• パワフルズ・キリエ「申し訳ありません」大炎上でレイスに敗戦・・・・・・

    2018-10-18 19:282時間前


    前回完封をしたレイスにまさかの大炎上。6回を被安打10の失点6と試合を作れなかった。
    「申し訳ありませんでした。これしか言えません」と試合後にうつむいて球場を去ったキリエ。ISTの時からは考えられないような4被弾だった。

    クロノ監督は「今日のキリエは悪かった・・・・・・と言いたいところだったけど、レイスが完全にキリエ対策をしてきていた。気づけなかった僕のミスだ。レイスには負けてしまったけれど大会はこれから。次のファインズ戦へ切り替えていきます」と話した。
    パワフルズの悩みは尽きない。フェイトは4打数無安打。なのはもヒットは打ったものの、1回のチャンスで打ってほしかった。はやてに本塁打は出たが、打線は全体的に不調。ISTの勢いはどこに行ったやらである。
    「まだ1戦目。次は絶対に勝つ」と強く話した主将なのはだったが、レイス敗北が最下位再来の序章にならなければいいが・・・・・・




    叶に2打席連続本塁打を被弾し、汗を拭うキリエ投手
  • 広告
  • レイス・「これは序章に過ぎないよ」指揮官の不敵な笑み!?レイス3連覇に死角なし!

    2018-10-18 19:182時間前
    レイスがキリエに熱い『恩返し』だ。
    叶とシャルルが2本ずつホームランを放ち、立夏・義之にもタイムリー。
    レイスの立役者たちが次々と完封されたキリエから快音を響かせた。

    「前回はこっぴどくやられてるからね。二度同じ結果にしたら杉並に叱られるもの」と立夏は話した。
    杏に快音はなかったものの、それ以外の野手は全員安打。美夏と音姫が盗塁を決めるなど、パワフルズをかき回して勝利した。
    試合後に指揮官は「まずは1つ目。これは風見レイス3連覇の序章に過ぎない。私たち風見レイス3連覇に死角はないわ」と強気に語った。
    前回やられたパワフルズにはこれで引導を渡した。次は一体どの球団がレイス死神打線の餌食になるのだろうか。
    私達の不安は拭われることはない。
  • ファインズ、私達がいる!Aqoursの2人がM@STERS撃破の立役者!

    2018-10-18 19:012時間前
    ▼ラブライブファインズ5-0IDOLM@STERS(17日・福岡ヤフオクドーム)

    ファインズのAqours唯一のレギュラー2人が圧巻の活躍を見せた。
    まずは打の渡辺曜。5打席4打数4安打1四球。出塁率1.00と1番打者として大暴れ。塁に出てM@STERS投手陣をかき回した。
    そして投の千歌。9回を投げきり、4安打95球の無四球完封勝利。今までの悔しさをすべてぶつけ、本来の姿を取り戻した。
    試合後に指揮官は「今日はAqoursの2人がやってくれました。高海さんもエースとしての自覚を持ってくれていますし、渡辺さんも1番に戻って自分らしさを全面に出してくれました。まず1つ勝てましたし、ここからが本番。勝てるものならすべて勝って優勝したいですからね。1つ1つ私はできることをしっかりやっていくだけです」と振り返った。
    南監督は2回、2ストライクから海未にサインを送り、配球を指示するのかと思いきや、盗塁読み。海未はこれに頷くとインコースにストレートを要求。指揮官の狙い通りに盗塁を刺した。
    解説を務めていたh@ru氏も「今回は監督の差が出てしまいましたね。M@STERSがしかけた2度の盗塁ですが、いずれもファインズ側ベンチからサインが出て読まれていました。点を取りたいが故に焦りすぎた結果です。今回は謙虚に結果を受け止め、弱さを受け入れたファインズの研究勝ちと言える試合でした。M@STERSはクリーンナップに頼りすぎなところが抜けない。このままではどのチームにもやよい・あずさ・春香を処理されて負けてしまうでしょうね」と話す。

    ISTでは2連敗で終戦。ファインズのメンバーは自分たちの弱さ、情けなさを悔やみ、必死に練習し続けた。その結果に奪い取ったレギュラー。ベンチにすら入れなかった2軍選手たちのことを考えると、やってやるとなっているはずだ。
    リーグ時代の強さを取り戻しつつあるファインズ。このまま快進撃を続け、レイスを射程に捉える。