NES BAND結成物語2 ~結成日のこと~【マツケん】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NES BAND結成物語2 ~結成日のこと~【マツケん】

2015-06-05 23:11
    マツケんです。

    前回の記事ではNES BANDが結成されるまでの経緯を書きましたが、今回は結成された日のお話です。(本当はこの記事は結成同日である昨日6月4日に書こうとしてたものの、珍しく酔っぱらってしまいそれどころじゃなかったorz)

    ■2011年6月4日 結成

    前回の記事の通り、2011年6月4日、ネットでのメンバー公募で連絡いただいていた方々との初会合を行うことになりました。今だからの正直な話、最初は変な人がきたらどうしようとかは考えていましたね。ネット公募など初めてやったもので。(結果的にあの動画を見て応募してくれたような方々は良い意味でのガチ勢しかおらず取り越し苦労に終わりましたが。)

    体制は3音+1ノイズの4人組バンドと決めていたので、最終的には僕以外の3名を決めることになるわけですが、諸々あって結果的にこの日の僕以外の参加者は4名に絞り込まれていました。具体的な内訳は、ネット公募とは別に元々のお知り合いで鍵盤奏者ということで声をかけていた後の1chメンバーとなるけんたろさん、後の3chメンバーとなるサキヤマさん、後の4chメンバーとなるホソタケさん、そして「演奏、あるいは演奏以外の面のサポートであっても何かお役に立てれば」と申し出ていただいていた方1名(Aさんとさせていただきます)でした。けんたろさん以外の方はこの日が初対面でした。

    会合場所はかつてタケちゃん&健ちゃんの初リハーサルを行った場所でもある新宿のスタジオ「MUSIC MAN」。14:30から16:30までの2時間を予約していました。何しろお互い顔も分からない状況で集合するわけなので、あらかじめメール連絡では「ロビーにてファミコン本体を出している人に声をかけてください。」と案内していました。

    「あ、どうもはじめまして」という感じでスタジオ内へ。「とりあえず音を出してみましょうか」と、鍵盤類はスタジオレンタルのものと持ち込みのミニ鍵盤1台を使ってセッティング。特に事前に曲を準備しておいて何かをやるというわけではなかったので、この場では適当に皆でファミコン実機音を鳴らしてみて、共通で知っている曲があれば時々合わせてみる程度でした。結局、この日の段階では本格的な曲のセッションには至らなかったのでバンドとしての形がはっきり見えるところまではいけなかったのですが、集まった方々の熱意、真剣度的なものは感じることができ、このメンバーで進めていこうと決めたのでした。(この日の第一印象としてはホソタケさんは気さくな人、サキヤマさんは寡黙で知的な人という感じでした。)

    スタジオを後にし、「ちょっと軽くミーティングしましょうか」と近くのカフェへ(カフェ・ベローチェ 西新宿店)。地下の奥の方の席で僕の方から今後の展望を語りました。その時に話した内容は、

    ・最初はこのメンバーにてバンドを組むこと
    ・バンド名は「ネスバンド」とすること(※1)
    ・アマチュアバンドであること
    ・初ライブは夏頃に行うことを目標とすること

    といったものだったと思います。皆さんの同意も得られ、ここに第一期NES BANDが誕生しました。なお、この時点ではAさんもプロジェクトの一員となっており、担当パートなどの具体的な内容の決定はまだしませんでした(※2)。
    ※1:当時の日記を見ると「NESバンド」と表記していましたが、海外の方が見ても分かるよう、後に「NES BAND」を正式表記としました。NESは海外版ファミコンの名称である「Nintendo Entertainment System」の頭文字です。
    ※2:当初の構想ではチャンネルごとに人は固定せず、臨機応変に入れ替わることも考えていました。

    さてこれから初ライブの決定、リハなどに進むわけですが、こんな感じで振り返っていたらかなりの分量になりそうだったのでさらに分割して続きは次回としたいと思います。

    マツケん

    余談:
    この日に撮った写真が何かないか探したところ、日中に一人で秋葉原をうろついてたらしい時に撮ったゴーゴーカレーの写真が残っておりましたので記念に載せておきます。

    2011.6.4撮影

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。