うにゅほとの生活2383
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2383

2018-06-14 23:38

    2018年6月14日(木)

    明日から五日間、母親が旅行に出掛ける。
    そのあいだ、我が家の食卓は、うにゅほの双肩に掛かっていると言っても過言ではない。
    「五日分の食材は買ってあるから、お願いね」
    「うん」
    「◯◯のこと、好きなだけこき使っていいから」
    「だいじょぶ」
    うにゅほが気楽に頷く。
    母親が旅行へ行くのは、当然ながらこれが初めてではない。
    うにゅほひとりでも台所を回せるのは、既に証明済みの事実である。
    「言ってくれれば、材料切るくらいは手伝うぞ」
    「んー」
    しばし小首をかしげたのち、うにゅほが答える。
    「ゆっくりしてていいよ」
    「そっか」
    頼もしい。
    「◯◯、あした、なにたべたい?」
    「……うーん?」
    急に言われてもなあ。
    おもむろに冷蔵庫を開きながら、母親に尋ねる。
    「食材って、なに買ってあんの?」
    「とりあえず、カレーかシチューは作れるように、豚肉と野菜。玉ねぎとじゃがいもは野菜庫にあるから」
    「うん」
    「卵も買ったし、牛乳もあるし、足りなかったら渡したお金で買ってね」
    「わかった」
    「◯◯、車出してあげなさいね」
    「わかってるって」
    「残ったぶんはお小遣いにするから、無駄遣いはしないように」
    「はーい」
    「俺には?」
    「なんであんたにお小遣いあげなきゃならないの」
    ごもっともである。
    「困ったことがあったら、電話しなさいね」
    「うん」
    「了解」
    今回の旅行が、母親にとって良い慰安になりますように。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。