• 【八】弱くなどない!(鰯)

    2016-07-26 15:28
    おひさしです。釣りは割とちょくちょく行っております。書けるほどのアレが無いだけで・・・ええ・・・w
     クソ暑い今日この頃、釣るにしても真っ昼間なんかは1時間もやりたくないレベルでございまして、自然と夜~早朝の釣行がほとんどになります。なのであんまり鰯を狙ってってことは無かったんですが、先日某漁港に夜中の3時頃行った時。常夜灯のある港なので夜でも豆アジやら小サバやらってのは毎度見かけておったんですが、最初はそれを狙ってくるカマスを釣ろうぜって話を友人としていたものの、現地に着くとカマスの仕掛けに来るのはちょっと育ちの良い小サバオンリー。なんぼでも釣れるけどこれだけやとなぁ・・・とか言っている所に、「ん、これ鰯ちゃうか?」との声。見ると、やや底の方を泳ぐ一塊の群れが。「えっでかすぎへん?マジで?」と思わず返すぐらいよくお育ちになられた鰯でした。普通に20cm超えるヤツがいるので、常夜灯周辺の力関係が
    【強】>>>>>>>>>>【弱】
    みたいな感じになっており、鰯の群れが通ると鯖も鯵も散る有様。サイズ差の前には文字のイメージなど最早微塵も無いのでした。そりゃまあスズキやヒラメあたりなら食うだろうけどね。


    これでアベレージぐらい。もっとデカいのがワラワラいた

    手持ちでとりあえずあった6号(俺)10号(友人)のサビキでガンガンいく。アジバケツに氷ブッこんだ海水を用意して、釣れた端からバケツに突っ込んでは釣り、突っ込んでは釣り、結局1時間ほどで50~60匹ぐらいで持ってったクーラーバッグが氷のスペースを確保すると満タンになってしまうので納竿となりました。っていうか現場で水洗い状態にしないと入りきらないんで納竿後は1時間ほどガシガシ作業してました。超腰痛かった・・・
    ちなみにサビキにも関わらずこのサイズの鰯がかかるとめちゃめちゃ引かれるので基本1匹で上げないとヤバイ感じでした。2匹で別々の方向行かれると「ンゴゴゴゴゴ!」ってなるw

    温度管理をしっかりやって持って帰った鰯は、身がしっかりしてるので手開きではなく包丁で開いて調理したほうがやりやすかったです。もちろん大きさのせいで背骨が頑丈なのもありましたが。作ったのは

    酢締め


    蒲焼きで丼(ここまで当日全部捌いた直後に作ったので盛り付けすげぇ適当w)


    翌日トマトとブラックオリーブのパスタ




    あとは紅梅揚げ(撮影忘れ!)紅梅フライ(同じ要領でフライの粉をつけてジップロックで冷凍保存用)でした!あんまり長期保存はお勧めしませんが、1週間後ぐらいに食べた感じでは冷凍前と全然変わらない感じで美味しかったです。
    実は鰯、元々そんなに好きではなかったんですが、こういう鮮度のクッソ良いのを食べると独特の臭いとかクセみたいなのがほとんどなくて、小さい時から釣りたて食ってたら普通に元から好物になってるなコレ・・・って感じでした。そういうのってもしかしたら野菜とか他のモノでもあるかもしれないですね。ではまた良いのが釣れたら!















  • 広告
  • 【七】春はノマセ(鮃)

    2016-05-05 01:12
    お久しぶりの記事です!1~3月中旬あたりまでは寒いのが苦手すぎる私はお部屋ライフ満喫でした。。。
    3月末ぐらいからようやく重い腰をあげて釣りに行く日もあったものの、水温の低いうちの波止釣りは釣果に恵まれにくく、良くてガシラ(カサゴ)・メバルなどの根魚といったところでイマイチ書くほどでもないよなぁ・・・と言ったところ。あ、ガシラもメバルも美味しいんですけどね!ホクホクの唐揚げとか、寒い内はまとまった数なら鍋なんかもいい感じです。

    で、ここ最近地元の港ではカタクチやウルメなどの小イワシがたくさん回りだしておりまして、それ自体もまあ美味しいんですが、これを餌にしたノマセ釣りがアツいと思って出かけたわけです。ノマセ釣りは泳がせ釣りとも言いますが、アジ、イワシなどを生きたまま針につけてある程度自由に泳がせて、それを捕食対象とするいわゆるフィッシュイーター、魚食魚を対象とする釣りなわけです。港内の波止釣りではスズキやマゴチなんかがターゲットになることが多いですが、少し外向きの場所では青物も来ることがあったり、仕掛けによってはイカも釣れます。イワシとアジはみんなのご飯!(ヒドイ

    港につくと既にいる人たちの竿にいいペースで小イワシがかかってまして、ならば早速とこちらも餌確保のためにサビキを出します。この時期まだイワシにしてもアジにしてもサイズが極小(5~7cmぐらい)なのでサビキも0.5~1号の超ちっさいのを使います。ちなみに針が小さいのに糸が太いタイプのサビキ仕掛けもあって、これはダイレクトに針にかかったイワシをそのまま放置してスズキなどに食わせるというものぐさなのか豪快なのかよくわからない仕掛け、自分はこんなの使いにくし来ねぇだろうとか思ってたんですが・・・この釣行の一週間ぐらい前に行った時一発目に落としたサビキに70cmを超えると思われるスズキがガバッと食いついてきまして、ええ、ものの10秒ぐらいでブチ切られてお帰りになられました。。。

    で、ヒラメです。色々脱線したんですが今日はヒラメです。しごくあっさりゲットできたカタクチイワシを弱らせないように針につけ、やや底を狙いたいのでオモリつけてから70cm程度のハリスでトライ。で、スタートから10分もしないうちに置き竿がガガッと動いてHit!



    釣れたよ!大きさは39cmなのでそう大きいものではありませんが、平たい体は水の抵抗が増えるのか大きさ以上に重く感じました。小さいものはソゲって言うらしいと前にひよこさんのブログで見たんですが、調べてみると30cm以下、40cm以下、1kg以下(重さかよ!)など色々な基準が人、場所によってあるようで、まあ40cm以下と1kg以下は当てはまるのかな?という所。人によってはリリースもあるサイズのようですが、ヒラメ釣ったの初めてだしそうそう何匹も釣れるものでもなし、美味そうだからお持ち帰りしました!



    5枚おろしをYoutube見ながら学習してどうにかさばく。ちょっとミスりかけるがなんとか。腹側(裏側?)の2枚は刺身(with肝醤油)とサラダに1枚ずつ使い、背側(表側?)2枚は写真のようにムニエルにしました。ソースはバターレモン味。いやー小型とはいえ高級魚で通ってるのはダテじゃないね。何しても美味ぇわこれ。でかいやつの旬は冬みたいだけど、いつか50オーバーぐらいのガチヒラメ釣って食ってみたいと思わせる一品でした。あ、一品じゃないか。



    本日の献立
    鮃のムニエル バターレモンソース
    チーズクリームドリア
    サラダ

    ごちそうさまでした!




  • 【賀正】明けまして

    2016-01-01 15:43
    おせち!



    3色蒲鉾 大桜 アシアカエビ旨煮
    田作り 栗きんとん
    数の子 昆布巻 くわい煮物


    チキンロール 里芋 出汁巻き
    小桜 タコ旨煮
    スコッチエッグ 高野豆腐の印籠煮


    いんげんと人参の牛肉巻き 筍土佐煮 のし鶏
    黒豆 こんにゃくのねじり煮
    焼豚 百合根の卵とじ

     という感じで、今回初めておせち自作に挑戦!とはいえ時間の都合もあり100%自作はムリがあったのと、形として欲しいけどそんな好きじゃない(田作り、黒豆、蒲鉾類)は完成品買いましたw
    まあ蒲鉾自作は普通ないと思いますけども。調理の7割方は嫁担当で私はレシピ決定、材料買い付け、盛り付けなんかが主な担当でして、つまり雑な盛りつけの責任は私にございますw
     
    現在昼過ぎで既にこの半分近くは私のおなかに収まってるとこでして、いや実に美味しゅうございました。来年以降はこれをベースにまた色々考えながら、実家ともまた違う「我が家のおせち」を作っていきたいですね。

    当ブログも放送も、今年ものんびりペースになりそうですが、よろしくお願い致します。
                                    2016/01/01