• Blender勉強中

    2018-08-10 00:15







    Blender 2.6マスターブックという本を見ながらひとまず戦闘機を作り終わりましたが、積木人形の次が戦闘機というスパルタ形式、あとUVマッピングをするという話だったのですが終わってみてもどうにもテクスチャの勘所は分かりませんでした。「これから●●のために▲▲をします」とかも無く、とにかく「Aをループカットします」「Bにシームを入れます」とひたすら手順を行わせるという苦行が続きました。この調子だとモチベが下がりそうなので次は人型キャラ作りの本を見ながら並行してオリジナルも作るという方向で行こうと思います。結局VTuber用途あるいは漫画の作画参考なら複雑なテクスチャもモデリングも必要ないというかモデルの造形が決め手というわけでもないしそもそも専門家にかなうわけもないのでほどほどで行こうと思います。

    Live2D版も終わらせたいのですが、Ci-enに投稿しているCG集のほうもありなかなか手が付けられません。色々手を広げて分けが分からなくなっています。漫画家もセルフプロデュースが必要らしいし、VTuber一本で行ける保証もないので色々技があるのは良いと思いますがあれこれ手を出して中途半端になるのも困るしなにも確証がありません。


  • 広告
  • Live2D版を製作中です

    2018-06-24 17:50




    表題の通りLive2D版キャラクターを製作中です。FaceRigを購入しカメラはもとからあるのですぐにでもVTuberになれそうです。3Dのキャラ製作までのつなぎだと考えていますが、別にLive2Dキャラでも人気が出ているのでキャラとしての運用を考えるならどちらでもいいのかもしれません。

    以前の記事で、「絵描きは自分がバーチャルユーチューバーになろう」と書きましたが、実際Live2Dを触る人も増えてきているようです。あまりぼやぼやしていられないかもしれません。

    一方でこのような報告もあります。
    頑張って生み出しても継続することは難しく、逆に言えば継続すればその先の展開もあるかもしれないということでしょう。ですから上級絵描きによるデザインの良いVTuberキャラクターが増産されてもそれほど恐れる必要はないかもしれません。もちろん続けたからと言ってよいことがあるとも限りませんが...







  • 絵描きはバーチャルユーチューバーキャラデザコンテストに応募せずLive2Dで自分がバーチャルユーチューバーになろう

    2018-06-09 08:47

    先日のじゃろりおじさんで有名なねこます氏がこんなツイートをしていました。

    Live2Dなら簡単に動かせるという話で、実際何人かの絵描きが試しているのを見ましたし、
    https://twitter.com/kanihamiso/status/1003921075611131905
    https://twitter.com/par1y/status/1004195800128221185
    この話を聞いてそういえば自分もLive2D触っていたことを思い出しました。
    https://twitter.com/nekokan/status/625031161186660352
    https://twitter.com/nekokan/status/625028469060014081

    一方で、Pixivでバーチャルユーチューバーキャラデザイラストコンテストなどが開かれていたわけですが、ねこます氏の話を受けるなら、もちろん万が一入賞すれば自分の絵に声優が可愛い声と動きをつけてくれるわけでそれは絵描き一人では手に入らない部分とは言えますが、コンテストなどに応募せず自分でLive2Dでバーチャルユーチューバーを作った方がよかったのではないかという気もします。またガワに力を入れてもあまり人気とは関係がない気もするので企業側の意図も気になります。

    もちろんガワであるLive2D人形を作ってもそれを自分で動かしてしゃべってYoutubeにアップし続けるとなると本業が順調な絵描きはそういうことやりづらいとは思います。逆に言えば本業が微妙な私のような絵描きにはチャンスになるわけです。