• ついに神奈川県にも自転車保険義務化の波が、、

    2018-06-20 10:53
    今朝神奈川新聞のこんな記事を読みました

    http://www.kanaloco.jp/article/339981

    この件に関しては何回かブログでも取り上げています。

    端的に

    「多分意味無いから、それを前提に話し合いましょう」

    というのが我が国で一番公的な見解で、自分もそれを全面的に支持しています。


    さて、その神奈川新聞の記事ですが文章コピペできなかったので以下に概要を書きます。

    ------------------

    自転車が関係する重大事故が増加し多額の損害賠償を求められる事例が相次いでいるので、県は19日自転車利用者に損賠賠償加入を義務つける条例を制定する方針を示した。
    年度内の制定を目指す。

    同様の条例が相模原市にあるが、罰則規定はない。都道府県単位での保険義務付けは現在6府県

    昨年1年間の県内の交通事故数は前年比5.3%増で17年ぶり。
    とりわけ自転車関係は11.1%増加

    自転車事故を巡っては12月に川崎市内のスマホ女子大生の死亡事故などあり、小中、高校生が加害者になるケースもある。
    一方加害者に高額賠償を求める判例が全国的に相次ぎ、保険加入を求める声が高まっている。

    黒岩知事は自転車損害賠償保険の加入促進は大変重要との認識。
    「検討に当たっては、県民、事業者を始め関係団体などの意見を丁寧にうかがい、取り組んでいく」と述べた。

    19日の県議会本会議で、河本文雄(自民党)の代表質問に答えた。

    -------------------------

    この手の記事に関する批判は今までもやり続けていまして、今回も全く同じ手法です。

    まず、この手の記事に必ず書かれる事故増加という言葉。

    全国的に長い目で見ると激減している事は間違いなく、死亡事故に関してはずっと横ばいです。

    昨年増加している事は知っていますが、永続的に適用される県の条例を作るにあたり、短期的で限定的なデータを利用するのはいかがな物でしょうか。

    自転車保険義務化に関して反論したい事を挙げればキリはありませんので、この件に関する一番公的な物をご紹介します。


    平成三十年二月二十六日提出
    質問第一〇〇号

    自転車事故対策と損害賠償責任保険等に関する質問主意書

    提出者  松平浩一



    http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a196100.htm

    平成三十年三月六日受領
    答弁第一〇〇号

      内閣衆質一九六第一〇〇号
      平成三十年三月六日
    内閣総理大臣 安倍晋三

           衆議院議長 大島理森 殿

    衆議院議員松平浩一君提出自転車事故対策と損害賠償責任保険等に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。


    http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b196100.htm



    短いので是非とも全文読んでいただきたいのですが、一番重要だと思う部分はココです。


     政府としては、一部の地方公共団体において、自転車利用者に対して、自転車の交通事故により被保険者が損害賠償の責任を負うことによって生ずることのある損害を填補する保険への加入を義務付けていることは承知しているが、当該義務付けによる効果等については把握していない。

     政府としては、自転車利用者に対して、一律に、自転車の交通事故により被保険者が損害賠償の責任を負うことによって生ずることのある損害を填補する保険への加入を義務付けることについては、これによる負担の増加に対する理解が得られるか議論を要するため、慎重に検討する必要があると考えている。




    最初に書いた通り、端的に、意味無いかもしれないという前提で話し合いましょう。

    って書かれてます。

    別に地方議会が国と違う意見を持っていても良いですが、そうならそうという前提をキチンと提示するべきではないでしょうか。


  • 広告
  • 車のライトが自転車単独死亡事故の原因の一つかも?

    2017-12-07 13:38

    当ブログがここ数年で大きく言いたい事の一つが「自転車単独死亡事故の増加」です。

    コレ(増加では無く単独死亡事故)の原因にもなるかもな?という事例を思い出したので記事を書く事にしました。

    先ほどツイッターで見た、とあるブログ記事(http://syaoruu.hateblo.jp/entry/2017/12/06/164555)で思い出したのですが、自分も似たような経験でとてつもなく眩しく、危険な思いをしていました。

    ★その後また関連ブログを投稿下さいました。
    (http://syaoruu.hateblo.jp/entry/2017/12/07/235705)


    今でもたまに眩しい思いをして、危険を感じる事があります。



    とてつもなく眩しく、危険な思いをしたのは自転車に乗り始めた頃(10年程前)です。
    その道路は流石に眩しすぎる+昼だとしても良い道では無かったので、後に違う道を走るようになりましたが、その道は

    1.街灯が少ない
    2.逆走側しか歩道が無く、車道が狭かった(今なら車道走行するが当時は歩道を選択)

    という、車のヘッドライトがとんでもなく眩しくなる条件に加え

    3.歩道の整備がそれ程良くなく、悪路面や障害物もある

    という最悪に近い状態でした。


    自分は幸い、他の道の方が便利だったので良いのですが、その道を今でも自転車で通っている方はいらっしゃるのでしょうし、全国には似たような状況の道路が沢山あるのだろうと思います。

    また最近でも、夜のサイクリングロードや交通量の少ない細い道を走る時に、所々似たような思いをする事が、少々とは言えあります。

    恐らくですが、自転車が眩しい思いをしやすい道路は

    1.暗い
    2.狭い
    3.坂
    4.逆走側の歩道(逆走)

    がありそうで、1~3については車であっても暗くて危ないので、大変申し訳ないながら自分としては対向する自転車の為に気を使う事は難しそうで、他の方も同様ではないかと思います。

    4については、ひょっとしたら自転車側の工夫で少しはマシになるのかも?という気がします。




    さておき、危険とは何を危険とするのか?というのは難しく、上記したような暗い道路が沢山あった所で、それによる被害が出ていないのであれば、対策を急ぐ必要は無さそうに思うのですが、「自転車単独死亡事故」は以前から年間50名程度の死者を出していますし、最近では100名を超える方が死者が出ていて、その数は急激に増えています。
    (他の事故は一切増えてません。むしろ急激に減っています)

    増加の原因として、暗くてヘッドライトが眩しいというような道路が増えたという事は無さそうですが、自転車に乗る高齢者が増えての死者増加かも?という推測からしても、このような「眩しい道路」の対策はひょっとしたら必要なのかもしれません。


    自転車単独死亡事故に関しては、原因すらロクに調べられていないように感じます。

    そもそもこの増加に気付いて発言してる人なんて殆どいないですよね?


    警察庁の統計では「工作物衝突」「転倒」「その他」と分けられていますが、昨年亡くなられた120名の内80名が「その他」に分類されています。






    これらの中に、対向車のライトが事故原因の一つになっている物も沢山含まれていあるかもしれません。

    いつどこでどのような人が亡くなっているか、きちんと調べて公開して頂きたいです。

    自転車に関して無頓着な社会であればこれを放置するのは理解できるのですが、昨今自転車に対して様々な話が出ている中で、自転車の事故や便利な使い方に興味を持っておられる多くの方々がこの件を無視し続けている現状が自分には理解できません。


    ※関連記事

    「自転車単独死亡事故死者数の増加止まらず。比率はついに1/4に。」

    http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1208781

    「自転車単独死亡事故増加の原因はコレかも」

    http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1077730

    「自転車単独死亡事故、1997年からの推移」


    http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar479788

    ★添付していた画像は数年前の死亡事故数の物でした。最新の死亡数&単独死亡事故のカテゴリーがある物に入れ替えました。
    入れ替え前の画像はこちらです。



  • 【トラック協会に】大型車と自転車集団走行に関して【電凸しました】

    2017-12-05 13:03
    某動画(https://youtu.be/x8LnMz4bVwM)以来この事をずっと考え、ブログ記事(http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1367646)も一つ書きましたが、折角なのでトラック協会に電話で質問させて頂き、関連する意見も伝えさせて頂きました。

     以下、なるべく電話の内容そのままのつもりです。


     質問

    Q1.某動画はとても再生数が多く影響が大きいと思ったので質問させて頂きます。
     その動画内で「自転車の集団走行をやめろ」と主張していましたが、トラック協会の見解として自転車の集団走行をやめろと仰いますか?

    A1.違法性が無いのでやめろとは言いません。
     トラックも自転車も法律の範囲内で通行すべきだと思います。


    Q2.違法性について、車間距離等の違法性を問おうと思えば問えるかもしれません。
     日本には沢山の法律があり、素人が全てを理解し遵守する事はできないと思います。
     現状警察は当該行為を黙認していますが、警察が黙認する程の軽微な違法性を問いますか?

    A2.細かい法律についての考え方に同意します。
     警察が黙認している事についてトラック協会として特別違法性を問う事はしません。


    Q3.当該行為の危険性をどう考えますか?(自分もそれなりに危険だとは思っていますが)
     現在事故の総数は減っていますが、当該行為に関する個別の事故の増加等ありますか?
     危険性を問うのに個人の感覚に頼るよりは、諸々データの比較や解析に頼るべきで、それを計るのはとても難しいと思いますが、いかがでしょうか?

    A3.個人の感じた危険はある程度その通りだと思います。
     個別の増加データはわかりません。事故は現在大幅に減っています。
     危険性について計るのは、仰る通りとても難しいと思います。



     意見

     このような「自転車集団走行やめろ」という要求が出て、それがある程度支持されてしまう背景には、

    1.例え郊外の沿道であろうと、高速道路が併設されていようと*1、大型車が「我が物顔で走れて当然」という考え

    2.車道を走る自転車を危険で邪魔に感じる

    という二つがあるのではないかと思います。
     
    1.高速料金を節約せざるを得ない状況はあると思いますが、そういう車にはより一層深く周囲へ与える悪影響(騒音や事故等)について理解させ、自覚を持って頂くべきでは無いでしょうか。
     勿論高速道路が併設されていなくても、郊外の沿道では同じような影響があります。
     ですが、心証としてより一層強く感じています。
     
    2.車道自転車にも当然危険はあるとは思いますが、最近(特に大型車は)事故が急激に減っているので「危険になった」という考えは間違っていると思います。

     邪魔に感じるのは当然かもしれませんが、自転車利用による渋滞の抑止効果はとても高くあります。
     例えその場で抜くのが困難な自転車があったとしても、移動時間が増える事は有り得えません。
     逆に、自転車によってトータルの移動時間が短くなると期待されているはずです。

     この2点について内容吟味して頂き、同意頂けるならトラックドライバーさんに周知頂けると幸いです。



    トラック協会「トラック協会としての考えや声明に反映できるかどうかお約束はできませんが、貴重な意見として承ります。」




    という、極力紳士的で普通のお電話させて頂きました。

     電話の前にメモを書き、上記の通りの事を伝えようと電話したのですが、某動画でという枕言葉が無いと電話の意味が伝わりにくいかと思い、その話を軽くした所、特に最初に対応して下さった女性の方が、「動画を削除させたいんですか?」的な事を仰り、どうやら自分がそういう筋違いな要求をしてきたのかと勘違いされたのか、また、動画で大型車が危険だと言うなら危険なんじゃないですか?的な事を仰り、中々話が進みませんでしたが、10分後くらいに代わって下さった男性の方には極力上記の質問と意見を言おうとしている姿勢を見せて、話が軌道に乗りました。
    端的に真意を伝えるのってとっても難しいですね。


     質問に対する答えはご覧頂いた通り普通でした。
     これは想定通りでした。

     当然ですが、某動画に対する意見を求めたり、反対するならその声明を出せだとか、削除依頼を出せだとかいう筋違いな事は一切思ってもいないし、一言も発したつもりはありません。

     意見については電話でも受け付けてくれるとの事だったのでお伝えしました。

     普通が一番だと思います。



     最後に、自転車の集団走行はいついかなる場所でやるとしても、それなりに違法性と危険性と迷惑があると思っています。

    A.TPOをわきまえるべき
    B.関係者が何らかのガイドラインを公開すべき

     という前々からの主張と、思った通りトラック協会はキチンとした所だなと感じたという事で締めさせて頂きます。


    *1 前ブログの 4 にこの事を詳しく書いています。
     トラック協会の方にもこの説明をし、自分の話す内容を理解はして下さいました。
     本当にそうなのか(高速が併設されている所でよく起きているのか)について調べて頂けるといいのですけどね。
     ただし、そうじゃないとしても「我が物顔で」云々については元々思っていた事ですので、別に自転車集団走行と遭遇しようがしまいが同じ意見です。(高速が併設されている時に特にそう思いますが、別に無くても一緒ですけど)