炎上と信仰――神は何処にいる?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

炎上と信仰――神は何処にいる?

2014-01-26 22:37
  • 20
  • 1
どもー、Mistirです。
今回もまた大袈裟なタイトルだけど、内容は簡単。
なんで燃えるの?って話。

Twitterで一時期バイトテロって流行ったよね。……いや、流行ったっていうのか? よく分からないけど、なんか変なことする奴が現れて、炎上して……っていう下らない流れが延々と続いてたのは間違いない。勿論、それによって経営的に打撃を受けた人たちにとっては「下らない」じゃ済まないだろうけど、「炎上」が何一つプラスにならずに企業に打撃を与えてただけっていうあの一連の流れは、ハタから見てるとアホらしいとしか思わなかった。やるのも阿呆、燃やすのも阿呆、そしてそれをぼけーっと眺める僕も阿呆。みんな阿呆。……やるせないね。せめてこの炎上でそれ以降「バイトテロ」をしようとする人が減ったならいいんだけど。実際、あんまり見かけなくなった。なんでだろうね。テロする側が飽きたのか、燃やす側が飽きたのか。

ある意味、ソースの容器鼻に突っ込んで炎上ってのはよく分かる。これはルールの問題以前に、多くの人に生理的嫌悪感を与えてしまった。生理的嫌悪感が怒りに変化する。分かりやすい、自然な流れ。

だけど、未成年飲酒や煙草を叩き上げて、学校に通報し「退学まで追い込め」。この辺りからよく分からなくなってくる。まあ勿論、真似するヤツが出ちゃダメだから炎上することによって一つの「善」は生まれるのかもしれない。だけど、やっぱり分からない。

「奴らは燃やせるならなんでもいいんだ」とか、いわゆる「燃やす側」が、「未成年飲酒や煙草をカッコイイと思う奴らに嫌な思いをさせられてきた」っていう過去があるからだ……とか、色々と理由を考えることはできる。でもやっぱり、僕には分からないというか、モヤモヤする。

そして最も分からない事例が出てきた。
艦これ」だ。

僕も提督の一人であり、生まれてはじめてソシャゲというものにハマるという経験を艦これに与えられた一人でもある。

そして、ごく稀にだけど……どちらかと言うと「何か別の炎上」のついでに「燃料」として投入されるといった類のものなのかもしれないけど……

18歳未満で艦これをやっていることを理由に、「炎上」とは行かないまでも「とやかく」言う人は稀に見かけるようになった。

びっくりである。

これは物凄く、モヤモヤする。

まあここまで読んだなら最後まで読んでね。最後まで読んでくれたなら「お前は規則を破っても良いと言うのか!」って石ぶつけられても別に構わないから。

そもそも艦これが18歳未満禁止というのはDMMオンラインゲーム全体の規約だったように思う。ルールはルールだからダメに決まってるだろ!と叫ぶ前に気付いてなかった人がほとんどだったのではないか。ちなみに僕は気付いていなかった。が、一応余裕で18歳以上だった。結果オーライかもしれない。

だが、何がいけないのだろう。いや、煽ってるのではない。「何が」、いけないのだろう?
そもそも運営のルールだから? 何故ルールなのだ。そもそも、DMM自体がアダルトコンテンツを主力とするサイトである以上、全て規制するのはやむなし。ふむ、一応は納得のいく説明だ。……だけど。だけどなぁ。どうしても後付けにしか思えない。もちろん、DMMの意図が分からないのではない。分からないのは、「艦これは18歳以下はプレイしちゃだめですよ!」とネットで言う人たちの気持ちだ。モヤモヤする。何故、規則が先に来るのだろう。ああ、モヤモヤする!「エロ本は18歳以下は読んじゃいけませんよ!」という人と同じだからか? いや、厳密な意味で「同じ」ではない。艦これはいわゆる性的に制限が必要であると多くの人が直感するような「エロ」コンテンツではない。間違いなく、重く見積もってもCERO:C(15歳以上推奨)レベルであろう。ああ、わからないなぁ。
艦これを17歳がプレイすることで、DMM以外に誰が迷惑を被るのだ?
そういう問題ですら無いのか?

とか思っていたところで、故・京大名誉教授である森毅氏の著作の一節に触れて、そのモヤモヤが一気に晴れたのが、この記事を書こうと思ったきっかけだ。氏は「大学の出席点システムは、生徒が実質的に得たものを定量的に見ることにも限界があるため、一つのしかたない規則として存在する」と述べた上で、以下のように言う。引用です。

規則というのは、一種こうした必要悪で、なければないにこしたことはなかろうが、しかたなしにあるものだ。いくらぼくがアナーキーだといって、いっさいの規則なしで秩序がたもたれるとは思わぬ。だから、しかたなしに規則がある。困ることは、この『しかたなし』の規則を聖化して、規則の秩序に奉仕したがることだ。現在の学校は、ほとんど強迫神経症の世界である。(中略)教師が強迫症になるのはまだしも、この強迫症が生徒に伝染することがこわい。校門に遅れて入って運動場を走らされるぐらいなら、僕ならよくよく出席日数が不足していないかぎり、校門からUターンする。罰則が待っているのを知りながら、校内に入ろうとする生徒の心がかなしい

……この人が数年前に亡くなってしまっていることが惜しまれる。

そうか……この、無神論者大国日本で……神のいないネット世界の中で……

ある人々にとって、規則こそが神なのだ。

……やるせねぇ。

なんでも、人間は信じる対象が必要らしい。脳科学者である池谷裕二さんと糸井重里さん(糸井重里さんってすっげー違和感。糸井重里って四字熟語的イメージ)の対談で言ってたんだけど、「ここにある珈琲を信仰する」でも別に構わないらしい。妙にその辺りが印象に残ってて、僕はそれ以来ここにある珈琲を信仰するようにしている。いや、冗談じゃなくて。……ごめん、ほとんど冗談だけど。

でもわざわざ信仰の対象を明確化しなくても、そこにある珈琲が美味かったり、花が綺麗だったり、神社で心が引き締まる思いがしたり、それって結局のところは宗教体験だと思うのよね。あと、よく「神ゲー」とか「神曲(ダンテの著作でもなければあさきのアルバムでもない)」とか、神◯◯って言うじゃん? あれ、実のところ僕はそんなに嫌いじゃない。本当に文学部生かって言われそうだけどさ。要するにスッゲー褒めたいって感情の高まりが宗教体験と近いってこと、薄々多くの人が気付いてるってそれだけの話しなんじゃないの? って思うのよ。極端かな? まあこれはいいや。

でも。話を戻すと……
規則が神ってのは、いささか切なすぎる。

もちろん大半の「規則信仰」をする方々は、まるで「ルターがブチ切れるまで、神の名を借りて暴利を貪った教会のように」「天皇の名を借りて好き勝手やったかつての軍部のように」「『規則神』を自分たちのために利用」しているのだろう。ああ、歴史は繰り返す。笑うしかねえなこれ。

だけどそういう発想さえ、規則が神だという信仰あってこそなんだよね。僕はこのこと自体を批判しようなどと思わない。僕は決して規則を信仰なんてしたくないから。規則は僕にとって「迷惑なもの」、あるいは「自分の身を守るために必要なもの」の二択だ。まれに「利用すると便利なもの」になるときもある。坂口安吾も言ってたしね、規制すると駆け込み需要で盛り上がる。規制があるからこそ余計にエロくなったりする。そんなもん。

だけど、規則を神格化なんてぜーったいしたくないなぁ、少なくとも僕は。

まあただひとつ……「そういう人たちがいる」ってことは覚えておこう。
何かを神格化する人たち。政治運動にも当てはまる。たった一つの争点だけ掲げて都知事選立候補した人とか、まさにコレなんだろうなあ……ツラい生き方じゃない、それ?

本人が楽しけりゃそれでいいんだけど。

僕は、ここにある美味しい珈琲を神だと思ってた方が気が楽なんだけどなぁ。

オシマイ。

※おまけ
「お前は18歳未満の艦これプレイをどう思うんだ!」に対する一つの解答。
「僕じゃなくてDMMに訊くといいと思う!」。
広告
他10件のコメントを表示
×
昔なんかで読んだなぁ、この世には馬鹿と阿呆しかいないって奴。
馬鹿にとってルールは絶対である。なぜならそれがルールだからっての。
阿呆はルール?何それおいしいの?って連中だとか
43ヶ月前
×
>>3
コメントありがとうございます。
僕の中ですかw それもそうですけどww別の問題になってますってww
42ヶ月前
×
>>4
コメントありがとうございます。
興味深い指摘です。僕が狂信的なものに嫌悪感を覚えているのも、一切否定できません。
ただ、行動……というのが少し分からないですね。「書く行為」以外の行動でしょうか。それは……その内容を逐一書いてないだけで、それなりにはやってますよ。そして、書き方のスタンスに関しては次の記事「ネトウヨの消失について」お読みください。
42ヶ月前
×
>>7
コメントありがとうございます。その通りです。
鰯の頭でもあり、コーヒーでもあり。だからと言ってバカに出来ないのが信心ですね。
42ヶ月前
×
>>8
コメントありがとうございます。興味深い指摘です。
確かに、森氏の喩え話に登場する規則神信仰はエネルギーとは無縁のものに思えますね。ふむ……
もしかすると、「単純な信仰者」と「信仰を武器に変えちゃう次元」はまた考察の必要があるのかもしれません。
42ヶ月前
×
>>9
コメントありがとうございます。
バイトテロも昔ながらの暴走行為も、根本は全く変わらないのかもしれませんね。目立ちたい。その欲望はバカに出来ないものです。ちなみに僕が文学を学びながら考えているメインテーマが、その辺りに近かったりします。詳しいことは避けますが……
42ヶ月前
×
>>10
コメントありがとうございます。やるせないですね。もちろん、規則をきちんと守れるのも美徳ではあります。でもなぁ……

森毅良いですよね。今の時代、これからの時代に対して価値が変わることのない思想家の一人なんじゃないかと思います。
42ヶ月前
×
>>11
コメントありがとうございます。極端ですが面白い考え方ですねw
僕も実はルール遵守型かもしれません。融通も必要ですがね。
42ヶ月前
×
結局皆誰かを叩きのめしたいんだよ。一種のストレス発散みたいなもの。そのためにルールとしての法律を利用するんだよなぁ。そのせいで誰かの幸せさえも「法律だから」とかで失われるんだよなぁ。
42ヶ月前
×
>>19
コメントありがとうございます。法律が絶対ではないことは、刑法200条が改正されて20年も経ってないことを考えるとよく分かるんですけどね……
ストレス発散のための断罪って、なんだか憐れなものです。
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。