• PTAの望んだ未来

    2018-04-19 21:50
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をしています。

    今回は、ディスとピア物だと思います。
    いじめも差別もない学校。
    全員同じ顔で髪型ぐらいの個性しかない場所。
    そこで二人の生徒がアレしちゃう話です。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事が無い方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    書式が今回ざっつ。もうメンドイ。




    タイトル「PTAが望んだ未来」




    人物表
    省略








    ○小学校「PTA管理学校」・前
    同じ顔で髪型だけが違う中世的な子供たちが学校に入っていく。

    ○教室A-3
    天井に監視カメラがついている。並んだ机にもそれぞれ盗聴用のマイクがついている。
    髪型だけ違う同じ顔の子供たちがそれぞれの席について談笑している。
    その中にH-A(10)とH-G(10)。
    H-A「H-Kちゃん、最近感じ変わったね」
    H-G「教育委員会行ったらしいよ」
    H-A「だからいい子になって戻ってきたんだ、良かったね」
    H-G「うん。でもびっくりしたよ、急にみんなの前で人工呼吸始めるんだもん」
    H-A「溺れてもいないのにね?変なの」
    二人の視線の先にH-J、大人しく座っている。
    アナウンス「PTAからのお知らせです。合同運動会を行いますので、生徒の皆さんは講堂に集まって下さい。繰り返します」
    H-A「行こうか、H-Gちゃん」
    H-G「うん、H-Aちゃん」
    席を立つ二人。

    ○同・講堂
    応援で盛り上がっている生徒達。
    (各シーンカットバックで)
    全員が横に並んでそのままゴールする徒競走。
    玉を一つ入れたら全員が一つ入れるまで待つ玉入れ。
    真ん中に赤い線が来るように調整する綱引き。
    横並びで走っている二人三脚、その中にH-AとH-Gが走っている。
    転ぶH-AとH-G、二人の体が触れ合う。顔を合わす二人。
    それを待っている他の生徒、笑顔で立ち上がり走り出すH-AとH-G。

    ○同・渡り廊下
    H-AとH-Gが歩いている。
    H-A「一番だったね」
    H-G「うん、楽しかったね」
    H-A「あの・・・転んだ時だけどさ」
    H-G「あ、痛かった?大丈夫?」
    H-A「違うんだ・・・なんだかあれからドキドキして。その、僕たちも、人工呼吸してみない?」
    H-G「・・・」
    H-A「いや、ごめん。なんでもないんだ、忘れて!」
    H-G「・・・いいよ」
    H-A「え・・・」
    見詰め合う二人。

    ○教室A-3
    アナウンス「PTAからのお知らせです。H-AちゃんとH-Gちゃんは、今すぐ教育委員会へ来て下さい。繰り返します……」
    顔を見合わせるH-AとH-G。

    ○同・委員会室
    手をつないでいるH-AとH-G、その前に二つのベッドがある。
    アナウンスの声「君たちをもう一度正しい子供に教育します。力を抜いて横になってください」
    H-A「僕たちは何も悪いことなんて」
    H-G「H-Aちゃん!委員会に楯突くのは悪い子がする事だよ」
    H-A「H-Gちゃん・・・」
    手を離しそれぞれベッドに横になる。
    二人の手足が台から出て来たベルトで固定される、口にマスク?がつけられ眠る二人。

    ○教室A-3
    H-AとH-Gが話している。
    H-A「やっぱり教育委員会っていいところだね」
    H-G「凄く頭がスッキリしたよね」
    H-A「でもね、僕はまだ・・・」
    H-G「ダメだよ、我慢しなきゃ。悪い子になってもいいの?」
    H-A「どうして?これは全然悪い事じゃないよ。その証拠に凄くドキドキするんだ。分かるだろ・・・?」
    見つめあった後、キスをするH-AとH-G。
    それを見ている生徒達。その中にH-CとH-P。
    アナウンス「PTAよりお知らせです。H-AちゃんとH-Gちゃんは、今すぐ教育委員会へ来て下さい。繰り返します……」
    顔を合わせるH-AとH-G。

    ○同・前
    H-AとH-Gが手をつないで走り出て来る。
    H-G「悪い子になっちゃったね」
    H-A「いいんだ、それよりどうしよう」
    H-G「どこまででも逃げようよ、H-Aちゃんとならどこででも生きていけるよ」
    H-A「うん・・・でも」
    H-G「でも・・・?」
    H-A「もう、ちゃんはつけないで」
    H-G「・・・うん、H-A」
    微笑むHーA。
    H-A「この先に誰も行った事がない場所があるんだ、そこまで行こう」
    H-G「うん!」

    ○スナック・前
    スナックと書かれた店がある。
    その前に立っているH-AとH-G。手をつないだままその中へ入る。

    ○委員会室
    H-AとH-Gが入ってくる。
    H-G「ここって・・・」
    H-A「そんな・・・」
    アナウンスの声「君たちは悪い子です。入れ替える事にしました、処分を受けてください」
    手を強く握るH-AとH-G。
    台からベルトやマスク、ドリルやメスが飛び出してくる。
    H-A・H-G「!?」

    ○教室A-3
    生徒達がそれぞれ席についている。
    その中にH-CとH-P。
    H-C「でもびっくりしたよ、急にみんなの前で人工呼吸始めるんだもん」
    H-P「溺れてもいないのにね?変なの」

    END


  • 広告
  • KAORI

    2018-04-16 22:03
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をしています。

    今回は、先入観です。
    JKと不純異性交遊をした罪で捕まった男。
    罪は認めているが、彼には隠していた事があった。
    それに気付いた親友が追求するが・・・!
    こんな流れ。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    ※純愛です



    タイトル「KAORI」



    人物表

    九鞘薫(22、くさや かおる))
    子音有(22、しいん ゆう)
    瓦斯田風子(16、がすだ ふうこ)




    ○大学・キャンバス
    子音有(22)と学生が話している。
    学生「九鞘って知ってる?あいつロリコンで捕まったらしいよ」
    子音「え、どういう事?」
    学生「高校生に不純異性友好だっけ?」
    子音「そんな訳ないよ。九鞘はそんな事する奴じゃ・・・」
    学生「でも捕まったんだって。ほら、これ見てみ」
    スマホを取り出し画面を子音に見せる学生。
    子音「やばいと思ったが込み上げるモノを抑えられなかった・・・嘘だ!」
    走っていく子音。
    学生「あいつら仲良かったっけ・・・?」

    ○大学・前
    スマホを手に出て来る子音。
    子音のN「くそっ、ラインも電話もつながらない。一体何があったんだよ・・・。あんなにいい人が女子高生と・・・そんな訳がないんだ!」

    ○高校・前
    子音が女子高生に話しかけている。
    子音「あの、ごめんなさい。九鞘薫って知ってます?」
    JK「いや、すいません・・・」
    歩いて行くJK。次のJKが歩いてくる。
    子音「あの、すいません。九鞘薫って知ってます?」
    JR「うちの高校の子ですか?」
    子音「いえ、ごめんなさい。なんでもないです・・・。高校名しか分からなかったけど、さすがにきついな」
    瓦斯田風子(16)が歩いてくる。
    子音「あの、九鞘薫って知ってます?」
    風子「はぁ?しらねぇよあんな変態!」
    子音「・・・知ってるんだね?君が九鞘を騙したのか?」
    風子「騙してねーし、うるせぇよ、お前も訴えんぞ」
    子音「話を、話を聞かせて欲しいんだ」
    風子「うっせぇ!警察呼ぶぞ」
    子音「く・・・」

    ○留置場・面会室
    子音が椅子に座っている。
    反対側から現れる九鞘。
    九鞘「よぉ、どうした?俺と話がしたいなんて」
    子音「お前、はめられたんだろ?でないとこんな事・・・」
    九鞘「俺は罪を認めたんだ。その事については何も話すことはないぞ。・・・それよりどうだ?そっちの方は」
    子音「あの女に騙されたんだろ?でないとお前があんなガキに」
    九鞘「ガキじゃない!」
    子音「・・・九鞘」
    九鞘「俺は・・・いや、なんでもない」
    子音「何かあるんだろ?・・・でないと熟女フェチのお前があんな子供に手を出すなんて考えられないんだ。一緒に語り合ったろ?40歳以下は女じゃないって・・・なのになんで」
    九鞘「懐かしいな・・・。でも俺はあの子に惚れたんだ。あの子が俺のことを嫌いになって、その結果俺が捕まった。それでいいじゃないか」
    子音「わかんねーよ!なんであの女にそこまで・・・?お前の好みと全然違うじゃないか・・・」
    九鞘「俺、隠してた事があったんだ」
    子音「え・・・?」
    九鞘「俺、実はすげぇスカトロマニアでさ」
    子音「・・・嘘だ。そんなの初耳だぞ」
    九鞘「言ってなかったからな。・・・お前、いい奴だな」
    子音「なんだよ急に・・・」
    九鞘「あの子は悪くないんだ。でも、あの子の屁・・・めちゃめちゃ臭いんだよ」
    子音「・・・」
    九鞘「一目ぼれ・・・ひと嗅ぎ惚れって言うのかな。あの子に夢中になっちまって・・・。本気だった、一度もそういう事はしてない。結婚も考えてたんだけど・・・」
    子音「九鞘・・・」
    九鞘「俺があの子のオナラ、嗅がせてって言ったら怒っちゃってさ。それで警察に言われて、このざまさ」
    子音「俺は・・・お前の全てを知ってると思って・・・」
    九鞘「あんな子が現れるなんて思ってなかったんだ。地獄まで持っていくつもりだった。でも、出会っちまったんだよ、運命の皮肉だな」
    子音「俺は・・・どうしたらいい?」
    九鞘「何もない。心配してくれたんだな、ありがとう。でも、あの子にも近づかないでくれ、あの子は悪くない。俺は幸せだったよ・・・、目を閉じるとあの子の屁の匂いがいつでも嗅げるんだ。こんなに幸せな事って、ないよな?」
    子音「く、九鞘ぁ!」
    九鞘「ああ、良かったらまた来てくれよ。次からはもう、この話はなしだ。じゃあ、またな」
    子音「・・・」

    ○大学・キャンバス
    子音と他学生が話している。
    他学生「九鞘って知ってる?あいつJKとやって捕まったんだって。最低だな!」
    子音「・・・そういう事もあるんじゃないか?」
    他学生「あ・・・そうかもな」

    END


  • ハイパースーツ取締り班

    2018-04-09 21:23
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をしています。

    今回は、ヒーロー並の力を持てるスーツが出来た時代に、
    正義も悪もなく、違法改造を取り締まる公僕の話。
    の予定だったんですが、まぁ大体脱線。
    適当なコメディとなりました。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    なにこれ?ってなると思いますが、知ってます。





    タイトル「ハイパースーツ取締り班」




    人物表
    公僕剛(22)
    三つマングローブ(33)
    極悪毒蝮(38)
    モーブ・G・ハイントリヒ(99)




    ○路地(路地)
    極悪毒蝮(38、ごくあく どくまむし)がモーブ・G・ハイントリヒ(99)を羽交い絞めにしている。
    極悪「ゲッヒャヒャハハ!俺はハイパースーツをえげつねぇことに使いまくる筋肉ムキムキの大悪漢だぜぇ!」
    モーブ「おたっおたっおたた!!おたすけぇえええ~~!!」
    三つの声「待て!」
    極悪「ん・・・誰だ!」
    三つの声「いいんだよ俺の名前は」
    極悪「じゃあ黙ってろぉ!」
    三つマングローブ(33)が路地の角から現れる。
    三つ「ひとつ人より人でなし、ふたつフル.チンさながらに、みっつマングローブ。そう、我が名は三つマングローブ!!」
    極悪「結局名乗るんかよぉ!」
    モーブ「語呂悪いのぉ」
    三つ「俺が許しても俺が許さん、悪は」
    極悪「てめぇもミンチにしてお母さんのハンバーグにしてやらぁ!」
    三つ「待て、貴様いいスーツを着ているな」
    極悪「・・・うふ、分かる?」
    三つ「でも俺の方がいいスーツだ」
    極悪「あんだとごらぁ!」
    三つ「この通り、ビルの一つや二つ」
    ビルを殴る三つ、崩壊。
    極悪「やるじゃねぇか!でも俺のはビンッビンに来てるぜぇえ!」
    ビルを殴る極悪、ビルが二つ崩壊。
    三つ「中々やるな。でも俺の方が正義の力でとてもとても」
    高層ビルの側面を駆け上がり振動と崩壊を共に落ちてくる三つ。
    極悪「あぁ・・・最高だぁ。今夜は荒れるぜぇ・・・」
    モーブ「ひぃ、おたっおたっおーたたたたたた!」
    極悪「始めるかぁ・・・脳がいっちまいそうだぁ!」
    三つ「正義はあれしない。結構あれだ」
    公僕剛(22)が歩いてくる。
    公僕「おい、お前等いい加減にしろ。苦情来てるぞ」
    極悪「お楽しみに水さすんじゃねぇよぉ!お前はジョーロか!ジョーロ太郎か!」
    公僕「俺はただの・・・公僕だ」
    逃げ出す三つ。
    三つ「俺は次で免停なんだ。勝負は質屋だ」
    極悪「おい待てよぉ!俺のビンッビンになったあれはどうしてくれるるんだろぉぉぉぉ!」
    公僕「留置所で処理しな」
    極悪を蹴り飛ばす公僕、極悪が吹き飛んでツインタワーを貫通。崩壊するツインタワー。
    公僕「過剰強化違反だ」
    モーブ「なっなななっ、お前ほんとに公務員か?ひどい事しよってからに」
    公僕「街をこんなに崩壊させやがって、あのトリンプタワーまで壊すとか最低だな」
    モーブ「・・・あれはまだ壊れとらんぞ?」
    公僕がモーブを殴り飛ばす、トリンプタワーへ飛んでいくモーブ。
    モーブ「なんでワシがー!?」
    公僕「100歳近い爺が夜中にスーツを着て痴漢しまくってるって報告があってな・・・。お前じゃないかもしれないがついでに検挙しとく」

    ○高速道路
    走っている三つ。
    三つ「ふふ、ここまで逃げれば正義の血潮は安らかに」
    空を見上げる三つ。満月が出ている。
    三つ「月が綺麗だ・・・ん?」
    月が光る、落ちてくる公僕。三つを踏みつけ地面にめり込む。
    公僕「月が・・・綺麗だなぁ・・・」

    END