• このエントリーをはてなブックマークに追加
【単焦点レンズ編】          デジタル一眼でのコスプレ撮影     【Powered by キヤノンMJ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【単焦点レンズ編】          デジタル一眼でのコスプレ撮影     【Powered by キヤノンMJ】

2018-10-24 18:00
    池袋ハロウィンコスプレフェスまで、あと3日程となりました。本企画も第二回目を迎えております。今回は単焦点レンズの作例を紹介していきます。単焦点レンズの特長として明るさが上げられます。F値の小さいレンズほど多くの光を取り込むことができ、暗い場所でも明るく撮影しやすいですが、一方でF値が小さい状態はピントが合う範囲が狭くなります。(被写界深度が浅いとも言います。)このピントが合わずにボケる部分を上手く使うのも単焦点レンズの楽しみといえます。是非、当日持っていくレンズ選びや、写真撮影の参考にしてください。

    作例1

    e7511c214450b89f1b80c432d6dcc0fdec6f5747
    撮影 HAYATO モデル  
    カメラ       Canon EOS 5D Mark IV
    レンズ       EF35mm F2 IS USM
    焦点距離      35mm
    シャッタースピード 1/60
    絞り        f2.0
    ISO感度      250
    ストロボ      無し

    この写真の撮影ポイント

    ・狭い空間の中で動きを感じさせる

    この作例では、下半身や床がすこしボケるぐらいの被写界深度にすることで、狭い空間の中でも躍動感のある写真になっています。単焦点のレンズは明るいものが多いためこのような表現ができます。また、体や指先が少し欠けるぐらいのフレーミングがその先を想像させ、動きのある演出に繋がっています。

    作例2

    034e3a5c4accb11393e353524e431287d62ce388
    撮影 HAYATO モデル 壇乃らぷこ
    カメラ       Canon EOS 5D Mark IV
    レンズ       EF35mm F2 IS USM
    焦点距離      35mm
    シャッタースピード 1/80
    絞り        f2.5
    ISO感度      200
    ストロボ      無し

    この写真の撮影ポイント

    ・瞳にピントを合わせて背景をぼかして顔を際立たせた

    作例1より分かりやすくボケを演出した作例です。顔の中でも最も存在感のある目にピントを合わせることで写真の中でメリハリが生まれ、自然にそこに視線が誘導されるようになっています。こちらも明るい単焦点レンズならではの作例です。

    作例3

    8bae980130f56e108c4a38ca2ab8ef8824458230
    撮影 HAYATO モデル イオ
    カメラ       Canon EOS 6D
    レンズ       EF24mm F2.8 IS USM
    焦点距離      24mm
    シャッタースピード 1/100
    絞り        f3.2
    ISO感度      400
    ストロボ      無し

    この写真の撮影ポイント

    ・部分的な間接光と影を取り込み立体感を出すために真上から単焦点レンズで撮影

    この作例では少し広角めの単焦点を利用しています。全身を写しつつ窓から入る光で生まれる陰影をうまく表現しています。若干ボケぎみの床に反射した窓が薄っすら映っているところも素敵です。

    作例4

    ebdd4030e9d4a85a413a5067522bf59dbf995cb3
    撮影 HAYATO モデル  瑚夏
    カメラ       Canon EOS 6D
    レンズ       EF24mm F2.8 IS USM
    焦点距離      24mm
    シャッタースピード 1/160
    絞り        f2.8
    ISO感度      100
    ストロボ      無し

    この写真の撮影ポイント

    ・狭い空間での背景ボケのために単焦点レンズを使用

    この作例では作例2に近い形で顔に焦点を当てつつ、広角ぎみのレンズを利用することで体全体を上から写しています。浅い被写界深度を生かして比較的近くにある床や壁もボカすことで、人物の存在感を上げています。

    次回の【望遠レンズ編】は26日(金)に更新予定です。池ハロ当日は「ガチ撮影エリア Powered by キヤノンマーケティングジャパン」にて素敵な写真を撮影してください。ガチ撮影エリアではSDカードをお持ちいただくだけでキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」や最新ミラーレスカメラの「EOS R」を用いて撮影が可能です。「EOS 5D Mark IV」には「EF24-70mm F2.8L II USM」を装着しており、希望者には「EF70-200mm F2.8L III USM(※数に限りがあります)」を貸出しています。「EOS R」には「RF24-105mm F4 L IS USM」を装着しており、希望者には「RF50mm F1.2 L USM(※数に限りがあります)」を貸出しています。さまざまなレンズで皆様の感性を存分に発揮していただければ幸いです。是非、ご来場ください。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。