はじめに-当ブロマガ読者の到達点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

はじめに-当ブロマガ読者の到達点

2013-04-27 10:08

    ■当ブロマガの目的

    このブロマガが目指すところは

    凡人が、掛けたコストが報われる形で 望むスキル
    上手なイラスト
    TOEIC735相当の英語力 を手に入れる

    ことです。

    昔から何かスキルを身につけたいという願望は多くあり、 その需要にこたえてかさまざまな解説書、学校その他色々存在します。 あるいは徒手空拳でそれらのスキルを己が力で 身に着けようと試みてきた人々も居るでしょう

    しかし、実際のところ、エビデンスや実証もないメソッド、ノウハウ 学校や教室に惑わされなんの積み重ねも得られない、 あるいは、各人の思い付きで好き勝手にやるなどした挙句、 コストに見合うだけの成果も得られず 挫折する人も多いと思います。

    このブロマガでは、イラストと英語において、コストに見合うだけの 成果を確実に得るための方法を考え紹介していきます。

    または、私自身の成長のために根拠のある、あるいは無根拠に 学習法を開発開陳していきます。

    ■当ブロマガ読者が目指せる到達点

    ●英語

    ・TOEIC735程度の英語力

    これは私のTOEIC最新スコアが735だからです。 TOEICのスコアを書きましたが、TOEICに特化した対策によって得るのではなく、 スコアが示す英語コミュニケーション能力を得た結果、スコアもそれに見合った 数字になることを目指します。

    TOEIC公式が示す英語コミュニケーション能力とは

    どんな状況でも適切なコミュニケーションが出来る素地を備えている。
    通常会話は完全に理解でき、応答もはやい。話題が特定分野にわたっても、 対応できる力を持っている。業務上も大きな支障はない。 正確さと流暢さに個人差があり、文法・構文上の誤りが見受けられる場合もあるが、 意思疎通を妨げるほどではない。

    です。正直上記の能力を私が得ているか?といわれると自信が無いのですが 公式でこういってるのだからコレを目安に行きます。


    ●イラスト

    ここでいうイラストとは主にオタク文化圏で好まれる イラストを指します。

    ・上手なイラストを目指します

    英語の時と比べていきなり曖昧な目標になりましたが、イラストには 明確な尺度がなく、どうしても曖昧な目標とならざるを得ません。 それがイラストを学ぶ難しさでもありますが、そういっていると 方針が定まらず迷走を続けるので 有る程度客観的な尺度をさらに設定します

    ・多くの人に見せてあまりヘタとは言われない程度

    コレでもかなり曖昧ですが、要するに自分ひとりで 「俺がコレでいいと思ってるのだからコレでいいんだ」と 合点するのではなく、他人に見せてもなるほど素人よりは 上手いイラストだと言ってもらえる、大衆の感覚に 寄り添った形での上達を目指すということです。


    ・Pixiv泡沫ランクイン

    Pixivはもはや日本(下手したら世界で)でイラストを描いている人間なら 無視できない存在になりました。最近、ランキングを 細かく設定してきましたので、必死に描けば 何とか片隅にランクインするぐらいのことは出来るようになりました。 もちろんPixivランクに関してはその公正さに関していろいろ言われる こともありますが、(ネタ絵を除いて)まったくのへのへのもへじで ランクインできるほど簡単ではないので、イラストの巧拙を計る有る程度の 客観的な指標になりえるのではないでしょうか。

    ・同人誌1タイトル30冊以上

    同人界では「ピコ」サークルという呼び方があって、 要するにあまり売れていないサークルのことなのですが、 その目安は諸説ありますが1タイトルおよそ100冊未満しか売れていない場合 そういわれるようです。 お金を出してわざわざ買っていただくのですから、多く売れるということは それなりの客観的な指標と成りうるのではないでしょうか。 当然同人誌が売れるためには上手い下手以外の要素がたくさんありますが 100冊以上ともなるとそれなりのクオリティが伴っていないと 難しいのではないかと思います。
    一方、これは私の経験から来る感覚的な印象なのですが、
    1イベント中、30冊ぐらい売れればあまり惨めな気持ちにならない
    気がします。このぐらいのハードルならば自分を曲げない程度の
    努力で到達できるのではないでしょうか。


    ・俺が納得するレベル

    またいきなり不明瞭な目標が出てきましたが、 私は、自分の中にひどく曖昧な形の目指す理想の絵というのがあり、 それを目指して日々徒労を続けています。 これは大なり小なり皆さんの中にもあるのではないでしょうか。 上で客観的な指標と描きましたが、芸事においては他人がどうこうというより 自身の理想を目指すという求道的な目的もあってよいのではないかと 思います。 しかしコレもあまりにも曖昧模糊としていては自家中毒に 陥り苦悩の果てに絵から逃亡するという結果に至る可能性も ありますのでどうすれば明確にし迷走せずに居られるかを考えていきます。

    ■お断り

    私の英語コミュニケーション能力はTOEIC735相当、 イラストはPIXIV等にある程度が私の実力です。 イラストに関しては日々向上を目指しておりますが、 「この程度じゃ参考にならんよ」と思われたのであれば 他所に行かれたほうがよろしいかと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。