• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

敗れし強者たち【近藤誠一 決勝卓編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

敗れし強者たち【近藤誠一 決勝卓編】

2016-01-11 19:00
    最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

     C卓を勝ち上がった近藤誠一は、鳳凰位・前田直哉、十段位・柴田吉和、そして元最強位(他多数)・鈴木たろうを相手に決勝卓を戦うことになった。

    6ed3148b44c3a935ab3a0d9cbf3c9578b6804b2a

    「各団体のタイトルホルダーが集結した決勝卓になりましたが、それに対して何か思うことはありましたか? たとえば『団体の威信を賭けた一戦』みたいな」

    近藤「
    団体というよりは、最高位としても自分自身としても勝つこと以外、考えられませんでした。また、より一層濃い内容への期待感が高まり、楽しみになりました」

    「ラス親に決まった瞬間、どう思いましたか?」

    近藤「
    結果的には、実質一騎打ちでオーラスを迎えたので、ラス親でよかったと思いましたが、決まった瞬間は皆が思うほどの嬉しさは特にありませんでした

     東1局は前田が234の三色のフリテンリーチをかけるも1人テンパイで流局。たろうの親が流れた東2局1本場。先手を取った近藤がリーチをかける。

    f2c205e6b072aec171b05ed54baa0dd8524574b8

    621ac35d524cf970abca6c48a4dae56e4b092a48

    「下家のたろうプロがピンズに走り、pai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgが余っているという状況。近藤さんもテンパイを入れてション牌のpai_s_nan.jpg単騎のリーチをかけました。ピンフや345の三色の手変わりもありますが、ここで即リーチに踏み切った理由を教えてください」


    近藤「半荘勝負では、こういうたいしたことのない手が決まり手になることもままあります。状況的にピンフや三色を待つより、少々分が悪くても、このままぶつけようと。たろうプロの手も、その信憑性がなんとも言えず、pai_s_nan.jpgを切るリスクも考慮して、リーチをかけました。」

     だが、この局は親の前田が234の三色で追いついてヤミテン。3者に囲まれて手詰まりになった柴田が近藤の現物のpai_s_4m.jpgを抜いて親満の放銃となる。

    0044a8abf3a54005b7a36b3ec633403f261e1c7f



     対局は前田がリードを保ったまま南場へ突入。南1局では親のたろうが先行リーチ。これに近藤も絶好の
    pai_s_2m.jpgを引き入れて追いついた。

    52360b6e8fbe2f627a9b7d030f9ba0658bc56a22

    bf44e280632ee8444b77cfa1d01f9e060e8dbd4c

    「このとき解説では『近藤はカンpai_s_2m.jpg待ちになっても追っかけるでしょうね。ドラは全部見えてますし』と言っていましたが、実際そうなったらどうしてましたか?」

    近藤「カン
    pai_s_2m.jpg待ちになっていても、もちろん追っかけリーチです」

     この局は柴田も追いついて3人リーチとなる。そして近藤はこのめくり合いを制し、たろうから
    pai_s_7s.jpgで満貫のアガリをものにした。

    e5da23cd50eda7c6f1d17b11fc0d3dc3cc10c98a

    近藤「めくり合いに勝って、やっぱり最強位になるんだなと思いました(笑)」

     だが、今度は追いつかれた前田の一撃が飛び出した。南2局1本場で6000オールを決める。
    6dd77f81794a705879de665f3ce74b26718f8558

    708d03cb6b7cf82c9bed5bc8bae54d51d3634978

    「ほぼ並びの状況からこの親っパネツモで、再び点差が25900差に広がりました。このアガリを決められたときはどう思いましたか?」

    近藤「
    めんどくさい人だなぁと思いました。まあ、心中穏やかではありませんでしたが、逆転を信じてここからが本当の見せ場だと思っていました




     そして迎えたオーラス。状況はラス親の近藤とトップめ・前田のほぼ一騎打ちだ。近藤は6000オールか前田から親マン直撃で逆転できる。

    57bd5e95c76ff731dbc45c2fb8add3d49ec3d91b

     10巡目、ここで近藤の手が止まった。形だけならpai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgのトイツ落としだろう。ただ、たろうと柴田は役満狙いなので捨て牌はかなり変則的である。近藤はここで間を取った。

    pai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgのトイツ落としの選択だと思うのですが、他に何か打牌候補はありましたか? たろうプロがpai_s_3m.jpgを1枚、柴田プロがpai_s_3m.jpgを2枚捨てていたので、pai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgのシャンポン受けが良さそうと判断してピンズを払う、とかも視野にあったのでしょうか」

    近藤「
    中盤にさしかかり、このままテンパイせずに終盤を迎える可能性を考慮し、チーテン期待が薄いので、pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgのポンテンを視野に入れるべきかを考えました」

     ここで近藤は打pai_s_4m.jpgを選択。pai_s_4m.jpgは場に1枚とび、pai_s_2m.jpgは場にション牌だ。ただ、前田の捨て牌を見ると、第2打がpai_s_5m.jpgpai_s_4m.jpgのほうが怖いようにもみえる。

    6dc18f8e43a5f61cdbdc91554e1183b0bddc9c42


    前田プロの捨て牌からするとpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpg受けが残っている可能性もあり、pai_s_4m.jpgのほうが危なそうに見えます。なぜpai_s_4m.jpgから捨てたのでしょう?」

    近藤「前田プロはノーテンだと信じて、暗刻期待が少しでも高いpai_s_2m.jpgを残しました」

     だが、先にテンパイを入れたのは前田だった。上の手牌にpai_s_6s.jpgを引いてペンpai_s_7p.jpg待ち。役なしなので前田はリーチに踏み切った。

    6f5c0023562e523db73a8f852994ba697f9aa91c

     そして、近藤は前田の危険スジ
    pai_s_1m.jpgを引いて長考に入る。

    3d2f93f9260bc95ca43cae79ab7a677e951aa7ff

    b28f4f4626318b42b1808eb0d982700ff336f764

    状況的にはpai_s_1m.jpgを切るしかない手牌。ただ、捨て牌全体をみるとマンズでメンツが完成する可能性も結構ありそうにも見えます、この時はどんなことを考えていましたか?」

    近藤「アガリを見据えれば、pai_s_1m.jpg切りですが、テンパイだけなら他の道もあるかと精査する時間をもらいました。また、自分が苦しむ姿を見せることで、視聴者の方々にその状況をより強く伝えられればとも思っていました

    だが、近藤のテンパイが入る前に前田が
    pai_s_7p.jpgを引き寄せ決着がついた。
    bad95f9efb26ce956c7cc1f3d7e9528eadf5fdb8

     近藤イヤーとまで言われるほど今年の近藤の充実ぶりは目を見張るものがあったが、ついに最強位にはあと一歩届かなかった。

    最後に、決勝卓を戦い終えての感想を聞かせてください」

    a993dd8824696540e97ebc743ecb50aa4d890b59

    近藤「
    結果として負けたので、悔しい限りですが、とても充実した時間になり、皆さんに感謝しています。前田プロは初戦から圧勝で、その充実ぶりに完敗でした。やれることは十分やった、自分はまた少し経験値を高めることができたと思っています。ありがとうございました
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 週に一回以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。