• このエントリーをはてなブックマークに追加
【国際政治chのブロマガ】細谷雄一「自主独立とは何か」 … #31番組後記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【国際政治chのブロマガ】細谷雄一「自主独立とは何か」 … #31番組後記

2018-09-13 21:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     国際政治チャンネルのブロマガ 第32号 2018/9/13
    ───────────────────────────────────
    【目次】
    ・8月24日 国際政治チャンネル #31番組後記
     ■『日米関係が全てではない』
     ■隠された本音
     ■陰謀論と学校教育


    ・今後の放送予定


    ・編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「8月24日 国際政治チャンネル #31番組後記」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    8月24のニコ生から、細谷雄一先生の印象的な発言の一部をスタッフによる書き起こしでお届けします。

    6cd9f6e11979617fab0a97fa89a15b8c9021b818
    細谷雄一「著者自らが解説『自主独立とは何か』」 #国際政治ch 31前編
    http://www.nicovideo.jp/watch/1535787426


    ■『日米関係が全てではない』


    細谷雄一:私の偏見だったら謝りますが、対米従属批判をする人はアメリカ人と喧嘩をして文句を言ったことがないと思います。


    我々、国際政治学者は一年中、国際会議でアメリカ人がおかしいことを言ったら、それはおかしいと喧嘩をするわけです。それは外交官も同じで。


    しかし、対米従属批判をする人はアメリカに敵わないという偏見があるのではないでしょうか。だから、なんとなく最初からどうせ日本政府、首相や外交官もアメリカに文句を言えないだろうと思っている。そんなことはない。



    Q:あゆちさんはアメリカ人と喧嘩をしましたか?



    田村あゆち:歴史の授業はディスカッションなので、反論をすることもありました。やはり「日本に原爆を落としたのは良かった」というような論調には反論をしました。



    細谷:日本のこと知らない人多いですもんね。



    田村:多いです。『日米関係が全てではない』という一文で思ったのは、日本はアメリカとだけ戦争をしたわけではないということです。


    私はオーストラリアにも住んでいましたが、その当時、反日感情が非常に強かったんですよ。子供ながらに、日本・日本人が嫌われているんだと感じた時のショックは忘れられませんね。



    細谷:オーストラリア本土を軍事攻撃した国は、世界中で日本一国なんですよね。ダーウィンを空爆して死者も出ていますし、日本の潜水艦がシドニー沖まで行っている。オーストラリアはあれだけ広い海のど真ん中にあって絶対的に安全だという認識があった分、トラウマもすごかった。



    田村:ジャップなんて言われることは
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    国際政治チャンネルのブロマガ
    更新頻度: 毎月2本程度
    最終更新日:2018-09-13 20:42
    チャンネル月額: ¥648 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。