• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【コラム】番組内で欠場中のバカ社長からメッセージ!どうなる2018年の666

    2018-01-30 22:57
    a0a98359ae55658af5966ae51092bcd297615c61

    暗黒プロレス組織666の絶対的カリスマであるザ・クレイジーSKB社長(以下バカ社長)が、病気療養のため活動を休止してから1年以上が経った。

    元々ニコプロでもバカ社長が出場する試合は、諸々の事情により放送出来なかったので、もしかしたらニコプロだけで666を見ている方には大きな変化がないのかもしれないが、実際の会場ではやはりバカ社長がいない寂しさというか、もの足りなさは正直言ってあった。

    それはニコプロでのレギュラー番組である『666の生で×× 涅槃でポン!!!!!!』も同じで、やはりバカ社長がスタジオに入ると、ピリッとした緊張感があり、自然と番組が跳ねることが多かった。もしかしたら、演者もスタッフもどこかで「社長に面白いと思ってもらいたい!」という意識があったのかもしれない。

    この緊急事態にラム会長が電撃復帰。当初こそ7年というブランクが影響していたが、そんなラム会長のピンチを救おうと、葛西純や“黒天使”沼澤邪鬼、“brother”YASSHIといった助っ人が次々と参戦。ところが、せっかく豪華メンバーが参戦しても、ラム会長の試合もバカ社長同様、諸々の事情によりニコプロでも放送が出来ない。何ともフラストレーションの溜まる放送になってしまっていた。

    そこで思い切って、生中継が恒例だった666を録画中継に変更した。ラム会長の試合も編集技術を駆使して、可能な限り放送するという方法を試みた。さらに場内実況のある666だが、選手によるコメンタリーを加え、試合中継後にはそのまま選手が生出演する『涅槃でポン!!!!!!』を放送。大会こそ録画になったが、選手が多数出演する生放送という666特有の“危うさ”は残すという方法に出た。

    お陰様でこれがなかなか好評なのだが、1月30日に放送した昨年12・23新木場大会「666 vol.80」のメインイベントは、さすがに放送が難しい内容だった。放送をご覧になった方はお分かりだと思うし、まだ見ていないという方は2月6日までタイムシフト視聴可能なので、ぜひ確認してほしい。兎にも角にも超強力な電波障害に遭ってしまい、ああいう形になってしまった、ということをご理解いただきたい。


    しかし、ああいう形ではあったが、久しぶりにバカ社長が我々の前に姿を現した……いや、正直なところ、バカ社長の姿は残念ながら近景ではないし、バカ社長からのメッセージも肉声ではない。だが、間違いなく本人からのメッセージである。バカ社長が欠場してから公式なコメントが出たのは今回が初。ミュージシャンとしてでもなく、リリースという形でもなく、ニコプロを電波ジャックして出されたバカ社長からのメッセージは、666の構成員たちに対しての指令だったのだ。

    また、666本戦のメインイベントが放送出来なかったお詫びとして、昨年11月28日の新宿二丁目プロレスから、メインイベントでおこなわれたダイスケvs忍の新宿二丁目プロレス認定王座ILNPタイトルマッチを放送させてもらった。この一戦は引退試合を間近に控えたダイスケが、ニチョプロの王者として忍の挑戦を受けた試合だが、何とこの二人のシングルマッチはこの試合が最初にして最後。

    ライバルであり、盟友であるダイスケと忍だが、唯一のシングルマッチがリングではなくマットの上、ニチョプロのリングだったのは結果的には良かったのではないだろうか。放送ではお客さんにモザイクがかかっているため分かりづらいと思うが、試合が進むにつれ両者の想いを感じ取ったお客さんが次々と涙していくのだ。これは選手と観客の近さだったり、ある種の特殊空間であるニチョプロだからこその伝わりやすさがあったと思う。

    当日、ダイスケへのサプライズとしてスクリーンで流されたニチョプロメンバーからのビデオメッセージまで完全放送しているので、ぜひ見ていただきたい。ちなみにダイスケの引退試合がおこなわれたガッツワールドの12・2新木場大会も、2月2日の20時から放送されるので、併せてご覧ください。


    バカ社長が欠場してからというもの、666の選手たちは「バカ社長が帰ってくる場所を守っていこう」と、それぞれがプロレスラーとして着実に力をつけてきている。宮本裕向は様々な団体に参戦し、現在は爆破王とDDT EXTREME級の二冠王。山田太郎や竹田光珠もいろいろな団体に参戦しているし、そのほかの若手たちも負けじと頑張っている。そして忍は大日本プロレスのジュニア王者として活躍しながら、プロデューサーとしてニチョプロを定期的に開催。ニチョプロはすっかり人気ブランドとなった。

    666はここらでもうひと勝負出来るだけの力をつけてきた。だからこそバカ社長もあのメッセージを選手たちに送ったのだろう。より無秩序で無差別になりそうな2018年の666は、基本的には会場で感染(観戦)されることをお薦めする。放送出来ない部分は今後も間違いなく出て来るだろう。それが666だ。しかしニコプロの666中継&涅槃でポン!!!!!!も、やっぱりアブナイ放送になるだろう。あると思うなタイムシフト!

    文●佐瀬順一
  • 【コラム】猪木vsアリ、前田vsニールセン、鈴木vsスミス…佐藤光留が内柴正人との対戦を熱望する理由

    2018-01-12 13:29
    c07c117747a666dad4ed646f3bfe1896c03cecda

    ハードヒットのプロデューサーにして主催者である佐藤光留から、「内柴正人選手とハードヒットで試合がしたいんですけど、もし内柴選手が出られるとなった場合、ニコプロでの放送とか“ニコプロpresents”は大丈夫ですか?」という電話が来たのは、昨年の10月頃だった。

    ハードヒットは「現在進行形のU」「格闘技としてのプロレス」を遺そうと、パンクラスMISSIONの佐藤光留が自ら主催&プロデュースする大会。以前はDDTプロレスリングの1ブランドだったが、2015年にDDTから様々な権利を光留に譲渡する形で独立。

    光留とロッキー川村を中心に少人数での運営となったため、その後ニコニコプロレスチャンネルが映像面の権利をすべて管理することになり、いわゆる冠スポンサーとして大会名の頭に「ニコプロpresents」と表記されるようになった。

    なぜ光留が「放送は大丈夫か?」と事前に確認する必要が内柴にあるのか、その説明までする必要はないだろう。いまの時代、インターネットでちょっと検索すれば分かるはずだ。交渉が進み、いざ参戦決定となった段階でニコプロから「放送出来ない」なんて言われてしまったら……そう考えて、光留はまず最初にニコプロに確認を入れたのだ。

    コンプライアンスに厳しいこのご時世だが、幸いニコプロからはGOサインが出た。内柴は2017年12月15日に刑期満了となるため、12月30日のハードヒットに出場するのも問題ないと判断。批判的な意見や様々なリスクがあるのは承知の上で、光留は内柴との交渉を本格的に開始した。

    当時、光留がニコプロに出演した際、「ある大物と交渉している」とだけ発言し、いろいろな格闘家やプロレスラーの名前がコメント欄に書き込まれたが、その時点で「内柴正人」という書き込みはなかった。光留としてもこれで内柴を引っ張り出すことが出来れば、あっと驚かすことが出来るという思いを強めただろう。

    だが、なぜ内柴だったのか……。内柴正人は柔道男子66キロ級でアテネ五輪、北京五輪と2大会連続で金メダルを獲得。いまは柔術を本格的にやっており、格闘家として現役バリバリ。何より“強い”のは間違いない。パンクラスに入門し、MMAにも出場経験があり、いまも格闘技としてのプロレスに強いこだわりを持つ佐藤光留は、単純に内柴正人という強いファイターと対戦してみたいと思いが強い。

    プロレスラーにはターニングポイントになる試合があるとよく言われる。あとから考えると、あの選手はあの試合をキッカケに大きく変わったと思えるような試合だ。アントニオ猪木ならモハメド・アリ戦、前田日明ならドン・中矢・ニールセン戦、そして光留の師匠である鈴木みのるならモーリス・スミス戦か。Uの末裔を自称する光留にとって、先人たちが挑んだ一世一代の他流試合こそが内柴戦なのかもしれない。

    もちろん、自身のキャリアやハードヒットのことを考えて、内柴で一発勝負に出る価値ありと判断した部分もあるだろう。やはり話題を集めたり、大きな会場に進出するにはビッグネームが必要だ。光留は人を介しての交渉だけではなく、内柴が現在通っている柔術道場に自ら通い、内柴と一緒に柔術の練習をしながら交渉を進めていった。

    だが、ハードヒットの数週間前、内柴が柔術の大会に出場したことをマスコミが報じた際、そこには「総合格闘技やプロレスへの参戦は否定」と出鼻を挫かれるようなことが書かれてあった。

    それでも光留は内柴に12・30当日、ハードヒットの会場に来場してもらうところまではこぎ着けた。「佐藤光留が内柴にリング上から公開オファー」というニュースは、普段ハードヒットを一切取り上げていないマスコミも報じていたし、12・30「YES, WE ARE HARD HIT!!」は光留プロデュースになってからのハードヒットでは新記録となる超満員札止めの観客を動員。試合こそ実現しなかったが、内柴を引っ張り出しただけの価値は十分あったと思われる。

    当日の様子は1月22日(月)の20時からニコプロで放送するので、ぜひ見ていただきたい。


    ハードヒットのリングで佐藤光留vs内柴正人が実現するかどうか、それはハッキリ言って分からない。もしかしたら今回のハードヒット来場の反応などを見て、もっと大きな格闘技イベントがオファーする可能性だって十分ある。

    簡単には実現しないのは間違いないが、「あり得ないなんてことはあり得ない」のがこの世界。しつこいことにかけては定評のある光留が「諦めないですよ!」と言っている間は、可能性はゼロではないだろう。

    文●佐瀬順一

  • 12月28日「ニコプロ民がMVPとかを決めてみた」実施

    2017-12-27 17:11

    今年もニコプロ民が決めるプロレスアワード「ニコプロ民がMVPとかを決めてみた」を実施します。1228()23時より、視聴者の皆様からコメントを通じ各部門の候補を出していただき、9候補に絞ったあとアンケート機能により投票、選出する方式で、ライヴで決められるのが他のアワードとは違う醍醐味です。制定部門は11。( )内は昨年の結果です。今年も多数の参加をお待ちしております。

     

    ★MVP (内藤哲也)

    ☆ベストバウト(内藤哲也vsケニー・オメガ 新日本プロレス8・13両国国技館)

    ★最優秀団体(新日本プロレス)

    ☆最優秀興行(新日本プロレス4・10両国国技館=IWGPヘビー級戦◎オカダ・カズチカvs内藤哲也ほか)

    ★最優秀タッグ・ユニット(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

    ☆最優秀外国人(ケニー・オメガ)

    ★新人王 (橋本千紘)

    ☆最優秀女子(橋本千紘)

    ★最優秀決めゼリフ・流行語 (ロス・インゴベルナブレス「デ!ハ!ポン!」)

    ☆ベスト・オブ・ザ・ニコプロ出演(青木篤志)

    ★感動賞 ケニー・オメガ G1クライマックス初優勝後のマイク)