• 札幌雪祭り 横山緑の巨大雪像が完成したぞ

    2013-02-04 17:34508



    今俺は東京から約700㌔北にある北海道は札幌に来ている。
    札幌ですすきの酒池肉林や馴れ合いオフ会をしに来たのではないことをまずは最初に皆さんにご理解いただきたい。

    札幌の祭りの1つ『札幌雪祭り』俺の巨大雪像を作ることになったからだ。
    市民からしたら「自分を作るなんてこれ以上のオナニストはいない」と思われそうだが、実際俺はオナニストでもないし自分でもこれが審査基準を突破するとは思ってなかったのだ。
    隣りでは初音ミクを制作していた女子高生からも「なにこれ!」と俺にまで聞こえるような声で叫び声をあげ隣りにうんこでも置かれたような顔で気味悪がられた。

    札幌の大地はまだ雪が積もっていて、道路はカチカチに凍り付いていてアイスバーン状態。滑らないように小さな小石が散りばめられていて滑り止めになっている。
    かなり寒い。聞けば-7℃なのだそうだ。
    雪祭り会場に行くと、ニコ生主やリスナー総勢8名ほどが作業に没頭していた。



    大きさは台座を含めて5mほど。けっこうでかい。最初は真四角の雪の氷みたいな形からスコップでガシガシと削っていき、ここまで5日間制作したそうである。


    これが顔のアップ、基本的な難しいところはミドリンピックのポスターの製作をしてくれた兎角さん(生主)と、わざわざこれを制作しに東京からやってきたリスナーの2名が細かい作業を行った。


    手もドラえもんみたいに簡単でいいと考えてたのだが、結構一本一本丁寧に削るのだ。しかも軍手である。俺も手伝ったのだが逆に薬指をへし折るという作業妨害を犯しチェンジ。あまり役には立てなかったが激を飛ばしておいたぞ。



    折れてしまった指。こうなるとやっかいで折れた部分を氷と水で接着し、くっつくまで待たなければいけない。これがまた冷水に手をつっこみ、雪で固める作業だから手の感覚はなくなる。
    雪像は雪だるまみたいな柔らかい雪ではない。完全なガチガチの氷である。雪を凍らせてそこをスコップや小さなフォークなどでガスガスと削っていくのだ。これはしんどい。


    ちゃんと袖も指もの長さまでリアルに再現して作ってくれたぞ。俺は「もうこれでいいよ」と何度も言って作業を終わらせようとしたのだが職人達は暗くなるまでずっとやってくれたぞ。
    あと、リスナーとかが暖かい肉まんやお茶を差し入れしてくれて凍傷は免れた。感謝する。


    このような看板もある、もし生で観たい奴は53番を見に行け。ゴミじゃないぞ。

    ここまで5日間ずっと作業を続けようやく完成し、喜びもひとしおである。
    兎角いわく、最初のデッサンがダメだった。あともうちょっと作業時間がほしいとのことなので来年も証拠りなく制作するぞ!






    最後に背景に暗黒と掘って完成。初めての制作にしてはかなり上手だと思うぞ。これを雪祭り終了にぶっ壊すなんて非常に罰当たりな行為だから溶けるまで残せ!もしくは東京に郵送してほしい。





    左からみずにゃんろすと横山緑兎角名前は忘れたが東京から来たリスナーカンニング下山(主催者)

    札幌雪祭りは2月5日から開催なので観に行け!


    他の作品はこんな感じ。


    完成した俺たちの作品だ。観に来いよ!





  • 広告
  • 女が坊主にする覚悟とパフォーマンス

    2013-02-01 16:13582





    全奥的アイドルAKB48のメンバー峯岸みなみが頭を剃毛し丸ボーズにしてしまった。
    最初見たときは私もアイコラだと思ってたら本当に綺麗さっぱりに女の命ともいうべき髪の毛を高校球児のごとく丸刈りにしてしまったのである。

    最初にはっきり言うが、ファンでもない自分からしたら見ていて非常に痛々しいだけだ。いったい峯岸みなみはこの反省を誰に見てもらいたかったのだろうか?
    AKB48は恋愛が禁止なのだそうだ。つまり男性との異性交遊は禁止という思春期真っ盛りの乙女にとっては金科玉条のごとく守るのは難しい話なのかもしれない。

    そんな中お泊りが発覚し峯岸みなみはこのような丸刈りをするという行為に出たわけだが、これは自分の意思でボーズにしたのだという。
    よく、反省の態度を示す意味で丸ボーズにしたり、髪をばっさりと切ることによって態度で示すというが、俺からしたらそんなものは反省でもなんでもない。
    かつて、俺もとあることをやらかして丸狩りにさせられて許しを得たことがあったが相当な覚悟がいった。
    だからこの峯岸みなみの行動は俺なんかと比べたら相当な覚悟が必要だったはずだ。

    これを見たファンの中には「感動した」「ここまでやったなら許していいんじゃね」と寛容する声も聞こえてきそうだが実際は「ドン引きした」とう声の方がネットを中心に多く聞かれた。

    これはある種、恋愛禁止という圧力に対する最大の彼女なりの反発心ではなかろうか。
    自分自身の判断で勝手に丸刈りにしたそうだが、ここまでやられたら事務所側も許すとなると思ったらそれは子供の考えで大間違いである。
    プロダクションは管理する女性が勝手に髪型を勝手に変えたり、染めたりするのは基本NGである。
    なぜなら宣材写真を見たイメージがロングヘアーでお嬢様美人だったのが、現場に現れたら丸狩りの女性だったら現場はとても困惑するだろう。
    また宣材写真をカメラマンやメイクをつけて撮り直すことになるだろうし、髪の毛はそんなにニョキニョキと春のツクシみたいに生える訳ではない。
    これはビジネス的に言えば事務所がちゃんと女性アイドルを管理できてないことになるし、信用問題にもなる。
    ファンからしたら「覚悟を決めた反省した態度」に思えるかもしれないが事務所的には「無断で勝手なことをして商品価値を下げやがって!」と怒り心頭になってるかもしれない。
    トカゲは命の危険の際、尻尾を切って逃げる。今回は髪の毛を切ってクビは逃れたものの研修生としてまた出直しとなってしまった。

    とにもかくにも、このような前例を作ってしまったことで今後AKB48のメンバーは戦々恐々としているはずだ。




  • ソイネ屋は本当に警察に摘発されたのか?調査しに行ってきたぞ。

    2013-01-28 23:48518
    全国ニュースでソイネ屋が現役の女子高生を働かせてたとかで摘発されたとかで騒いでるようなので今日、秋葉原のソイネ屋まで行ってきた。
    俺も突撃レポーターをして、ビンタされたり、見つめあいプレーや尻マクラをしたお店で最近はいろいろなTVとか雑誌にも話題になってた最中にいきなりの摘発である。
    なぜ急に警察が動いたのかは不明だ。


    怪しい道沿いに入り階段を上ると入口のドアにこんな紙が貼りつけてあった。






    本日はお休みだお。
    明日はやってます!!






    どうやら残念ながら摘発が入ったのは本当のようであった。
    事実店の店長(?)らしき人に「騒がれてるように今回警察の摘発が入ったんですか?」と聞いたら
    「はい、でも明日はやってますからまた明日来てください」との返答であった。

    だが、世間ではいかにも客に現役女子高生が猥褻なサービスをしてたかのごとくのイメージがあるがそうではない。
    お店には厳しく性的なことはできません!とあるし客も理解して来てたはずだ。
    でなきゃ、尻枕をやった俺も猥褻な行為をしたってことで捕まっちゃうからな!


    警察もこんな小さなことで躍起になって潰してもはっきり言ってイタチゴッコである。
    どこかを潰せばそれから抜け道としてもっと解りづらく影で同じ事が行われるのだ。
    以前、石原都知事が「東京でのオリンピック誘致の為に歌舞伎町を健全な街にしよう!」と烏合の衆みたいに大勢のガードマンを連れて歌舞伎町を回り健全な街とやらにしよとしたが、そんなことするから今度は池袋に違法店とかやくざの事務所はさっさと移動した。

    結局、なんにも本質が変ってないのだ。
    痴漢で言うなら手のひらじゃなく手の甲で触れたんだからいいだろ!と訳のわからんことを言って誤魔化してるだけでやってることは痴漢なのだ。(言ってることがわからん奴は理解しろ!)
    警察も最初は認可しておいて後から「ちょっとやりすぎたかな」と慌てて店の許可を止めたのが目に分かるわ。
    だからこそ逮捕者もださず、厳重注意だけで済ませたのではないだろうか。

    こういうソイネ屋なんてのははっきり言えば幻想プレーなのだ。
    お遊び心がない奴やガチガチの真面目な奴には現役の女子高生が客と密室でムフフ…がけしからん!としか見えないのだ。
    さて、これで保護と言う名の元、保護された40名近くのJKはこれで職を奪われたわけである。
    こうなると手っ取り早くお金を稼ぐ手段を失った若い女の子が次に同じようにお金を稼ぐ方法をまた見つけなくてはならない…いったいどうしていくのであろうか。

    逆にお上が手を加えたばかりに変な方向にいかなければ良いのだが。