[BG]9月ゲーム会レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[BG]9月ゲーム会レポート

2013-11-03 23:04

    気づいたら6月から更新止まってました(汗
    ボドゲ会レポートも書いてなかったのですが、写真とか色々たまっちゃってお蔵入りするのも悪いのでちょっと思い出し半分ダイジェスト的に9月のレポートまとめます。

    9/7 第3回大田非電脳系ゲーム倶楽部
    ミスボドで前から告知を聞いていたのですが実は今回が初参加。
    ミスボドと同じく蒲田のゲーム会で面子もミスボドに参加されている方が多いですね。
    ただ、規模的には落ち着いている分こちらの方がじっくりタイプのゲームの卓が立つのが多い気がします。

    ゲーム置き場はこんな感じ





    ◆レースフォーザギャラクシー



    ぶるおさん一推しのゲーム。今では自分もBGAでヘビロテしているゲームです。
    広大な宇宙で種族繁栄を競い合うカードゲームで、どうしても各カードの効果を
    ある程度把握しないといけない敷居の高さはありますが数回遊べば大体わかりますし、
    インタラクション要素も非常に薄く、さくさく遊べるゲームです。


    ◆サンファン



    先ほどのレースフォーザギャラクシーのベースとなったカードゲーム。
    ルールも非常にそっくりです。
    カードの種類はこちらの方が少ないので、初心者の方にはこっちの方が初回でもすんなり遊べるかなと思います。


    ◆チューダーの薔薇



    意外に人気のこのゲーム。今回も卓を立たせて貰いました。
    カルカソンヌのような土地タイルによる領地拡張と派手な得点ボードが目を引きますが、
    ラストプレイヤー駒ともいえる女王の移動による手番のすっ飛ばしがキモのゲームです。
    自分、持ち主の割にこのゲーム弱いんですよね…毎回ビリかビリ2あたりの順位です(汗


    ◆お邪魔もの



    働き者と怠け者のドワーフに分かれて金鉱目指して、掘り進めたり邪魔しあうカードゲーム。
    正体隠匿ゲームとして有名で、比較的軽めに邪魔しあえるため、初心者にもオススメの作品ですね。
    なかなか怠け者側は人数差の関係から勝ちにくいのですが、それを乗り越えて勝てるとしてやったりという気分になれます。


    ◆モダンアート



    競りゲーの古典、クニツィア先生三大競りゲーの一角と様々な異名で呼ばれる有名ゲーム。実はこのときが初プレイだったりします。
    暗黙的に大体これくらいが儲けの出るボーダーかな?って感じ競り合いが進むため、
    競りゲーでよくある相場観がつかめずジリ貧負けするということが殆ど無く、頭を抱える展開というのは殆どありません。
    あとはいかにいつ身銭切って勝負かけるかといった感じの展開になります。
    さすが名だたる有名ゲームといった感じで初プレイでも非常に楽しめました。


    ◆ウォーターディープの支配者たち



    D&Dのウォーターディープの街を舞台に街の発展やクエストをこなして活躍(暗躍)していくゲーム。
    リソースが様々な職業の冒険者というのも面白いんですが、リソースという立場上消耗品扱いなのは仕方なし。イラストやカードのフレーバーがどこかで見たことある感じだなぁと思ったらメーカーがMtGのWoC社でした。
    全体的にアメリカっぽいやや大味なバランスですが、世界観がしっかり組み込まれたシステムは見事。閉会時間で途中終了となってしまいましたが、またプレイしたいなぁ。


    9/11 第33回調布のあな
    ほぼ毎回お世話になっている調布のあなです。
    毎回告知ボードがかわいいのは密かに気に入ってたりします。




    ◆成敗



    必殺仕事人よろしく成敗人の一味となって悪人を仕留める協力プレイゲーム。
    みんな初プレイでしたので、ラスボスと源爺抜きの簡単なモードでプレイ開始。妖刀持ちや釣り天井など強カードはあったもののルール改変カードがなかったため全員成敗成功。
    協力ゲームとしては難易度高めでやり応えのあるゲームです。


    ◆アグリコラ



    おなじみみんな大好き農業生活ゲーム。5グリでプレイしました。
    最終的な盤面は見ての通り地平線までに広がる大農園。ど う し て こ う な っ た
    それでも一応40点は超えたし悪くはなかったかな。


    ◆マメじゃないよ



    マメの描かれたカードをちょっと変則的な交換形式で取っていくゲーム。
    以前フロチャの若葉会でプレイしたことがありますが、2回目でだんだんコツがわかってきました。
    ただ、このゲームガチでやり始めるとちょっとやばそうな臭いがします。プラス点をマイナスにするという強烈なカードが入っているのに、談合すれば特定プレイヤーに押しつけることがほぼ確定で出来るのが…
    その辺含めて経験者同士だとものすごくヒリヒリしたゲームになりそうです。



    9/21 第18回 ミスボド

    こちらもほぼ毎回行っているミスボドです。
    一時期凄いことになりましたが、やや人数は落ち着いたかな?
    それでも安定して80人くらいはいる感じですが。


    ◆ツォルキン



    Twitterでお世話になっているうぃりあむさんのリクエスト頂き、卓を立ててみました。
    やることはシンプルなのに、勝ち筋考え始めると止まらなくなるほど選択肢が多い良作重量ゲームです。
    BGA含め、そこそこやってるのですが未だに上手く勝てたことがないです。(持ち主なのに)
    誰か教えてー


    ◆ムガル



    シャハト先生直筆の紳士イラストがまぶしい大人の競り合いゲーム。
    長らくプレミアがついていましたが、日本語版が発売されたようで、私もこのゲームの後買っちゃいました。
    ルールはゲシェンクに似ていますが、ゲシェンクが悲喜こもごもでワイワイ盛り上がるのに対して、ムガルはチャリン(コインをベットする音)…、チャリン…、チャリン…、「パス」、チャリン…と
    静かですが熱い競り合いになります。ゲシェンク好きな人は是非遊んでみて欲しい作品です。


    ◆ブクブク



    溺れないように水位を調整しながら生き抜く羊を描くバッティングタイプのカードゲーム。
    久々に遊びましたがやっぱり面白いですね、カードの強弱により浮き輪ライフ数が補正され
    次ラウンドは使用手札をセットでチェンジと可能な限り運の要素を排除しながらもそれでも
    予想外の展開になるのだから面白い。初心者からガチの人まで幅広く遊べる屈指の名作カードゲームだと思います。


    ◆レディースアンドジェントルメン



    もうミスボドの常連ゲームとなった感のある男女ペア推奨の協力ゲーム。
    まちこさんのリクエストで今回も愛人プレイになりましたが、前回かなり愛人がきつそうだったので実験的に愛人の購入品は非公開、スキャンダルカード有りですが愛人攻撃不可とかなり贔屓目に設定してみました。
    結果は案の定愛人の圧勝となりちょっとバランス崩しすぎた感がありましたので、
    また色々と試行錯誤したいと思います。

    ビッグコイン大作戦



    ミスボドはたまーに年代物のレトロなおもちゃがでてくるんですがこれもその一つ。
    見た目の通り上に貯まったコインをピンを外すことによって自分のポケットに落とすゲーム。
    外箱を見るにかなり昔のものっぽいですが面白さは色あせないですね。


    とまあ、9月はこんな感じです。結構行ったなー
    10月はゲーム会個別で記事まとめますー


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。