たまに見たくなる映画のワンシーン(※すっごいネタバレ注意)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

たまに見たくなる映画のワンシーン(※すっごいネタバレ注意)

2017-09-14 17:16
    時折、唐突に「もう一回あのシーン見たいなあ」と思うことありますよね。
    そんな時に思い付きでこのエントリを書き出しました。みなさんの「あのシーン見たいなあ」と重なることがあれば幸いです。

    ※ほとんど英語音声、字幕なしということもあり、元々知っている人じゃないとワケわかんないと思います。




    ゴッドファーザー  エンディングシーン

    https://www.youtube.com/watch?v=Kzu__B8E8ZU#t=3m15s


    いろんな映画のランキングでオールタイムベスト1にも選ばれることが多いゴッドファーザー。
    マフィアのドン、マイケル(アル・パチーノ)が「人は殺してない」と妻にウソをつくシーン。妻が安心して飲み物を取りにいくところで、有名なテーマ曲が流れ物語は終わります。これほど余韻を引くエンディングもなかなかないです。





    キル・ビル  冒頭のファイトシーン

    https://www.youtube.com/watch?v=9vI8bMFcJN8#t=1m47s

    タランティーノ監督の「キル・ビル」の序盤。
    お腹の赤ちゃんを殺した相手達に一人ひとり復習しにいく主人公のブライト(ユマ・サーマン)。彼女が敵の女性と殺し合っているところに、敵の幼い子供が学校から帰ってくるシーン。
    二人の阿吽の呼吸と、全然ごまかせてない感じが面白いです。
    「キル・ビル」は嫌いですが、このシーンだけは印象に残ってます。




    ランボー  クライマックスシーン 4人の吹き替え比較

    https://twitter.com/Yankun1984/status/881663783046832128

    アクション映画の印象が強い「ランボー」ですが、一作目のテーマはかなり社会派。
    おらは洋画は字幕で見ることがほとんどですが、この吹き替え比較動画を見て、吹き替えも悪くないなあと思いました。



    ※ランボーの同じシーン  ささきいさお

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm29716102?from=2587

    銀河万丈

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm29902809?from=2600




    ゴッドファーザー パートⅡ

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm14512127
    ?from=255


    「ゴッドファーザー」での若き日のドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)をパートⅡではロバート・デ・ニーロが演じてます。
    そのデ・ニーロが初めて人を殺すシーン。
    サイレンサー代わりの布が燃えてしまったり、手際の悪さが目立つ中でも、「家族のためなら何でもやる」という決意が見えます。
    最後に抱いているのが赤ちゃんの時のマイケル(アル・パチーノ)ですね。
    「マイケル、お前を愛しているよ」とささやくデ・ニーロの優しさと残酷さの対比が浮き上がります。


    ラ・ラ・ランド   エンディング

    https://www.youtube.com/watch?v=oBTdHVXwIMo  (たぶんすぐ消される)

    ラ・ラ・ランドはラブストーリーなんですが、ヒロインは女優になるという夢を叶えることを選び、主役の二人は結ばれません。そして見事女優として大成し、結婚して子供も生まれたある日に偶然元恋人と再会するというのがエンディングです。
    「もしあの時、人生がこうなっていたら、、」という想像の世界が広がってます。






    ナイト&デイ     フライトシーン

    https://www.youtube.com/watch?v=QkNgW6lYa74



    トム・クルーズとキャメロン・ディアスのスパイアクション映画。
    僕が個人的に大好きな映画で、ミッションイッポンシブルシリーズを80点としたらこっちは98点くらいです。
    この映画では「いつの日かやりたいこと」がテーマになっていて、それの象徴が、冒頭にトム・クルーズとキャメロン・ディアスが出会うこのシーンなんです。
    「いつかビンテージのGTOの修理を終わらせて、その車でドライブしたいなあ」と言うキャメロンに、トムが「『いつか』は危険な言葉だよ。絶対ないってことだ」というシーンです。
    (※someday is dangerous word. It's code for NEVER )
    はっきり言ってたった13秒のこのシーンを見ても何のこっちゃ全然わからないんですが、この映画は何とか入れたかったのです。この近所の会話全部と、ラストの伏線回収シーンが字幕入りであれば最高なんですが。。







    いざ「あの映画のあのシーンを貼り付けたい」と思って動画を探してみると、これがなかなか面倒くさかったです。シーンは見つかっても、画質、音質が悪かったり、ちょっと変な編集がしてあったり。

    また、字幕や吹き替えの洋画の動画ってのは驚くほど少ないです。よって台詞があまりないシーンしか貼れないというジレンマがありました。

    また、こういうシーンというのは独立しているわけではなくて、映画の他のシーンがフリとして効いているからこその良さがあるので、その辺をどうするかというのも非常に難しかったです。








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。