• 自民党の支持拡大?化学総連が自民党を支援するらしい

    2017-02-14 19:00
    皆様

    どうも、管理人(かおすくんさん)です。

    さて、産経新聞が以下のニュースを報道。
    連合離脱の化学総連が自民党支援へ 次期衆院選、「民進党離れ」加速も

    http://www.sankei.com/politics/news/170214/plt1702140011-n1.html


    自民党がいよいよ労組から支援を受けることに?コンビニ化が加速ですね。


    国内労組は官公庁の旧総評系(社会党・共産党)と、民間の旧同盟系(旧民社党系)
    みたいに色々ゴチャゴチャだったようですけど、連合は「両者が合体した組織」。

    連合は民主党(民進党)を支援していますが、野党共闘となると、
    連合内の労組や組合員の中で、支持と不支持に分かれてしまっている模様。
    (旧同盟系は反共意識が濃い。支援を受けた旧民社党は外交タカ派経済左派として知られる)

    連合の状況は以下の動画でも…



    野党共闘に反発し、連合からいち早く脱退(2016年5月頃)したのが
    化学総連(全国化学労働組合総連合)でした。


    着々と自民党は支援の輪を広めていますね。


  • 広告
  • 【月例ネット調査】ニコニコアンケートの結果を見て【2/14追記】

    2017-01-28 00:22
    皆様

    お久しぶりです。管理人(かおすくんさん)です。

    ニコニコアンケートの月例ネット調査の結果が出ております。
    「月例ネット世論調査2017年1月」結果発表
    https://enquete.nicovideo.jp/result/70

    Q1 安倍内閣支持率
    新聞・テレビ世論調査でも上昇という結果が出ているので、ネットも同様の動き。
    積極的支持に加え、野党に期待しない消極的支持も増えているよう。
    これからもコンビニは大きくなります。これは想定通りです。


    Q2 政党支持率
    自民党が前月より+3%で上昇。

    民進党は前月から支持率が減り1.8%。公明、共産、維新は微減。
    しかし、上記の党は、地域票、組織票、無党派票もあるので何とも。

    社民、自由、こころは微増。こころは数ヶ月ぶりの3%台。
    昨年と違うのは、若者世代の支持率が増え、50歳世代以上の支持が減っていること。
    (これなら「次世代の党復活」でいいかもしれない)


    Q3 今の暮らし向き
    GDPに占める個人消費がどれくらい回復するかが鍵。
    消費増税の影響と賃上げによる効果が、アクセルとブレーキになっている状況?

    「追い風」に乗れ!2017年日銀金融政策 #日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2017/01/02/06350584.html


    Q4 Q5 トランプ大統領について
    アメリカ(オバマ前対等量)は”世界の警察”をやめ、
    トランプ大統領は"世界の傭兵"を目指すのでしょうか。

    世界の軍事バランスは、ロシア・ウクライナ・クリミア、中東、シリア・イラク、
    サウジアラビア、インド、そして中国…トランプ大統領就任以前に、
    とっくに世界のバランスは崩れている訳ですが…今後は果たして。



    就任式に集まった人数で論争しているみたいですが、しょうもない情報戦です。


    TPPはもうどうでもよくて、中国様も喜ぶ東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や、
    日欧EPA(欧州各国議会の選挙もあるので暗雲が漂っていますが)という大物がありますし、
    日米FTA発効、旧TPP批准国同士での新しい枠組み発足も少なからずあり得る状況。

    TPP崩壊でロシアにはどんなプラス
    http://jp.rbth.com/business/2017/01/27/690288

    豪貿易・投資相 TPP代替案を関係国と検討始める | NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010849031000.html


    ・Q6 日本国憲法は国民にとってプラスだったか
    アンケートでは意見が割れている模様。人口1億数千万もいれば、
    受け止め方も千差万別。たた、これだけは言いたい…
    日本国憲法を守るも変えるも「日本人の意思」で決めるべきで、
    他国からとやかく言われる筋合いはないということです。


    ・Q7 天皇陛下のご譲位について
    私みたいな者が「私は天皇の意思を分かっている」など絶対に言えません。
    千年、二千年の重み、明治以降の事を考えると、短期間で決められる事柄ではありません。
    (勝手な意見ですが、本来なら摂政。お気持ちを踏まえると、現実的には特例法→長期的な議論を踏まえて恒久化するか否か)


    ===以下、2/14追記===

    ・Q8 慰安婦像に対する措置について
    良くも悪くも国対国の合意を守れないなら、当然信用関係は崩れるので、
    具体的な対応はやむを得ないでしょう。(慰安婦像に限らずですけど)
    ニコニコ調査に限らず、6割前後が大使帰国を評価し、さらなる対抗を訴える
    という状況は、日韓関係の認識が変わりつつあるということですね。


    ・Q9 財政健全化について
    知識が少ないので詳しくは言えないですが、財政出動、増税減税、財政健全化って
    相容れないイメージがありますけど、以下の方法も手な訳です。

    ・民間投資が少ないときは需要創出のための公共投資(コンクリに限らず)で下支え
     →需要増やす→民間投資を増やす→需要増やす…→結果的に法人税収増やす
    ・個人消費が落ち込む際は減税や補助金→消費量増やす
     →結果的に消費税収増やす

    極端な話、社会保障費と地方交付税を大幅カットして、ほとんど国債費に回すですとか、
    増税&増税で歳入を増やせば、一時的には財政健全化(笑)する訳ですけど、
    明らかに現在の生活水準は維持できないです。身を切る覚悟ができますか?と。
    持続的に財政健全化するにはどうするか?を考えないといけないですね。


    ・Q10 天下りについて
    国家公務員法で官の斡旋だけでなく、求職も働きかけもダメになった訳ですけど、
    「1省庁で発覚したなら、他省庁でもあり得るでしょwwwという疑念を誰でも抱くよね」
    ということしか分からないアンケート結果。


    ・Q11 受動喫煙と健康増進法改正案について
    ”世界"は完全禁煙の流れです。真似ろとは言いませんけど、禁煙の世論は
    今後も強くなるでしょうね。(いかに喫煙家が世論を論理的に説得できるか)

    進んでいる世界の受動喫煙 e-ヘルスネット

    https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-05-002.html



    ・Q12 豊洲移転断念すべきか
    世論は分かれている状態ですね。
    移転しない場合、築地市場の老朽化・地震対策は必須。
    移転する場合、地下水の環境基準値越えの現状をどうするか。(飲むことはないですけど)

    双方が持つそれぞれの問題をどうするかを伝えてほしいところ。
    第3の移転先を考えますか?w



  • 1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

    2016-12-31 13:30
    皆様

    どうも。管理人(かおすくんさん)です。

    ニコ動で活動を開始して約1年。そして平成28年も残すこと僅か。
    今年も関心が持てるニュースが盛りだくさんでした・・・。

    一番の衝撃は、天皇陛下のご譲位に関するお言葉。
    皇室のあり方について、有議論も交わされました。




    また、今年はオリンピックイヤーということで、スポーツが盛り上がりました。
    2020年の東京開催。舛添都知事が辞任(歓喜)し、小池新都知事が就任。
    東京五輪の計画再考が進み始めました。(議論が行われることは良いこと)


    いまは何をしておられるのか…

    お隣の台湾では蔡英文氏が勝利(いまは人事で苦戦しているようです)
    韓国では朴槿恵大統領のスキャンダルで混乱状態。

    英国ではEU離脱派が勝利。EUは何処へ?また、米国はトランプ氏勝利など、
    世界で自国を第一とする政治が広がりました。


    いまは外相をしていますね

    日本国内では参議院選挙もありました。応援した日本のこころは議席を取れず。
    (負け戦の状態でしたが。。。)
    選挙と言えば、今年から日本でも18歳から投票できるようになりましたね。
    若い人たちが政治を意識して生活できるよう、ニコ動でも引き続き頑張ります。


    "日本のこころ"とは何か?本来の党の主張が一番伝わる動画でした


    中野幹事長の動画は、まだ再生数が増えています

    また、今年も災害や事故、犯罪、スキャンダルも多く発生しました。
    熊本や鳥取での地震、岩手・北海道での台風被害等々…。
    国土強靭化はどうなったのでしょうか?常に備えないといけません。


    …という感じで、書ききれないくらい内容盛りだくさんな1年でした。

    来年?どうでしょうか…。
    日本国内では衆議院解散の可能性がありますね。
    自民党にとっては絶妙なタイミングを逃したくないところ。
    ==補足リンク==
    それでも消えない1月衆議院解散、2月総選挙(児玉克哉) -
    Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20161230-00066075/


    また、決定している政治日程としては、欧州で相次いで議会選挙が行われます。
    右派(メディアからは極右と言われますが)がどう台頭するかは注目です。

    社会・経済では何が起こるか分からないです。予想できません。
    良い年になることを祈るばかりです。(祈るだけなら楽)


    と言ったところで、年末の挨拶とさせていただきます。
    1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします!!
    ニコ生できるかな…?