• このエントリーをはてなブックマークに追加
【コラム】「ライバルはディズニーランド」藤田峰雄が本気で作り上げる“夢と魔法の王国”チンコプロレス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【コラム】「ライバルはディズニーランド」藤田峰雄が本気で作り上げる“夢と魔法の王国”チンコプロレス

2017-12-13 13:02
    95dd8da2141e6c2ac69920cebf7863d6f765fc34

    藤田峰雄の主催するチンコプロレス11.20新木場1stRING大会が、ニコプロで12月19日の20時から放送される。


    チンコプロレスは週刊プロレスの選手名鑑でも「チ●コプロレス」と、伏せ字で表記されてしまうため、下ネタ全開のコミカルな団体だと思っている人もいるだろう。だが、藤田はチンコプロレスを「夢と魔法の王国」と表現し、チンコプロレスはほかの団体と勝負しているのではなく、ライバルはディズニーランドだと公言している。

    藤田は元々人気も実力もある選手で、メジャー団体にも参戦経験が豊富だ。いつかは何かしらの“トップ”に立つ選手だと思っていたが、正直なかなか爆発することはなかった。
    気付いたら“チンチンの人”になっていたが、何もメジャー団体のレギュラーになり、ベルトを獲るだけがトップではない。自分のやりたいスタイル、自分が思い描くプロレスをやり、お客さんの支持が得られれば、それはある意味でトップに立つと言ってもいいだろう。いまや藤田のプロレススタイルは唯一無二であり、チンコプロレスのトップは間違いなく藤田峰雄だ。

    藤田はプロデューサーとしてもチンコプロレスで手腕を振るっている。ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドやカリブの海賊にも実はストーリーがあったように、藤田vsザ・グレート・サスケにも「藤田はデビュー前にみちのくプロレスの入門テストを受けていた」というストーリーがある。
    色恋沙汰マッチに出場した田村和宏と竹田誠志も、STYLE-E解散以降はほとんど絡む機会がなかったのだが、このリングで久しぶりに絡んだ結果、予想の斜め上を行く展開となった。

    ストーリーを知らない人でも「チンコ」という実に分かりやすい魔法のアイテムを介すことで、プロレスを楽しむことが出来る。それでいて、チンコプロレスの真髄やストーリーを知ればより楽しめる。何回行っても飽きることがない夢と魔法の国をライバル視しているだけのことはある。
    プロデューサーとしての藤田のこだわりは細部にまでわたる。リング上のことはもちろんだが、マスコミに対する情報の出し方にまで独特のこだわりがある。

    ニコプロでも毎大会放送出来るとは限らないし、ニコプロ名物のコメンタリーに関しても「世界観を大切にしたい」という思いから、藤田本人とチンコプロレスに旗揚げ前からスタッフとして関わっている弥武芳郎リングアナのコンビ以外は考えられない。それだけにお二人のスケジュールが揃う日でないと放送出来ないのだ。
    世界観を大切にするが故の強いこだわり、この辺は“ライバル”のディスニーランドにだって負けないのだが、ディズニーランドの名前を出す度に「いくら何でもディズニーランドって」と笑う人もいるかもしれない。

    だが、「ありえないなんて事はありえない」……プロレス界ではよく聞く言葉だ。とにかくまだ見たことがない人は、一度チンコプロレスを見ていただきたい。本来危険だから“反則”として禁止している急所攻撃を解禁しているということを考えても、チンコプロレスが単なるコミカルな試合で終わらないことは分かるはずだ。
    藤田峰雄が男にとってとっても大切なもの、“チンコ”をかけて作り上げる夢と魔法の王国。「“せいし”をかけた闘い」というキャッチコピーは、実はシャレではない。藤田峰雄の本気を刮目せよ!

    文●佐瀬順一
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ニコプロマガジン
    更新頻度: 毎月2本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。