• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

吉田の逃げ、ASAPINの最序盤手順!青年渋川の大冒険! The All Star League 第7節観戦記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

吉田の逃げ、ASAPINの最序盤手順!青年渋川の大冒険! The All Star League 第7節観戦記

2017-03-13 18:19
    3/8(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送された、The All Star League 第7節の様子をお届けします。



    レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。
    現在の成績はこちら↓
    d542159923c64ab764ab319b13879ce84c1b06c5
    前節で下位4チームが敗退となったが、続いて次節終了時には早くもさらに下位4チームが敗退となる。
    したがって、現在マイナスの下位4チームは、かなりトップを狙っていくことになりそうだ。

    【1回戦:背水の多井、逆転トップで望みをつなぐ】

    1回戦に登場した現在最下位「麻雀エンジョイ勢」の多井。
    16b97d5fcaab5ccf153768654a8c4e4921883d38
    接戦のトップ争いの中、リーチツモドラ1・ウラ2のマンガンで頭1つ抜け出すと、リードを守り切ってトップ。
    まずは下位チーム「麻雀エンジョイ勢」がマイナスを2桁に戻した。

    【2回戦:守備に定評のある愛内、リードを守り切る】

    2回戦では、下から3、4位の「つけMEN☆ファイターズ」の谷井、「チーム酒乱」の水巻が上位チームに挑む形となったが、ここでトップを獲ったのは「おじまご」の愛内。
    342ff001cb2c1884955b6d390233f9db1b51e6d7
    東1局、大崎のリーチに追いかけると、同じ4m7m待ちを一発で引き勝って3000・6000。
    あとは、ダマテンでうまくかわしつつ、リードを守ってプラスを重ねた。
    13da9dd9e259732a476956832a0b2a15e86f3111

    【3回戦:吉田の逃げ、ASAPINの最序盤手順!中位争いを制したのは!?】

    3回戦は現在中位のチームが集まった卓となった。
    ここでマイナスすると、次節、一気に敗退逃れのターゲットになってしまう。
    先制したのは「クラッシャーズ」吉田。
    042933264e049755a8083f1e1873f1793884cad2
    マンズが程よく切れており、良さそうなペン3mを迷いなくリーチすると、最終手番でツモって2000・4000。

    3d95bf7706aa6a32c6358ad9827f12003f52c986
    続いて、オヤ番でも4000オールで一気に抜け出す。

    しかし、他チームとしても、吉田をこのまま逃がすわけにはいかない。
    ここで奮起したのはASAPINだった。
    6728b9962723dd1b0dead4938ed4a155f6b49bf8
    イーシャンテンの配牌をもらう。

    打牌候補は3つ。
    1.イーシャンテンで、かつ最も受け入れの広い、テンパイ直進8s
    2.タンピンへの渡りを見つつ、イーシャンテンを維持できる中庸8p
    3、かなりタンピンへのレベルアップ志向が強い、リャンシャンテン戻しの迂回1m
    ネット麻雀の強者といえば、1や2といったイーシャンテン維持の選択をするイメージがあるが、ASAPINがここで選択したのは打1m。
    3のリャンシャンテン戻しで、打点と好形を追う。
    何気ない1打に見えるが、こういったチャンス手をもらったときの最序盤のさばきが、強者を構成する重要な1要素であると思われる。
    仮にこれが5巡目以降なら、1や2といった選択になったのではないだろうか。
    688bf4dcc6a3a34fc2fd327fccd1468d570772b2
    その後、7pを引いてここから打發。
    2ffd775a8ca79b07cc4c432fd39d8768451de34d
    そして、4s7sのタンピンドラ1リーチを放つと、追いかけリーチの逢川から4sで8000。
    吉田のオヤ番を楽に終わらせない選択で、ASAPINが2着目に浮上した。

    しかし、反撃もここまで。
    bb271593f5c69bde48eba01d7e24e4f05b09f66d
    南場のオヤ番で、吉田はこのカン7mをダマテンに構えると、ツモ1mで打4m。
    これは、カン7mリーチの布石である。
    b5d933620920b38884bc1b954b06d419fe352733
    すると、手出しできる5sを引いて、リーチ。
    8d03aa35942e7aba7285d88632da977640f6c775
    ポンテンを取った逢川から、ヤマに1枚も残っていない7mを引き出し、7700を打ち取った。
    これで2連勝を飾った吉田。
    47d558ce7b59041b94066339badb2049a811a614
    今節開始時より1つ順位を上げ、ついに決勝進出圏内の4位までチームを押し上げた。

    【4回戦:青年渋川の大冒険】

    朴訥(ぼくとつ):実直で素朴なこと。
    解説の綱川が、渋川を表す言葉として、これを選んだ。
    綱川曰く、「渋川くんは、昔から朴訥としてて、ほんと変わらない」
    なるほど、確かにな、と思った。
    f6d6d25682a8787244f27e6050ca8fa09673da66
    そんな純朴青年渋川が、こんなにいかつい3人に囲まれた。
    これが麻雀店なら、とにかく一刻も早く帰りたいところ。
    果たして、渋川は無事にここから帰れるのだろうか。

    f7f144cd02524d7d52d1af04a61917877f297dc2
    まずは、渋川がチートイツと断定できない河を作り、絶好の1枚切れ中単騎でリーチ。
    青年渋川「この待ちで勝負です!」
    しかし、ここに松ヶ瀬が襲い掛かる。
    松ヶ瀬「にいちゃん、どんな手牌でリーチかけてんのお?こちとらドラトイツだし、押しちゃうよ~」
    ab3d06905287b4223ed61c543c2a7045d6e92ff5
    そして、無スジをぶんぶん切り飛ばした松ヶ瀬が、2sアンカン、1sポンでテンパイを果たすと、渋川が6sを掴んで8000。
    渋川にとって最悪のスタートとなる。

    すると、ここから松ヶ瀬が突き抜ける。
    8e1db64f2387214d4e8d1504aeeda67e401fad26
    次局には、發をポンすると、すぐにこの形へ。
    手順なら打4mだが、松ヶ瀬は打9pを選択し、少しでもピンズの一色手をぼかしにいく。
    4654eada17ffe13ca3bb7f1120c6dfe4ca4643df
    その効果もあり、東がたろうから打ち出され、ポン。すぐにテンパイ、ツモアガリを果たし、2000・4000でダントツとなる。

    ここに立ち向かったのは渋川。
    6e4d86b6183f30a2ee14525734c79565831a328b
    1sをポンせず、1sを引き入れるファインプレーでツモりスーアンコのテンパイを果たすと、慎重にダマテン。
    青年渋川「9pはヤマに残っていますが、西はわからないのでダマテンで勝負です!どこからマンガン直撃してもけっこう良い点数状況になりますしね!」
    なんとこれがヤマに3枚生きだったが、ツモれないまま達也が掴んで8000。
    c3e65468bca6d17fd3b704627ebeff575bf625b0
    役満とまではいかなかったが、青年渋川にとっては十分な結果だった。

    しかし、南3局ではその達也がハネマンツモで大復活。
    c000c494e2f19d9e3ce2fd16ea7d65696c017333
    「にいちゃん、2着で切り抜けられると思ってんの?」
    そんな、無言のプレッシャーが渋川にのしかかる。

    それでも、オーラス、渋川は粘る。
    dad4e67bf810192e3ee72843152e8de4bc0beb08
    2着すらマンガンツモで届かないため、ハネツモトップを目指して、打8p。
    19b5eb18612dc7fc79f065c46b8a455b74bdddf1
    すると、7pを引いてフリテンリーチを敢行した。
    青年渋川「お願いします!みなさんオリてください!」
    そんな渋川の願いを打ち砕いたのは、またしても松ヶ瀬。
    8b0be3eb634da34dd5a97a92c7e8a7bad4630d25
    マンガン放銃でトップ陥落の松ヶ瀬が、あろうことか渋川のツモ切った6pをチーして無スジの5pでカチ込んでくるではないか。
    チームポイントがマイナスの松ヶ瀬としても、この12000という素点が、オリてしまうにはあまりに惜しかった。
    青年渋川「ヤ・・・メ・・・テ・・・」
    すると、松ヶ瀬が渋川のほしい5pをツモ切る。
    08177ee504fe13b0a117a13a9be2bb93d0a81887
    また、ツモ切る。
    8156802dfcc8da21089c3fbbb595918f4c263f18
    青年渋川「あ・・・ああ・・・」
    結果、流局となり、3着でこの半荘を終えた渋川がウラドラをめくると、そこには2s!仮に松ヶ瀬が鳴かずにオリていると、渋川が逆転トップだった。
    e76098a935c57cc59a48cfc797e068a52c22fb6c
    青年渋川「なんでオリてくれないんですか!オリてくれればトップだったじゃないですか!まあ、いいです。ぼくはこれで失礼しますね」
    こうして、いかつい3人を相手にした渋川青年の大冒険は、3着という形で幕を閉じた。
    0a7da41514f9c70b8d431628652792c84fba5c09
    この結果、総合順位は大きく変動なし。
    次節、敗退の下位4チームに入ってしまうのはどこなのか!?
    サバイバルゲームが再び幕を開ける。

    鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)

    第8節は、3/15(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送予定!

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀スリアロチャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。