• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【モーリーの知的ブートキャンプ】黒井文太郎氏との対談と、米国の「ネットナチス」

    2017-04-23 20:00
    648pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     モーリー・ロバートソン ブロマガ 第75号 2017/4/23
    ───────────────────────────────────
    【目次】
    ・モーリーから会員の皆様へメッセージ
     ■複雑怪奇な東アジア情勢
     ■ネオナチのラオス系米国人少女
     ■ピルトルズやクラッシュを聴いていた子供たち
     ■「ネットナチス」の台頭
     ■日本の左派によるトランプ容認論


    ・今後の放送予定

    ・編集後記
     ■運営スタッフ募集


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「モーリーから会員の皆様へメッセージ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    画像バナー)
    2017年4月14日(金)のニコ生アーカイブ動画
    黒井文太郎×モーリー「最新!北朝鮮・シリア情勢2017」
    02525d8085b235144d799706d1f69037ad0fa4ef



    ■複雑怪奇な東アジア情勢


    モーリー:4月14日のニコ生では、黒井文太郎さんを久しぶりにお迎えしたのですが、普段から黒井さんの意見を読んだりツイッターをRTしているので、前回の対談から1年半も経っている意識は全然なかったです。


    他の番組でご一緒していたこともあるんですけど、やはり どんな番組よりも濃くなりましたよね。


    スカパーの番組でさえ時間に制約があったり、視聴者層も決まっているので、「ここから先は、あまり深く掘ってもダメ」ということも、好き勝手に どんどん掘ることができたので、ありがたかったですね。


    初っ端から意外性が高かった話として、現段階でアメリカが出している情報を元に、黒井さんの見立てとしては「アメリカはやらないだろう」と。やったとしても国連を巻き込んでしか動かない。単独行動はないのでは・・・というのは意外でしたね。


    シリアの後、「このままカールビンソンが近づいてドンパチ始まるのか?」と僕も少し勘ぐっていたので、黒井さんが考える手順を聞けたのが貴重でした。


    それに関連して中国。僕も最近 各局の時事番組に出入りする中で、様々な人達・・・素人から専門家まで・・・が、それぞれ打ち合わせでは言うけれど、放送では言わない意見というのがあるんです。


    「アメリカが北朝鮮を攻撃するという情報を
     
  • 【モーリーの知的ブートキャンプ】森友学園問題のインサイダー情報とメディアの狂乱

    2017-04-14 14:001
    648pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     モーリー・ロバートソン ブロマガ 第74号 2017/4/14
    ───────────────────────────────────
    【目次】
    ・モーリーから会員の皆様へメッセージ
     ■森友学園問題のインサイダー情報
     ■結局、右 vs 左 というループ
     ■骨太ネットメディアは誕生するのか?
     ■最近始めた秘密の音楽活動


    ・他メディアでのモーリー発言集
     ■イラク最前線にいた元米陸軍女性兵士が「水問題」に取り組む理由
     ■森友&豊洲問題「視聴者はバカだ報道」はメディアの断末魔
     ■いまだ続くアメリカの「オバマ」社会化


    ・今後の放送予定

    ・編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「モーリーから会員の皆様へメッセージ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ■森友学園問題のインサイダー情報


    モーリー:やっと森友学園の波が過ぎそうになっている。いや、もしかしたら辻元さんの件で第2ラウンドにいくかもしれないけど。とはいえ結局は国会の時間切れで幕引きになりそうな気配もある。


    これらは いったい何だろう。始めから不確かな情報が、検証や注釈をつけずに瞬間風速で各メディアに流れていくのを、報道番組に出演している当事者として、苦々しく思って見ていました。


    だけど、それをやらないと数字が取れない事情も、私のほうで“忖度”しつつ、とても厳しい時期を過ごしました。ところが、清濁併せ呑むことがドキュメンタリーというか、そういう側面もありまして。


    例えば、各社の報道番組を回っていると、森友学園問題のインサイダー情報が、楽屋での雑談で聞こえてきます。例えば…
     
  • 【モーリーの知的ブートキャンプ】他メディアでのモーリー発言集(2017年2月〜3月)

    2017-03-31 16:001
    648pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     モーリー・ロバートソン ブロマガ 第73号 2017/3/31
    ───────────────────────────────────
    【目次】
    ・他メディアでのモーリー発言集
     ■フリン辞任は第二の「ウォーターゲート事件」に発展するか?
     ■トランプを後押しする“極右のアイドル”が陥落。次なる標的は…?
     ■“ミニ・トランプ”が掲げる「リー将軍像を取り戻す」という公約の意味
     ■ホワイトハウスは「トランプ化」しても、「オバマ社会」は続く
     ■熟成味あふれるワタに“日本人の血”が騒ぐ
     ■ニッポンのおもてなし


    ・今後の放送予定

    ・編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「他メディアでのモーリー発言集」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2/27発売『週刊プレイボーイ』

    ■フリン辞任は第二の「ウォーターゲート事件」に発展するか?



    米ドナルド・トランプ大統領の“側近中の側近”のひとり、マイケル・フリン国家安全保障問題担当大統領補佐官の辞任劇が、政権の行く末に暗い影を落としています。


    事の発端は昨年12月29日。