【Bリーグ解説記事①】オンザコートルールと外国籍選手の種類
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Bリーグ解説記事①】オンザコートルールと外国籍選手の種類

2017-08-19 03:11
    皆さんこんにちはこんばんはおはようございます。
    メッタです。





    さて、エミネムさんがBリーグを教えてくれるシリーズはお楽しみいただけていますでしょうか。
    知らない人に対して分かりやすく解説したつもりですが、どうしても全部は伝えきれないのでその分はブロマガで補足しようというわけです。

    まず今回は「外国籍選手」(以下外国人)の種類について解説します。
    そもそも、日本や諸外国のリーグでは以前から外国人がコートに立てる人数を定めた「オンザコートルール」があるのですが、Bリーグになるにあたりオンザコートルールについても統一が図られたので、リーグ規約の改変等がない限りは一度理解してしまえば大丈夫かと思います。

    参考:ABOUT B.LEAGUE REGULATION(BリーグHP)ABOUT B3 リーグ(B3リーグHP)

    まずB1では、
    「1試合(1~4Q)でオンザコート総数6枠が上限」
    「各クォーター0~2名の範囲でクラブごとに設定」
    「試合前に申請し、対戦クラブ間で共有」
    と定められています。
    つまり、1Qから順に「1-1-2-2」とか「0-2-2-2」という感じで上限2、かつ合計6になるように事前申請するわけです。
    これにより、各クォーター間で両チームにオンザコート数のズレがあればそこの埋め合わせをどうするかで駆け引きが生まれたり、ズレがない場合でも「0」や「1」のクォーターでは日本人中心で攻める時間帯が増えたりするわけです。
    ただ、昨季の試合では99%「1-2-1-2」か「2-1-1-2」が採用されていました。
    ちなみに、B2・B3では「1-2-1-2」で固定です。
    (いずれの階層も延長戦は「2」で固定)

    ここまではよいでしょうか。

    続いて、外国人の特例について。
    タイトルに種類と書きましたが、いわゆる「外国籍でも、その後の国籍状況や日本在住経験がどうなっているかによっては外国人に含まれない場合がある」という意味です。

    「帰化選手」
    まずは一番多いパターンが、日本国籍を取得した外国人選手。
    Bリーグでは、オンザコート「0」と「1」の時間帯でも外国人とは別に出場ができます。
    なので、帰化選手のいるチームは「2」以外の時間帯で基本的に有利に進められる計算となります。では単純に帰化選手がいないチームが不利かというと、昨季を見た限りではそうでもない印象でした。
    ある程度チーム力が拮抗しているのが条件ではありますが、日本人ビッグマンがいたり別の戦法で対抗すれば結構勝負になっていた気がします。
    あと、「2」の時は帰化選手も外国人2人とは一緒に出れないので、結局4Qはあまり関係ないかなとも思います。そもそもベンチ登録は最大で外国人3人or外国人2人+帰化選手1人しかできないので、むしろ帰化選手を酷使するリスクも増えますし。

    「外国籍扱いしない選手」
    何パターンかありますが、いずれも対象となる選手はごくわずかです。
    特に日本国籍を持たず、日本で出生または出育し、日本の小学校および中学校を卒業して義務教育課程を修了した選手は「みなし日本人」として日本人扱いされますが(JBA「基本規程」第103条〔外国籍選手〕より。帰化しない限り日本代表にはなれない点に注意)、現在のBリーグではエミネムさんの歌詞でも登場したザック・バランスキー(アルバルク東京)1人しかいないはずです。ちなみに彼は栃木県生まれで、一旦母国アメリカへ帰国後、小学生の時に再来日して中学校どころか高校、大学まで日本で過ごしたので日本語もペラペラで「日本人より日本人らしい」と言われています(笑)。TBSの番組「S☆1」情報ですが、イナゴの佃煮も食べられるとか何とか。
    また、アキ・チェンバース(千葉ジェッツふなばし)は母親が日本人のため日本国籍を持っていますが(日本人として出場可)、彼自身はアメリカ育ちであり日本語が喋れません。
    そして、張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)は中国生まれですが、子供の時に両親とともに日本へ移住したことにより日本国籍を取得。現在彼は帰化枠関係なく日本代表で活躍しています。

    あと、Bリーグとは関係ないですがWリーグ(女子)の馬瓜エブリン・ステファニー姉妹(トヨタ自動車)は両親がガーナ出身ですが、移住先の日本で生まれ、その後家族で日本国籍を取得したのでやはり日本代表としての活躍が期待されています。

    以下はB3リーグのみの採用ルールです。
    「帰化申請中選手」
    その名の通り。NBL時代はこれで帰化選手扱いとすることができました。
    「留学実績選手」
    高校3年間または大学4年間、選手登録した実績のある留学生選手。
    ゲーム中、1Q・3Qは日本人選手同様の扱いとして、2Q・4Qは外国人選手同様の扱いとして出場できます。


    ふぅ、こんなところでしょうか。
    軽く書くつもりでしたが、改めてちゃんとまとめると結構長くなってしまいましたw
    まあ分からなくなっても、試合会場ではMCが、テレビやスポナビライブ等では実況がちゃんと説明してくれるので大丈夫かと思います。

    ではでは。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。