• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

蒼い炎は静かに燃える!多井、土壇場の踏ん張り! The All Star League 第6節観戦記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

蒼い炎は静かに燃える!多井、土壇場の踏ん張り! The All Star League 第6節観戦記

2017-03-06 09:46
    3/1(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送された、The All Star League 第6節の様子をお届けします。



    レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。
    現在の成績はこちら↓
    3bc3995f32d56b7402c58a02a608dfef5b8d39f0
    今節終了時に下位4チームが敗退となる。

    【1回戦:蒼い炎は静かに燃える!】

    燃え盛る情熱を内に秘めていることから、佐藤聖誠は蒼い炎と言われる。

    94466d84876093d4e12ad94469202a74e7747398

    もう後がない「暴れん坊SHOW軍」の雑賀が、東1局に12000を新津からアガると、東2局でも2000・4000をアガってダントツとなる。
    640937c41553c1454edd0a6ffa37b4d52819bf17

    しかし、このときも、蒼い炎は確実に燃えていた。

    次局、大平が先制リーチ。
    50c19c85d763c30e303f84c4fdaf8b606ec5c886

    これに対する佐藤は、オヤ番ながら戦える形ではなかった。
    fbb5a8aeb74393d7845af00b7a09468b06ca0463

    この形からでは、いずれオリになるため、迷わず2巡で3p、9pと払っていくことになりそうなのだが、佐藤はここで長考した。
    佐藤が注目したのは、ピンズの形3p5p5p6p7p7p9p。
    3pと9pはどちらも安牌であるため、4pが入ったときと8pが入ったときの比較になる。
    ドラ受けが残るため、打3pとして9pを残してしまいそうだが、佐藤はここで打9pとした。
    佐藤の長考は、「4pと8pどちらを引いたときのほうがうれしいか」という観点ではなく、「5pと7pで打ち出すなら嫌なのはどちらか」という観点だったそうだ。
    宣言牌3pで、2p5pが多く見えているため、5pを打つほうが嫌だったため、打9p。
    大平の待ちが実際に2p5pであることを踏まえると、実に鋭い嗅覚である。
    しかし、このとき誰もが思っただろう。
    「とはいえ、この手は結局5pも7pも打ち出されずにオリになる」

    すると、佐藤は、この1打が正しかったことを自らの手で証明する。
    70d2746d5253417f8817f0da3bcfffc3c89be9e9
    次巡、6pも通ったところで、1pを引いて手を止めた佐藤は、フリテンのカン2pを残して無スジの9sを打ち出した。

    0083897fcb040a6cf8394e3122dcbf79c17fbba7
    続いて、さらに無スジの9m。
    そして、最後には、佐藤が想定した通り、7pを打ち出す形になり、追いついてしまったのである。
    8f8072ab1d529a47d8792911fe3e1e7bea25e623

    これをダマテンにすると、ツモって2600オール。
    040616ae5b438dd35f1cc04b8692465d8476b8c6

    この超ファインプレーにも、佐藤は、「2人がオリてるのがわかったから、この巡目でリーチしようと思ったんだけどね。7p切ったらテンパイ確実だし、即リーチだったかな」と、何やら煮え切らない表情を浮かべた。
    なんといっても、この向上心が蒼い炎の燃料である。
    ちなみに、この手順、佐藤に言わせると「別に普通じゃない?」とのこと。
    いや、このアガリはなかなか取れないと思うぞ。
    そう言うと、佐藤は「あっ、それより次局のほうがすごくない?」と無邪気に話しを移した。

    次局、トップ目雑賀のリーチを受けて、今度は戦えそうなこの形。
    94a02206adba4962d4db8a3fb5f638c7ccf5bdbe
    ここから、直後に新津が切った4mをポンせず、上家からの6mをチーしたのである。
    佐藤「3m6mはなんとかなると思ってたから、4mポンして2900はもったないと思った。高目三色になるなら渋々チーかなと思って、6mはテンパイ取ったんだよね」
    334cc3db2cc948c91a187b59ab15c6e4e2a89a7f
    この感覚が見事にはまり、トップ目の雑賀から高目6sを打ち取り、5800直撃でトップを逆転してしまった。
    静かに燃える佐藤のトップで、「きむきよにゃん」がプラスを100近くまで乗せて上位に近づいている。
    e68fd13a32dc1dc75cd3b298ab3ecd2f0152545b


    【2回戦:多井、土壇場の踏ん張り!】

    今回参加チームはどこも強豪ぞろいだが、その中でも特に輝きを放っているのが「麻雀エンジョイ勢」だろう。
    昨年度ナンバーワンの活躍で、現在最強とも言われる多井隆晴。
    雀王3連覇の怪物、鈴木たろう。
    女流雀王3期の実力者、現女流雀王・朝倉ゆかり。
    このチームが、現在敗退ラインにいるのだから、いかに厳しい戦いかおわかりいただけるだろう。
    ここでマイナスすると、今節での敗退に大きく近づいてしまう。
    そんな中、満を持して登場した多井だったが、東1局で冨本のマンズ仕掛けと、小川のリーチに挟まれた。
    887b414cef6118cf344b785e862ddcab08341ed1

    ここから打7pとすると、なんとこれが一発放銃。
    d50ad8d370048207a676b99c2c12c29e5a499efc

    ウラも2枚乗って、絶対にマイナスできない半荘で、いきなり12000の負債を負ってしまう。
    ところが、そこは百戦錬磨の多井。
    b14d5e601a09033eb05343aefc62fb86d3cc5ff3
    小川のリーチに対して、仕掛けて反撃すると、3900を取り返した。

    すると、次局にはついに勝負手のリーチ。
    2fd4f875edd55a42f1003fef86fbee88c089f247
    ツモる手に力が入るが、引けないまま逢川、小川から追いかけリーチが入り、小川が逢川から12000をアガった。
    db37d2cffbd94dc862535b0979159ef08611631a

    多井としては、このリーチでも加点できないのかと、がっくりくるところ。
    それでも、次局に続けてリーチを放つと、同じく大きなトップがほしい小川が前に出て7mで多井に放銃。
    ついにトップ目から8000を直撃することに成功した。
    106d7c56314a4a724d0dba5082780675e3bcd7f8

    すると、次局のオヤ番では、2巡目に1枚目の北から仕掛けていく。
    ebc52c2930a8c6f86351fb8e558cee3f1bc93532
    あまり多井のバリエーションにない仕掛けのように思われるが、この平たい点数状況と赤入りということを考えれば、全員がそれなりに前に出てくる想定も成り立つ。
    その想定通り中もポンできると、4mを打ったところで裏目の赤5mを引いた。
    302747eecb8d8274c348a068256687f20decc575
    4mが2枚切れのため、おそらくツモ切るのが一般的だが、多井は打8m。フリテンターツを残していく。
    フリテンチーおよび鳴けなかったときに自力でなんとかできる選択である。
    bb7f46dec242e66ca3518b35b05d36f85e216743
    すると、4mを引いてテンパイ。シャンポンではなくペンチャンに受けると、小川から7mを打ち取った。
    6mとのスライドを意識させる9m切りで、直前に通った7m待ち。ホンイツを否定することはできないが、生牌同士のシャンポンよりはマシで、待ち牌へのマークを極限まで薄めた手順だった。
    これでトップ目まで突き抜けた多井がトップを奪取。
    「麻雀エンジョイ勢」が、なんとか勝ち抜けに1歩前進した。
    a0fe8edf70651f9580dc7f5366a2d919ed41b716

    【3回戦:2連勝条件の小林、トップなるか!?】

    今節開始時には、かなり厳しい最下位となっていた「食いしん坊」だが、現在、勝ち残りボーダーまで130程度に近づいた。
    すなわち、2連勝条件である。
    20123524bee574b0a462c2ac3adaf03665e42e1f
    この崖っぷちの2戦を任されたのは、やはりこの男、小林剛。

    e331ead752a0326edae5452478bb4bfc08a9a252
    その小林が、南3局に蔵から8000をアガってトップ。
    なんとか最終戦に望みをつないだ・・・
    59aa5e5e3490a31d63d83d9528310a3848e49385
    ・・・かに見えたが、ボーダーが急上昇。ほぼ敗退が決まってしまった。

    【4回戦:運命の最終戦!田内、意地のトップ!】

    下位4チームが敗退となる今節最終戦、生き残りをかけた「親子でどーん!」の田内が登場。
    最低でも7万点以上はほしいという厳しい条件に向けて奮闘するも、南3局のハネマンでトップをまくるのが精一杯。
    ba259a62668eb8110587eecea4a79e45368af9fc
    次期Aリーガーの意地を見せるも、敗退となってしまった。

    59f40cd57a320455273a39fd1755a59ea5c1b575
    もう1つの生き残り争い「大平内閣」と「暴れん坊SHOW軍」の同卓着順勝負を制したのは「大平内閣」の河野高志!
    「麻雀エンジョイ勢」の鈴木たろうも、トップの後を小さな3着でまとめ、なんとか次節に駒を進めている。

    鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)

    第7節は、3/8(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送予定!

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀スリアロチャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。