[ウル4]Steam版ウルトラストリートファイター4の導入方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[ウル4]Steam版ウルトラストリートファイター4の導入方法

2015-03-19 01:02
    気になる点があったら随時更新します。
    更新予定:
    サーバー経由マッチング対策
    Aeroラグ対策
    etc...

    3/19 初版(1.1~1.4まで)

    1. UPnPを有効にする方法
    1.1. PCサービスの有効化
    1.2. ネットワーク設定の確認
    1.3. ルーター側の設定
    1.4. 設定の確認

    1. UPnPを有効にする方法
    UPnPとは、自動でポート開放をする仕組みのことです。家庭用ゲーム機と周辺機器(ルーター)は、通常ではオンになっていますが、WindowsPCではそのままでは対応していないことがあります。

    1.1. PCサービスの有効化

    Xbox360やPS3でルーターにポート開放設定をするように、PC版では、ルーターだけでなくPCの設定が必要になります。
    サービス画面を開きます。スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」に "services.msc" と入力するか、環境によっては検索窓が存在しないので、コンピューターの右クリックメニューから"管理"をクリックしてください。


    図1,2: サービス画面の出し方

    すると、下図(図3)のような画面が出るので、左メニューの「サービスとアプリケーション」の[+]ボタンをクリックしてサービスを押すと、管理画面にアクセスできます。
    図3: サービス管理画面

    その中から、ポート開放をするために必要な

    Network Location Awareness
    SSDP Discovery
    UPnP Device Host

    の3項目を起動する設定を行います。
    管理画面の中から、上記の名前を探して、右クリックよりプロパティを選択すると、下図(図4)のような画面が出現します。

    図4: サービスのプロパティ

    この中の「スタートアップの種類」を「自動」に設定すると、次回起動時に自動で実行されるようになります。

    以上でPCのポート開放のためのUPnPの有効化は終わりです。

    1.2. ネットワーク設定の確認

    上記で有効化した一部の機能は、ネットワークの設定によっては機能しないことがあります。
    こちらの画面の開き方は以下のURLを参考にしてください。

    http://qa.nifty.com/cs/catalog/faq_nqa/qid_12970/1.htm
    (@niftyに飛びます)

    図5:ネットワークと共有センター

    この画面の中で「アクティブなネットワークの表示」の中が「ホーム ネットワーク」になってない(パブリックネットワークになっている)方は、そこをクリックすると以下の画面が出るので、ホームネットワークをクリックします。

    図6: ネットワークの場所の設定

    1.3. ルーター側の設定

    利用されているルーターによっては、UPnPがONになっていないかもしれません。大抵は「(ルーターの型番) UPnP 有効」などで検索できます。
    また、有名なバッファロールーターなどは以下のようにページが準備されている場合もあります。
    バッファロー(バッファロー公式ページ)
    http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/830

    以上が終わったら、PCとルーターを再起動しましょう。

    1.4. 設定の確認

    WinSTUNというもので、実際に動くかどうかの確認を行います。
    http://sourceforge.net/projects/stun/files/WinStun/0.96/WinStunSetup-0-96.msi/download

    ソフトウェアは英語ですが、インストールは何となくで進めて頂いて、起動すると以下のような画面が出ます。

    図7: WinStun
    Stun Serverの欄に

    208.64.201.169

    と入力し、RunTestを実行します。
    (上記のサーバーは、Steamを運営しているValveのものです)
    この結果の欄で「VoIP will work with STUN」と出力されていると、PCでマッチングができるようになります。「 VOIP will NOT work」と出力されると、上手く動いていない可能性があるか、ルーターが対応していない場合があります。

    ※STUNというのはネットワークを介したPCとPCのマッチングの仕組みです。興味のある方は
    こちらのページをご参照ください。
    http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~tobe/nat_behavior.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。