• 結婚できないからネトゲで婚活したの巻2

    2018-06-14 03:435
    いちごちゃんのリアルのことは何もしらない。性別もわからないがチャットで話してる限り女の子だと思う。律義で優しくてまさしく大天使である。絶対異性と食事に行った際に「えっ~><私もぉ、だしますよぉ><」という定型文を言わない女だ。きっと彼女なら、「ごちそうさまです。」とにこっと笑ってスッとスマートに自分の分の支払いをテーブルにおくタイプだろう。ちなみに、「私がだしますよぉ」って言って出してもらうと店にでた女の子の眼は笑ってないので、男性諸君は気をつけよう☆まあ、それは置いておいて…。リアルのことは全く知らないが、ネトゲのいちごちゃんのことならお任せあれだ。いちごちゃんとは三カ月毎晩遊んでる仲なので、お互い生活リズムはある程度把握してる。彼女も平日は夜にIN、土日はほとんどの時間INをしているので、学生か、社会人だろうか?いちごちゃんがINをすればみんな彼女を誘う。えっ?私??こんなに完璧な美少女キャラにもかかわらず私に声をかけてくれるのは「ねねちゃんは、ダンジョン終ったあと寝落ち通話OKかな?^^」「スカイプエッチでほしいアイテムプレゼントするけど、どうかな^^?」という下半身テント君しか声をかけてもらえないのだ!わははははっ!…なんで!??寝落ちとかなんで!!!?人の寝息きいてイビキきいてどうなるの!!???気軽にオナラできなくない??我慢するの!??スカイプエッチ!?なんで!???スカイプエッチってどうゆうこと!?声だけでアンアンッってエッチするの!?それいくらもらえるの!?こっちは元彼に「声がどんどん低くなっていくね…」って言われるくらい老いを感じてるからもう高い声はでないっすけど!!!??いいのかな!?^^ppあ~^p^セックスしたい!!!あ、なんでもないです。そんな人しか群がらない私に対していちごちゃんは人望がある。人気者のいちごちゃんがどうしていつも私を誘ってくれるのかわからなかったが、今まさに、その理由を実感できている。


    いちご「ねねちゃんっ・・・私と、結婚してくださいっ!」

    ねね「えっ!?」

    これが男ならおっきっきー☆でマンモスウレピー☆展開だと思う。けど、まってまって。いちごちゃん!私といちごちゃんは、女×女だよ。私が、憧れていた展開はイケメンキャラとの結婚モードなんですけど。あー、もしかして、これはドッキリ?釣り?ニコ生での釣り放送?いえーい!みんな~みてるぅ~?この中で見てる男の人で27-35歳の都内住み正社員、結婚してください^^って宣伝させてよ、いちごちゃん!!!

    ねね「あははっ~、いちごちゃん、いきなりどうしたの?」

    いちご「私、ねねちゃんのことが、好きなの。」

    はいっ。釣り決定。これは釣りだわ。あめぞう時代からのネット王者なめんなよ?こっちはあめぞう広場から磨いた釣り糸わかってるんだよ!それか、壺を売るのか!?結婚したら乞食リストを送ってくるのか?!やらんぞ!アマギフはやらんからな!!!

    ねね「…いちごちゃん、私もいちごちゃんのこと好きだよ!だけど、結婚なんて、冗談がすぎてるよ!」

    いちご「多分、ねねちゃんと私が言ってる”好き”は違う。
        私はッ、ねねちゃんのこと、好きなの。同性だって、わかってる。いきなり友達の私からこんなこと言われても困惑するのもわかる。けど、私は、ねねちゃんといると、ドキドキするの。一緒に遊んだりすると、可愛いと想ったり、もっと一緒にいたい、独占したい、って想ってしまうの。私の・・気持ちを押し付けて、ごめんなさいっ・・・。どうしても、今日伝えたくって・・・。」

    ねね「あっ、今日って。」

    いちご「二人が出会って今日で三カ月記念日。」

    ねね「いちごちゃん・・・あの」

    いちご「…私のこと、嫌?」

    なんなの!?なんなのおおおおおおおおっ。どうゆうことなんですか、ロマンスの神様!つまりいちごちゃんは私のことLOVEの気持ちで好きってことですよね!?なんで!どこで!?どこから!?いちごちゃんと遊んでいて確かに毎日楽しかった。同じプレイスタイルのプレイヤー同士で話もあったし、すごく気楽で楽しかった。けど、けど、こんなこと全然予想してなかった。いちごちゃんとは、今まで通り仲良くして一緒に遊びたい。もしここで断ったりしたら、気まずくなって疎遠になってしまうんじゃないか?
    いちごちゃんを拒絶→いちごちゃんと疎遠→ぼっちプレイヤー→リアルでもぼっち→まだまだ自分は若い!^^余裕しょー^^と勘違いしながら年をとる→生理がとまる→シニア婚活をする→撲滅→孤独死

    むにゅ?そそそそそれは、回避したいフラグです。結婚っていってもネトゲの世界でのことだしそんなに深く考えることもないか・・・。イケメンから可愛い女キャラと結婚するくらいだし、・・・イケメンキャラと結婚したいネトゲ人生だった^p^


    ねね「いちごちゃんのこと嫌いなわけないよ!」

    いちご「!…よかったあ。」

    えっ。そんな満面な笑顔されたら、

    いちご「好き。これからもっと、愛させてほしいの。」

    リアルでも言われない神台詞言われたら、

    いちご「結婚してくれますか?」




    いちごさんから”婚約指輪”がプレゼントされました




    あああああああああ、チョロ充!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    ねね「はい。」

    ”婚約指輪”を受け取りました。


    結婚できないからネトゲをしたら女キャラと結婚しました


    to be continued....


  • 広告
  • 結婚できないからネトゲで婚活したの巻

    2018-06-10 21:26263
    29歳になった。
    20代も残るところ1年もない。
    笑えてくるぜ!!!信じられるか?この私が30歳になるんだぞ!??
    いるのかこんなピュアガールの30歳がっ!!!!!

    く そ が っ

    20代前半の時は夢のような日々だった。男に困ったことはないしすぐ結婚できるから困ることはないとマジで想ってた。なんの根拠もないのに、ただ人より少し脚が長いだけでそう勘違いしていた。わがままをつらぬきとおしたら、周りに誰もいなくなった。
    気付いたのが29歳。オワコン。地雷。クソ女。出遅れの完成だ。

    友達の子どもがもうすぐ3歳になる。みんなマイホームを購入している、やばいぞ、これ。
    出会いがない。仕事と家の往復だからだ。
    友達の紹介?論外だ、なぜあいつらのおこぼれをもらわないといけないのだ・・・
    えっ?合コン?ふざけるな!そんなところに運命の男などいない!
    婚活?だるすぎる、家からでたくない。
    もっとこう、運命的な出会いがほしい。
    私の内面を愛してくれて、趣味が同じで便利な人じゃなくて、素敵な王子様だ。

    「ネトゲで結婚をしよう」
    焦る私の眼に偶然はいった広告。私をえろい気持ちにさせる広告。
    広告にはイケメン二次元と美少女の女の子が結婚式をあげていた。


    「こ れ だ!」

    私はさっそく”にゃんぺこライフ!”というネトゲに新規登録した。
    にゃんぺこライフは、とても自由なゆるい設定で冒険をしたり農家をしたり、商人をしたり、自分の好きなことができ、なおかつ結婚サービスがついてるのだ。
    私はさっそくキャラメイクにマウステクニックの腕がなった。

    髪は黒髪、ぱっつん姫カット腰までのロング、瞳は薄い蒼、大きな瞳で眉毛はやわらかなラインで優しさを演出、唇はぷっくりして愛らしさ、輪郭はシャープに、鼻筋は高く、胸はEくらいの大きめに、スタイルは良く、職業は”魔術師”にしておこう。
    キャラメイク最高、こんな可愛い子は他にいないだろうと思って、ドヤ顔をして広場に向かうと、可愛いキャラメイクの女ばっかりだった。くそすぎる、こいつら現実はくそデブ女かもやし女なくせにこんな可愛いキャラメイク考えられるなんてさぞかし毎日オナニーが捗ってるんだろうな、ええ!?こら!!それにだ。なぜ、イケメンキャラクターにはもう伴侶がいるの??え???はやくない??こわいにょ^^^^競争率がすごい。漫画で見たネトゲは女キャラをつかえばホイホイ貢いで頂点にのぼれるんじゃないのか?
    ここで夢をみせてくださいよ!!!!お願いします!!!お願いします!!!

    んん?噴水を見つめてるイケメンをロックオン☆
    髪色水色、瞳の色黄色、細身で顔が整っていて・・・最高!

    ねね「こんにちは!」

    私はさっそく話しかけた。プロフィールをみるかぎり伴侶はいないし、ナイス!

    イケメン「・・・?こんにちは」


    ねね「いきなりごめんなさい><ゲーム始めたばかりで、心ぼそくって・・・お一人でいるのでついつい話しかけてみました!」

    イケメン「あぁ、そうだったんだね。良ければ今からダンジョンに行くんだけど、君もくる?キャリーするよ。」

    ねね「本当ですか?!助かりますー><」

    私の時代きたー^^^^^^^^^
    いいっすよ!現実がもうどうでもいいので、せめてこの仮想現実で美少女キャラとして生きてイケメンキャラと結婚してチャット新婚初夜を確実にしたいですねっ!!!!
    あぁ~。久しぶりにテンションあがってきた^p^

    イケメン「今、一緒にダンジョンに行く仲間を待ってるんで」

    ねね「了解です!」

    イケメン「あ、来ました。」

    いちご「こんにちは!」

    はあ~~~~~~~^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ツインテールピンクの可愛い系魔法使い女子ネコ耳じゃないっすか~^^^^^
    殺すぞ、ぼけ!!!萌え声じゃないか!絶対!!!!!!!!!

    イケメン「いちごさん、初心者の方も一緒にダンジョンいいかな?」

    いちご「もちろんです♪ねねさん?わからないことあったらなんでもいってね!
        これもなにかのご縁ですし仲良くしましょう♪」


    ねね「はひっ。」


    いちごちゃんはいい子だった。ダンジョンの時も私を気にしてくれていろいろ教えてくれた。プレイを始めた記念として、と可愛い服を選んでプレゼントしてくれたり、自分の所属してるギルドに私もいれてくれた。それからの毎日、私はいちごちゃんと遊んだ。二人でフルーツを集めてケーキをつくり、市場で売ったり、蝶を10000匹捕まえて教会で一斉に離してみたり、楽しかった。いちごちゃんは優しく私がしたいことはなんでも一緒にやってくれた。


    いちごさんがログインしました。


    いちご「ねねちゃん!」

    ねね「待ってたよー、おかえり。」

    いちご「あのさ、大切な話があるんだけど湖にきてくれない?」

    ねね「??OK」

    いちご「ごめんね、急に呼び出して」

    ねね「いや、いいよ!わあ~。ちょうど夜で湖に蛍がでて、綺麗だね!」


    いちご「ねねちゃん・・・・」

    ねね「ん?」


    いちご「私と・・・結婚してくださいっ」

    ねね「えっ!??」


    結婚できないからネトゲをしたら女から求婚された件について


    to be continued....






  • 私が放送を辞める理由

    2018-06-02 14:58

    私が放送を辞める理由は、

    リスナーさんのことが心から大好きだからです。

    「ずっと一緒にいるよ」とかそんなの不確かで信用ならない口約束です。

    とても仲良くしてもらってる常連の皆様と、この先、2年、3年、傍にいてくれるか?というと、皆さんにもリアル世界があるので、現実問題無理だと思います。

    せっかく仲良くしてもらった大好きな方々に、「さようなら」も言えないなんて私は嫌です。

    大好きで愛してるからこそ、「さようなら」「愛してる」ってお別れを言って終わりたいです。

    これは、私のわがままです。
    私がそうしたいから、卒業の日を決めました。
    けど、本当に、自然消滅なんて悲しい結末より、

    愛をもって、さようならって、お別れをいいたいんです。
    そしたら、私、リアルでもその先頑張っていけるとおもいます。

    放送とても楽しいです。

    君たちの彼女でいれて、幸せです。


    だから、最後まで私についてきて、ほしいです。

    私の卒業式に、愛しさの意味を問わせてください。


    あなたにであえて、しあわせ。って、おもってます。

    ひとりひとりを認識して、ひとりひとりを大切にして

    ただ楽しく放送をして、笑いあいたい、元気をあげたいし、もらえたい。


    これが私の本当の気持ちです。

    ここまで読んでくれてありがとう。