【ポケモンSM S1シングル】オニシズクモとレート2000!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンSM S1シングル】オニシズクモとレート2000!

2016-12-31 00:49
  • 6
  • 1



 おはこんばんちは。最近アニメのSHOW BY ROCK!!にハマってアプリまで始めてしまい時間が足りません助けてください。そんなことより上記の通りSM最初のシーズンでなんとかレート2000を超えられたので、一応PTを紹介することにしました。
 今作野生でも島スキャンでもデンチュラが出ないのでバンク解禁まで使えないということで、デンチュラ居ないんじゃ虫レートもいまいちやる気出ないし、それじゃあ普通のPTでちょっと目をつけてたオニシズクモを軸になるべく新ポケを多く入れようという感じで作りました。
以下PTの紹介です。



 まず1匹目はPTの軸となるオニシズクモです。すでに蓄えるZ型が有名になりつつありますが、今回は全く違う型を使ってみました。
・技構成:アクアブレイク 吸血 とびかかる 毒づき
・特性:すいほう
・性格:陽気
・持ち物:拘り鉢巻
・個体値:V-V-V-x-V-V
・努力値:AS252 B4
・実数値:143-122-113-x-152-103
 実は前まで意地っ張りS調整の鉢巻型を使っていたのですが、最速でもいいのでは?となり使ってみたらかなり使いやすかったので今では大体こっちを使っています。
 このポケモン名前の通り鬼です。とても強い。オニシズクモ一族専用の「すいほう」という特性は、火傷にならない受ける炎技のダメージを半減する、そして自分の打つ水技の威力を2倍にするという頭のおかしい性能をしています。特に水技の威力2倍のおかげで鉢巻アクアブレイクで並の耐久は大体吹き飛びます。HB特化エアームドに対して陽気でも鉢巻アクアブレイクで超高乱2(93.4%)が取れるとイメージしてもらえばその強さがわかるかと思います。
 また耐久面も必要最低限はあります。具体的には、無振りでカプ・テテフの特化サイキネ、サイコショックをフィールド補正込みで確定で耐えられる(ショックはB4振りで確定耐え)くらいです。
 このPTでは主に、初手で出して相手のPTを半壊させる(場合によっては全壊させることも)、疲労したらサイクルを回して後述するトリルミミッキュを使い再展開という立ち回りが多かったです。
 このポケモンはまだまだ可能性を秘めているはずなので、これからも様々な型を考察していきたいと思っています。


 というわけで2匹目はミミッキュです。型が多く、使っても強いし使われても強いからほんと厄介な今作のめちゃ強ポケモンの1匹。
・技構成:じゃれつく かげうち 呪い トリックルーム
・特性:ばけのかわ
・性格:いじっぱり
・持ち物:フェアリーZ
・個体値:V-V-V-x-V-V
・努力値:H148 A204 B156
・実数値:149-149-120-x-125-116
H-B:意地メガギャラの1舞滝登りを最高乱数切耐え
A:余り
 最初に紹介したオニシズクモを再展開するためのトリルミミッキュです。日頃仲良くしてもらっているショタが大好きなとある人のミミッキュの技構成をまるパクリスペクトし努力値調整をして完成したのがこのミミッキュ。「ばけのかわ」という直接受けるダメージを1回だけ無効化する特性を盾に、オニシズクモや後述するSの遅いポケモンをサポートするだけでなく、自らトリルアタッカーとして最後の掃除をしたり、相手の積みアタッカーを止めたりしてくれる超優秀なポケモンでした。
 この二匹を見て、トリル運用ならどっちも最遅の方がよくないか??と思った人もいるかもしれません。そういう人には、こんな考え方もあるんだなーって思いながら見てもらいたいです。もちろんSを下げた方が強いポケモンがいるのは確かです。しかし、このミミッキュというポケモンは特性により1回攻撃を無効化出来る=何かしらを倒した後にトリルを展開する余裕があることが多い、ということです。しかも敵のポケモンによっては、ばけのかわを残したまま突破出来る可能性があるのに、Sを下げてその可能性を狭めることと引き換えにしてでも、完全なトリルアタッカーにするメリットはあるのでしょうか。私は少なくとも今回のシングル環境においてその価値は無いと判断しました。この記事を読んでくれている皆さんもトリルを使う時は、トリルが無い時のことも頭の片隅に置いて最遅にした方がいいのか、S調整した方がいいのかとか考えながら育成すると戦術の幅も広がって楽しいと思います。

 3匹目はテッカグヤです。型も非常に多く、現在のシングルレートにおけるトップメタと言っても過言ではないポケモンです。 
・技構成:ヘビーボンバー 火炎放射 めざ氷 どくどく
・特性:ビーストブースト
・性格:冷静
・持ち物:ゴツゴツメット
・個体値:V-V-V-V-V-V
・努力値:H244 A12 B244 C4 S4
・実数値:203-123-154-140-121-73
H-B:無振りメガボーマンダのA6段階上昇捨て身を最高乱数切り耐え
 構築で重いハッサム、メタグロス、ボーマンダに基本後投げが出来、かつフェアリー技の一貫を切れるということで採用。たまにトリル下で使うこともあります。どくどくの枠は他に地震、地ならし、宿り木等で迷っていたが、一番使っていたのはサイクルで確定数をずらしながら戦えるということでどくどくだったため、この技構成で紹介しました。今一番レートで流行っている宿り木まもみが+1ウエポンのカグヤ相手にするの4ぬほど嫌いだよ(使いたくないとは言ってない)。
 テテフを確1にするためと小さくなるマンぐちゃぐちゃにするために両刀でヘビボン採用してるけど、実際ラスカノとどっちがいいんでしょうね、教えてえろいひと。


 4匹目は今作の炎御三家のガオガエンです。ニャビーが発表された当時、立つな立つなと言われていましたが見事立ちましたね。
・技構成:フレアドライブ DDラリアット 地震 とんぼがえり
・特性:もうか
・性格:陽気
・持ち物:拘りスカーフ
・個体値:V-V-V-V-V-V
・努力値:AS252 D4
・実数値:170-167-110-x-111-123
S:スカーフ込みで最速115族抜き
B<D
 構築で重い鋼やマンムーを上から殴れて、ガルドを少しでも牽制出来る新ポケいないかなーと探してたらガオガエンがいい感じだったので採用しました。Hは偶数だけど4nじゃないから別にステロで困ったりすることないよ。
 使った感想としては、弱くは無いけどピンポぎみに入れたせいであまり選出出来なかったから活躍させられる機会が多くなかった感じ。それでもオニゴーリや小さくなるスターミーを上から粉砕してくれたから入れててよかったと思ってます。


 5匹目はメガ枠のボーマンダです。スカイスキンの補正が下がったとはいえ、まだまだ現役でレート界のトップメタです。
・技構成:捨て身タックル 地震 龍舞 羽休め
・特性:威嚇→スカイスキン
・性格:陽気
・持ち物:メガ石
・個体値:V-V-V-x-V-V
・努力値:H244 D140 S124
・メガ前実数値:201-155-100-x-118-149
・メガ後実数値:201-165-150-x-128-171
S:最速103族抜き
H-D:カプ・テテフの特化ムンフォ確定耐え
 構築で重いガルドをそれなりにみることができ、かつ化けの皮がはがれた相手のミミッキュを上から倒せる抜きエースとして採用。最悪処理し損ねた舞っていない相手のメガギャラを起点にして倒したり、カグヤや後述するランターンの毒を入れた状態のHBポリ2を凍らなければ凍らなければ凍らなければ羽休め連打で突破出来るという点もポイント。ぶっちゃけ採用理由がSの早い抜きエースというだけなため、相手のPTとの相性がかなり悪かったりしないと選出しないポケモンだったが、強引に突破した試合もあったので入れててよかったと思う。


 最後の6匹目はランターンです。トップメタというわけでは無いけど、個人的には環境にぶっ刺さっていると感じたポケモン。
・技構成:熱湯 ボルトチェンジ どくどく 電磁波
・特性:蓄電
・性格:おだやか
・持ち物:ウイの実
・個体値:V-0-V-V-V-V
・努力値:H92 B68 C4 D252 S92
・実数値:212-78-87-97-128-99
H:4n
S:電磁波込みで最速130族抜かれ、かつ準速45族抜き抜き
B:余り
 個人的に結構完成されていると思っているウイの実ランターンです。採用理由は、電気の一貫を切るためと、サイクルを回しやすくするためです。そもそもウイの実の効果を知らない人がいるかもしれないので、ついでに解説しておきます。
 ウイの実は、今作の7世代になって仕様変更された木の実です。その効果は、HPが1/4以下になった時にHPの1/2回復するが、性格でCが下がるポケモンが食べると混乱してしまう、というものです(6世代まではHPが半分になると1/8回復というものだった)。この他にも同じような木の実で、バンジの実(Dが下がる性格だと混乱)、イアの実(Bが下がる性格だと混乱)、マゴの実(Sが下がる性格だと混乱)、フィラの実(Aが下がる性格だと混乱)があります。
 HPを4nにしている理由は、カプ・コケコの自然の怒り2回でウイの実が発動するようにするためです。もし4n+1にしているとHPが54残り、その次のコケコのマジカルシャインで37.5%の確率で落ちてしまいます。またSをわざわざ99にしているのは、メガゲンガーに対面で電磁波+後攻ボルチェンをして裏のオニシズクモやマンダで吹き飛ばすルートを取るためです。
 HP1/4以下になることなんてそんなにあるのかよと思う人もいるかもしれませんが、偶然の1/4以下を狙うのではありません。サイクルを回して中途半端に減ったHPを1/4以下に調整しながら戦うのです。もしこのランターンに興味を持って同じようなのを使う人がいたら、サイクルでHP調整をするということを考えながら使ってみてください。
 
 以上でPT紹介を終わります。正直オニシズクモやランターンに関してはまだまだ書き足りないですが、これ以上長々と書いても読む方もだるいと思うので、最低限の紹介に留めておきます。一応下の写真の通りPTちょっと変えて続けて潜って2043までは行ったけど、なんか微妙だったからこっちのPT紹介は端折ります。とにかく言いたいことは、オニシズクモほんと強いから1回使ってみてくれ~ということです。もし何か質問や言いたいことがあったらコメント欄かTwitterに直接お願いします。じゃあのよいお年を。


広告
×
質問よろしいでしょうか?
8ヶ月前
×
>>1
いいよ
8ヶ月前
×
いいよあり
では質問させていただきます。
赤座あかりのお団子バズーカでテッカグヤ何匹飛ばせますか?
8ヶ月前
×
>>3
質問ありがとうございます!
赤座あかりのお団子バズーカはご褒美なのでHPが回復してしまいます。気を付けましょう!
8ヶ月前
×
すみません。質問なのですが、このエンニュートの技構成、努力値振りなど教えていただけませんか?
あともしよければTwitterのアカウントも教えていただけると嬉しいです。自分で見つけることが出来なくて
8ヶ月前
×
>>5
質問ありがとうございます。エンニュートや他の調整変えたポケモンを含めたブロマガは近日改めて書く予定なので今しばらくお待ちいただけるとありがたいです。私のTwitterIDは musi_akariです。
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。