サーバルちゃんが生きるのを笑いながらみんなで眺めるだけ【SS】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サーバルちゃんが生きるのを笑いながらみんなで眺めるだけ【SS】

2017-06-20 05:41
  • 4
  • 1
制作時間生+死:790分

前作の
サーバルちゃんが死ぬのを笑いながらみんなで眺めるだけ【SS】
を読んでから、こちらを読むことをお勧めします。

サーバル
「いっくよー!」
サーバル
「とりゃー!!」ぴょーん!
フレンズ
「おおおお!」
フレンズ
「すっごーい!!」
サーバル
「へへーん! 趣味でジャンプしてるからね! ジャンプは大好き!」
フレンズ
「サーバルは凄いなぁ」
サーバル
「はぁはぁ……ちょっと疲れちゃった! あ、ジャパリマン一個貰うね」

サーバルがジャパリマンを取ろうとする。

ツチノコ
「こらー!! なに勝手に触ってんだこらー!!」
サーバル
「え!? なになに!?」
ツチノコ
「ジャパリマンは今日から有料なんだよ!! 欲しかったら50ジャパリコイン持ってこい!!」
サーバル
「え、えー!? そんなにコイン持ってないよ……」
ツチノコ
「じゃあ稼いでくるんだよ!!」
サーバル
「か、稼ぐー!?」

サーバルちゃんが生きるのを笑いながらみんなで眺めるだけ

プレーリー
「みんなに住みよい家を提供するであります!」
ビーバー
「えっと……間取りはどのようにするっすか?」
フレンズ
「カフェまで乗せてってもらえる?」
トキ
「ええ、分かったわ。じゃあ、カフェまで運んでってあげるわね」

あらい
「わっせわっせ!」
フェネック
「あらいさーん。それ洗っちゃダメなやつだよ」
あらい
「ふえ!? ダメだったのだー!?」

サーバル
「はぇ^~。なんだかみんな、いろいろな事でジャパリコイン集め出したね……」
まろうじん
「集めなければ死。それがココの掟……オキ……ジ」
まろうじん
「0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000」
サーバル
「!!?」
まろうじん
「」ボシューン!!

消えるまろうじん

サーバル
「な、なんだったんだろう……?」
サーバル
「まあいいや! 私もなんとかしてジャパリコインを稼ごう!」

のののののののののののののののののののののののののののののの

サーバル
「さて……どうやって稼ごう?」
サーバル
「あ! そうだ! 私にはジャンプ力ぅ……っていう特技があったじゃない!
これを極めれば、きっと沢山ジャパリコインを集められるよ!」

のののののののののののののののののののののののののののののの

ジャンプの猛練習をするサーバル。
サーバル
「とりゃー!!」ぴょーん!
サーバル
「どりゃー!!」みょーん!

のののののののののののののののののののののののののののののの

ジャンプ披露するサーバル。

フレンズ
「すごーい!」
フレンズ
「最高です!! ファンです!」
サーバル
「はぁはぁ……へっへーん! どうよ!!」
サーバル
(い、今までで一番頑張った……ま、まあこれならコインも……!)
サーバル
「さあ、みんな! 楽しかったらジャパリコイン1コインだよ!!」

全員
「………………」

フレンズ
「は?」
フレンズ
「なにそれ……」
サーバル
「……ん?」
フレンズ
「サーバルちゃんのジャンプめちゃめちゃすっごいじゃん!
なんで1コインなの!? 5コインくらいあげちゃうよ!」
フレンズ
「逆に安すぎてキレそうだわー。それじゃあ私の作品が逆に値段が高く見えちゃうもん」
サーバル
「え!?」
サーバル
「い、いやいや! ごめんね! みんなからちょっとずつ貰えればいいかなって思って……気持ちで十分だから!」
フレンズ
「そっかw じゃあ5コインあげるねー!」
フレンズ
「私は10コインあげる!」
フレンズ達
「私も私も!」
サーバル
「わわわ! そ、そんなに……!? みんな本当にありがとう! なんてお礼を言ったらいいか……」
フレンズ
「いいっていいって!
あ、じゃあ今度私の作品見に来てよ! 気に入ったら買ってってね!」
サーバル
「勿論だよ! これだけジャパリコインがあれば買いに行けるよ!」
フレンズ
「サーバルのジャンプ力はすっごいから、
きっとまた沢山コインも集められるようになるよ! がんばってね!」チャリーン!
サーバル
「わっ! こんなに!? ありがとー!」
フレンズ
「…………」
サーバル
(あれ? この子……)
サーバル
「あなた、さっきまで見てたけど、どうかしたのかな……?」
フレンズ
「あ。ああ……ご、ごめんね。私ちょっと今月は苦しくて……」
サーバル
「……そうなんだ。あ、じゃあこれを上げるよ!」
フレンズ
「コレってジャパリコイン!?
い、いいよそんな……私がドジなだけだから……!」
サーバル
「いいっていいって!
私みんなから沢山コイン貰えたから! 困ったときはお互い様だよ!」
フレンズ
「サーバルちゃん……ほんとう、本当にありがとうございます……!! もう、神様です!」
サーバル
「大げさだよー」

別の日

サーバル
「みんな! 私のジャンプ凄いから、見てってね!!」
ギンギツネ
「……あんまり面白くないわね」
サーバル
「あ……ごめんね。気に召さなかった?」
キタキツネ
「そういうのはね……。コインを払ったフレンズだけが言えるんだよ……」
ギンギツネ
「あー、それもそうね。はい。
次はもっと面白くなってることを期待してるわ」
サーバル
「うん! 努力するよ!」

助手
「我々は賢いので、自己の利益に繋がる人脈を守るためお金を払うのです」
博士
「我々は賢いので、名作、名のある技術には後世に残す事で生活が楽になり、利益に繋がるのでお金を払うのです」
サーバル
「よくわからないけどありがとー!」

のののののののののののののののののののののののののののののの

サーバル
「はーんっ」パクッ
サーバル
「んー♪ ジャパリマン美味しー!! なんだか力が湧いてくるよ!
明日はもっとジャンプ力が上がってそうだよー!」

別の日

サーバル
「みんな! 私のジャンプ凄いから、見てってね!!」
フレンズ
「うわっ! サバンナ地方のスゲーやつじゃん!」
フレンズ
「良かった! まだジャンプしててくれて! 見たかったんだよ!」
フレンズ
「小銭をあげよう」
フレンズ
「金目当てとか関係なく面白いものは面白いね!!」
サーバル
「うん! 私ジャンプするのだーい好き!!」
サーバル
「ほら見て! すっごい高く跳べるように、こんなに頑張ったよ!」ぴょーん!
フレンズ
「おおー!」888888888888888!!
フレンズ
「4m……? いや5m!? これがフレンズのなせる業か!?」
フレンズ
「すっげー頑張ったんだろうなー。尊敬するわー」
サーバル
「え!? いや……まぁそうだねw でも、みんなの方が頑張ってるって!」
フレンズ
「サーバルちゃん優しい! マジ天使!」
サーバル
「……なんだか申し訳ないな。私が出来る事ってこれくらいだし、そんなに凄かったのかどうか……」
フレンズ
「そんなこと言うのやめなよ!」
フレンズ
「そうだよ!(便乗)」
フレンズ
「頑張った事には頑張っただけ利益があっていいんじゃん!」
サーバル
「みんな……」
フレンズ
「また続きをやってね! 何でもするから!」
サーバル
「え! いいよー、こんなに沢山コイン貰えたし! 今度フレンズさんみんなにお礼が出来ちゃうよ!」
フレンズ
「まあまあ貰ってよ! 私、縫物とか得意だから、困ったときは相談してね!」
サーバル
「うん!」

サーバル
「あむあむ……。ジャパリマン美味しー!」
フレンズ
「サーバルのジャンプは凄いし、面白いなぁ」
フレンズ
「そうそう! 私がコインをあげてなかったらサーバルはここまで成長出来なかったよ!」
フレンズ
「そうそう! 私のコインのおかげでサーバルはここまで育った! サーバルはわしが育てた!」
サーバル
「なんか頭の回転が良くなった気がする……あ!そうだ」
サーバル
「みんな見て! この木上まで登れたら凄いと思わない? 出来たらジャパリコインよろしくね!」
フレンズ
「おいおい、なんか金出せとか言い出したぞw」
フレンズ
「払うわあいつに」
サーバル
「うーん……。言ったのはいいけど、やっぱり難しいなぁ……」

ゴゴゴゴゴ……!
フレンズ
「うわっ!? ヘラジカがおこだよ……!!」
ヘラジカ
「おいサーバル!! お前がやってることはなんだ!? その木登りはなんなんだ!?」
サーバル
「えっ!? ……しゅ、趣味かな?」
ヘラジカ
「趣味……! 素晴らしい!! 最高の趣味を持ったな!!」グッ!
ヘラジカ
「支援してやる!! 存分に楽しめ!!」バサッ!
サーバル
「っ!?」
サーバル
「た、楽しめ……!? 存分に? 存分に楽しめって……? 私……たのしめるよ! すっごい楽しいよ!!
みんなのおかげですっごい楽しいよ!!」
ヘラジカ
「お前が楽しそうだから我々もすごくたのしいぞ! なに、頑張ったって? 素晴らしい頑張りだ!!
お前の頑張っりは誰とも比べられない、お前自身の成果だ!! 私はお前に敬意を示す!!」
サーバル
「え……い、いやその……そんなつもりじゃ……。ありがとう……本当にありがとう!」
フレンズ
「ありがとうありがとううるせぇしw こっちがお礼を言いたいくらいだよ」
フレンズ
「そうだそうだ! そんなに自分を卑下にすんなよ!!」
フレンズ
「趣味でお金稼げる事が出来るなんて最高だよね!」
サーバル
「で、でも! ジャガーちゃんは仕事でフレンズ達を運んでるし……」
フレンズ
「は? ジャガーは自分が出来る事をやってるだけだろ。仕事も趣味も関係ないよ」
サーバル
「じゃあ私のジャンプはみんなの役に立ててるのかな?」
フレンズ
「は? サーバルのジャンプは最高に楽しいよ! だからお金を貰っても全然問題ないんだよ」
サーバル
「なんで……」
ジャガー
「わからん、サーバルの言ってることが、自己犠牲すぎて全然わからん」
サーバル
「自己犠牲?」
ジャガー
「サーバル……。お前のやってることは十分みんなの役に立ってるぞ!
楽しいひと時をありがとう!」
サーバル
「…………!」

フレンズ
「ほらほら! サーバルも趣味だからって無理しないでね!
コインあげるから、私たちをもっと楽しませてね!」
サーバル
「うん! 楽しんでもらえて嬉しいよ!」
フレンズ
「ジャンプだったらカンガルーの方もおもしろい事やってたよ。有料だけど!」
フレンズ
「じゃあ、そっちも見に行こうぜ! サーバルも一緒に来いよ!」
サーバル
「え!? あっ……ま、まってよ!」
サーバル
(有料でも私、コイン払えるよ……!
カンガルーちゃんも頑張ったんだ。私も応援してあげられるよ!)

サーバル
「やあみんな」
フレンズ
「おお、サーバル先生だ!」
フレンズ
「みんな、サーバルは凄いこと出来るんだよ! みんなもっと寄れよ!」
サーバル
「い、いいよ寄らなくてもw」
フレンズ
「我々ファンは、サーバル先生にお布施をするのです」
サーバル
「いいって、私コイン沢山あるしまだまだ生きれるから!」
フレンズ
「は? もっと長生きしてほしいんだけど?」
フレンズ
「生きて!」

サーバル
「カンガルーちゃんのおかげでいろいろ勉強になったなぁ。
自己の向上のためにも、なにか工夫しなきゃ!」
サーバル
「そうだ! ジャパリコイン貰った後から芸を見せたらどうなるんだろう?」
サーバル
「1コインでジャンプ見せてあげるよ!」
フレンズ
「サーバル先生!」
フレンズ
「誰? でも一回見ておこうかな♪」
フレンズ
「生きろ」
サーバル
「よかった……知名度が集まらないかと思ったけど、みんな優しい!」

サーバル
「もっといろいろな事に挑戦したくなってきちゃった! 他の事で何か出来ないかなー?」
サーバル
「でも無理することはないかな。私、ジャンプと木登りが出来るし……」
カワウソ
「わーい!」
サーバル
「あ、カワウソちゃんは石のお手玉でコインを集めてるんだ……そうだ、あれを真似してみよう!」

サーバル
「見てみて! 石でお手玉するよ! ……っと、わっ!」
コロコロ……。

フレンズ
「どんまいどんまい!」
フレンズ
「くそワロタwww」
フレンズ
「カワウソのやつだねw」
サーバル
「ハハ……ご、ごめんね」

サーバル
(駄目だった……でもこの挑戦は新しい自分を探すいい機会になれたよ)
カワウソ
「サーバル」
サーバル
「あ! カワウソちゃん……。 私カワウソちゃんのお手玉で稼ごうとしたけど、なかなかうまくいかなくて……」
カワウソ
「…………」
サーバル
「カワウソちゃん? もしかして、勝手にお手玉で稼ごうとして怒ってる?」
カワウソ
「フッフーン♪ ぜーんぜん怒ってないよー!
サーバルが宣伝してくれたおかげで今日は多めにコイン貰えちゃったよー! 本当にありがとう!
ねえねえ? 今度私と手を組まない?」
サーバル
「お……おおう!?」

PPP会場
マーゲイ
「握手会一回1000ジャパリコインでーす!」
サーバル
「ペパプのみんなはあんなに沢山じゃぱりコインを集めてるみたいだけど、
嫉妬もせず素直に凄いって思えるよ!」
マーゲイ
「次はPPPによる戦隊劇です」
イワトビ
「悪いやつだぞー! 世の中金なんて消えちまえー!! へっへっへー無料で全部よこせー!」
プリンセス
「出たわね! 無能クソニート!!」
サーバル
「!?」
フレンズ
「そうだそうだ!!」
フレンズ
「金を稼げないやつ悪!!」
フレンズ
「有料こそ正義!! 仕事している者こそ正義!!」
サーバル
「ま、まってよ……!」
イワトビ
「ぐえ~、すみませーん! なんとかしてお金を稼ぎますー!!」
プリンセス
「悪は滅びたし!!」
サーバル
「まってよ!! そんなお金を手に入れられない子を悪いように言わないでよ!」
フレンズ
「あ?」
フレンズ
「なんだあいつ?」
サーバル
「みんなだってどうしてもコインを集められなかった時もあるでしょ!?
ペパプだって、こうなる前は利益を出すのが大変だったんじゃないの?」
フレンズ
「あいつはきっと働いてないぞ!」
フレンズ
「てっめぇ!! PPP様悪く言ったらぶっ殺……いやまてよ」
フレンズ
「働くに働けなかったフレンズ……」
サーバル
「みんなはコイン集める能力があるからいいけど、イワトビちゃんみたいなフレンズはどうやって生きればいいの!?
コインの稼ぐ能力のないフレンズはみんな死ぬしかないじゃないなの!?」
フレンズ
「いや……違う。そんなことはない。誰だってどうにも出来ないときはある。
私たちフレンズは助け合うことが出来るんじゃないだろうか?」
サーバル
「イワトビちゃん! 大丈夫! 困った時は助け合おう。私たちフレンズなんだから!」
イワトビ
「え!?」(いや! これただの役なんだけど!?)

タッタッタッタ……!
プリンセス
「その通りよ! みんな。この子の言う通り……。
コインを集めることは大事だけれど、一人が沢山持っていたって経済は回らない。
助け合いましょう! 仲良くやりましょう!!」バッ!
イワトビに手を伸ばすプリンセス
イワトビ
「お……おぉう! そ、そうだな! 俺、ちょっと頑張ってみようかな!?」
プリンセス
「ええ。あなたの頑張りはきっとみんなに伝わるはずよ」

パシッ!
プリンセスの手を取るイワトビ

フレンズ達
「8888888888888888888888888888」ワーワーワー!!
フレンズ
「流石プリンセス様……悪い奴にも優しい!」
フレンズ
「まさに女神……お布施をするのです!」
サーバル
「一見落着だね!」

…………

サーバル
「やばい……さっきはちょっと食べすぎちゃった……」

ビリッ

サーバル
「うわっスカートが破れちゃった!? どどどうしよう!?」
サーバル
「こんなの私じゃ直せない……縫物が得意なフレンズに頼まなきゃ!」
サーバル
「あ! そういえば縫物が得意なフレンズがいたっけ!
ジャパリコインがある! 綺麗に直してもらえる!」
サーバル
「…………」
サーバル
「……もしジャパリコインがなかったら、フレンズから奪おうなんて考えちゃってたのかな……?」
サーバル
「はっ!? いやいや、何を考えてるんだよ……! 私は大丈夫! 私は大丈夫!」
サーバル
「あっ! ジャパリマン……」
サーバル
「…………」
サーバル
「もう沢山食べる事が出来たし、他のフレンズにおすそ分けしようかな♪」
かば
「サーバル」
サーバル
「あ、かば!」
かば
「あなた、今なにをしようとしたの?」
サーバル
「おすそ分けをしようかなと思って!」
かば
「あら? それは良い事ね」
サーバル
「ジャパリパークにはまだ困ってるフレンズが沢山いると思うんだ。
私はみんなから沢山コインを貰って助けられたから、今度は私がみんなを助けてあげる番かなって思って!」
かば
「はあ……これをあげるわ」

1000ジャパリコインを渡してくるかば。

サーバル
「え!? い、いいよ!! 私沢山コインがあるから!
私なんかよりもっと困ってるフレンズに分けてあげて」
かば
「フフ……w
あなたがもし、コインを集められなかったら、私から1コインでも奪いにきたんでしょうね」
サーバル
「え? そ、そんなことしないよー!」
かば
「どうかしらねw まあ、それだけこのジャパリパークのみんなが優しかったから。なんでしょうね」
サーバル
「でもこんなに沢山、かばはどうやってこのコインを?」
かば
「うんこをまちきらす芸でなんとかやってるわ!」
サーバル
「ええ!? あのプライドの高いかばが!?」
かば
「内容はひどいけど、1億ジャパリコインも集めたのよ。私を舐めないで」
サーバル
「す……すっごーい!!」
かば
「じゃあ、私はこれから忙しいから。またね」
かば
「あと、これからもよろしくね。サーバル」
サーバル
「え…………!
うん!! もちろんだよ!!」

すたすた

サーバル
「かば……ありがとう」
ジャパリマンを握るサーバル。
ツチノコ
「コインは払ってくれよな!」

…………

一人になったサーバル
サーバル
「こんな……こんなにも、心が晴れた事はあったかな……」
サーバル
「なんでジャパリマンってこんなに美味しいんだろう?」

ジャパリマン見つめるサーバル。

サーバル
「私……みんなと仲良くやっていけた!
みんなと喧嘩しないで、仲良くやっていけたよ!」
サーバル
「ん~! ジャパリマン好き! 大好き!!
好きだからやっていけた! 好きだから集められた! 私は幸せ!
みんなにも幸せになって欲しいなー。
ああ、誰か助けたい……今なら私が助けてあげる番になれるよ……! 
ジャパリコインはみんなが欲しいものだから……集められない子も出るのは仕方がないけど。
だからって、ジャパリコインを奪い合う必要なんかなかったんだよ。
強い子が独り占めするんじゃなくて、弱い子を守るためのものなんだよ」

ぐぅ~……。

サーバル
「ん? 誰かのお腹の音?」

立ち上がるサーバル。

サーバル
「ジャパリコイン……、これがないと誰だって死んじゃう……」
サーバル
「こんなものでも必要としてるフレンズがいる……これで困ってるフレンズがいる……」
サーバル
「だったら、助けなきゃ……!」
ダッ!

サーバルはそれからもコインを集めることが出来た。

サーバル
「ああ。なんかもう……コインなんて、集めなくてもいいのかもしれないね……」
サーバル
「そっか。いいんだ……集めなくて。ははは……」
サーバル
「疲れたら、ちょっと休むことも大事だね……」

…………

サーバル
「適度な休憩で今日も無理せず過ごせたよ!」
サーバル
「ああ良かった……みんな私のジャンプ凄いよーおもしろいよーって言ってくれてたし……」
サーバル
「ああ……。楽しかったなぁ……」
サーバル
「私最後なんて力みすぎて、屋根まで跳んじゃったw」
サーバル
「そしたらみんな”お前が跳ぶんかーい!!”だってw」
サーバル
「よくわからないけど、凄い事ができちゃったのかもねw」

サーバル
「あ、なんか今日はぐっすり眠れるような気がする…………」
サーバル
「うん。私、たのしかったよ……」
サーバル
「これで良かったんだ」
サーバル
「……これ……で」

サーバル
「たの……し……」

………………

…………

……

それから、サーバルが目を覚ますと昼間だった。

サーバル
「寝すぎたー!!」

ENDING

フレンズ
「最近サーバル見ないな」
フレンズ
「あーなんか別のちほーで活動してるみたいだぜ」
フレンズ
「えー、あのジャンプのやつ面白かったのに」
フレンズ
「まあいっか。他の芸見に行こうよ」
フレンズ
「そういやカメレオンの芸が見れるらしいぜw」
フレンズ
「最高だな! これからも面白い事やるやつが沢山増えるといいな!」

暗転。

かばんちゃんとサーバルちゃんが一緒にジャパリマンを食べる1枚絵

END



広告
×
2つ読んでみて感じたことは幸せと不幸は紙一重なんだと言うことを感じました。なんて言うか、やっぱり周りの環境ですね。
5ヶ月前
×
>>2
この方が俺の言いたい事をすべて言ってくださった
5ヶ月前
×
どっちも読んだがこっちが資本主義のあるべき姿だよな
5ヶ月前
×
両方見るとさらに面白いですね…
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。