• 【解決済み】ウディコン規約(BGM関連)について質問を送ってみようと思ってます。

    2018-07-12 17:01

    皆さん、こんばんは! 今回は、私が応募しようとしている、
    ゲームのコンテストの「ウディコン」についての記事です。

    ウディコン規約の内容はどれも趣旨が明快で、
    楽しいコンテストにするためのルールが書いてあります。

    そこで、このルールをより一層明快にするために、分からない点について、
    コンテンストの主催者さんに、質問メールを送ってみようと思っています。
    これらの諸点がハッキリすれば、
    きっと、コンテストに応募する方々の、より一層の参考にもなると思います。

    [2018/07/13 ブログ筆者追記]
    質問メールを送る前に、もう回答が載っていました。同じ質問を持っていた方が、主催者さんにお問い合わせしたのかもしれません。主催者さん仕事速いです、そして、ありがとうございます。このブログの緑色の文字が、主催者さんの公式サイトからの新規引用部分です。


    ■2次創作要素が主となるゲームは応募できません。
    ■アレンジBGMの使用なども同様に禁止です。

    Q1: 2次創作要素が"主とならない"アレンジBGMの使用は可能でしょうか?


    ■100年以内に生まれた創作物を元ネタにしたものはグレーゾーンです、なるべく避けてください。

    Q2: たとえば、ホルストの「惑星」(非公式初演が1918/9/29、初演が1920/10/10)をアレンジしたBGMの使用は、ホワイトゾーンでしょうか?

    A2: 100年以内でも、すでに著作権(の保護期間)が切れて明確に「パブリックドメイン」となっている作品なら問題ございません。アレンジ曲に関しても同様です[2018/07/12追記]。

    ■ウルファールなどWOLF RPGエディターサンプルゲームのキャラクターを使ったゲーム
    ■これに関しては2次創作禁止の対象外です。自由に使用してくださって構いません。

    Q3: サンプルゲームの曲のアレンジBGMの使用は可でしょうか?

    Q4: もしもそれが、不可である場合は、当該曲の作曲者ご本人もアレンジ使用不可でしょうか。

    A3: サンプルBGMのアレンジ版の使用も制限はしませんが、アレンジ曲の作成許可に関しては公式側では権利を有しておりません。作曲者様からのクレームがあった場合はそのアレンジ曲は使用禁止になります[2018/07/12追記]。

    (その他の気になる点)

    Q5: wavファイルをoggファイルに変換する行為、または、oggファイルをwavファイルに変換する行為

    Q6: midファイルをwavファイルやoggファイルにコンバートしたものを使用する行為

    Q7: wavファイルまたはoggもしくはmidファイルのループポイントを変更する行為

    Q8: サンプルレートやビット深度を変更する行為

    Q9: ノイズを低減するためなどの理由による、wavまたはoggの一部改変行為

    Q10: 洞窟のダンジョンで使用するためのリバーブ(音響効果)等のエフェクトをかける行為


    [2018/07/13 ブログ筆者追記]
    最新の規約全体の正確な内容については、必ずウディコン公式サイトさんでご確認ください
    http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/txt.shtml
  • 広告
  • 「ドリームゲートの案内人」(略称:ドリゲ)というゲームの制作に参加してます。

    2018-02-21 17:061

    えあてきさんという方が、「RPGを初めて遊ぶ人のためのRPG」というゲームを制作し、公開しています(無料で遊べるフリーゲームです)。

    まろうは、そのえあてきさん次期作である「ドリームゲートの案内人」(略称:ドリゲ)という大作ゲームの制作に今(※2018年2月現在)メンバーの一人として参加しています。
    こちらドリゲも、フリーゲームとなる予定だそうです。

    将来のプレイヤーの皆様がゲームを一層快適にプレーしていただけるよう、わたしは音響方面を中心に、協力をしています。

    きれいなグラフィック、楽しいアクション、盛り上がるBGM、先が知りたくなるシナリオ、洗練されたプログラム・・・だけでも200%楽しいゲームが出来上がりますよね?
    しかし、それに加えて、いろんな場面で鳴る何気ないSE音(効果音)も工夫すると、目だけでなく耳からも心地よく情報が入るので、普段知らず知らずのうちにたまるゲームでの目の疲れを低減することができます。
    さらには、SE音に迫力を出して(ご安心ください、ホラーじゃなくて、さわやかに壮大な感じです)、手に汗を握るシーンを盛り上げることも可能なのです。

         <SE音の作成・編集に、メインで使っているソフトたちです>

    主人公はどんな人? いったい、どんなストーリーなの? って思いますよね? ・・・すみません、ネタバレできないです(・ω・)。

    近日中に、公式の紹介動画などが公開される予定なので、公式の紹介動画が公開され次第、追って続報を書きたいと思います。公式サイトは既にありますので下にリンクを貼っておきますね!

    きっと面白いので、乞うご期待♪ 詳細情報は下記公式サイトでチェックです(^ω^)♪

    「ドリームゲートの案内人」制作情報 http://doriandukuri.web.fc2.com/


  • 不定期コラム:ニコ動でのアレンジ演奏って合法なのですか?

    2017-01-14 15:16

    視聴者さんより、お問い合わせを頂いたので、私の考えを簡単な備忘録にしました。


    Q1:ファイナルファンタジーの曲などのアレンジ演奏は、著作権法違反あるいはグレーゾーンではないのでしょうか?

    A1:たとえば、ファイナルファンタジーXVの曲のアレンジ演奏の可否は、

     イ、日本国における法令のうちの強行規定

     ロ、日本国における法令のうちの任意規定

     ハ、ファイナルファンタジーXV 著作物利用許諾条件

     ニ、スクウェア・エニックスさんの定めているポリシー

     ホ、ニコニコ動画 投稿規約

      のルールがすべて適用されます。
      これらの優先関係は、イとロではイの効力が優先し、ハとニではハの効力が優先します。
      また、イは、これらイロハニホの5つのうちでもっとも優先しますが、
      ロはイハニホの4つに規定なき場合に補充的に適用されるものです。
     (ホとハ、それと、ホとニの優先関係は不明です)



    Q2:CDの音源は使っていいのでしょうか?
      背景BGMにCD音源(ダウンロード販売やPV、番組、ラジオ中の音源を含む)を流して、楽器で演奏した音を重ねた動画を投稿は、NGでないでしょうか?

    A2:ファルコムさんのサウンドトラックは、「ファルコム音楽フリー宣言」に、
      スクウェア・エニックスさんの、ファイナルファンタジーXVのサウンドトラックであれば「ファイナルファンタジーXV 著作物利用許諾条件」に、
      諸条件の規定があります。この規定を越えた場合は、NGとなります。

     [※ 2017/01/17追記: たとえばスクウェア・エニックスさんの場合だと、公式曲BGMの音楽は、音楽の鑑賞をメインとした動画への使用の場合には、許可していないように見受けられます。アレンジしてあっても、曲のデータの使用は、私にはNGに読めます。ご指摘くださった方、ありがとうございます。]


    Q3:編曲でも公開・第三者配布すると違反ではないでしょうか。もしそうでないとゲーム用に編曲が了解なしで使えてしまうのではないでしょうか。

    A3:ファルコム音楽フリー宣言でも、ファイナルファンタジーXV 著作物利用許諾条件でも、ゲーム用に編曲を使用することを禁止すると明記してます。
      また、アレンジ演奏の公開は、第三者配布ではないので、ニコニコ動画はダウンロードも配布も認めていません。
      ※私がゼロから作った自作曲と著作権の切れているクラシック音楽アレンジ演奏についてのみ、私はダウンロードを認めております。



    Q4:アレンジ音楽とは著作権法にある「編曲」にあたり、アレンジを行った者は「著作隣接権」を持ち、この者は著作者に無断で編曲を行うと罰則を与えられるというのが、著作権法に定められています。

    A4:著作権者に無断で、楽譜を編曲して発表することは、著作権法上違法です。

      これについては、例えば、小学生向けに楽譜を単純化するのは合法か、
      ・・・などの問題がありえます。

      ニコニコ動画の演奏は、楽譜の公表ではなく、再生ボタンをもって演奏するものです。
      こちらも、演奏バンドが間奏でアドリブを入れるのは合法か、
      弾き間違いで構成音が変化するのは合法か、
      楽器編成を変えるのは合法か、といった問題がありえます。

      しかし、これらの問題は、そもそも、
      JASRACの楽曲であればJASRACとニコ動の締結した条件、
      ファルコム楽曲であればファルコム音楽フリー宣言、
      FF15のBGMであれば、ファイナルファンタジーXV 著作物利用許諾条件
      という、権利者の定める特則によってOKとされているものについては、合法です。



    Q5:第三者公開は、法的にはNGなグレーゾーンではないのでしょうか?

    A5:楽譜の公開や、JASRAC曲の特則のないサイトでのJASRAC曲の演奏、ニコ動であっても上記諸条件に従っていないものは、違法だと思われます。



    [2017/01/17追記:まろうソフトウェア工房では、常に、明るく楽しい演奏を目指しています。法令を遵守して、見に来た方が安心して楽しめる休憩所のような場所にしていきたいと思っています。もし、私の考えや、アップロードしてある動画に疑問があれば、どなたでも、いつでも、小さなことでも、どうぞ遠慮なく仰ってください。]