ba0a2bc061d758678c916fd

    cffbc41e0f0400f0fee902c8e6ae3f8fad92d14b

     森山の捨て牌はマンズとピンズの下が出ているだけで、沢崎の余り牌は全て無スジ。
    21c9397c3d8b5e468f1e5f6e63062f2eb5a73527

     ドラ2とはいえ、テンパイまで最低2スジを通す必要があり、かつ追いついても単騎待ちだ。アガれば高いが、ここは様子見で回る打ち手が多いのではないだろうか。

     だが、沢崎はpai_s_4m.jpgを押していく。

    f70c931b6292c47a1f8516ab07e08a9539668130

    沢崎「このときは
    pai_s_7s.jpgの方が嫌でした。pai_s_6p.jpgはリーチに中スジですが、森山さんだけに当たるかも。で、森山さんはpai_s_1m.jpgを捨てていて、pai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpgはなさそうだったのでpai_s_4m.jpgから捨てました。次にテンパったらpai_s_7m.jpgで待つつもりでした。pai_s_7m.jpgは山に1枚は残っていそうでしたし」

     沢崎は9割方、待ちは読まず、感覚的に嫌だなと思った牌だけを止めるという。特に、この日の沢崎は感覚が鋭く、「予選でツモり四暗刻をテンパったけど『アガリ牌は良くて山に1枚だな』と思いました。対局後に(解説の)前田くんに聞いたら空テンだったと。でも、今日は感覚が合ってると実感しました」と語っている。

     次巡、pai_s_7s.jpgを重ねた沢崎は打pai_s_6p.jpgで追っかけリーチ。
    439d5a5c83b851237b49c01e3bbfbdc954bd3413

     前巡に捨てたpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpg待ちの良い後押しになっている。さらに途中、森山がpai_s_5m.jpgを暗槓。そして、そのロン牌をイーペーコーのpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpg待ちでヤミテンしている福田が掴んだ。

    d83cc27d787992c597cfb89290554727df5e946f

    d25eaffc860e955b5878b707cfd57668067a6102

     本来の福田なら、捨て牌にpai_s_4m.jpgがあろうがpai_s_5m.jpgを暗槓されていようが、危険牌はキッチリ止める打ち手である。だが、半荘1回のトップ取りでファイナルの切符を掴めるという誘惑には勝てなかった。pai_s_7m.jpgで沢崎への放銃。裏ドラが4枚乗って倍満となる。

    ba745035b43d5f9240b1fcaead9727773cccce90

     この後、一旦は森山にトップを奪われるものの、ラス前に再逆転を果たした沢崎がそのままゴール。2年ぶりに最強戦ファイナルの舞台に返り咲いた。
    ec3de661759ffc1729f38b1cb6ba7b665dbc71b4

    沢崎「今回は予選・決勝を通じて僕だけツモアガリがありませんでした。次のファイナルのC卓では、最初に700・1300以上の手をアガれれば、そのまま優勝できると思いますよ」と独特の沢崎節でファイナルへの意気込みを語ってくれた。



    すげえ一打・福田聡プロ

     1人大きく沈んだ点数で南場を迎えた福田。
    8720048e31ab5d783f3b55796eb50a41a8472936

     ドラ2の手牌で早いテンパイが入ったが、ここでどう打ったか?
    4f64ccb111d3191c18cd3bef3a7f193b59624c57


    福田、打pai_s_pe.jpgでヤミテン

     昔に比べ、カンチャン待ちでもリーチをかける打ち手が増えた。だが、この手は単純カンチャンよりリャンメン変化の幅が広く、pai_s_2m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpgの4種でピンフになる形。ヤミに構えた福田は先にアガリ牌のpai_s_4m.jpgを引くが、ここで打pai_s_4m.jpgのフリテンリーチを敢行。

    5cf03135ab23d039a2998cafe43fe28f4d5f32b6

     すぐにpai_s_5m.jpgをツモって裏ドラ1枚でハネ満に仕上げたのである。
    bdb0b3b262f7c3ee85bcbaebbc307983dbaf76bf

    pai_s_4m.jpgでアガらないのは当然。あとは待ち選びの問題」と福田はサラっと語った。実はこの2メンツカンチャン(ただし19牌を含まない形)は、アガリ牌を引いたとき、2つの3メン待ちを選べるところがミソ。

    pai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpg ツモpai_s_3m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpg待ちかpai_s_2m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_8m.jpg待ちかを選択可能
    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_7m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_8m.jpg待ちかpai_s_3m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_9m.jpg待ちかを選択可能

     ドラのあるチャンス手のときほど、慎重に待つ姿勢が肝心なのだ。
  • 九州に逃亡します。

    2016-09-16 11:27
    実行委員長のカネポンです。
    明日から九州最強位決定戦、中国最強位決定戦、シニア最強位決定戦(@大阪)とあるので、それに引っ掛けて東京というか家庭から逃げることにしました。9aa0ac87ed3b045e0eaf1a002a48dc07cc8ddbe9
    別に僕が行かなくても大会は成り立つのに行くことにした、そのきっかけは3ヶ月前の夫婦喧嘩です。
    妻が娘のバレエの発表会を急遽申し込んだ、一緒に見に行こうと言ったことだ。出るのに4万円もかかるらしく、もう仮り申し込みしたと。
    「それが9月18日なんだけどあいてるよね」
    はあ?普段俺の給料安い安いと言っといてそんなどうでもいいもんに4万も?
    抗議の意味で手帳をめくる。たしかその辺は地方最強位決定戦があったはず!
    「おれその日東京おらんで。広島」
    「え、なんで?」
    「ほら、この日中国最強位の日じゃもん」
    居直って手帳を見せる。
    「えーーそうなん…」
    一瞬凹んだ妻だがどうやら母を呼ぶらしい。
    その4万はお母さんが出すからあんたが口は出せないというこことで喧嘩も終了。だが、とにもかくにもこれがきっかけで僕は西に行く決断ができました。
    妻よありがとう。
    1年ぶりに団野さん(九州最強位)高橋さん(中国最強位)に会えるのが楽しみだ。
    選手の方は超絶真剣なのでその雰囲気を出すのは失礼ですが、解説者という仕事をしつつホンネは家庭からの逃避です。
    とにもかくにも明日からです。
    九州で一番麻雀が強い人は誰だ

    中国地方で一番麻雀が強い人は誰だ

    60歳以上で一番麻雀が強い人は誰だ

    3連休、無料ですのでぜひ視聴ください。
  • 麻雀最強戦2016 男子プロ代表決定戦・因縁の対決 レポート

    2016-09-06 19:00
    重圧と戦う選手たち
     対局を終え、選手やスタッフの打ち上げの席で、阿部孝則は非常に饒舌だった。男子プロ代表決定戦・因縁の対決を制し、ファイナルへの切符を掴んだことを喜んでいるのは間違いない。が、それ以上に対局前に受けていた重圧から解放されたことも大きかったはずだ。

    0e177d407f2bb707e37486e2a05871ef417f8345

     今回の代表決定戦は日本プロ麻雀連盟vsRMUという対立構図でマッチメイクされた。プロ連盟所属のトップ選手の一部が団体を脱退し、新たにRMUという団体を設立したのが今から10年前。以降、この2団体間は断絶状態となり、選手同士の対局も実現しなかった。
     だが、一昨年、阿部が全日本プロ代表決定戦のベスト16に勝ち進んだことからその潮目が変わる。阿部は準決勝で敗れたものの、久々に見る元・鳳凰位3連覇の麻雀にニコ生のコメントは大いに沸いた。
    6272d01fecfad0be587ae7ab4c5f120951e239de

     そして翌年、ついに男子プロ代表決定戦にRMUの選手がノミネートされ、阿部は代表・多井隆晴とともに出場。その決勝では、久々に瀬戸熊直樹と多井隆晴というライバル同士の対決が実現したのである。
    621aef47fc4841cb3d4e70e5934a8d20dfd4570a

     このような経緯をふまえ、今年は両団体4人ずつ出場という形になったのだ。もちろんこの流れを作ったのは、阿部の活躍に一因があったのは間違いない。ただ、今回の対決には阿部自身も重圧を受けていたようである。

    阿部「最強戦というステージの大きさに緊張したこともあります。さらに、あくまで個人戦とはいえ、古巣との対決という構図でしたので、普段と多少違う意識にはなっていましたね」

     予選A卓は、河野高志・阿部・瀬戸熊・藤崎智という組み合わせとなった。
    6664efacc032f7c0c9f6ab39565be8fba49d0ead

     10年ぶりとはいえ、お互いの麻雀は十分知っている間柄。お互いが致命的な放銃を避けつつ、拮抗した状態でオーラスまで進む。オーラスは3着目の阿部が速攻を決め、瀬戸熊と共に決勝に進んだ。
    54f6d5abef8a3b02a4d7d884356c3437974a9b78

    52d0784749bc0adfc9169c9a3e32de98cf7dc72e

    22aeeceb36aa92a727f3a6107544e62158969790


     一方、B卓は多井・谷井茂文・前原雄大・古川孝次という組み合わせ。
    b2ba3a072ec44b373f3b7b7fb1beede2fa672461

     こちらもA卓同様、接戦のままゲームが進んでいく。終盤まで手牌に恵まれず我慢の麻雀を余儀なくされていた谷井がラス前の親でトップ目に抜け出してそのままゴール。
    c687cc8ff9e79e0e747dd27a3a5fb0e7b3e57df8
    1eafcc72d73f702d7feaca9a9b94eaa8121840d4

     もう1人はオーラスのアガリ競争を制した前原が決勝進出を決めた。
    4590884df78b5b3615c48ae8536daa1158126e02

    a30e4b313cdb18b2db5e6c5746dcf0c0f39d3fdd



    阿部、冷静な判断で逆転勝利

      決勝は前原・瀬戸熊・谷井・阿部の並びで始まった。
    a5234a9f34e31e3af2e18b2bb321950668e5a267

     東1局に4000オールを決めた前原が先行。これを阿部・瀬戸熊が追うという展開でゲームが進む。
    3c6ad6d6a08fd4376382d97384afe70290f95dd6

    a8e54622cf09492842adf002b1fb065092602da9

     大きく動いたのは東4局。親の阿部がドラのpai_s_5m.jpgトイツのピンフリーチに対し、南家の前原が追っかけ。
    df455f986da60a274c19d27a0918dfb8db418753

    0e4619f21ece1344f3948151b96fcbcd61ed2d03

    1d70c0ce7a43356bd031655df768d594b2a6d467

    5bc64e315c434d81ae5ddeef922bcfe142ddd0fe

     このロン牌を阿部が一発で掴む。
    e2653253ca52ad632c652468cf7a8fd85ac81f5c

    ab27412ee19a4bd5bf0c38057366117ec03d9c7b

     暗刻のpai_s_chun.jpgが丸ごと裏ドラとなりハネ満。これで一気に前原のリードが広がった。前原は続く親でさらに畳みかけていく。
    dfaef9a650cd45d8ef8e70636ba7f6084fdab681

    cec124b32a0007a9665eed7ce30b1e9b9f00bb43

     前原はペンpai_s_7p.jpg待ちで得意のガラクタリーチをかける。途中瀬戸熊に押し返されるが、瀬戸熊のリーチ宣言牌のpai_s_7p.jpgを捕えて連荘に成功する。
    820dd821d4b5575c155534362e20d27b8eefa96a

     が、このリーチのみのアガリを見た阿部は、前原に隙ありと思ったという。
    48ea4add7d56ac00996a85c9e2f61ae02963a514

    阿部「リードの大きな状況でもそのガラクタ戦略に頼るのか、と。この時点で3万点以上の差はありますが、前原さんがこの打ち方なら逆転の可能性は十分あると思いました」

     ちなみに阿部が前原の立場なら、先ほどの手はペンpai_s_7p.jpgもペンpai_s_3p.jpgでもテンパイを崩し、手なりでタンピン三色になったところで勝負のリーチに出るそうである。
    1b8ecd1c7d8e6ea3db044778f1fd01d56a5d66da

     ただ、阿部にもなかなかチャンス手がこず、ラス親を迎えた。この時点では親の倍満ツモでも前原に届かない。
    阿部「僕にとっては前原さんと瀬戸熊の点差が大きかったので、逆に良い展開だと思いました」
     つまり谷井・瀬戸熊の条件がかなり厳しいので、事実上前原との一騎打ち状態。この展開が阿部にとっては大きな追い風となった。

     南4局。阿部は5巡目にドラ2枚のチートイツでテンパイ。
    c37950bb107ea1cb210bc0dafdc24029ea3556a9

    d4fbb5cc35f2e2388eed5b67d7d295493b141fd3

     前原がすでに1枚捨てているpai_s_haku.jpg単騎でリーチをかけた。すぐに前原がpai_s_haku.jpgを掴んだが、ここは踏みとどまって放銃を回避。
    af0433faf677405345e0f8ea86151e03c15f30f2

    f90d2bef29d5573f090b7e94e30c112c8fc37a7b

     だが、終盤に阿部がラスト1枚のpai_s_haku.jpgを引いて6000オール。これで親満で逆転するところまで詰め寄った。
    d63f996ec5440ba126a4dced360b9a509de9a86a

    a7b6078d5b5281a03ab1a8f660a66f0c916b1720

     その1本場。14巡目に阿部は条件を満たすテンパイを入れる。
    057469e47c530308292058abc83d0d9e83ce11ac

     ここで、阿部は前原直撃かツモに賭けてヤミを選択。ところが、前原が終盤にpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpg待ちでテンパイ。ヤミだとpai_s_1m.jpgで出アガリできないので、ここでケリをつけるべくリーチに踏み切る。
    52811cc65758a5f2fe320910bbf24079d83a8d5e

    16aa4998cde8bed0bd7274581e9ec8fdec15e65d

     すると、これに対し四暗刻イーシャンテンの谷井が、前原の無筋のpai_s_8p.jpgを押す。
    61e80c426f25114bc190dd5138d74ed2ae51eec3
    16a9276511cd10d93780411579f8b0b2ee29df96

     これをみて、阿部もカンpai_s_3m.jpg待ちのまま追っかけリーチ。谷井の手も煮詰まっているようなので、谷井から出アガっても逆転できるように追っかけたのである。
    54f6d5abef8a3b02a4d7d884356c3437974a9b78

    635f955fa5175e0dccdc169d01d5f616e24a55af

     すると、前原が一発でpai_s_3m.jpgを掴んで、阿部がロン。オーラスの2局で逆転勝利を飾った。
    49c0783645e38b0d72d76ab55b86494ced4d59b4

    a3ad844e4102bbd043876d2f14fddf5160d12234

     一昨年からの活躍を機に、ついにファイナルまで駒を進めた阿部は、意気込みをこう語った。
    7e181a6e13be505ca763d4ac7001260b1f2d6dea

    cc9a0bedd5cb61c0eb1279e7dd6d690ad2cfa9fe

    阿部「ファイナルでも阿部らしい麻雀で、見る人の心に残るような一局一打を打って勝ちたいと思います」



    pai_s_4p.jpgの功罪

     予選B卓の多井にはpai_s_4p.jpg絡みの2局に功罪があった。
    9f0c749a140c4741f724187e6dcce720580997eb
     功は東1局の手牌。親でタンヤオのテンパイを入れた多井。
    8f5deefda2e56675b34e8f3868bb798591e11a32

     普通はピンズの単騎待ちの仮テンを入れ、タンピンの変化を待つ人が多いだろう。だが、「さすがにこの材料で、安手にしたくない。pai_s_4p.jpg受けも良くみえたので、『どうすればカンpai_s_4p.jpgでタンヤオ三色のテンパイになるか』」を考えた多井はpai_s_6s.jpgを切る。pai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_4p.jpgツモで345の三色テンパイに復活。特にツモpai_s_4p.jpgの場合は文句なしに即リーチだ。他家が序盤にソーズの上を捨てており、pai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgの重なりが期待できることもこの決断を後押しした。また、pai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgツモで雀頭ができたら、イーペーコー含みのpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpg待ちフリテンリーチを敢行するつもりだったという。
     結果はpai_s_4s.jpgツモで構想通りの三色テンパイ果たした多井はヤミテンに構え、谷井から出たpai_s_4p.jpgで7700をゲットした。
    ae70a1a1a441193107021cc675eb7b9c10fbed18

     だが、このリードが多井の決断に悪い影響を与えてしまう。罪は東2局の手牌。
    238373917641260d77dd747a840bd2efd572cd32

     ここで多井はドラ切りでヤミに構える。この時点でアガリ牌のpai_s_9m.jpgは場に2枚切れ。役が無いので出アガリはできない。なぜ多井はリーチをかけなかったのだろう?

    a09151b2d9c01cb9449dea100c534e751b777b83
    多井「僕のドラ切りで、まわりがドラを合わせて場が安くなったり、僕を警戒するようであればリーチにいく選択もあった」

     つまり、追っかけられて致命傷になる可能性が低い、あるいは相手が引き気味で追っかけられないと踏んだらリーチをかけよう、という構想だったのだ。
     ところが同巡にpai_s_9m.jpgが立て続けに切られ、場に4枚切れ。これではリーチもかけられない。

    多井「ただ、この局の反省点は、リーチをかけなかったことではなく、その後に楽をしてオリてしまったことです」

     この後、前原・古川のリーチに抗しきれず、テンパイを崩しノーテン罰符を支払った多井。
    3d145c873f4640911b7a7a5f7d275ebb6822d48d

     多井の敗因は、2着まで勝ち上がれるシステムに過敏になりすぎたことだろう。仮に頭取りの決勝戦なら即リーチをかけるか、ヤミテンでも「楽をしないで」粘り強くテンパイ料をもぎ取っていたに違いない。