気になる「だんぼっち」を購入レビューしてみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

気になる「だんぼっち」を購入レビューしてみた

2014-01-22 20:06
  • 1
  • 6

皆さんこんにちは、だにのぶと申します。
今回噂の「だんぼっち製品版」、この度購入致しましたのでレビューをさせて頂きます!!




と、その前にだんぼっちの説明を簡単に致します。

【だんぼっち】とは
・・・ダンボールで出来た”簡易防音ブース(室)”です。



だんぼっちの公式サイトはこちら

こちらのだんぼっち、特徴は上画像の通り
・他の防音室と比べてかなり安い
・女性でも簡単に組み立て、折りたたみが可能
・声の防音性が高く、だんぼっち内でのインターネットカラオケに強い

となっております。

ただ、本当に上記の利点はあるのか?その効果はどれほどなのか?
こちらを重点的に、そして僕が気になった点のいくつかをレビューしていこうと思います!!


1.だんぼっちの大きさ
だんぼっちに関するツイートで、「予想以上にでかい」「せまくね?」等さまざまな意見が散見されました。
果たしてどれくらいの大きさなのか?

公式サイトでは以下のように書かれています



サイズ 横80✕奥行き110✕高さ164(cm)
たたみ一畳のサイズがおよそ91✕182(cm)ですので一畳よりひと回り小さい感じですね。

実物ではこんな感じ。



.....部屋が汚いのは勘弁してください(ヽ´ω`)


僕の部屋は六畳一間なのですが、かなりギリギリです。こうして見ると大きく感じますね。
これ以上だんぼっちが大きかったら六畳では厳しいと思います。

そしてだんぼっち内はこんな感じ



正直言います。
せまい(*´∀`)
奥行きは言うほど問題ないのですが横幅が結構狭く感じますね。

手のひらを胸に当てて両肘を水平に伸ばしてみてください。


この肘の先端がおよそだんぼっちの横幅と同じです。

また「だんぼっち内でギターは弾けるの?」といった意見もありましたのでそちらも検証。



この時点でちょっとアレですが抱えてみました。



はい、無理でした。
ウクレレなら可能だと思いますがこの中で弦楽器は厳しいように思われます。
※追記:だんぼっち付属のテーブルを取り外せばギター演奏も可能らしいです


ちなみに、先程書いただんぼっちのサイズ
【横80✕奥行き110✕高さ164(cm)】こちらは恐らく外寸です。

僕がだんぼっちの内寸を測ってみたところ
【横73✕奥行き103✕高さ147(cm)】となりました。
外見と内側の狭さにギャップがあるのはそのせいですね。

さらにだんぼっち付属のテーブル
【高さ70cm、ドアからの距離56cm】です。
皆さんはこちらを考慮して椅子を購入してみてはと思います。
ちなみに僕が買った椅子のサイズは、【横51✕奥行き51(cm)】です。参考までに

2.防音性、反響音はどれほどなのか
これが一番皆さんの気になるところだと思います。
公式サイトでは防音性はこのような効果が期待されると書いてあります。



さて果たしてどうなのか。
こちらは(V)・∀・(V)かにぱん。さんの動画を参考にして頂けると分かりやすいと思います。

(V)・∀・(V)かにぱん。さんのレビュー動画はこちら

(V)・∀・(V)かにぱん。さんが使用しているだんぼっちは試作版なのですが、
この動画を見た感じでは試作版も製品版もあまり大きな差異を感じないように思えます。

一応僕も検証をしてみたのでその結果をば。

まず普通に目覚まし時計(”ジリリリリリ!!”と鳴る一般的なもの)を鳴らしてみた場合
Before

大体88dbプラスマイナス5dbといった感じでしょうか。
これはパチンコ店内と同じ音の大きさと考えて良いでしょう。

そして目覚まし時計をだんぼっち内で鳴らし、1m離れた場所で測定してみた結果
After

およそ-20dbの効果が見られました!

先程の画像を見ると普通の会話~掃除機の音程度の大きさとなるのですが
僕自身も大体そのくらいだと思います。
これをずっと鳴らし続かられるかというと難しいかな~という感じ。
目覚まし時計なので耳につくのは当然ですからね。

そして僕が普通に歌った場合
Before

歌ったのはONE OK ROCKの「Wherever you are」。
少し大きめな声で歌ってみました。

そしてだんぼっち内で歌った場合はこちら
After


検証時ぼっちだったので外からカメラタイマーで撮りました(ヽ´ω`)
-15dbの効果が見られてます!!
これは普通のテレビ音量と同じくらいですね!
僕としては及第点だと思うのですが皆さんはいかがでしょうか?
当然ですが音量はなるべく同じくらいに歌ったつもりです。

そして防音性と並んで気になる点は、だんぼっち内での反響音。
こちらは詳しい数値で説明が出来ないのですが、かなり反響します。

どのくらいか?知りたい方は適当なダンボール箱を被って見ましょう。

大体その時の反響音と同じくらいです。
少しだんぼっちの方が反響しないかな?

そしてこれをやってみるとわかると思いますが、反響により自分の声が変わったように感じます。
これがかなり厄介で、歌う上ではこれに慣れないと厳しいかな。
これは僕個人の感想なのですが、だんぼっち内部に吸音材は必須のように思いました。

実際に吸音材を購入しており、2月頃に届く予定ですので希望があればそちらのレビューもさせて頂こうかと思っています。

3.組み立て、折りたたみは簡単か
これに関しては以下のことが言えると思います。

防音室業界ではかなり簡単だと思うのだが、ひとりで組み立てるのはそれなりに厳しい!

特に女性の方は結構しんどいのではないかと思います。
だんぼっちの組み立て、折りたたみは2人以上で行うことをお勧めします。
ひとりだと不意にだんぼっちを傷つけてしまう可能性が高いので。



そしてだんぼっち内で照明、吸音材を付ける場合はすぐ折りたたむのは難しいですね。
だんぼっちを必要な時に組み立てて....というのはあまり現実的ではないのかなと思います。

4.だんぼっちのコストパフォーマンスはいかほどか
パフォーマンスに関してもう一つ大事なことをお伝えします。

だんぼっち内、かなり暑苦しいです(ΦωΦ)ヤベェ
やはり気密性が高く、狭いのでそうなるのは覚悟していました。
実際は1時間ごとに換気をしなければしんどいですね。
これはだんぼっちのみならず、防音ブースでは必ず寄り添って行かなければならない問題だと思います。今後改善法を模索していきます。

以上がだんぼっちのパフォーマンス部分なのですが、コスト部分も考えて見ましょう。

僕の場合、だんぼっちを使用するには最低でもこのくらい掛かりました
だんぼっち単体・・・\59,800(ブロマガ投稿時)
  送料   ・・・\10,000前後(地域によります)
 照明器具  ・・・\5,000
  椅子   ・・・\5,000
                            
  合計   ・・・\80,000前後

さて、以上からだんぼっちのコストパフォーマンス、
あくまで僕個人の感想ですが、まだ少し高いかなぁと感じました。
しかし、いちいちカラオケ店やスタジオを借りる費用や手間を考えると、一概に高いとも言い難い気もします。
その辺は皆さんの価値観次第なのかなと思います。

5.最後に
以上でだんぼっちレビューは終わりです。
まだ販売して間もないだんぼっち、僕自身情報がかなり少ないように感じましたのでこのような形でお届け致しました。
これをもとにだんぼっち購入するのか否か、皆さんそれぞれ考えてみていただければと思います。
また不明な点、ご質問等がございましたら僕のツイッターにて承ります。
些細なことでも構いませんので是非リプライをお願いします。
だにのぶのツイッターはこちら

今後だんぼっちは価格帯も下がり、さらに改良されていくのではないかと思います。
しかし、そのためには皆さんの”関心”が必要不可欠だと思います。
ツイッターでも何でもいいので「だんぼっち欲しい!!でも値段が....反響音が...」
自分の言葉でしっかり発信していくことが次のだんぼっちへ繋がる道なのではないでしょうか。
ちりも積もればなんとやら。今後もだんぼっちに注目していきましょう!!


それでは長文、駄文大変失礼いたしましたm(__)m
最後まで読んで頂きありがとうございます。
だにのぶ

※追記2/23
だんぼっちレビュー第二弾を投稿いたしました!
こちらも見て頂けるとうれしいです!
気になる「だんぼっち」に吸音材を貼り付けてレビューしてみた

広告
×
ギターが弾けるサイズの
だんぼっちGTが出れば即買いなんですけど。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。