• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第6回文化レクリエーション…特別展「人体-神秘への挑戦-」

    2018-06-10 20:33


     6月2日(土)に社会的にも大きく耳目を集めた特別展人体神秘への挑戦-」(以下、人体展)を文化レク設定して参加してきましたのでレポートします。本稿では基本的にヒトそのものについての学問領域を「医学」という言葉を用いて書きますが、実際はその分野は細分化されていて、かつ横断的要素もあって正確な表現ではありません。大きな枠組みで語っているものとご理解ください。

     上野の国立科学博物館での開催となった本展、随分と集客しているようで来場者の列が長蛇となっており、私たちが集合した13時の段階で入場制限がかかっておりました。1時間ほどの待ちということで接続する日本館や地球館の見学が可能でした。
     私は日本館を見て周りましたが、これだけでも重厚な展示内容。常設展なので時期を問わないわけですが、一度は目にしておく価値が十分にあると感じました。あまり大きくアナウンスされていませんが、「江戸時代の人間のミイラ(女性)」の実物も目にすることが出来ます。倫理・道徳上の配慮から撮影は認められておりません。この日も人だかりができており、その関心の高さがうかがえます。じっと見ていた子供たちにどのような感想を抱いたのかを聞いてみたい気もしましたね。

     さて、今回の人体展ですが今春NHKで放送された「シリーズ 人体」とのコラボレーション企画という性質も強いようで、番組で使われた素材が多く用いられていました。私個人のことを言えば、テレビを持っていないので放送に無縁でしたが、番組を見ていた人達にとっては二番煎じのような印象はなかったのかなとも思ったり思わなかったり…。
     展示自体は人間の頭部から足先まで順に、器官及び機能とその研究の軌跡(医学史)が示されるという展開。医療に携わらない人であれば、日常的に臓器を目にするようなことはまずないでしょうから、それらの標本が見られるというのは新鮮だったかもしれません。鑑賞(!?)に際しては、そうしたリアルを目にしたくないという入場者への配慮も働いていて、標本それ自体は隠れブースに設置されておりました。 
     人体展ではヒトの各部位についての標本とその医学史を対にしながら把握してもらおうという狙いだったと思いますが、後者の説明については少々冗長な印象も受けました。レオナルド・ダ・ヴィンチやウィリアム・ハーヴェイなどの著名な人物がどのように人体の謎に挑んできたのかという歴史的経緯は興味深いものの、当時の医学的見地と現代医学の進捗を照合しながら脳内整理をして医学史を俯瞰しながら味わうには幾分情報量が多すぎるようにも感じた次第です。
     一方、こうした知識は医療関係者にとっては自明のものが大半だったはずで、特に更新されるべき情報はなかったかもしれません。珍しかったものを挙げるなら、アインシュタインの脳の切片が展示されていたことでしょうか。世紀の大天才は脳まで刻まれてしまうものなのだなと別な感慨を抱きもしましたが、その取得経緯などを見るに人間社会に渦巻く思惑の交錯に恐れ入るところでもありました。

     私は今回の人体展での主題を「連絡し合う臓器・器官」という視点で捉えました。「ヒトの中枢」がどこにあるのかは常に議論の的ですが、それを仮想的に見立てたブースを展開していましたね。人体を駆け巡るネットワークと、そこを伝って行き交う情報を可視化する内容。部位同士の連絡を言語や音、光で表すというのは色々と誤解を生むような気もしましたが、現実的にはそのような手法を通してしか説明できないというのが現生人類の限界かもしれません。
     それほど昔ではない時代の医学においても、大脳がヒトの生存を維持するためのコントロールを束ねて担うと考えられていたようですが、今日では「体内のそれぞれの部位が独自に要求を発し、受け手がレシーブして応答する」という構図で理解が進んでいるような説明。生命維持・継承という複雑なプログラムを大脳に集約せず体内で分散処理する設計が生存戦略として選択的に残されてきたのか、はたまた、その青写真は生命の最初期から完成されていたものなのか、興味は尽きません。
     ヒトはヒト自体がどのようにプログラムされてきたのかを知り得ないという点では、その存在基盤はとても脆弱だとも言えるでしょう。いや、「プログラム」という視点そのものが誤りなのかもしれないし、かといって代替できる有力な案は今のところ見当たらない。信仰・宗教・祈りなどの人間にしか見られない様式を考えてみても、生命実感を底支えするとか補強する、あるいは設定するといった機能はあるが、生命それ自体の成立過程を矛盾なく説明する分野ではないでしょうしね。未来の人類がそれを突き止められるのか、また出来るのであればそれはどのような手法なのか、そんな想像をしながらの鑑賞となりました。
     展示後編では細胞写真がずらりと並ぶ。当該分野の学者・研究者はこの画と四六時中にらめっこしながら研究・探求を重ねているのかと思うと頭が下がります。長足の進歩を遂げている医学・生物学・細胞学等々の世界。「解明が進むほどに不明な分野も広がる」というパラドックスを内包しながらも、「ヒトとは何か」という謎を追求し続けることでしょう。
     
     今回の人体展に掲げられたテーマは「神秘への挑戦」。理性・悟性を傾けて突き進んできた諸科学が挑む相手は「神秘」なのですよね。人智を超えた神の設定に依拠し続けている現生人類の挑戦、その先行きに思いを馳せながら大混雑の会場を後にしました。



    ※第6回文化レクリエーションのアセスメント結果は
     https://musiumart.or.jp/assess/8 で参照できます。 




    -上野公園内看板-
    1de14a383efc0d862f2fdb627a41a69ba747eba0

    -待ち時間-
    fc68121a59d09ae499880486646e7f0138174ef8

    -返金されるコインロッカーは好印象-
    06f8d64c2b5d5c3102b6ea89a8f9bfb71797bfcd

    -体内に張り巡らされたネットワークを仮想可視化して-
    8673141d187fba3ac97b16f4f8883b1edce8947b

    45ce652a1e0e4774fc1c15b4713b1c2a89466bc0

    21f0149f0ef7510027307c25388678dc49310a8b

    -会場外から日本館を望んで-
    b4918131369e2fba0163c504018ed87ef29dbfbc

    -MAA集合写真-
    1a1706c1a22955dbe3cebe77dfa726e87cc46d4d

  • 第5回インターバルレクリエーション…第85回東京優駿(日本ダービー)

    2018-06-03 15:03


     わが国における最大の集客数を誇るスポーツは競馬の祭典「日本ダービー」と言われています。一か所に10万人を超える人を集めて3歳馬の頂点を競う2分30秒の戦い。業界に携わる人はもちろん、この日ばかりは多くの国民の関心を惹きつける一大イベントと言えるでしょう。
     今回、MAAでは日本ダービーをインレク設定して観戦してきました。会員からの開催要望の声が大きかったのがその理由ですが、冒頭示したように観客数が膨大なのと酷暑の可能性も考えられたため「安全面・体調面」に若干の心配はありました。私を含めて数名の競馬場経験者がいたので、事前準備を入念に行って当日を迎えた次第です。

     先発隊として午前8時には東京競馬場に入場。ゴール先の芝生部分にレジャーシートを張って場所確保。ダービーでは「開門ダッシュ」が有名で、良席を確保する争いが話題になりますね。当日の天候は晴天無風という絶好のものでしたが、日差しで焼けてしまうのはどうしても避け得ないことでもあります。
     会員の集合は午前11時。府中競馬正門前駅(京王線)改札集合として私が迎えに出ました。大混雑の競馬場内集合では迷わずに集まれる場所の選定が難しかったことと、そもそも入場券購入の長蛇の列に競馬初心者の会員が巻き込まれるのは得策ではないという判断があったためです。予め先発隊が参加者分の入場券を買っておいて集合時に渡すというプランでの対応。これによってスムーズな入場が可能ですが、デメリットがあるとすれば競馬場は「半券での再入場不可」のため、準備入場時と出迎え時にそれぞれ入場券が必要となることでしょうか。とは言え、わずか200円の話なので得られるメリットとは比べものになりません。私にとっては円滑な運営に勝るコストはないのです。

     競馬場が初めてという会員が大半だったので、馬券の買い方をレクチャー。お昼休みは直接お馬さんに会いに場内施設を見学へ。「競馬場」というと、昭和の古めかしさと赤鉛筆挟んだオヤジさんがワーワーやっているというイメージが先行しがちかもしれません。しかし、今日では女性客や家族連れを増やそうとJRA側でも様々な施策を打ってきており、一つのレジャーランドの様相を呈しています。場内のあちこちから聞こえる子供の歓声、デートする若いカップル、豪奢なカメラを下げた趣味人等々、多彩な人々が競馬の祭典を楽しんでいるのが印象的でしたね。

     実際に競走馬が駆けていくコースの間近で観戦すると、「ドドドドドッ」と大地を蹴っていく蹄の音、鞭が飛んで馬の皮膚から放たれる「バチン」という音、騎手の鬼気迫る鼓動、観客の歓声・興奮、そういった「生の響き」が五感で感じられます。ましてこの日は日本ダービー。特別な日であることは言うまでもなく、形容しがたい雰囲気が場を包んでいるのです。
     わずか2分30秒で決する大舞台。展開・勝敗を予想する者、馬主や調教師サイドの心情、道中の駆け引きや勝負所を思案する騎手達、固唾を飲んで行く末を見届ける観客、TVやラジオの先で耳目を傾ける全国の競馬ファン、ありったけのお金を賭けるギャンブラー達、その無数の意識やエネルギーがこの東京競馬場に集まっていると考えるだけで奮えが起きそうな気持ちになります。

     ともあれ初めての競馬観戦となった会員にとって忘れ得ぬ時間・空間となったことでしょう。「人生初の競馬観戦は日本ダービーだった」という一点でも、意義ある企画であったと思われます。優勝馬ワグネリアン・福永祐一騎手(彼にとっては宿願のダービー制覇)の名だけは覚えておくと良いかもしれません。この先いつであれ、「あの場にいたんだよ」と競馬にまつわる会話になった時には誇れるはずですから。彼もやがて種牡馬となり、その子供たちがこの競馬場を駆けていく日も遠くありません。いつの日か「父・ワグネリアン、祖父・ワグネリアン」という名前を血統表記で目にする時にも、この日の「ダービー」のことを鮮明に思い出すことでしょう。競馬の歴史に残る祭典の目撃者として、私たちは1日を過ごしたことになります。

     さてさて、肝心の馬券の成績と言えば…。これまた記憶に残るものだったかどうか、それは「会員各自の胸の中」ということにしておきましょうか。

    -新宿駅京王線連絡通路-
    59ab29e76b8ab8720a3d421551732076ba8df854

    -京王新宿駅はダービー祭り-
    95506c2f0333dc2e27a9209e384236fd43e5c82d

    -東京競馬場入り口-
    7a8f7bbf6a1000cc112aa86efec600c367ec200a

    -続々と集うファンたち-
    e55b64bd2099fe0e0f2c6ec4dec62109102fc614

    -通路天井に張られていた幕(編集済)
    f772a9abf190e63d72c51818a0f0a70d5c288a7d

    -入場券-
    1ec5cbd2d96a8db65d4920228eca0a875dc6fccd

    -異様な熱気の場内-

    1b5ef3c5a7cc8b8bf88a2d28f094afaff0afb1a8

    -間近で見学可能-
    ec8ae4ba417f9198c08d4b6ef23a3e4043098274

    -パドックの熱気は第1レースから-
    71f318a4d6750fb09ed796b9bc9c4be802decbd8

    0a04b1f4f4e9497ff51252fff199b884247cefe9

    -入場者数発表-
    45cbebe22cd6bc4d1fd8f8729ccd877988fe4c99

    -優勝馬ワグネリアンと福永祐一騎手-
    803ccf71fa95d284cab423d31a8d0812271dead8

    -ビギナーズラックを現実に-
    69ffce399c959a0ce8e06d5afe48bb16e46846e0

    -的中は素晴らしい-
    e5f8cee9b925e11f0563dd33d71d8513d99002dc

    -MAA集合写真-
    f2971419d88ee50f0eb4492a1ee25e690d289d04

  • 第4回インターバルレクリエーション…お花見船「浅草~隅田川~スカイツリー~桜橋周辺クルーズ」

    2018-06-01 12:00


     前記事の総会終了後、浅草・隅田公園に移動して第4回インターバルレクリエーション『お花見船「浅草~隅田川~スカイツリー~桜橋周辺クルーズ」』が開催されました。桜の時期ということもあっての設定でしたが、残念ながらほぼ見頃は終わっていました。ここ数年、開花が早まってきているような気がするのは私だけでしょうか。ともあれ、「お花見クルーズ船の体験」という意味では新鮮な時間を過ごすことも出来ました。以下、簡単にレポート致します。

     浅草は古くから日本の伝統的な営みを積み上げてきている地域で、「和」という雰囲気が街を包んでいるような印象を受けますね。今回の「お花見」というテーマも、この地域にはしっくりくるものです。今ではすっかり定着した外国人観光客の姿も多く見かけられ、耳にする言語が東洋・西洋と横断的なことにも驚かなくなりましたね。インターネット・SNSの発展に伴って、街が放つ情報量も飛躍的に伸びているのでしょう。地域の魅力を世界中に行き渡らせることが出来る恩恵を活かしきっていく時代なんだなと感慨を深くした日でもありました。ここは和の空気と、スカイツリーに代表される「現代感」が対照的な場所ですが、それをうまく活用して企画されているイベントの一つが、今回の「お花見クルーズ船」ということになるのかもしれません。

     アサヒビールのモニュメントで有名な吾妻橋下にクルーズ船乗り場があります。乗船プランは2つ用意されていて、シンプルに乗船のみのタイプと「乗船料&おつまみ&ワンドリンク付(ほろよいセット)」がありました。今回は後者を選んでいます。花魁!?(おいらん)姿のガイドさんが周辺地域や施設の説明をしてくれました。加えて和風な歌もあったりして特に外国人の方々は喜ばれるような内容になっているのではないかと感じました。ちょっと気がかりだったのは、船の動力であろう重油臭さとエンジン音ですね。どうしてもこれは不可避でしょうけれど、慣れれば我慢出来ないほどのものではありません。

     冒頭書いたように桜の時期は終わっていましたが、隅田川から両岸を眺めながら座談する雰囲気はとても新鮮で会員さんとの会話も盛り上がりっぱなしでしたね。「船酔いにはコーラが良いのです」という新情報(本当!?)に驚いたりもして、個人的にも楽しい時を過ごせました。都合1時間もかからないで周遊するルートですが、お花見船としては飽きるような長さでもなく程よいものではないでしょうか。終着する直前に見られた「ダブルスカイツリー(記事下に写真あり)」はとても印象的で、この先も忘れることはないでしょう。周遊中に幾度かすれ違った「屋形舟」で、いつか本会の宴会をする日が来たら面白そうだなと考えながら、つかの間の「川の流れ」を惜しみつつ、陸の人へとなった次第です。

    -隅田公園の桜-
    7e3470044aaa31e10d1eb550569968e194a83aa7

    -乗船場から望んで-
    ca127ebc0dd7969f941c0814e4a0e223f6113f6f

    dfaa3c406909a3dd8dda12a1b2e52eb6af1be503

    -乗船案内-
    44dd63f1429f592a795c2f2147e08d3e71518618

    -天を指す-
    f02f03106971d9ab2dfa07ec172b712262c8ee09

    -ほろ酔いセット-
    39617c9f0de95d0b1c1a85c62b62501202449dcc

    -スカイツリー並び立って-
    6553285b6a4d5fb4e4ae18d9313c5f9518a6b509