ニコニコのデザインはどうしてダメなのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコのデザインはどうしてダメなのか

2013-12-01 12:00
  • 5
  • 15
とりあえずのってみよう、このビックウェーブに
少し時間が出来たので、毒舌帳から分離して膨らましてみる
くそ長文、くそ乱文、くそ構成なのはご容赦ください

物語の流れ
■私って古参アピール
 本筋とは全く関係の無い話、「ニコニコ動画はいつもこう」に対する前置き

■デザインについてプロは言う
 iPhoneのデザインの変遷と比較しつつ、デザインの難しさを偉そうに書く

■ニコニコ動画はいつもこう
 ・・・ニコニコ運営って・・・ほんと馬鹿、と言いたいだけの話

■ニコニコのデザインはどうしてダメなのか
 ニコニコ動画を例に挙げて、魚拓をとりつつ
 何が変わったのか、何がいけてないのか、何がいけてないのかをまとめる
 お話の本筋

■ニコニコを裏で動かしていることに自覚がない人達
 エセ古参をでぃすりつつ、Zeroは裏でエセ古参たちが暗躍していた話

■おわり
 結局、ここであーだこーだ言っても何も変わらないので、とりあえずまとめといた

・・・長い!しかも、ちょこちょこ部分部分修正するので、話がつながらない可能性大


■私って古参アピール

嘘半分ぐらいな感じで(特定怖いし)

アルファからおります。
リアル仕事の都合で、23時ぐらいにアカウントをとろうと思った頃には
10万IDをこえていました。その頃はそこまで熱狂的なファンでもなかったしね。
いや、今でも一歩引いた感じで見守ってますよ、うん。

マイリスをはじめて提言した人です。
当時は、単純にブラウザのブックマークのような機能が欲しいという要望のもと
作られたものです。
人気マイリスト1位になるような、マイリスも持っていました。
が、古参有利の現状を憂慮して、そのマイリスは引越し(削除)しました。
引越しするとIDが変わりますので、実質削除と同じですね。
消す前のマイリスIDは4桁か3桁のやつだったはず。

みっくみっくのリアル世代ですね。
弾幕という文化ができた頃でもあります。
最初はようつべの転載ばかりでしたね。
くそ動画にコメントをつけて、いかにネタ動画にするか、みんなよく遊んでいました。
くそ動画に「くそすぎるwwwww」ってコメントがついてたりね。
今だと荒らし扱いやらマナーを説教されますけども。
悪ふさげっていう感じでしょうか、アングラ感、ちょい悪感が強かったので
そういう「ノリ」でやるみたいな勢いがありましたね。

ニコニコ運営の悪いとこはたくさん見てきました。
やはり昔よりは人が増えたこともあって、すごい騒ぎになってますが
運営はずっと昔からああです。
ニコ動ランキングの仕様変更には、何度も煮え湯を飲まされました。
今はもう諦めちゃってます。
その辺の話は後述にて、もう少し書こうかと。

デザインは昔と比べて「色合い」はよくなったと思います。
そこは褒めてあげていいんじゃないかな?
ただ、やはりユーザー軽視と言える部分は多々あります。

昔は確かにごちゃっとしていたUIでしたし、それは大分すっきりしてきたと思います。
ただ、その中で配置を変えたりするのは、やはりどうかなと思いますね。
配置デザインと、個々の部品のデザインを変えるのを同時に
やるべきではないと昔から感じています。
配置デザインを変えればバージョンアップ感を出せますが
配置デザインは本来少しずつやるべきなんです。
Googleだって配置デザインは慎重に変えてますよ。


■デザインについてプロは言う

Webデザイナーってどういう人達かっていうと、自分の中でこれだ!って体験があります

俺「すみません、Firefoxで表示が崩れるんですが修正できませんか?」
デ「・・・え?Firefoxですか?Chromeなら問題ないんですが」
デ「(難色を示しつつ)・・・これAndroid用ページですよね?」
俺「PCとスマホ両方から見れるようにします
 (・・・顧客からダメ出しだって説明したよね、今時スマホ専用ページとかないから
  ってか、さっきChomeでって言ったよね?言ったよね?)」
デ「(苦笑いしつつ)えー、そうなんですかー?」
俺「(イラっとしながら)できないですか?」
デ「うーん、ちょっと調べてみないと分かりませんね」
俺「(できねーのか、やりたくねーのか)あ、じゃぁもういいです、自分でやります」

これが一般論とはいいませんが、自分が何人か経験したWebデザイナーの共通した体験です

・Chrome至上主義
 CSSの対応が一番早くて、モダンで流行のデザインが出来る。
 Androidのブラウザと互換性が高い(ChromeでOKなら大体OK)
 などと言った理由から、Chromeにまず対応ってデザイナーは多いです。

・ブラウザの互換対応を憎んでいる
 そもそもの原因はWeb界の標準化策定が酷いことになっているため。
 過去にIEなどで酷い目にあっている。

 Androidがよく端末が多くて互換性カオスって言われますが、
 CSSの世紀末っぷりに比べれば、Androidの端末間対応なんてかわいいもんですよ。
 Chrome、Firefox、IEでそれぞれ三者三方向に進んでますからね。
 
 互換性の対応はできればやりたくないってデザイナーは多いです。
 俺から言わせれば、それができないWebデザイナーは糞野郎です。
 売り物として、ユーザーはそんなことしったこっちゃないからです。

・自分のデザインにケチをつけられると機嫌が悪くなる
 もっとも厄介な共通点です。
 デザインというのは一般常識、世間の常識などが通用しない世界なので
 批判するということは、その人のアイデンティティを批判することになります。
 
 だから気を使いますが、結局は個人の好き嫌いの問題になってしまうため
 売り物とする場合は嫌いを我慢してもらう必要も多々出てきます。
 熟練の仕事人でも・・・いや全般としてデザイナーは我が強いです。
 叩かれることに慣れていません。

閑話休題

ジョナサン・アイブ氏のようなプロの方でも、それは例外ではないと思います。
アイブ氏はジョブズ氏が他界して自由にやっている感じですが、
まさにiOS7は、ああデザイナーが主導権を握ったデザインになったなぁという感じです。

アイブ氏はジョブズ氏のことをちょくちょく愚痴ってましたが、
ジョブズ氏はデザイナーという生き物を熟知し、うまくコントロールしていたと思います。
デザイナーは我に陥りがちです、ジョブズ氏はそれを軌道修正していました。

ジョブズ氏は赤ちゃんから高齢者まで、全人類が「使える」インタフェースを目指しました。
その中でアイブ氏のデザインが、モダンでクールなものでも「使えない」UIに
なっていまっていたことは多々あったと思います。
それを見つけ出しつつ、いい所は抜き出して、「クールで」「使える」UIが商品として
売り物として評価されていました。
ジョブズ氏は、そういう良い物を「生かす」技に長けていたと思います。

残念ながらアイブ氏は、デザイナーとしての仕事をしているだけに感じます。
確かにクールでモダンなデザインなのでしょうが、マニアックな層だけに受けるような
売り物としては市場を狭めるデザインになりつつ、これからもそうなっていくでしょう。

音楽業界のプロのインタビューに、こう言う自分的名言があります。

「プロは如何に削るか」
「クールにしようとすると、ごちゃごちゃ余計なものが増えていく」
「その中で本当に必要なものを見つけて削っていく」
「自分を否定しつつ、削っていけるのが本当のプロ」

これはデザインにも言えることだと思います。
本当のプロは、自分を否定でき、売り物として客観的に見れないといけません。


■ニコニコ動画はいつもこう

そうですよね、やっぱり叩かれますよね。
自分もすごく同意です。

その被害は静画にまで。
でも静画チームは、なんか元に戻す気概はあるようですね。

ユーザーの意見を聞くだけでは、とんちんかんな意見や、場当たり的な感情論による意見
そういうものが反映されてしまうので当然ダメですが
ユーザーの意見を全く聞かないでは、ユーザーそのものを失う覚悟がいります。

全てのユーザーに対して平等に接し、全ての不満を解決できたら
それは理想のサービスとなりますが、現実ではありえません。
あのジョブズ氏傑作iPhoneですら、万人には受け入れてないのですから。

ではどうすればいいのか。
ニコニコ運営が出したひとつの結論が上記動画のような結末です。
多少の離脱は覚悟しつつ、ユーザーの意見は参考程度に聞く、でしょうか。

この運営体質は、ニコニコ動画の最初のランキング仕様変更あたりから始まりました。

それまではユーザー数もそんなに多くないこともあって、
運営とユーザー二人三脚で、マイリストやランキング仕様、工作対策など
一緒にサービスを作り上げていった感じはかなりありました。
それによる高揚感などで、多くの熱いニコニコファンが増えていきましたし、
動画サービス全体を盛り上げていこう、とユーザー自身も意気込んでいました。

ですが、そんな時代は長くは続きませんでした。
多種多様な意見、ニワカと呼ばれるただ楽しむためにやってくるお客気取りのユーザー、
それにしたがって増える荒らしの数、そして課金売り上げのノルマ、
ニコニコ運営長は疲弊していました。

そしてある時、おそらく方針転換したのでしょう。
ユーザーとの意見交換をぱったりやめてしまいました。
ランキングの仕様変更は、壮大に炎上しました。
しかし、運営長はゆずりませんでした。

もちろん、何度か仕様変更した過程で、ユーザーの意見が取り入れられたような
そんな変更もいくつかありましたが、根本的な要望は取り入れられていませんでした。

例えばニコニコ動画での変更は以下のような感じです。他にも多数あります。

・碁盤ランキング
 あれが好きだというユーザーも多くいました。
 私は動画コメント内容やサムネが小さいなどの理由で反対でした。
 碁盤とラインで選べるようにしばらくなっていましたが、結局ラインに戻りました。

・毎時ランキング、日時ランキング
 集計アルゴリズムが変更されました。
 サーバーの負荷的な問題もあった思います。
 人気動画は長くとどまるようになりました。
 それにより毎時と日時がほぼ変わらないような、ランキングの固定化を生みました。
 流入するライト層のため、人気動画を優先して表示させるという意向だったはずです。
 私は「ランキングにおいて停滞は悪」の意見により反対でした。

・検索機能
 これももう原型をとどめていないほどに変更されました。
 ランダム検索というのもありました。
 あまりに変更されたというのと、あまり利用してなかったということで、
 すみません、昔の仕様をよく覚えていません。

・新着動画の扱い
 ランキングや動画トップに新着動画がみれるよう一覧がおいてありましたが、
 負荷的な問題でしょうか、いつの間にかなくなりました。
 今は、注目の新着動画として「世界の新着動画」で支持された動画一覧と
 各ジャンル1動画だけ新着がのせてあります。
 新着動画こそ、一番人目に触れないとダメだと思うんですがね。

・ランキングの縁取りや色合い
 これも動画全体が変更されるたびに変わりました。
 原宿も最初は酷く醜いデザインでしたが、今の形に改善され落ち着きました。
 たしか、順位のフォントサイズが今の4倍ぐらいとか、文字色が薄い青だったとか、
 動画タイトルサイズが今の1.5倍くらいあった気がします。
 
 参考までに今の原宿ランキングデザインを魚拓


 これが新しくなるGINZAのランキングデザイン

今回はかなり控えめじゃないでしょうかね。
前は碁盤みたいに、それこそ配置デザインから仕様までごっそり変えるような
変更もありましたし。
それでも大きくデザインが変更されているのが見て取れます。

・サムネにかぶる変な宣伝動画を指す縁取りが追加され、サムネ左上が見えなくなってます
・サムネがリサイズ・トリミングがされ、サムネ一部が見えなくなっています
・右フレームが縦一列に並ぶようになり、少しサムネが大きくなってます
・原宿で批判が出た順位の拡大がまた行われていますが、場所はサムネ横になりました

運営はこういう変更を、動画全体のバージョンを変えるたびに行ってきました。
はじめのうちは新要素を追加するという形のついでということで、
デザインへの注目があまり集まらないこともあり、「ひどいね」ぐらいで済んでいました。

バージョンアップを重ねるにつれ、運営とユーザーの距離は離れていきました。
バージョンを変えるたびに要望が出て直されるんですが、
それもまたバージョンが変われば水の泡となり、また同じようなことが繰り返され続け、
ユーザーは運営に対する信頼を失っていきました。

意図の読めない運営の度重なるユーザーを無視した仕様変更
お金を落とすコンテンツ、ニコニコ生放送重視方針
プレミアムなのに動画ダウンロードは遅い、しかし赤字でニコニコ超会議
ニコニコ反省会の廃止、ユーザーへのメッセージはおちょくる「些細な」内容
・・・こうした行動なども積み重なっていきました。

あるとき爆発したのです。そう、「Zero」という終わりの始まりです。

運営は面食らったと思います。
「あれ?なんかユーザーがいつもより怒ってる?」
おそらく運営にとっては「些細な」バージョンアップだったのでしょう。
いつも通り、バージョンアップー、いえーい!ってやってれば、多少炎上することは
あったとしても平常が戻ってくると考えていたのでしょう。

関連動画やTwitterなどで、今回の変更について盛んに批判や議論がなされました。
今までたまっていた運営に対する不信感や、不満が一気に噴出する形になり、
もう運営はダメだ、もう付き合っていられない、もう我慢ならぬ、
そんな感じで激しく燃え上がったのです。

それだけ激しく抵抗したにも関わらず、
和解条件は原宿機能の「延命」でした。それでひとまず決着を見ることになります。
大部分のユーザーはひとまず原宿へ戻っていきました。
その間に改善したQバージョンもリリースされましたが、見向きもされませんでした。
(その影響で今となって炎上しているわけです)

そして和解条件であった原宿も、まもなく廃止されます。
私などもそうでしょうが、もう反発する元気が残っているユーザーは多くありません。
「もうニコニコはだめだろう」そういって諦めている方が多いかと思います。

二人三脚から始まり、原点回帰(笑)したことでZeroに終わる。
そんな感じの運営に変わってしまいました。

まだもう少しある程度の大きさまでは、ニコニコは続くでしょうが、
残念ながらこれ以上サービスとして成長することはないでしょう。


■ニコニコのデザインはどうしてダメなのか

もともとは動画プレイヤー画面のデザインについてまとめるつもりでしたが、
いつの間にやら静画の方も変わってしまい、ニコニコ全体のデザインについて
語るみたいな感じなってしまいましたが、
このパートでは「Zero」そして「GINZA」についてまとめたいと思います。

さて、そもそも「Zero」は何のために生まれたのでしょうか。
実は知らない人も多いかと思いますので、会長、開発者などから伝聞した情報を
まず最初にまとめたいと思います。

Zeroはある大義名分のもと開発されました。それは以下の通りです。

・Flash時代が終わりつつあり、HTML5での動画プレイヤー対応が急務だった
 すでにYoutubeなどがHTML5に対応していたこともあり、ニコニコも対応するべきでした

・動画の解像度を上げたかった
 他の動画サイトに比べ、若干ニコニコ動画プレイヤーの画面サイズは小さいものでした
 HTML5対応にあわせて一緒に動画再生画面の大きさをアップさせる目的がありました
 会長の強い要望でもあったと思います

・ごちゃごちゃとしたUIを一新したかった
 原宿までの間に、動画プレイヤーにはさまざまな機能が付与されていて、
 UIはつぎはぎだらけのような形になってしまっていました
 上記2点の対応にあわせて、取捨選択と再配置を行おうという流れでした

ここまではいいでしょう。なんら問題なさそうに思えます。
しかし出来上がって公開された「ZeroWatch」はあまりに問題がありました。
なぜそのような問題のある形でリリースされてしまったのでしょうか。
これについては後ほど「ニコニコを裏で(略」にてまとめます。

閑話休題

では、今のデザインがどうしてダメなのか、実際に原宿と比較して
見ていきたいと思います。

ここでいうデザインとは、UIやUXなど広義のデザインになりますので、
機能的な話しにまで突っ込んでいきます。

また、比較される画像は原宿とGINZAになります。
Zeroのときの画像が残っていないというのと、ベータ状態のものを比較するのは、
アンフェアということで、ほぼ安定版である現在のGINZAと比較します。
でも結局はGINZAもZeroのダメなところを引き継いでいるので、
悪い意味で遜色ないんですけどねw

ではお待ちかね。
縦はブラウザからトリミングしたこともあって解像度的に960くらいでしょうか。
ブラウザはFirefoxです。ニコニコ開発部はChromeを使っているらしいので、
もしかするとChromeを使えば、もう少しマシなデザインになっているのかもしれません。

まず原宿
動画再生前
動画再生後
詳細表示


そしてGINZA
動画再生前

動画再生後

詳細表示


実際に比べてみてください。

ZeroWatch版と随分様変わりしたことが見て取れます。
炎上した頃には様々な問題がありました。

・重い、体感できるほど動画再生が重く、コメントの流れすらカクカク
・コメント入力欄が動画の中央に表示される
・コメント内の改行ができなくなった
・シークバーなどはマウスオーバーすると「動画に重ねて」画面下部からスライドイン
・タグはマウスオーバーしないと出てこない(タグが二段だと動画プレイヤー全体が動く)
・画面内にマウスカーソルがあるとコメントに反応して「ニコる」が邪魔してくる
・やたら自己主張が激しい広告、ニコ市場が動画左部分に鎮座
・消えた動画説明欄(デフォルト非表示、タイトルクリック)
・消えた再生数(画面をスクロールしてやっと出てくる一番下)
・消えたSNS系ボタン(代わりに動画レビュー機能が追加される)
・疲れてくる真っ黒背景画面
・動画タイトルにカーソルキーが残る
・画面右のコメント一覧は消される予定だった
・マイリストの仕方が分からない(テレビチャンボタンから探すのよ)
・Chromeのセキュリティ機能でコメントできない
などなど


貴重なZeroのスクリーンショット(あぁ、旧ネームがw)

といった糞デザインは無くなったと思います(運営や会長はすごく抵抗しましたがw)。
なので、久しくZeroから離脱していた人は、「お?マシになったかな?」
という印象を受けるかと思います。

実際QWatchになる際に、大幅にデザインが戻され、マウスオーバー機能が削られ、
動画プレイヤー全体が軽量化されたようです。
エヴァコラボとか言ってる前に、ちゃんと謝罪して、
新しいプレイヤーは良くなりました、というイメージ広報戦略をちゃんとしていれば、
今になって原宿組の抵抗を受けることも少なかったと思います。

個人的に、シークバーでの小サムネ表示はよい追加修正だったと思います。
が、小サムネを表示するときに何故かシークバーが拡大されるのはいけてないと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
http://dic.nicovideo.jp/a/qwatch

話がそれましたね。
原宿、GINZAの比較に戻りましょう。
縦並びだと比較しにくいだろうということで、横並びも





動画内の白い背景の大きさを比較すると、
プレイヤーの画面サイズが若干広がり、横に長くなっているのが分かります。

再生リストという新機能のため画面下幅を占有することとなり、
その影響で、SNS系ボタンや違反報告リンクなどが消滅しています。
また、この再生リストがある性で画面が上下に狭く、圧迫感を感じます。
画面は大きくなったはずなのに、縦に短く錯覚しませんか?

タグ間隔がやたら広く、画面上部を占有しています。
Zeroから一押しのリアルタイムタグ反映の影響だとのこと。

罫線系がなくなっています。
ランキングなど本バージョンのデザイナーが罫線が嫌いなのでしょう。
罫線をなくすということは、グリッドデザインを慎重に行わないと
目の錯覚を引き起こし、配置が崩れた印象を与えかねない難しいデザインです。

メニューボタンがGINZAではやたら自己主張しています。
詳細ボタンを「押させるものか!」と言わんばかりに最前面に表示されています。
(こっそり修正されたようです)

GINZAは詳細表示には対応しておりません、と弁明するような感じに
詳細を開くと動画プレイヤーが見切れてしまっています(画像まま)。
これをきちんと全部表示するならば、縦1200クラスの大画面が必要になるでしょう。

・・・ぱっと比較しただけでも、これだけ何かいけてない感じのデザインだと分かります。
洗練されコンパクトにまとめられた原宿から、原点回帰と言わんばかりに、
デザインは、素人が作ったあるいは最初の試作版みたいな形になってしまっています。
ただGINZAをはじめて使う人は、それほど抵抗なく使えるのではないでしょうか。

実は、これだけではありません。
他のブロマガでは、もっと具体的にたくさん紹介されていますが、
特に自分の中でも、これは良くないなと思う部分を掘り下げてみましょう。

GINZAの全景です。
アップロードサイズ制限の影響で縮小されていますが、全体像をならこれで十分でしょう。

「・・・どうですか?」
「すごく・・・長いです・・・・・縦に・・・」

これ、いちページなんだぜ?
別のページを縦に合成してつなげたわけじゃないんだぜ?

分かりますかね、このダサさ。
動画プレイヤーが顔部分としたら、まるで首から下があるような
とってつけたような冗長スクロール部分。
なんで背景設定が画面全体じゃなくてプレイヤー横だけなの?
なんで再生リストだけが横にはみ出ているの?
ダサいの?

暇人でもない限り、この縦にやたら長い画面全てを
スクロールしてまで見回してくれることはないでしょう。

比較として原宿全景


あらコンパクト!と思うかもしれませんが、
これでも原宿は昔に比べごちゃごちゃしている方です(主に市場がでかくなりました)。
そういえば着うたがGINZAから無くなっているのに今気付きました。
時代の波には勝てない感じなのでしょう。

今回の動画バージョンで
ニコメンド、動画レビュー、再生リストなどが増えました。
その分全体がでかくなってしまった、というのが原因ですね。
それを何とかするために、
動画説明を削ってみたり、マウスオーバーでの収納をやってみたりと
いろいろやったのが「Zero」といった感じです。
結局色々元に戻されたことで、GINZAはボリューミーなページ構成に
なってしまった、というのが事の顛末でしょう。

全景はこんな感じでいけてません・・・そんなところです。

あとは、GINZAのグリッドデザインにダメ出ししておきましょう。
この件については正直原宿もいまいちなんですが、GINZAになって
罫線がなくなり、より顕著にダサが際立ちましたので、突っ込んでおきます。

各要素に対して、グリッドラインを赤で引いた画像がこちら


罫線を引かないと、人間は境界線の認識があいまいになり、
赤線のようなデコボコした括りで認識します。
この人間の錯覚が、変な余白を感じてGINZAをダサく見せます。

罫線があればこうなりにくいですが、
罫線をつけない場合、要素をうまく揃えないと見栄えが悪くなります。
これが昨今Webデザイン業界の中で重要度が高い、グリッドレイアウトの問題です。

普通の人がグリッドレイアウトと聞くと、碁盤の目や方眼紙を想像しますが、
日本のサイトデザインが何故ダサいか、の主な原因として、
「要素間を揃える」というレイアウト、グリッドレイアウトが軽視されているからです。
今日流行しているフラットデザインも、根底にはグリッドレイアウトが入っています。

とりあえず余白をなんとかしないと厳しいですね・・・

以上、お話の主題はこれにておしまい。
あとはおまけ


■ニコニコを裏で動かしていることに自覚がない人達

「ZeroWatch、あれはダメだ、Noと言わなければならない」
「このまま一般開放すれば、ニコニコのためにならない」

大半のプレミアムユーザーは、こう感じたはずです。
しかしながら・・・

「志賀さんをいじめるな!開発がんばってね志賀さん!」

そう言って、ZeroWatchを必死に擁護している人達がいました。

それが誰かとは具体的には申しませんが、
昨今のニコニコをダメにした自覚が無い人達で間違いありません。

彼らは言いました。
「ZeroWatchがダメなら、自分たちで改造すればいいじゃない」
「原宿モードにするスクリプトを公開しました~」
「設定でコメント欄を常時表示に変えればいいだけじゃん、変えるだけ」

彼らは周りから古参と呼ばれるような、
比較的古くからニコニコにいるユーザー達でした。

しかし私から見ると、彼らは「似非古参」でした。
運営と馴れ合い、コミュニティの中心人物の立場で発言し、事情通のような物言いで、
「お前達はニコニコを分かっていない」とZeroを擁護していたのです。

私は呆れていました。

ニコニコするというのは、馴れ合うことではなかったはずです。

ダメなものにはNo!イイものにはYes!という環境こそが、ニコニコであったはず。
だからこそ、正当に評価される環境だからこそ、ニコニコすることができたはずです。

それを彼らは根本から勘違いしていました。

・・・いや、コミュニティの流れや、古参同士の馴れ合いの中で、
お互いに傷つけあうようなことを恐れ、批判することができない体制に
なっていったのかも知れません。

斯くしてZeroWatchは、
似非古参によいしょされたまま、未完成のまま一般開放され、運営は増長し、
ユーザーは荒れ、みな原宿にひきこもり、運命の日を迎えることになりましたとさ。

おしまい

■おわり

なるようにしかならんでしょ←結論

追記 12/02
仕事から帰ってきたら伸びすぎぃw
もっとボロクソに叩かれているかと思ったらそうでもなかった
Webデザイナーさんはもっと怒ってもいいのよ?
サムネの件に関しては特に何を設定してもよさげだったので、それっぽいのにしました
文章が長いのは自分でも思います、貴重なお時間をいただいて申し訳ありません
12/03になる前に、とりあえず言っておきたかったことをバーッと書きました
むしゃくしゃしてやった、今は伸びすぎて反省している
みんなも廃止祭りで適当に盛り上がろうぜ!
広告
×
ユーザーにデザイン案ださせて投票でもやってきめればいいんじゃないの?
40ヶ月前
×
keep it simple stupid とか You ain't gonna need it とかオッカムの剃刀とか好き
押し付けがましいゴチャゴチャしたデザインの強制大嫌い、ひでしね
「何事もできるだけ単純なほうがいい、ただ単純にしすぎてはならない」
「単純なことは究極の洗練だ」「完璧とはこれ以上付け加えられない時ではなく、削り切れない時に成し得る」

>>1
ついでに誰が作ったか隠してマイリスト投票とかやりゃいいんだよ
固定ファンという名の宗教で使えないものゴリ押しされても困る
40ヶ月前
×
GINZAの酷いところはユーザーが使いたいものではなく運営が作りたいものだというところです
ですので安定性も二の次の実験作で構わないわけです
悲惨なほど出来が悪いので思わず唖然としました
GINZAこそまさにゴミだと思います
40ヶ月前
×
 さて、更に深刻な問題を提起しに来ました。

 ニコニコ生放送:GINZAにおいて放送者が動画を流す際、ニコニコムービーメーカー(以下、NMM)の再生だと常にリサイズし表示に深刻な異常があります。
 ※これはニコニコ動画側でなく、ニコニコ生放送プレーヤー側の問題です。
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm22008969
 
 この問題はZeroの時から指摘されても、現在進行形で放置されています。
 原宿では問題なく表示できるユーザーが多数ですが、それが廃止となるのですから問題です。
 まとめ:http://togetter.com/li/590906
 
 こう言った、「動作が重い」とか「デザインが慣れない」とかの以前の問題で、致命的な表示のまま長らく放置している姿勢は、NMM動画投稿者ならびに、NMMソフトウェア担当のインターネット社さんに失礼極まりないのではないか。
 NMMは、swf形式を投稿できるニコニコ固有のサービスで、他の動画サイトではこういったものはなかなか見られません。
 だからこそ、一刻も早く解決して欲しい問題なのです。
 とまぁ、ニコニコ生放送内の一機能というマニアックな問題ではありますが、こういった放置され続けた不具合も知って頂ければと、こちらに書き込ませて頂きました。
40ヶ月前
×
マイリスボタンどこ?
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。