• ぱるメロ!を Windows8.1 で ( Windows10 でも ) 動かしてみた

    2014-04-01 00:0074
    • Windows10 に関して

      Windows8.1 からアップデートした Windows10 で作業手順を確認したところ、特に問題なく動作させることが出来ました。Windows10 での微妙な違い等はそれぞれの手順のところに記載しています。

      また、ひと手間かけることでウィンドウ枠は残るもののフルスクリーンでの 60fps 動作が可能です。これについては最後の方に追記しておきます。


    1. はじめに
      • とりあえず記事主の環境で動作したってだけです。すべての Windows8.1 及び Windows10 環境で同じように動かせるという保証はありません。予めご了承ください。

      • Windows8.1 ではフルスクリーンで動作させることができませんでした。Windows 付属の拡大鏡ならほぼ遅延なしで遊ぶことはできると思います。拡大鏡の詳細についてはググられたし。

      • ぱるメロ!情報サイト Palmelo.info (※)Windows Vista/7でぱるメロ!を遊ぶ の手順を踏襲しています。8.1 で大丈夫だったので 8 でも問題ないとは思いますが、未検証です。
        Special Thanks !!

        (※) 2016 年 1 月 4 日 閉鎖 ( リンクは Internet Archive より借用 )


        Windwos7 でのやり方を踏襲しているので、当然 Windows7 でも同様の手順で動作させることが可能です ( 多分 Windows Vista でも大丈夫だと思います ) 。OS が違うので作業画面の見た目は多少変わりますが ・・・ 。これらはフルスクリーンでもプレイできます。

    2. 注意事項
      • 自己責任
        この記事を参照にして作業するのは構いませんが、それで壊れても責任取れません。ま、この辺はどのソフトに関しても言えることだと思います。「 なんかヤバそう 」と思ったら、迷わず作業を中断しましょう。バックアップは万全に。

    3. 事前準備
      • ぱるメロ!本体
        当然ですが、ソフト本体が先にないことにはどうしょうもありません。公式アーカイブサイト にて入手します。追加曲パッチも忘れずに。あと、一応 ココ から trap ( 収録曲の一つ ) の修正差分も入手しておいた方がいいです。ウィンドウモードだと結構音ズレが生じるようなので。インストール手順はそれぞれのサイト参照。

      • 解凍ソフト
        そもそもぱるメロ!を解凍するのに必要ですし、作業途中でどのみち必要になります。自分の使いやすもので結構です。記事主は Lhaz を使ってます ( 最近は Lhaz+ というのもある )

      • デスクトップ表示にしておく
        Windows vista/7/10 では必要のない作業です。流石に Windows8 系のあのトップ画面では作業が困難極まりないため。

    4. エラーの内容
      • 追加曲なしで起動

        システム エラー
        MSVBVM50.DLL がない

        追加曲なしだとぱるメロ!本体のバージョンが少し古いため、このような表示となります。このエラーに対処するだけであれば VB ランタイム をインストールすればいいのですが、そもそも追加曲ありならこのエラーは出ません。追加曲をインストールしましょう。

        余談ですが、このバージョンのぱるメロ!に必要なランタイムは 5.0 ( SP2 ) なので、6.0 だけをインストールしてもダメです。5.0 と 6.0 を両方ともインストールする分には問題ありません。
        Windows10 では追加曲がない状態でもこのエラーではなく下記のエラーになっていました。どちらにしろ追加曲さえあれば VB ランタイムは不要です。


      • 追加曲ありで起動

        エラーが発生
        error.txt
        DirectDraw の初期化に失敗

        Windows Vista 以降の DirectX は XP の頃と別物になっていて、古いバージョンとの互換性がありません。これがぱるメロ!を起動できない主要因です。なので、必要なファイルを他所から持ってくることになります。

    5. dx7vb.dll と dx8vb.dll の入手
      • 入手可能なサイト
        とりあえず Windows 2000 用が Microsoft にあるので、そこから入手します。

        DirectX 8.1 Runtime for Windows 2000
        DX81NTjpn.exe を保存
        DirectX 8.1 Runtime をダウンロード

        どこでもいいので適当にフォルダを作って、そこに保存します。間違っても「 実行 」はしないように。この記事ではダウンロードフォルダに作りますが、デスクトップにフォルダを作ってもかまいません。

        ただ、デスクトップにダウンロードしたファイルを直接置くのは NG 。解凍時に 200 個以上のファイルをデスクトップ上にばら撒くことになります。

      • 拡張子を表示
        拡張子を変更するので、この設定が必要になります。

        プルダウン
        ファイル名拡張子
        ファイル名拡張子を表示する

        Windows Vista/7 と同様に、コントロールパネルのフォルダーオプションから設定することもできます。デスクトップ画面でマウスを右上か右下にもっていくと、チャームバーが表示されます。そこで設定を選べばコントロールパネルが見つかります。・・・が、Windows8.1 なら左下のスタートボタンを右クリックした方が簡単です。

        Windows10 は「フォルダーオプション」が「エクスプローラーのオプション」に変わっています。

        スタートボタン右クリック
        表示方法 : カテゴリ
        表示方法をカテゴリから小さいアイコンへ変更

        表示方法 : 小さいアイコン
        フォルダー オプション
        こちらはチェックをオフにする

        エクスプローラーのオプション
        Windows10 の場合は「エクスプローラーのオプション」


      • 拡張子を変更
        「 DX81NTjpn.exe 」を「 DX81NTjpn.cab 」に変更します。

        DX81NTjpn.exe
        名前の変更
        DX81NTjpn.cab
        実行形式ファイルをキャビネットファイルに変更


      • 解凍する
        解凍方法は解凍ソフトによりけり。大量のファイルが出てくるので、その中から目的のファイルを探します。

        dx7vb.dll dx8vb.dll
        dx7vb.dll と dx8vb.dll

        この 2 個のファイルがあればあとは消してもいいです。64bit OS だと dx8vb.dll も不要かもしれません。

    6. レジストリ設定
      ここから OS の中核を扱います。
      • OS のバージョン確認
        通常コントロールパネルから表示させますが、左下スタートボタンの右クリックから表示させることもできます。キーボード右上に「 Pause 」キーがあれば「 Windows 」+「 Pause 」で直接システム画面を開くこともできます。

        スタートボタン右クリック
        システム
        バージョン情報

        32bit と 64bit でファイルの置き場所が違うので、ここで確認しておきます。

      • システムフォルダーにファイルをコピー

        C:\Windows
        System32 と SysWOW64

        32bit OS なら System32 フォルダー、64bit OS なら SysWOW64 フォルダーを開きます。警告画面がでたら「 続行 」をクリック。

        管理者の権限が必要
        警告画面

        dx7vb.dll をコピー。

        C:\Windows\SysWOW64
        SysWOW64 フォルダーに dx7vb.dll をコピー

        64bit OS であればこれで OK です。32bit OS なら 同様の手順で System32 フォルダーに dx7vb.dll と dx8vb.dll をコピーします。

        64bit OS に dx8vb.dll を置く分には差し支えありません。その場合の置き場所は SysWOW64 です。

      • 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
        ここまではデスクトップで作業していましたが、Windows8 は一旦トップ画面に戻らなければなりません。・・・が、Windows8.1 なら左下スタートボタン右クリックが楽です。

        スタートボタン右クリック
        コマンド プロンプト ( 管理者 ) をクリック

        一応トップ画面からの手順も。画面右下の Windows ロゴをクリックしてトップ画面へ移動し、8 なら右下の「 すべてのアプリ 」、8.1 なら左下の ↓ 矢印をクリック。

        アプリ
        デフォルトの並びでは発見できず、致し方なくカテゴリ順に変更したような・・・?
        管理者として実行
        全てのアプリ画面

        コマンドプロンプトを右クリックして画面下に出てきたバーにある「 管理者として実行 」をクリックすると、管理者権限で起動できます。

        コマンド プロンプト
        コマンドプロンプト起動

        64bit OS でも System32 フォルダーで起動しますが、この後コマンドをフルパスで入力するので無視します。

      • コマンド入力
        コマンドは長いので、下書きしたコマンドをコピーし、コマンドプロンプトに貼り付けます。32bit と 64bit でフルパスのフォルダー文字列が変わります。64bit は dx7vb.dll だけでいいはずですが、両方レジストリに登録しても問題ナシです。

        ※ コメントにて 32bit OS でも 64bit と同様の手法 ( SysWOW64 にファイルを設置 ) でやっと動いたという情報がありました。もし 32bit OS 使用者で 32bit の方法がうまくいかない場合は 64bit の方法を試してみるのもありかも知れません。
        • 32bit
          C:\Windows\System32\regsvr32.exe dx7vb.dll
          C:\Windows\System32\regsvr32.exe dx8vb.dll
        • 64bit
          C:\Windows\SysWOW64\regsvr32.exe dx7vb.dll
          C:\Windows\SysWOW64\regsvr32.exe dx8vb.dll

        コマンドプロンプトへの貼り付けにショートカットキーは使えません左上アイコンのメニューもしくは画面上右クリックから「 貼り付け 」を選びます。

        ※ Windows10 のコマンドプロンプトはショートカットキーが使えます。従来の Windows 同様、コピーは Ctrl+C で貼り付けは Ctrl+V です ( 切り取りは Ctrl+X ) 。

        メニュー
        右クリック
        コマンドを貼り付け ( 上 : メニュー、下 : 右クリック )

        C:\Windows\SysWOW64\regsvr32.exe dx7vb.dll
        コマンド入力完了


        補足となりますが、コマンドプロンプトではなく Windows PowerShell を使用しても同様の作業が可能です。


        Windows PowerShell 起動

        コマンド入力完了 ( 貼り付けは右クリックを押すだけで可能 )


        念のために、登録解除のコマンドを。regsvr32.exe は「 /u 」をつけると解除コマンドになります。
        • 32bit
          C:\Windows\System32\regsvr32.exe /u dx7vb.dll
          C:\Windows\System32\regsvr32.exe /u dx8vb.dll

        • 64bit
          C:\Windows\SysWOW64\regsvr32.exe /u dx7vb.dll
          C:\Windows\SysWOW64\regsvr32.exe /u dx8vb.dll

    7. ぱるメロ!起動
      後は動かすだけですが、デフォルトのままだとフルスクリーンで起動してしまい、少なくとも記事主の環境ではエラーで停止するか描画が壊れるかのどちらかになってしまいました。なので、最初にフルスクリーンを解除します。

      ※ Windows10 でも基本的に同じで、描画まではなんとかなっても 10fps 前後でしか動作しません。ただし、その状態で Windows キーを使用してデスクトップに移動し、タスクバーのアイコンで再度ぱるメロ!の画面に戻ることで ( ウィンドウ枠こそ残るものの ) 60fps での動作が可能となります。この状態でプレイするならば、フルスクリーンの解除をする必要はありません。

      コメントでプロパティの変更について情報を頂いておりその方法についても確認してみましたが、残念ながら記事主の環境ではうまくいきませんでした。ただ、環境依存の可能性もあるかもしれませんので追加情報が入ればまた確認してみます。情報提供ありがとうございました。

      ※ この方法でうまくいく方は他にもいらっしゃるようです。やはり環境依存なのかも知れませんが試してみてもいいかと思います。



      起動オプション
      FullScreen のチェックをオフにする

      ぱるメロ!起動
      Windows8.1 64bit 環境でぱるメロ!起動


    8. 手順検証に使用した PC
      • Windows7 64bit : FUJITSU LIFEBOOK NH900/BND ノート
      • Windows8.1 64bit : NEC VALUESTAR VN770/NSB ディスプレイ一体型デスクトップ
      • Windows10 64bit : 上記 VALUESTAR からアップデート
    9. 編集履歴
      誤字脱字くらいの細かい修正はカウントしません。
      • 2014/04/01 初版
      • 2014/04/19 左下スタートボタンを使う方法について追記 ( Windows8.1 用 )
      • 2015/07/29 Windows10 での検証が遅れる旨追記
      • 2015/08/12 Windows7 ・ Windows Vista も同じ手順で動作可能なことを明記
      • 2016/02/05 Windows10 でも同様の操作で問題ないことを記載
      • 2016/09/14 コメントにてご指摘頂いた方法で動作する方がいらっしゃることを追記
      • 2017/06/02 補足として Windows PowerShell が使用可能であることを記載

    10. あとがき
      やってることは少ないはずなんですが、Windows8.1 という「 Windows のような何か 」に振り回されて長くなったという感じがします。Windows7 64bit のノーパソだと問題なくフルスクリーンで遊べるのにそれができないという問題も残ったまま。新しい情報が入ったら内容変更があるかもです。が、一旦ここで締めとします。Windows10 についても新しい情報が入り次第確認していきたいと思います。

      ぱるメロ!プレイヤーが一人でも多く、そしてパカラー ( パカパカパッションプレイヤー ) も一人でも多くなりますように。

  • 広告
  • 自己紹介

    2013-02-22 10:04
    パカパカパッション・ぱるメロ!関連の動画作成・手元映像つき生放送を中心に活動しています。一応、結構古くからのパカパカパッションプレイヤー ( パカラー ) 及びぱるメロ!プレイヤー ( ぱるメラー ) です。

    SNEP ( 孤立無業者 ) → http://cis.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/publication/cis/dp2012/dp555/text.pdf

    病床に臥しているため厳密には違うのですが、無業で家族と医療従事者以外とは会話する機会のない孤立状態で、近い状態ではあります。本来のハンドルネームはいただきものである「 スクランブル・アロエリーナ 」なのですが、ネット上では長くて困る状況が多々とあり、ちょうど如何にも廃れて忘れられそうな造語が話題に上がっていたので、ショートネームとして使わせてもらうことにしました。

    以降、基本的には「 SNEP 」を使いますが、ロングネームもしくはそれを略して「 アロエリーナ 」 「 アロエ 」と呼称頂いても問題ありません。ちなみに、古くからのパカパカパッション・ぱるメロ!関係者からは昔のハンドルネームで「 氷刃 ( ひょうじん ) 」と呼称されることもありますが、それでも結構です。但し現在は全く使用していないハンドルネームなので、新規の方は極力「 SNEP 」「 スクランブル・アロエリーナ ( 略称可 ) 」でお願いいたします。ちなみに「 SNEP 」はスネップと読むのだそうです。

    最近はすっかり「 SNEP 」ばかり使ってます。やはり長いと色々と面倒なもので・・・。


    • PC スペック ( FUJITSU LIFEBOOK NH900/BND ) ※ 18.4 型ワイド ノート PC
      ※ 購入日:2010 年 10 月 22 日
      • OS : Windows® 7 Professional 64bit
      • CPU : Intel® Core™ i7 M640 2.80GHz × 2 ( 4 スレッド )
      • メモリ : 8.00GB ( 512MB を RAM DISK として割当 主にぱるメロ!用 )
      • グラフィック : NVIDIA® GeForce® GT 335M ( ビデオメモリ 1GB )
      • 解像度:1920 × 1080 ( Full HD )
      • DirectX : 11.0
    • コミュニティ


      主にパカパカパッション・ぱるメロ!の手元映像つきプレイ配信をやってます。気分次第で他の音ゲーをやることもあります。
      ※ 遥か昔、全盛期の頃の自分の成績 → パカ・ぱる 成績保管庫 > ユーザー閲覧

    • 動画
      • 自分でうpしたもの ( ニコニコ動画 )


      • 他所から探してきたもの ( YouTube・ニコニコ動画 )





    • プレイスタイル
      とある元パカラーの打法を参考にした上で自己流に改良した完全交互打ちでやっています。家庭用はパカコン ( RYTHMPAD ) を使用。ゲーセンとの微妙な間隔の違いにより、かなり精度が落ちてます。使用ハードは Playstation2 ( 薄型・銀 ) です。
      一応 PSP 版も全作ダウンロードはしてますが、うまくできずに断念しました。

      ぱるメロ!も同様に完全交互です。これもパカパカと同じ叩き方でやってます。キー配置はデフォルト ( Z X C V ) です。ノートパソコンのキーを直接たたくと、その下に入っている精密機器を故障させかねないため、USB 外付けキーボード ( 2000 円 ) を接続し、そちらを使用しています。

      撮影環境 ( 後述 ) の都合上、生放送では手がブレて見にくいとは思いますが、そこはどうかご容赦くださいませ。 m(_ _)m

    • プレイ・撮影環境
      • 生放送
        • 据え置きゲーム機
          環境:REGZA 32S5 + FRAMEMEISTER XRGB-mini + スピーカー ( X-140 )
          配信時は音声を PC に直結、そのままスピーカー ( ASP-2700 ) or ヘッドフォンに出力させてます。手元を撮影するために、PC についているカメラを無理やり手元方向に向けるため、配信中の各種情報はサブディスプレイに表示させています。

        • PC ゲーム
          環境:ノートパソコン (「 PC スペック 」の項参照 )
          上記のとおり、カメラの都合上配信時はメインディスプレイの画面が見れないため、サブディスプレイにゲーム自体をはじめ、全ての情報を表示させてます。地デジテレビに PC 画面を出力できるようになったため、ノートパソコン本体の画面はオフにして、テレビとサブディスプレイを使用するようになりました。

        • 手元映像の必要ないゲーム ( 音ゲー以外の殆ど )
          ノートパソコンだけで配信しています。
      • 動画
        • カメラ及び手元周辺
          普通にデジタルビデオカメラ ( かなり昔に買った安物 ) を使ってます。
          単純に撮影しただけでも画像と音がずれるという、とってもステキなシロモノです。
          iPod touch MC904J/A ( 第 5 世代 ) を入手したので、今はそれで撮影しています。
          狭い部屋でベッドの上にミニテーブル置いてプレイしてるため、カメラも手元も揺れてます。カメラ設置場所の都合上、実際は上下逆で撮影されています。AviUtl で 180° 回転させ、適当に縮小して画面中央に映しています。

        • ゲーム画像
          ぱるメロ!はそのままアマレココで録画。
          パカパカパッションは一旦 DVD プレイヤーに録画し、PC に取り込んでます。
          アマレコ TV に変更しました。

        • パカパカパッション用コントローラー ( 通称 「 パカコン 」 正式名称 「 RYTHMPAD 」 )
          流石に買ってきたそのままでは使いにくかったので、そこそこ改造してます。
          ぱるメロ!は生放送配信時と同じで USB キーボードです。
          1. ショックノンテープ
            静音対策です。パカコンボタンの接点付近に本体・ボタン両方貼ってます。あまり効果は感じられません。かえってボタンの跳ね返りが少なくなり、余計な腕力が必要になってる可能性があります。部品の寿命は延びてるのかも知れません。

          2. ガムテープ
            隙間埋めと潤滑剤の兼用です。ボタンを斜めに叩いたときに、反応しないことが多かったので、ボタンの外側、パカコン本体の方に筒状にガムテープを貼ってます。こちらは結構手ごたえを感じていますが、一部のボタンが戻ってこないことがあり、一長一短のようです。
    • ホームページ
      パカパカパッションシリーズ・ぱるメロ!の%・ハイスコア Web 上保存サイト
      練習・ノーマル・ TUTORIAL 、スタンダード・ハード・ BEGINNER MODE 等の簡単なモードも登録可能。
      家庭用及びゲームアーカイブス版にも対応。携帯端末からの記録確認及び更新機能有。

      パカ・ぱる 成績保管庫