• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第7回インターバルレクリエーション…東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」

    2018-10-14 19:00
     
     第7回インターバルレクリエーションは、東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」です。
    開催概要はこちらへ。http://www.duchamp2018.jp/

     筆者の発案で開催となりました今回、同行した皆さんの感想は概ね「難しかった」「よく分からなかった」とのこと。実はこの「モヤモヤしてスッキリしない」感こそが、デュシャンをはじめとする「コンセプチュアル・アート」の特徴であり、大きな魅力の一つなのです。しかし展覧会上、来場者にとって「デュシャン以前/以後」をつなぐ情報が不足していた感も否めません。そこで本レポート後半では、筆者の目線から少しだけ補助線を引いてみたいと思います。筆者はアートの専門家ではありませんので、間違いや誤解があればぜひ忌憚のないツッコミを入れてください。

     まずは展覧会について。作品群は見どころが多く、しかもほとんどの作品がなんと撮影自由! 大変満足できました(撮影自由はレディメイドっぽい価値観を感じますね)。冒頭の「車輪」に続き、初期の風景画や水彩画(fig.01)は技巧的に美しく、印象派革命を起こしたマネ(この方もめちゃくちゃ絵が巧い)と同じく「守破離の道は確実な基礎と技巧の上に成り立つ」ことをあらためて感じます。その後のキュビスム傾倒時期の作品群(fig.02)についても、物理的に破綻のない、理知的なアプローチが小気味良い印象でした。

    -fig.01-ピアノを弾くマグドレーヌ 1900年 水彩、鉛筆、紙-
    b6a011798ecd6f021c7df1a3feca162ea8b1bb27

    -fig.02-キュビスム期の作品群-
    2aa2ee3b449b0d508ce1d9b798e1b5ffe472400b

     そしてお待ちかねの大ガラス(fig.03)、そして"便器"をはじめとしたレディメイドたちがお出迎えです(fig.04)。

    -fig.03-彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも(大ガラス)東京版 1980年(複製/オリジナル1915–23年)-
    05d34133cbcc8ea52b125016fe9aa34ddb9bf2d1

    -fig.04-レディメイド作品群-
    6fb7e1101aa6cf7c68d030d908d98e2e56f9f6b2

     ここから後半に移りましょう(展覧会後半ブースの日本美術については言及を割愛します)。

     「芸術作品って何ですか?」と問われたら、皆さんはどう答えるでしょうか。「絵画や彫刻、音楽やお芝居、小説や映画」あるいは「形態を問わず、作者の思いを表現したもの」と答える方もいるでしょう。または「美しいもの、感動するもの、歴史を伝えるもの」と仰る方もいるかも知れません。

     もちろん、いずれも正解です。では、マルセル・デュシャンならどう答えるでしょうか。

     デュシャンは「レディメイド」の発見によって、上記のように我々が無意識的に常識としている「芸術作品の定義」に対し、「本当にそうなの? 本当にそれだけなの?」ということを真正面から(あるいは軽やかに)問いかけ、世の中に送り出した初めての(有名になった)人、と言えるのではないかと思います。

     ここで2枚の写真を見てください。1枚目(fig.05)はコップの写真ですね。だから何、というただの写真です。2枚目(fig.06)はどうでしょうか。「筆者がフザけて加工したんだな」と思われたかも知れません。でも「実はこれ、2枚セットでR.J ファンデルートさんのれっきとした美術作品なんだよね。ファンデルート? あぁ、フランスで19世紀に活躍した彫刻家なんだよ」と言われたらどうでしょう。

    -fig.05-
    21169bfe65fa2e6f6798fd435a884b83e79342ce

    -fig.06-透明を憧れる肉体、さえも R.J ファンデルート 1893年-
    3fe503d4637add2ee559e503639e5f0707d10651

     デュシャンは既製品「=レディメイド」である便器(しかもよりによって便器!)に、「泉」という作品名を与え、さらに偽の作者名で署名を付すことで、他のアーティストにも観客にも、要は世の中に対し「芸術作品の定義」を強烈に問いかけ、揺るがせたのです。ポジティブに言い換えれば、「誰かが思いを表現したものではない、身の回りにある既製品でも美しいものは美しいのだ。みんな気付こうよ!」という問いかけであり、シニカルな側面を強調して言い換えれば、「本当は美しくも何ともないものを、君たちは芸術家の署名だけ見て"美しい"と勘違いしていないか?」という問いかけなのです。

     デュシャン以降、芸術作品、ひいてはアートというものは、それ以前のような「作者の思いを表現した絵画や彫刻を美術館(に類する場)に陳列し、観客という役割を自認する訪問者が相対(あいたい)し、味わう」世界観から、それだけではなく「作品が与え得る価値がそもそもいかなるものなのか、観客側に多角的な自問自答を強いる」ような世界観にも拡大した、と言うことができるでしょう。つまり、作品が持つ直接的な美的価値、技巧的価値を評価することよりも、作品が持つ立体的な"意図"=コンセプトに相対することがアートの主戦場になっていきます。

     従って我々は現代アートに接すると、どうしても「難しい」「よく分からない」 「スッキリしない」 感に陥る機会が増えてしまい、そしてそれこそが「コンセプチュアル・アート」の楽しみ方でもあるのです。ちなみに「大ガラス」は筆者にもサッパリ意味が分かりません(笑)。でも、それでいいのです。そのモヤモヤ感を家に持ち帰り考え続けること。それも価値のひとつなのですから。そう、アートとは「価値に関するもの」 なのです(筆者が若かりし頃、某教授に「アートって何ですか?」という雑な質問をした時の回答) 。

     2018年、覆面芸術家のバンクシーは、自身の作品がオークションで落札された瞬間、予め額縁に仕込んであったシュレッダーによって破壊されるという驚くべきパフォーマンスを行いました。これは単なる悪ふざけなのか、デュシャンを起源とする「コンセプチュアル・アート」の歴史に刻まれ後世に語り継がれる一幕となるのか、あるいは「全く新しい何か」なのか。答えは誰にも分かりません。

     デュシャンが拡げた波打つ大いなる風呂敷に揺られ、考え、悩む。そんな風に現代アートを楽しんで行こうではありませんか。(記:A.W)

    6b851467d089889e3a6e0c7c100943559a323005
  • 第7回文化レクリエーション…特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

    2018-08-11 16:43


     「縄文」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。とても古い昔に藁の服を着て、狩猟の日々を送っていたプリミティブな姿を想起する人も多いのではないかと思います。文字がない(残っていない)時代なので、どのような暮らしぶりをしていたのか具体的に知る術はないのですが、発掘される土器や石器などから生活や文化の一端を伺い知ることができます。
     今回の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」では史上初めて国宝指定された縄文土器が一堂に会するという企画で、MAAとしても是非鑑賞したいということになって文化レク設定となりました(私が個人的に押し切ったという噂も…)。

     崩れた表現ですけれど、いやー、ホントに素晴らしかったですね。1万年を超える時間の隔ての先に、確かに息づいていた人々の生。自らを着飾る装飾品の数々や、生活を支える品々がズラリと並んでおりました。現代から遠い昔のことを考えるに「生きるのに精いっぱい」といった想像をしがちでありますが、居並ぶ発掘物はそうした偏見を否応なく退けます。
     食器や鍋に該当するものを見ても、単に「使えれば良い」といったものばかりではありません。縄文の名のごとく、縄で跡を付けた装飾を散りばめてあったり、石を磨いて身に着ける美しいアクセサリーのようなものを作っていたり、火を表現した国宝「火焔型土器」なども極めて秀逸。縄文人の豊かな感性には唸らされることばかりでありました。

     展示では日本の縄文時代と並行して、同時代における世界の文化・文明の様相が対比されながら鑑賞できるコーナーもありました。こうした試みは自国の文化を相対的に見る習慣が付くもので、好ましいスタイルだと私は思います。当然ではありますが国家や地域の優劣を論じるために文化があるわけではなく、その形成過程を辿りそれぞれの因果や相関を考えることが、人類史の研究にとって有益な視点となると考えます。
     ともあれ、我が国の縄文文化は同時代の世界の文物と比較検討してみても相当に豊かな内容を持っており、その独特の感性や技術に舌を巻きます。シュメール文明、メソポタミア文明、インダス文明、黄河文明等々における文物も並んでいましたが、それらに比肩し得る「縄文文明」と呼んで良いような力強い「意志ある営み」が確認できたことをとても喜ばしく感じた次第です。

     会場を進むと、一堂に会した縄文時代の国宝たちが姿を見せます。圧巻そのもの。私はこれまで中空土偶については見たことがあったものの、その他の土偶は初めて接するものばかりで、妊娠中の女性の表現、何かを祈る姿そのものの土偶など、見る者を揺さぶらずにはいない「縄文人の意志」が伝わってくるようでした。
     国宝指定に至る基準の考え方も示されていて、土偶自体の価値はもちろん、その発掘状況や周辺が意味するストーリーまで整っていることが重視されるような説明でした。例えば、人間を埋葬してあったそばに置かれていた土偶なら「祭祀的使用」が推測されるでしょうし、貝塚のような食べ物に関する周辺で発掘されれば、その豊穣を願う意味が込められていたかもしれません。そうした、当時の人々の思想・思考・生活様式に迫るような発掘物であれば高い価値を認めるという現代的解釈が行われているわけですね。

     展示最終盤では、「縄文を見つめた現代の巨匠たち」が紹介されていました。芸術家の岡本太郎氏がその筆頭でしょうけれど、縄文を「美」と捉えて今を生きる人々の関心を呼び込んだ功績は、相当大きいと認められます。また、社会的にも「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産登録へ向けて着々と歩を進めております。早ければ2020年には実現するのではないかという見立てもあるようで、三内丸山遺跡をはじめとした多くの縄文遺跡をまとめて登録するという壮大な運動ですね。
     テクノロジー全盛の現代にあって、人間の内なるものから放たれる「美」を感じる場面はそう多くないかもしれません。今回の縄文展で感じた「美の鼓動」が私の生涯に渡ってこの胸中に響き続けることを確信しつつ、本稿を締めたいと思います。

    -平成館入り口-
    4f1305aea5e9835eef272035684906aa7648b176

    -記念撮影ブース-
    8dabbd10a9d7172f59ebd3ab9d3c1add466e27bb

    -縄文を芸術的視点で捉え直した岡本太郎-
    20c426b995e64e42c42971bb67473ad97244fb2e

    -撮影許可されていた土器-
    a4eef5153d482b3aad567fd3ace5b72f3a317dec

    -会場内のコインロッカーは100円返却式-
    1f48d732efa5d2d1b8ef6a0b2517a2d40ff71dce

    -上野・精養軒のテラスから望む夕日-
    1f28ce4b9825a9afd0b9501455e830358f7c9a8f

    -MAA集合写真-
    1a9999b42c67c2e4787ad1053ec1e281de2b6c8d

  • 第6回インターバルレクリエーション…街歩き(上野周辺)

    2018-07-29 12:00

     7月7日(土)にインターバルレクリエーションとして上野散策を行いました。今回は4名の会員が参加。本記事ではこの上野散策についてレポートします。
     数日前から天気予報では雨、実際に西日本で記録的な豪雨となり痛ましい被害も出たわけですが、関東は晴れ間となりました。会員さんが揃った後、パンダ橋口から上野恩賜公園へ向かって歩き出します。よく晴れた週末という事もあり、大変な人出です。公園の中に入ると日差しは木漏れ日に変わり思いのほか涼しさを感じられます。
     まずは摺鉢山古墳(すりばちやまこふん)へ。公園の中に古墳があるのは初めて知りました。ぱっと見、こんもりとした小さな山のような出で立ち。階段があり、少し登ると頂上の広場に上がれます。広場はちょっとした休憩スペース。休んでいる人、寝ている人、本を読んでいる人、かなりの人がくつろいでいます。涼める場所としては良いかもしれません。
     古墳の山頂から逆側の階段を下り、上野大仏へ。存在自体は知っていた上野大仏、今回やっとお目にかかれました。関東大震災による頭部落下、戦時の金属供出による顔面部以外の消失を経て「これ以上落ちない大仏様」として今では合格祈願の人が絶えません。その大仏様の柔らかなお顔にお参りをし、甥っ子の高校受験の合格祈願をしました。

     西郷さんの像を経由して、不忍池に向かって歩くと人だかりが。今度は大道芸の花形ジャグリングをやっています。そこにヘブンアーティストののぼり。後で分かったのですがヘブンアーティストとは東京都が行っている文化振興事業で、公認されたアーティストが公の場で大道芸を披露したり、災害ボランティアで被災地で公演したりといったものとの事でした。お兄さんの軽快なトーク、手元で音楽を操作し音量を変えたり止めたり曲を変えたりと一人で何でもやっています。最後に投げ銭をして後にしました。この投げ銭というのも大道芸における一つの文化。大切にしたいと感じます。

    東京都生活文化局 ヘブンアーティストトップページ
     不忍池に向けて階段を下りるとピンク色の蓮の花が咲いているのが見え、緑とのコントラストがとても綺麗。不忍池弁天堂に着くと塚だらけ。スッポン塚、お琴塚、鳥塚、etc. これは供養塔なのでしょう、境内の中に色々な碑が立っていて、これは何だろう、何が書いてあると言い合うだけで楽しい時間が過ごせました。
     そこからもう1本道を渡り、横山大観記念館へ。こちらは横山大観が実際に住んでいた住居を記念館として公開している場所で、とても落ち着いた感じの日本家屋がそのままの形で保存されています。庭に住み着いている鳩の事や部屋の中のちょっとしたこだわりの部分など説明を聞きながらまわります。二階に上がると窓から不忍池が一望できて感動が広がります。今でこそ周囲に建物がありますが、当時であればもっと広く見えたのだろうと想像しつつ。色々な部屋に大観の絵が飾られていますが、間近で見る事ができずっと見ていても飽きることがありません。

     記念館を後にして少し歩き旧岩崎邸庭園へ。城壁が目印の広い敷地に洋館と和館が建ち、中を見て回ることができます。調度品がとても凝った作りになっていて、それを見て回るだけでも時間を忘れます。ベランダに出ると広い庭が一望でき、ここで日清戦争など大きな戦争の戦勝会をしたというのを展示で見ていたため、ちょっと感慨深い気がしました。
     洋館から和館へ移動すると全くの異世界。長い廊下に大きな広間、その大きなスペースは喫茶室になっていて休憩することもできます。かなり歩いていたので予定通りここで休憩することに。ケーキセットなど皆それぞれに注文をし、今年行われる全国レクリエーションの話題に。MAAでは新宿に本部を置き、首都圏在住の会員が多い性格上、東京でレクリエーションが行われることが多いのですが、今年からは年に一回全国レクリエーションとして会員さんの住んでいる東京以外の地域でレクリエーションを行う事になりました。そういった事を色々と話していたら閉館のアナウンス。慌てて和館を出て庭に出たところで記念撮影。庭から見る洋館はまた違った趣で、白い壁がとても庭の緑に映えていました。
     旧岩崎邸から上野駅まで歩くと、すぐ横がアメ横。NHK朝ドラ「あまちゃん」のロケ現場。自分はドラマは見ていなかったので知識としてしかないのですが、同じような画角で記念撮影をしている人がたくさん居て、その横で私も一枚パチリ。とても良い上野散策の記念になりました。

     街歩きは前回の皇居周辺散策に続き二回目ですが大変有意義な時間に。いつも文化レクリエーションで来ている上野ですが、まったく違った面が見られ、新しい発見の連続でした。次もまたこんな散策ができればと考えています。(記:Hatsuhito UENO)

    -上野大佛入り口-
    2c767d99a82b3e001df9027412c49157cf4f5332

    -大佛ご尊顔-
    e1705140dedfd644c956a2fa01e2f3853e82b74f

    -蓮の花-
    96bad9896c83265face43968ceee92d719ef3706

    -不忍池にうずくまる鳩-
    666d5de447a53b923f0c6ec214ae62a2bfb6e3ab

    -横浜大観記念館入り口-
    9815c17ac4252781d5e39da53a881112b776f7c4

    -MAA集合写真-
    d406bb89d92b9bab8960e7db68bc372517ba9017

    -賑わうアメ横-
    e00bb2d62f14ca44e42a7ef39c1a1ba073f78976