絵を描き始めたらまずは線を引く練習をすればいいんじゃないのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絵を描き始めたらまずは線を引く練習をすればいいんじゃないのか

2013-06-01 11:19
  • 1
  • 13


さて絵を描いてみようと思ったとき、「じゃあまず何からはじめればいいの」 と迷うこともありましょうが、まずは線を引く練習をしてみると良いと思います。

■効能

・数学的にシンプルな図形なので想像、確認がしやすい

直線が一体どういうものであるか、分からない人は少ないと思います。たとえば複雑なイラストを模写したり、対象物をスケッチしようとすると、対象物と自分が描いたモノがどう違うのか把握するのは 結構大変ですが、直線ならば平行か平行でないかなど把握がしやすく迷うことがありません。

絵を描くことにおいて、想像→実際に描くという過程は非常に 重要ですが、そのトレーニングの第一歩として線を引く練習は 非常にとっつきやすいと思われます。

・いかなる絵を描く上でも線は必要となる

極端なことを言えば「俺は一生カラーをやらない」と決めた人には 色の知識というのは不要ですが、線を使わない絵というのは少なくとも漫画絵においては存在しないのではないでしょうか。 そういう意味では、線を引く練習をすることは漫画絵を描く人間ほぼすべてに有用であると思います

・フリーダムな手の動きと、絵に求められる手の動きの ギャップを埋めるトレーニング


図01
図01のように、手の自然な動きを使えば誰でも勢いのある滑らかな線が引けるわけですが、


図02
実際には図02の赤線のようにそのような手の自然な動きに反した線が多様に存在します。 つまり、絵を描く上では手の自然な動きで引ける線だけでは足りないのですが、当然普段行わない動きはトレーニングしなければ使えるようにはなりません。また文字を書く動きなどとも違います。 そういうわけで「正誤の基準が明確な対象で」「普段しない動きをトレーニングする」 直線の練習などは絵の初学者には役に立つものと思います。

■実際のやり方

説明動画



●直線を引く練習

・大き目の紙を用意

・定規でまっすぐな基準線を引く

図03


・それに平行な線をフリーハンドで引く

図04

基準線から遠くなってきたらまた基準線を引きなおすと良いでしょう。長い線を引く場合、手首ではなく主に肘の動きを使って引きます。


●曲線を引く練習

・曲線を雲形定規などで引く
雲形定規でなくても何か工業製品などで滑らかな曲線を持ったものであればかまいません。

図05

・それに平行な線をフリーハンドで引く

図06

直線と違って曲線の場合は手首の動きも関わってきます。

●円を描く練習

円をテンプレートなどで描く
無かったらCDでも何かの蓋でも丸ければ何でもかまいません。

図07


・それの同心円を描く

図08

おそらく一筆で描くのは無理です。五分割ぐらいで描いて見ましょう。 小さい紙の場合は、紙を回して描きやすい方向にしても良いでしょう。


●短い線を描く練習

・基準と成る直線を定規で平行に二本引く

図09


・基準線の間隔で、基準線に直角に、短い線を等間隔に平行に引く

図10
短い線の場合、手首以下の動きで引くことになります。


●悪い例

・基準線に平行ではない
図11


・線が波打っている
図12
・短い線をつなげている
図13


■引きやすい線の方向について

人間の体の構造上、引きやすい線の方向が存在します 。



右利きの人の場合、左下から右上に引くのが引きやすいかと思います。ですので、ペン入れなど特に線の精度が要求される場合は引きやすい角度を使うのがやりやすいと思います。またそのために引きやすい方向に紙を回すこともよく行われます。



■自然な手の動きを利用する

図14

図14のようなイラストを描く場合、



図02
上の方で図02で説明したように、赤線の部分のような
曲線は、手の自然な動きで描くことは難しいわけですが、

図15
図15のような曲線は、逆に手の自然な動きで描いたほうがむしろ綺麗に楽に
引けるでしょう。

上で直線の練習をしましたが、実は直線を描く動きというのは
線を引く動きのなかで一番手の自然な動きからかけ離れた動きといえます。
それゆえ手のコントロールの練習として行う意味も有るのですが、実際の
イラストを描く場面においては、手の自然な動きで描ける曲線も
積極的に使っていったほうがより楽に綺麗に描けるでしょう。


■絵を描く行為を言葉で記述することについて

ここまで線を引く練習について説明してきましたが、必ずしも 手や腕の動きはたまたそのときの脳の動きまで細かく説明はしてきませんでした。 人間には学習能力があるので、「直線という基準に合わせる」という課題に対する試行錯誤の中で自然に学んでいくだろうからそこまで書かなくても良いし、 また細かい筋肉や神経の動きまで書ききれないし、描いてる本人も分からないし、書いても理解しきれないのではないかと思われます。

ですのでポイントを絞り後は各学習者が試行錯誤のなかで補完していくのが良いと考えるのですが、 技法書の中にはあまりにも絞りすぎあるいは書き言葉が得意でないのか、過度に説明不足になっている記述も見られます。 俗に「ガシガシ描きます」問題というやつですが、そういう記述を見て「やはり絵を描くことは言葉になんか出来ないんだ」という風潮も見られますが、そんなことを言ったら、料理、スポーツ、音楽その他の 運動技能に関して言葉で説明することが不可能ということになりますし、 上で説明したとおり、確かに全部を記述は出来ないが、ポイントを絞って後は学習者が補完するようにすれば限られた紙面の中でも有用な記述をすることが可能だと思います。 また料理本などはそうでしょうが、基本的な動きは別なところで学んでもらい、応用編ではその基本は省略というやり方もあるでしょう。

しかし、上で学習能力と書きましたが、その能力に個人差があるのも 事実であり、「凡人のため」と銘打っている以上はその点に関して考慮する必要が有ると考えています。今回の説明でもまだ足りないということもあるでしょうから、何か不明な点に関しては指摘していただければと思います。

上で凡人云々と書きましたが、決して自分が学習能力の高い逸材と考えているのではなく、感覚で描いている人の足りない説明に苦しめられてきた一人でも有りますので、 この「ガシガシ描きます」問題については後ほど取り扱う予定です。



広告
×
痒いところに手が届きました、ありがとうございます。
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。