【最終報告】漫画における非商業作品で同人誌に頼らずいくら収入を得られるのかやってみた話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【最終報告】漫画における非商業作品で同人誌に頼らずいくら収入を得られるのかやってみた話

2014-07-01 09:45
  • 5
  • 13
この記事は中間報告である前回の記事を読んでる前提で進めますのでまだ読まれて無い方は

こちら

の記事を先に読んでいただけると嬉しいです。


以前の記事の反響が大きくてですね…
たくさんのご意見をいただきました(エゴサーチ)


お金の話なので非難は覚悟してたのですが
「参考になった」等々好意的な意見が多かったので勇気を出して公表してよかったです。
まあ一部からの非難もありましたが…

やっぱり非難があろうともこの不景気の時代お金の話は共有してみんなで生き残るのが一番だと思うのですよ。はい。
だから誰か私にも儲け話を…!


ちらほらと
「これだと食ってはいけない」
という意見があったのでちょっと誤解があったようなのでその部分だけ説明を。


なるほど前回の数字は4ヶ月で35万円くらいですから食ってはいけませんね。


ただ現在私はこの非商業作品のみで活動してるわけではありません。
複数商業連載をしてる合間に描いている作品です。

そんな私の現在商業的に連載している作品はこちら!

月刊アクションでの月が爆発したので(月1)
ニコニコ静画での月が爆発したのでラジオDJ編(月1)
スマホアプリGANMA!でのPlease go home 遥さま(毎週)


この月がなんちゃらってやつの2巻が7月10日にでます!!

amazonはこちら!!

やったぜヒュー!!




はい。告知をしたところで話を戻しまして…





この非商業作品は月10~15Pくらいのペースで更新してたので月に3~4日空ければ描ける量です。


仮にこれだけに専念した場合7~8倍の数字になるでしょうか。


月3~4日分の労力の副業で4ヶ月35万円。
さらに7~8倍になったと思えば……食っていけ……?


まあ今回でまた数字が大きく変わってますので各々の金銭感覚で思っていただければ…




というわけで

こちらの非商業作品でいくら収入を得られるか検討してたのですが
100話で完結しましたので最終報告です。
見ていただけると嬉しいです。

これから出す数字はすべて7月1日現在の数字です。



クリエイター奨励プログラムを利用する
前回再生数からの割合でおおよその数字を出したのですが今回は実際に付与されたものとこれからされるものを足した数字を集計します。

つまりもらえると決定してるスコアです。

見方は前回も説明しましたが改めてこちら


上の13,050点がすでにもらえてるスコア。

下3つの数字がこれからもらえるスコア。

つまり1話だと16,182点もらえるということになります。


これを100話全部合計します。

電卓1級の資格が役にたったぜ!

とういことで全話のスコアはあまりにも画像が多くなるので別ページを用意しました。

見たところで面白くはありませんが詳しく分析したいという方はこちら


そして合計のほうが


再生数がこちら





それに対してのスコアが727,124点でした。



727,124÷3,785,775=0.1920…



だいたい再生数に対して19%ということでしょうか。



前回は21%でしたので数字が落ちてますね。

ここらへん次のブロマガの記事で触れときますね。



なんにせよ727,124円もらえることになります。(スコアは1万円から現金交換ですが)






・KDPを利用してみる
これに関しては前回の記事に関してすいませんでしたああぁぁ!!という感じです。
そもそも3日で出すのが間違いでしたね…
これに関してのいいわけは次のブロマガの記事でしてます。

KDPは1巻がこちら2巻がこちら
内容はニコニコ漫画で更新していたもの+描き下ろし漫画です。
買っていただけると嬉しいです。


最終的な結果は
1巻が418冊
2巻が272冊

(2巻の売上が落ちてるのは後述で)

200円で35%もらえますので1冊70円。

1巻の収益が29,260円
2巻の収益が19,040円
合計で48,300円


目標100冊とはなんだったのか!こんなに買っていただけるとは!
ありがとうございます!!

ちなみに2巻はこのくらいの売上ですとコミックランキング20位くらいにいました(最初だけ)






・BOOTHを利用してみる
同人誌やデータなどを売れるサイトです。
2巻が出る直前くらいにキンドルじゃ読めない人ようにPDF販売をするためにこちらに登録しました。

私のページはこちら

買っていただけると嬉しいです。

こちらのすごいところはなんと言っても9割を超える利益率!!
登録も5分で出来る超スピード!!

KDPの利益率35%とはなんだったのか!!
源泉免除の手続きだけで1ヶ月以上かかったKDPはなんだったのか!!
はじめからこっちでやってればよかった!!
BOOTH最高だぜ!!

と思うところもありますがKDPのほうが多くの人の目につきやすいと思うのでどちらにしぼらずとも平行してやるのが一番かなと…

もちろんKDPで独占契約してる場合は出来ません。

売上はこちら


2ヶ月で合計42,332円すげえええぇ!!

あくまでキンドルだと読めない人用にと補佐的に考えてたのに同等の数字が!!

9割を超える利益率は伊達じゃなかった…

というかそれだけキンドルじゃ読めないもしくは読みたくないという人がいたというわけですかね…

各巻数ごとの売上数も出したいのですがこのBOOTHというサイト。
システム周りがいまいちで各巻ごとの売上数を集計するために注文メール1件1件全部確認して足していくしかないというめちゃめちゃなメンドクサさなのですいませんが省略。


ただ合計冊数は売上割って出せますので…
228冊です。
KDPで2巻の売上が落ちてるのは1巻はキンドルで買ったけど2巻はこっちでという人が多かったからですかね。
まあそれがなくても1巻のほうが売上が多いのは当たり前なんですけど。
ただ中にはKDPとどっちも買っていただいた方もいらしたようで…
ありがとうございました。



・マンガボックスインディーズを利用してみる

マンガボックスというスマホ等で読めるアプリ雑誌があるのですがそこの一般投稿が出来るのがインディーズです。
結論から言うと結果は出てませんので0円です。
一応紹介だけ…


もともと人の作品を見るためにDLしたのですがついでに自分の作品も登録しておきました。


こちらリーグ戦をやっておりまして上位3作品には賞金が授与されます。
1位が100万円 2位が50万円 3位が30万円。
そしてランキング上位者にはマンガボックスでの連載の打診があるかもしれないとかどうとか。


考え方的には出版社の漫画賞の投稿と似てるとは思いますがこちらなんといっても投稿が楽です。



漫画を始めて描きます!
さーてどの出版社の賞に投稿しようかなーと考えたときに素人だとハードルが非常に高いです。

どの程度の素人かという話でもあるのですがまったくの無知だったとして
まずデータだけでの入稿は認めていないところも多いのでプリンターから探さないといけません(プリントアウトは他所でもできますけど)
値段はピンきり
インクジェットにドットインパクトにノンインパクトプリンターに
どれを買えばいいんだー!
という感じです。
原稿サイズも小難しいこと描いてあるし!
投稿の注意事項も難しいしヤメやめー!
なんて人もいるんじゃないでしょうか。


その程度の情熱なら止めたほうが懸命という話しでもありますけども…


それに比べてマンガボックスインディーズは著作権上問題ない自分の描いた作品でjpegがあればすぐ投稿できます。
このデジタルっ子世代の若者たちはみんなjpegデータは持ってるのではないでしょうか?
とにかくハードルが低いです。いますぐ誰でも出来ます。



今第2回のリーグ戦をやってまして8月12日までやってるそうなのですが
こちらシステム的に実施期間の最初のほうに投稿してこまめに更新できる人が有利だと思いますので1回の投稿でニコニコ漫画にあげた100話分あげてしまった私はすでに上位入賞は絶望的です。

ただスマホで読みたいという人はこちらが読みやすいかもしれませんので是非とも。






・商業作品と比較してみる
今回数字がいろいろ変わりましたので改めて比較してみます。


・原稿料
クリエイター奨励プログラムを原稿料としまして
今回ニコニコ漫画にあげたのは100話で全部で108Pです(告知等のページは含めず)

727,124÷108=6,732円です。


前回が5,707円でしたので1,000円も高くなってます。


ありがたやありがたや…


新人作家はだいたい1P3,000~8,000円らしいですので
もう新人作家と同等の原稿料と思っていいんじゃないでしょうかね。

というか私が過去も現在もこの数字以下の仕事引き受けてます!!

もちろんこれ以上の仕事もしてますが…

逆転してしまった…



・印税
以前の記事でも書きましたけど商業で単行本を出す場合の印税率は概ね10%。

最低5,000部くらいから出すと思いますので(もちろん例外はあります)

600円の本を5,000部発行すれば30万円

今回私は2冊出してるので2倍して60万円としますね。

60万円が最低ラインと考えた場合に今回私が売れた数字は

KDPが48,300円
BOOTHが42,332円

合計90,632円です。

わかってはいましたが遠く及ばず…

でも前回の数字が8,540円ですので大きく前進はしました。

この2冊を出すにあたって使った労力は合わせて1週間くらいですので日給13,000円くらいのバイトと思えば…割りに合わないなんてこともないかも…?

ただひとつ言えるのは描き下ろし分をクリエイター奨励プログラムに回せばもっと収益は大きかったです。

でもやっぱり本を作るのは楽しいのでこれからもしようかなーと…




クリエイター奨励プログラムが727,124

KDPが48,300円

BOOTHが42,332円


全部合計して817,756円です。


ニコニコ漫画に投稿した分+描き下ろし漫画で全部で138P描きました(たぶん)


経費は全部デジタルですので0です(細かいこと言えば電気代とかありますが)


作画ペースは人それぞれですけど私がこの漫画だけに専念したとして…


1ヶ月半くらいで描ける量ですので十分成功だったと思います。






というわけで以上です。


これだけ儲かったよという記事ですのでところどころ生意気で嫌味っぽかったかもしれません。すいません。


私事ではありますが去年難病を患って今でも不安定な体調なので商業作品を減らすなり諦めるなりしないといけないかもしれない身なのでこうしてマイペースでできる個人活動で明確な数字が出せたのはよかったかなあと。


あと当然ですが今回あくまで私がやった場合の数字ですのでこれより上に行く人も下に行く人もいるかと思います。
やってみたけどダメだったじゃねえか!という話は私には責任取れませんので…
よろしくおねがいします。



今では






この3つを似たような感じで平行して描いてます。
こちらもみていただけると嬉しいです…

こっちは収益公表したところでこの記事と似たような内容になると思いますのでやめておきますね。




ではでは次の記事に今回の検討結果でいろいろ思ったことなど書きますね。


次はこちら






広告
×
お疲れ様でした
そしてこれからも頑張って下さい
49ヶ月前
×
なにあろう、すでに人気漫画家の話ってのを踏まえてみても良い数字ですね。この記事見て埋もれてる(っていうのはアレですが)作家さんなんかが前に出てきたら面白いと思うよ「いやそういう人はすでに前に出てきてるとも思うがな・・・」ソウデスネ・・・
49ヶ月前
×
お疲れ様です!収入すごいですねこれ。今や雑誌に掲載されなくてもここまで稼げるとは・・・。
今後は無理せず自分のペースでのんびり執筆していってください。応援しています!
49ヶ月前
×
出版社と契約して漫画を描き、売れたら本を出してそれらでお金を稼ぐ、完全に職業の領域。
非商業作品は(あくまで個人の偏見ですが)営利を度外視した、半ば自己満足か趣味の領域。
これまでそう思っていましたが時代は変わっているのですね・・・。
なんとなく紙媒体が衰退し始めている理由も分かったような気がします。
大変参考になりました。
49ヶ月前
×
お疲れ様でした。実際のデータと画然たる数字による分析。
非常に参考になりました。ありがとうございます。執筆者、漫画家様のご活躍をお祈りします。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。