【XYシングルシーズン5】ウルガモス軸対面チック構築【最終2210】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【XYシングルシーズン5】ウルガモス軸対面チック構築【最終2210】

2014-09-11 01:39
  • 1
  • 1
始めまして。なぎちゃんと申します。5世代をピークにモチベが下降の一途を辿り、潜る機会も少なくなって参りましたのでモチベの有る方々への構築晒しという意味で使用したPTを書いていこうと思いました。シーズン5の最後に使用したptとなっております。
配置は右上→左上→右中段~




ガブリアス@拘り鉢巻   逆鱗    地震   岩石封じ 寝言
サンダー @ゴツメ    10万   めざ氷  電磁波  羽休め
マリルリ @オボン    じゃれつく アクジェ 腹太鼓  馬鹿力
ウルガモス@拘りスカーフ オバヒ   さざめき めざ氷  火炎放射
ガルーラ @メガ石    空元気   グロパン 地震   岩雪崩
ギルガルド@食べ残し   シャドボ  どくどく 禁止   身代わり



 

対面構築でありながら単体の汎用性を切り、環境が固定されてきた今こそ相手の先入観を利用し、「出てくる相手に強く取った構成、配分を採用」といいつつ6匹全員が流用という謎pt。もう一度ガモス使いたい願望が沸き、ガモス以外真っ白スタート。
技構成の変更、配置による選出誘導、相性考察等含め10分で完成。選出段階で出し負けるとほぼ確実に負けるので出し負け厳禁。相手の選出と理由、行動を読み切り対処していく事がカギ。詰め以外安定行動なんて存在しない。低い可能性に賭けたり欲張ってはいけない。そんなpt。以下単体調整。



ガブリアス@拘り鉢巻   逆鱗 地震 岩石封じ 寝言
陽気 191-167-123-×-106-169

シーズン1(使用構築最終2204)の流用個体。PTの滑油剤的存在。
対面受け出し削り抜きなんでも出来る万能役。ガブ使用PTは生涯2つ目。強い。

☆与ダメージ
【逆鱗】
図太い H252 B252 スイクン    44.9%~53.6%
図太い H252 B252 クレセリア   39.6%~46.6%
陽気  H4  マルスケカイリュー   88%~104.1%
陽気  H4  メガガルーラ     78.4%~92.8%
 
【地震】
冷静  H252 B4  ギルガルド   100.5%~118.5%
意地  H252 B4  マリルリ    67.1%~79.7%


▲威嚇込み
【逆鱗】
腕白 H252 B252 ギャラドス   38.6%~46%
【地震】
臆病 H159 B84 メガライボルト  105.6%~125.7%
意地 H252 B4  メガクチート 84%~99.3%




★被ダメージ
意地 A252 メガガルーラ  捨て身 83.7%~99.4%(親子愛込み)
意地 A252 メガクチート A2↑不意打ち 87.9%~103.6%乱数1発 (25%)
臆病 C252 メガライボルト めざ氷 83.7%~100.5% 乱数1発 (6.3%)
図太い    ポリゴン2   冷凍B 83.7%~100.5% 

▼使用するにあたって▼
シーズン1から技構成等一切変更無し。
対面からの弱保ガルドやメガライボルトを許さない耐久と火力を備え、H振りメガクチートを威嚇込みでも高確率で鮫肌圏内に押し込んだりできる完全役割重視型。
意地っ張りH4A252メガガルーラの捨て身を親子愛込み確定で耐える事ができ、なおかつ逆鱗と鮫肌のセットで確定で落としきる事ができる調整も備える。受け出しのクレセリアやスイクンを屠るというより、有利対面の役割を遂行しやすくさせる為の鉢巻。
岩石封じは圧力よりも命中の高さガルーラサンダーの補助や、起点回避に使える面で採用。通称:なぎリアス



サンダー @ゴツメ 10万 めざ氷 電磁波 羽休め
図太い 197-×-144-145-112-123

これもまたシーズン1(使用構築最終2204)の流用個体。PTの守護神的存在。
抜き体制を整えたり相手の勝ち筋を潰す役割。有利状況でこそ光る炎のストッパー。


☆与ダメージ
省略
★被ダメージ
意地 A252 メガガルーラ  捨て身 70%~82.7%(親子愛込み)
陽気 A252 ガブリアス   逆鱗   43.1%~51.7%
意地 A252 ガブリアス鉢巻エッジ  80.2%~94.4%
意地 A252 マリルリA6↑アクジェ 71.5%~84.2%
意地 A252 メガギャラ A1↑氷の牙 58.8%~70%
意地 A252 ファイアロー鉢巻ブレバ 25.8%~30.9%

呑気  C252 スイクン  冷凍B  44.6%~52.7%
図太い C4  ポリゴン2 冷凍B 39.5%~46.7%
臆病  C252メガゲンガー へど爆 51.7%~60.9%


▼使用するにあたって▼
シーズン1(育成)から技構成等一切変更無し。
毒熱風サンダーの流行が追い風になり、更に凶悪化した。
こいつに撒く耐久破壊の毒をガルーラがおいしく頂くシーンが目立った。
ゴツメ2回&めざ氷で陽気D4ガブが落ちる。唯一浮いていたり、カイリューに逆鱗を打たせたり等、存在しているだけで大きい。ギャラマリやアローへの駒でもある。
XY厳選産の為、個体値を甘えているが育成モチベないので我慢。
BがUならSが125で安定したのに!!wとかいうサンダー。シーズン2でも御用達。




マリルリ @オボン じゃれつく アクジェ 腹太鼓 馬鹿力
腕白 188-94-140-×-100-70

またまたシーズン1(使用構築最終2204)の流用個体。試合に終止符を打つ存在。
基本は他が削れない部分を補うお掃除役。瞬間火力より役割に特化させたどぶぞうきん。

☆与ダメージ
【じゃれつく】
陽気  H4  マルスケカイリュー 50.2%~59.2%
陽気  B4  ガブリアス     91.8%~108.1%

【アクジェ】
臆病 H212 B4  ヒードラン   35.2%~43.5%
意地 B4      メガバシャーモ 54.1%~65.8% 
意地 H4      メガガルーラ  13.8%~16.5%(A1↓)

【馬鹿力】
腕白 H252 B252 ナットレイ   47.5%~56.3%
意地 H4      メガガルーラ  78.4%~92.8%


★被ダメージ
意地 A252 メガバシャーモ 雷P 50%~59.5%(オボン込み確定3)
陽気 A252 ガブリアス   地震 39.8%~46.8%
意地 A252 ガブリアス鉢巻毒突き 69.1%~81.9%(ステロ込み確定耐え)
陽気 A252 カイリュー1舞珠雷P 77.6%~92.5%
▼使用するにあたって▼
シーズン1(育成)から技構成等一切変更無し。
バシャカイリューガブといったポケモンにも強く取るのは勿論、馬鹿力の採用でナットレイやキリキザン、ガルーラへの打点や、太鼓後の抜き性能もHBスイクンをじゃれで確定1ラインと高め。
イカサマのダメージや、有利対面からの遂行等、AとSの圧力を削ってまでBに振るメリットはそこにある。



ウルガモス@拘りスカーフ オバヒ さざめき めざ氷 火炎放射
控えめ 161-×-89-200-126-152

エースウルガモス。シーズン2(自身最高2253構築)の流用。
選出率ダントツトップ。軸ですから。
使いたかった理由は環境に刺さり続けていると踏んだから。

☆与ダメージ
【オーバーヒート】
臆病 H252 D4 メガゲンガー 76%~89.8%
意地 H4 メガガルーラ     67.9%~80.1%
臆病 H100   ボルトロス   88%~104.1%
冷静 H252 D4 ギルガルド   101.7%~122.1%

【虫のさざめき】
陽気  D4    ガブリアス    52.4%~62.2%
図太い H252 D4 スイクン    36.7%~43.4%
図太い H252 D4 クレセリア   59%~71.3%
図太い H252 D4 水ロトム    50.3%~59.8%
控えめ D4    サザンドラ   111.3%~130.5% 

【めざ氷】
陽気  D4    ガブリアス   93.9%~111.4%
陽気  H4  マルスケカイリュー 46.7%~55%

【火炎放射】
慎重 H252 D252 チョッキハッサム 108.4%~128.8%
意地 H252 D4  メガクチート   112.1%~133.7%
陽気 D4      メガルカリオ   154.4%~183.4%
穏やかH252 D252 クレッフィ     81.7%~98.7%

★被ダメージ
陽気 A252 ガブリアス   逆鱗    85.7%~101.2%   
意地 A252 メガクチート  不意打ち  72.6%~85.7%
意地 A252 メガクチート  叩き落とす 87.5%~103.1%
陽気 A252 メガルカリオ  神速    41.6%~49%(ステロ込み確定耐え)

▼使用するにあたって▼
シーズン2(育成)から技構成等一切変更無し。
舞って抜くという役割を捨てる事で、そこそこの受け出し性能を確保しつつ、上から高火力技
を叩き込む。上からの削り能力は申し分無し。メガルカリオ、メガゲンガー、メガクチートの対処や、舞ったメガギャラバンギラス辺りを抜き去り相手の算段を完全に崩す役割がある。他にもガブリアスや、ボルトロスゲッコウガといった素早い高火力ポケモンを一気にマリルリのアクジェ圏内へと押し込んでくれる。他を生かす為の犠牲。正に対面構築。火炎放射は主に抜きに使用する。



ガルーラ @メガ石 空元気 グロパン 地震 岩雪崩
陽気 181-177(147)-120(100)-×-120(100)-167(156)

大正義メガガルーラ。ポケットモンスターメガガルーラ。
またまたまたシーズン1(使用構築最終2204)の流用個体。
見せポケ兼、1対1交換兵器。

☆与ダメージ
【状態異常きもったま空元気】
臆病 H252 B4 ゲンガー 86.2%~101.1%(CSは確定1)
【状態異常空元気親子愛込】全てグロウパンチ前
図太い H252 B252 スイクン    55.5%~65.7%
図太い H252 B252 クレセリア   48.8%~58.1%
図太い H252 B252 水ロトム    77%~91.7%
意地  H252 B4  メガヘラクロス 83.4%~98.3%
★被ダメージ
省略

▼使用するにあたって▼
シーズン1の構成から技変更。恩返しが空元気、身代わりが岩雪崩に。
主に使われるごり押しで倒しきる役割を捨て去り、こいつの役割を破壊しようする相手を破壊する役割を与えた。
ガルーラの役割を破壊しようとしたゲンガーやロトムの鬼火やクレセリア、ボルトロスの電磁波、耐久ポケモンの毒読みで受け出しを行い、力に変えて戦う。グロウパンチからのこれがもの凄く強力。また、思考停止に思われるクレセリアへのグロウパンチ→岩雪崩を試行しつつも止めに来た電磁波を逆利用意味合いを持つ。特性きもったまの優秀さや、トレース等を考え、メガ進化の選択は慎重に行うべき。また、倒しきれずとも控えのポケモンで対処出来る状態にするのが主な仕事。こいつで抜く場合は逆もしかり。



ギルガルド@食べ残し シャドボ どくどく 禁止 身代わり
図太い 163-55-192-70-170-112

シーズン3(最高2156構築)の流用個体。
マジ見せポケ。選出回数ダントツの最低。入れざるを得ない場合以外出すメリットが無い。
つまりptの穴を強引にカバーしようとしてくれる存在。あくまでしてくれるだけ。

☆与ダメージ
省略
★被ダメージ
陽気 A252 ガブリアス   逆鱗  20.2%~23.9%
ポリゴン2 イカサマ        13.4%~15.9%
意地 A252 メガクチート叩き落とす 80.9%~95.7%


▼使用するにあたって▼
シーズン3(育成)から技構成等一切変更無し。
準速にする事でスイクンやクレセリア、メガフシギバナ等の上から身代わりが貼れるようになる。ポリゴン2やヒードランを誘う一枚。イカサマしか有効打の無いポリ2は毒殺できる。
こいつを入れるだけでクレセドランクチート等のセット選出が増えると読んだ。耐久ポケモンの機能を弱めたりする目的で選出もするが、基本は選出誘導の為の駒。


◎総括◎
対面構築の使用は非常に苦手ですが自分のプレイングに合った扱いやすいポケモンを考え、育成してきました。その積み重ねがそれとなく良い結果を産んでくれたと思っていますw
私はどちらかと言えば流行のポケモンを使うのでは無くレートの環境を読み切りその流行を逆利用し、メジャーなセット選出に負けにくいポケモンを育成、所謂時代の先取りptで戦うのをモットーとしていますw 育成やめてようやく時代が俺に追いついた
汎用性に欠ける傾向にありますが、相手の固定概念や先入観を逆手に取ることが出来る所が強みとみています。
他にもバンギバナが流行したシーズン1には「陽気AS@神秘の雫or珠マリ」や
ガルーラクレセドランが流行したシーズン2には襷霊獣ランド&特殊メガルカリオ(波動弾 ラスカ 悪巧み 身代わり)等を組み込んだptを開発したりと、環境を読んで戦う事が大好きですw
運に頼りがちなptは「不利な試合をひっくり返す事は出来ても、有利な試合を確実にモノに出来ない。」という面からどうしても安定しないと思うので「元々幸運は訪れないモノと考え行動」し、その確率をチラつかせて相手の行動を縛るというプレイングを心掛けました。

最後になりましたが、閲覧していただきありがとうございました!
広告
×
初記事か! 乙!
36ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。