【SEGA】 ぷよぷよ!!クエスト アーケードをプレイしてみました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SEGA】 ぷよぷよ!!クエスト アーケードをプレイしてみました

2013-04-01 13:02
    孔雀氏が、現在ロケテスト中の

    ぷよぷよ!!クエスト アーケード

    のプレイレポートをまとめてくれました。

    今回は、SEGAでおなじみの落ちゲー『ぷよぷよ』のロケテストが開催されていたのでプレイしてみました。

    http://puyoquest-am.sega.jp/

    期間は3月28日~4月7日まで。

    基本のプレイ料金は無料ですので、気軽にプレイできます。

     『ぷよぷよ』といえば、1991年に発売されてから、長きに渡って愛され続けてきた落ちゲー。

    そんな落ちゲーがパズ○ラになって帰ってきた!

     まず、ゲームのプレイはタッチパネルを使用。

    各色の「ぷよ」を4つ繋げると消えるのは同じです。

    違うのは、今までは繋がった「ぷよ」が落ちてきましたが、今回は常にフィールド全部に「ぷよ」がいて、消した空きを埋めるために上から落ちてきます。

     ゲームの目的は、お供を連れて冒険の旅に出ること。

    クエストをこなすうちにお供カードが手に入り、パーティーを強化します。

    クエストには立ちふさがるボスがいて、「ぷよ」を消し、連鎖して攻撃力を上げていきます。

    連鎖しているとゲージが貯まり、必殺技が使えるようになってゲームが有利になります。

     ここまで聞くと『ぷよぷよ』じゃない!って言いたくなりますよね?

    引者も思いました。

    でも、プレイしてみると時代に合わせた変化っていうヤツかな?と納得してしまいました。

    普通に面白いですし、なんと言っても無料です。


     ここからはプレイした感想になります。

    まず、データの引継ぎができます。

    Aimeカードがあれば、クエストの進行具合、お供カードのデータを保存できます。

     次に、全部無料なの?っていう点は、「げんき」というポイントによります。

    Max200ポイントの「げんき」がプレイヤーに割り振られ、これを消費してゲームを遊びます。

    クエストの難易度によって消費ポイントは変わりますが、2プレイはできると思います。

    筆者は、100点で中級+下級、下級+下級の組み合わせで遊んでいます。

    上級は未プレイなので、これからの検証です。

    この「げんき」ポイントは、3分に1点回復か、100円で「100まで」回復します。

    これが高いか安いかは難しいですが、1回遊んで5時間経てば、再度遊べる計算です。

     次にアバターを選びます。

    なんと、今回の『ぷよぷよ』は協力対戦でクエストをクリアしていくのが目標なので、自分だけのアバターを選べます。

    違いは、キャラクターと固有の大魔法。

    簡単に変更できるので、気分に合わせて選びましょう。

     お供カードについて。

    属性によって色分けされています。

    色によって特色があり、赤なら攻撃力が上がり、青ならHPが回復するなど。

    それぞれのお供のHPを合計した数がプレイヤーのHPになります。

    レアリティーも別れており、N(ノーマルか?)R(レアか?)G(ゴールドか?)によって攻撃力やHP、特殊能力が違います。

    お供は5体+サポート(リーダーお供の能力によって増減)でパーティーを組みます。

    これらは、クエストをクリアしていくうちに手に入ります。

    また、カードの強化合成もでき、お気に入りのカードは強化できます。

    筆者は、早速女の子カードをMAXのLv20にしてみました。

     クエストについて。

    舞台となる島の中を進んでいきます。

    ルートに止まるマス目があり、ソコで一定回数クエストをこなすとクリアになります。

    ゲージ70%でクリアとなり次のクエストが提示され、100%でコンプリートとなり特別なお供カードがもらえます。

    クエストによって入手できるカードが提示されているので、欲しいのがあったら戻ってきてプレイできます。

     ゲームについて。

    2つのパートに分かれます。

    「落ちゲー」と「モンスター退治」です。

     落ちゲー部分は、タッチパネルで「ぷよ」を移動します。

    筆者は、最初は隣にしか動かせないのかと思っていましたが、盤面どこにでも動かせます。

    ただし、1個だけ。

    そして、動かすと、新路上の「ぷよ」は押し出されるように、動かした基に移動します。

    質量保存の法則?

    移動の結果、「ぷよ」が4つ以上つながると消えます。

    消えた結果、「ぷよ」は画面下に落ちていきます。

    さらに、補充の演出で、上から「ぷよ」が落ちてきて連鎖が進むこともあります。

     モンスター退治の部分です。

    落ちゲー部分の連鎖の結果に応じて、お供の攻撃力が上がります。

    4連鎖以上かな?

    また、アバターとお供のMPが貯まり、一定以上になると必殺技が使えます。

    そういった条件下で、モンスターを複数回倒し、ボスを打倒するとクエストクリアです。

    モンスターを倒すと、ランダムでお供カードが手に入ることもあります。

     最後にリザルトです。

    連鎖の回数、クエストクリア数、協力プレイ評価で点数が変わります。

    協力プレイというのは、予想ですが、必殺技を他のプレイヤーに影響させるように使用したかどうかだと思います。

    威力は弱いものの、プレイヤー全員にHP回復や攻撃力UPの必殺技を使ったかどうかの。

    これによって、落ちゲーが苦手な人でも、協力プレイが出来るという思惑でしょう。

    ・・・なんとなく、以前にレポートした「ロード オブ ヴァーミリオンⅢ」と同じに見えるのは自分だけでしょうか?(笑)


     総括としては、ゲームセンター初の無料プレイ『ぷよぷよクエスト アーケード』は、普通に面白かったです。

    課金は、・・・することになる、しても良いと思う。

    最近流行りの、1つのゲームで2種類の遊びが可能を踏襲しているので、飽きないです。

    ICカードでデータを保存できるのも良いですね。

    落ちゲーとして、パズルが落ちてくるのを早くするよりも、連鎖の回数をポイントにしているのも重要です。

    ボスに勝てないという人も、回数さえこなせばお供カードが育つので先に進めるようになるでしょう。

     敢えて言うなら、全国大会のような順位を決めるイベントが開きにくいということが挙げられるでしょうか。

    ランキングにこだわる人も多いですし、盛り上がります。

    単純に「腕」を競い合うモードもあれば良いなとプレイして感じました。

     ・・・あと、結構必死こいてプレイしたのですが、ロケテストのデータは本可動に引き継がれないのですね?

    500から始まったHPが810まで上がったのに!

    連鎖つなげて、1回の攻撃で1450ダメージとか出るようになったのに!!

    上級クエストまで進んだのにぃぃ。

    本可動を待ちます。


    文章:孔雀

    お忙しい中、孔雀氏ありがとうございました。4/7までロケテストはやっているみたいなので、興味のある方はのぞいてみてはどうでしょうか?

    それでは、失礼いたします。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。