「忘却のリリィ」レビュー 著:西山 #フリーゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「忘却のリリィ」レビュー 著:西山 #フリーゲーム

2015-03-21 20:00
    「忘却のリリィ」レビュー 制作者:綾野ゆう


     プレイ時間は1~2時間。RPGツクールVXAceで製作された謎解きアドベンチャーゲーム。
    3/14に作品公開が始まった「フリゲ展2015春」に出展された新しい作品だ。

     おばあちゃんは俺が助ける!!

     という熱いキャッチコピーと

     廃人化していくおばあちゃん

     という衝撃的な紹介文に惹かれてプレイを決意した。

        

     ゲームは、主人公のあゆむが老人ホームへおばあちゃんに会いに行く前半パートと、記憶を失っていくおばあちゃんを助けるために謎を解く後半パートに分かれている。謎解きパートでは、おばあちゃんを助けるために記憶の欠片を集めていくことになる。欠片を手に入れるたびに挟まれる回想が、しんみりとした気分にさせてくれる。

        

     しかし、私は謎解きゲームであるにも関わらず、前半のパートを強く推したい。その理由は、可愛らしい絵柄と描かれている「現実」のギャップが強烈に心に残ったからだ。

     老人ホーム内の職員や入居者たちの言葉は生々しい。

     常に一人で「寂しい……」と口にする老人。
     孫に会えて喜ぶ老人と、照れ隠しに悪態をつく青年。
     お小遣いを貰っておいでと両親に言われた孫と、
     「年金を貰っているからお金ならある」という老婆。

       

     彼らは、いわゆるモブキャラではあるが、丁寧に描かれている。そのため、彼らを見ると何だか身につまされるものがあり、心にきてしまったのだ。

     誤解の無いように申し上げると、決して重い作品ではなく、読後感は爽やかだ。しかし、プレイ後には少し考えさせられ、自分の祖父・祖母のことを思ってしまうこと間違いなしの素敵な作品だ。


    DL:http://cult.jp/wyy/game/lily.html

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。