• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 2017年 12月11日

    2017-12-12 01:50
    10pt
    最近起きるのが遅くて、12時ぐらいに起きた。

    洗濯物がだいぶたまってたので2回に分けて洗濯をする。
    さらに洗い物したり、所用で郵便局に行ったりしているとあっという間に3時過ぎだった。

    プラモデル作業のやる気が起こらない。
    とりあえず気分転換を兼ね夕飯の買い物に行くことにした。
    20398be674b7bdf0a409cc2b20b3d1dde5588a4b
    ff49f75fae1d989dd5f29127d67845739f208309
    倉庫型のスーパー、駅と逆側にちょっと行った場所にあるがいろいろ安いので最近お気に入りである。
    メダンジさんはローソンストア100がお気に入りで野菜なんかもローソンストアで買うことが多いが、たぶんこっちで買うほうが量に対して安いと思う。

    ちょっと前まで料理などはあまりしなかったけど、メダンジさんが遅番で帰りが遅いときに夕食の準備を頼まれる機会が増えたこと、ニコ生視聴者からセラミック包丁セットなどを送ってもらったことなどからいくらか料理も捗るようになり、たまに料理放送もするようになった。

    なんだかんだでメンバー中在宅率が高いので梅島では家事を担当することが多い。
     
  • 2017年 12月10日

    2017-12-11 01:03
    10pt
    テレビ取材の連絡が入っていたので、
    制作会社の人と秋葉原で待ち合わせをして事前打ち合わせをした。

    ニー株新規募集の説明会のときにも来て映像を撮っていたが、まだ企画段階だったやつが採用になったので今後密着取材をする予定らしい。

    ドキュメンタリー的なやつだ。話題になってくれれば今後勢いがつくだろうからとても期待している。

    日本のメディアで、特にテレビに関してはニート株式会社やレンタルニートと聞くと「おもしろネタ」として扱いたがるところが大半で、ニート的しょうがない奴エピソードを拾うことばかりに躍起になるから困る。

    「ニートだから皆クズ」と取材する前から結論が決まっているかのようだ。
    (企画する側は実際そう思ってると思うけど)


    もっと労働問題・雇用問題についての話題として扱って欲しいと思っているので、
    こうしたドキュメンタリーで取り上げてもらえればよい伝わり方になるんじゃないだろうか。


    打ち合わせは洋食屋に行った。

    3b107dcb0c208f62da48bbeb52c75af7204c2c8b
    ee18fc588068591fb79cd346e183ea46d54652f9
     
  • 2017年 12月9日 中国餅

    2017-12-10 01:50
    毎週土曜の持ち寄り飲み会だった。

    いつもの常連2人のほか、
    最近ニー活によく来ている18歳、「はしもん」も来た。
    家庭環境がよろしくない感じだったらしく、自由が利かなかった分、様々なことに憧れを持っているらしい。
    よく喋る。

    最近ニー株新メンバーにもらったWiiUでマリオカート8をやった。

    この前アーケード版をやったのに近い感想だけど、
    立体的なグラフィックな分コースの路面が遠くまで見通せるので、ライン取りがイメージしやすく割と簡単だった。

    難易度低いモードだったせいかもしれない。

    レースゲームのコツはコーナーの入口でいきなりインに入りすぎないことだと思う。



    b9c8d2c4da6a56a47c561b0926205acf15776092
    7f8917b0f4616c0b71ae928d69869c72af50f031
    お土産に持ってきてもらった中国のお菓子やお餅を食べた。
    餅はやや甘い味がついているらしい。

    持ち寄り飲み会だが
    だいたいいつものメンバーだけのときは酒は少量なので、カップの焼酎をもらって分けながらちびちびと飲んだ。

    このくらいがちょうどよい。


    ニコ生しながらオンラインゲームの話になった。
    コメントしてくれるニー株メンバーが最近時間がなくなりあるゲームを引退したという。

    聞いてみると俺が高校~大学の頃よくやってた「レッドストーン」だった。
    プレイ時期は違いそうな気がするが、同じゲームをやってたんだと思うとなんだか嬉しい。

    ニートとネトゲには密接な関係があると思っているので、今度書く同人誌「ニートたいむ ニートとネット文化編」ではそうした話題について書きたい。