電気ストーブの前で倒れてたら髪の毛が焼け焦げて消失した話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電気ストーブの前で倒れてたら髪の毛が焼け焦げて消失した話

2014-10-10 08:00
  • 119
  • 14



※タイトルがオチです。




それ以上でもそれ以下でもありません。むすめん。の野崎弁当です。こんばんは。

いよいよ週末はむすめん。秋まつりですね。いつもお世話になっている「東京カルチャーカルチャー」にて行う、むすめん。祭り企画第3段でございます。

前回の冬祭りの際は、首都圏への大雪という災害のために続行不可能となってしまいましたが、はてさて今回はどうなるでしょうか……。今からドキドキが止まらない1000%LOVEでございます。


さて、そんな中お送りする今日のお話は、このような大事なイベントを目前に控えた、まさに今週の月曜日に起こったお話です。





日曜日の夜、僕が自宅に帰宅したのは深夜、そう、日付が変わってしばらく経った頃だったでしょうか。

体はクタクタですが、そのままベッドにダイブ!という訳にはいきません。家事もしなければなりませんし、週末のイベントにむけた準備もあります。お風呂にも入りたいですし、葉も磨きたい訳です。

やることは山積みなのであります。



とはいえ僕もごく普通の人間。それもそこそこいい歳をした人間です。その日のノルマをいつでも必ずこなせるわけではありません。むしろこなせずに次の日を迎えることのほうが多いです。それが人間というものです。

疲れがたまれば体は重くなりますし、頭も重くなりますし、まぶたも重くなります。うとうとすることもありますし、作業しながら寝落ちすることもあります。


そう、その日も僕は眠かったのです。ただ、眠かったけど寒かったので、とりあえず電気ストーブをつけた訳です

















「ああ、あったかいなあ……」

心が浄化され、体も溶けていくかのようです。

僕は幸せを感じていました。たとえ仕事で疲れても、このオレンジ色の光に照らされるだけで、僕の心は幸せになれる。心も体もあたたかくなる。ああ、なんて素敵な生活なんだろう。幸せな結末。今夜君は僕のもの。














ああ、だんだん気持ちよくなってきました。
まるでゆりかごに揺られているかのよう。ああ、こんな幸せがずっと続けばいいのに。







こんな幸せがずっと続けばいいのに。





ずっと続けばいいのに。








ずっと……。





















チュンチュン





小鳥のさえずりが聞こえる




そうか、朝になったのか。

参ったな……。ついつい気持ちよさに負けて、うたた寝をしてしまったようだ。あ~あ、ベッドにも行かず、布団もかぶらず、床の上でそのまま朝を迎えてしまったのか……。


床の上で……。


















!?














床の上で寝てしまったなと思いながら、自分の今しがた倒れていた床に目をやった、その時でした。









床に散らばる大量の髪の毛




僕は絶句しました。僕の体を取り囲むように、縦横無尽に髪の毛が散らばっているのです

僕はこの時、正直このまま死ぬのかと思いました。何か、僕の体に、得体のしれない異変が起こっているのではないか? それが僕の最初の感想でした。


軽いパニックを起こしかけていた僕ですが、しかし、僕はそこそこいい歳です。こんなことで慌てふためいてはいけません。冷静に、冷静に現場の状況を見るのです。

僕はまず、落ちている髪の毛の異様さに気づきました。

多くの髪の毛が、5mm前後の細切れになっているのです。ある程度の長さを持った髪の毛が圧倒的に少ないのです。

これは一体何を意味しているだろう? なぜ髪の毛が細かく切り取られているんだ?


そんなことを思った時です。







ハラリ






自分の頭から、同じような短い髪の毛が落ちてきたのです。



その時、僕は背筋が凍りました。もしかしたら、もしかしたら今僕の髪の毛は……。

僕は思わず頭をブンブンと振りました。水浴びした後の犬がブルブルと頭を震わすように、頭を強く振ったのです。すると。











バサバサバサバサ(大量の髪の毛が落下)













うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



パニック










パニック




パニック




みんなが



あわててる



オラはすごいぞ



てんさいてきだぞ



オ オオ 






おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(オラはにんきもの/矢島晶子)








恐怖でした。

あまりの光景に愕然としました。

自分の頭から、大量の髪の毛がどんどん落ちていくんです。




その衝撃は計り知れないほど大きいものでしたが、冷静さを保たなければいけません。僕はすぐに鏡を見ることにしました。今の自分の姿が一体どうなっているのか、確認しなければ。




そうして鏡を見た僕ですが、








ぱっと見、特にこれといって変な様子はありませんでした。



髪の毛もいつも通りあるし、特に変わったところは……。もう少し近づいてみてみようか……。










!?










髪の毛が








髪の毛が焦げてるうううううううう






そして



前髪の上のほうが無くなってなんか逆2ブロックみたいになってるううううううううううううううう








僕はこの時すべてを悟りました。






この状態でうたた寝をしてしまった僕は、









こうやって頭から電気ストーブにもたれかかり、そのまま気づかずに眠り続け、そしてストーブの熱により髪の毛が焼け、バラバラと床に散らばったのです(あくまでも想像です)



とりあえず原因がわかって一安心! これで気持ちを落ち着けて仕事に行けるし、床の髪の毛もちゃんと掃除できる。細切れだったのも、焼けたことによるものだったのですね。いやー、心配しちゃったなあ。あははははは。




あはははははは






あははは……



















あぶねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
(とりあえず今日美容室行きます)


広告
他109件のコメントを表示
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
  |
            |  彡 ⌒ ミ
            \ (´・ω・`)また髪の話してる...
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!!!
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
けがなくてよかったね!
32ヶ月前
×
そしてこのコメント欄である。
32ヶ月前
×
髪が焦げただけで良かった!
火傷してたら野崎弁当さん、白いからおデコに赤みが...(;´・ω・)
無事で良かった!
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。