• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

三好武蔵守大髭の真実 (戯言養気集)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

三好武蔵守大髭の真実 (戯言養気集)

2017-06-18 11:27
    本作の原典は、戯言養気集「其の物に付て、その心あらざれば、似たる事を聞き違う事」の章である。
    この章には豊臣秀次関連の逸話だけが収録されている。

    戯言養気集には話毎に題名がないので、底辺亭底辺がこの仮題を付けた。







    秀次卿の御父上である三好武蔵守は立派な髭が自慢であった。

    ある日、十人程の客が髭を見に来て褒め称えた時の話。



    「さてもさても見事なお髭ですな!
    日本ではこんなに立派な髭を見たことがありません!
    きっとこれは唐物でございましょう!」

    この追従に武蔵守は大いに喜んだ。
    散会して皆が帰ると、武蔵守は日頃懇意にしている一人を呼び戻し

    「実はこの髭は日本産なのだ。
    くれぐれも内密にな!」

    と親密に言い聞かせた。







    戯言養気集

    江戸時代初期に刊行された笑話集。
    戦後期のお伽衆の小咄を集めてあり、織豊政権関係者の故事が多い。

    著者不詳。




    『三好武蔵守』

    三好吉房。

    庶人身分であったが、秀吉の姉を娶っていた縁で引き立てられ犬山城主の地位を得た。
    秀次切腹事件に連座して改易され、讃岐に流罪になった。

    c2805c9a62ef8caad69c4bcd9ad7617beb0169fa
    (豊臣秀次公肖像画)



    公人としてのキャリアはその時点で断絶し、余生は行者として過ごしたのだが
    孫の豊臣完子の血筋から皇后(貞明皇后)を輩出したので、三好武蔵守は今上陛下の先祖の一人となる。




    『鬚』

    鬚を表現する文字は様々あるが、この字はアゴヒゲを表す文字である。
    戦国期は鬚が大流行したので(強そうに見えるから)、男たちは必死にヒゲを蓄えようとした。

    このブームは半世紀後、土井利勝が笑い話のような展開で終止符を打ってしまう。



    『同話』

    醒酔笑巻の一「貴人の行跡」の章に同話が見られる。
    但し、武蔵守の名は伏せられている。

    秀吉のお伽衆であった策伝にとっては武蔵守は主家の人間であり
    その配慮もあって名を伏せたのであろう。
    (策伝は愚話に関しては名を伏せたり・変名している。)
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    底辺亭底辺の「今日も底辺!」
    更新頻度: 鬱時に長文投下します
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。