• からきおす杯使用構築 ムウマ入りバシャバンギ バトンモデル

    2017-06-19 03:04
    皆様お久しぶりです。
    動画投稿はじめてからすっかりブロマガを放置してしまったイレベンです。

    6/18に行われたからきおす杯に
    デカグース軸でS2S3連続2000達成しているTN:Trump

    コレ↓


    がリーダーを務め、
    ワンダールームガチ勢などの狂人たちを率いた
    ホワイトハウス」とかいうチームに混ざって参加してきました。

    本チームメンバーの頭のイカレっぷりは
    襷デカグースの議論を4時間ぶっ通しで行うレベルであり
    おかげでツイッターのDMの通知がやばいことになっていた。

    No59.ホワイトハウス
    1.大統領(TN:Trump)★@nogizaka_loony 
    2.ファーストレディ=メラニア(TN:ヨハン)@nomekop_480
    3.娘=イヴァンカ(TN:まぐなむ。)@m_gn_m
    4.娘婿=クシュナー(TN:イレベン)@konomemakuro11
    5.プーチン(TN:t/T)@tTriaak

    今回自分は4番目としての参加。
    これには理由があり、今大会で最も気が狂っているチームDMM.com
    過去に動画で分身フェローチェを用いギッタギタに叩きのめしたエビテ氏
    入っていたのに気づいたので立候補しました。

    さて、今回使ったのはこちらの6匹。

    ムウマ
    バシャーモ
    バンギラス
    ドヒドイデ
    カプ・ブルル
    霊獣ボルトロス

    ムウマを除けば割とテンプレ。
    ゲンガーでいいような並びです。
    ですが、”ムウマだからこそのバシャバンギ”というものもあるんです。
    ただでさえ攻め手が多く型が読みづらいことで有名なバシャバンギ。
    ムウマを加えることでさらにその読みづらさに磨きがかかります。


    例えばトリルを張ってバンギかブルルで攻め
    掃除役にスカーフボルトロスやバシャーモ。(トリルモデル)

    バンギでステロ撒き呪いムウマで暴れてバシャーモで全抜き。(ステロモデル)

    ドヒドイデで毒びしを撒き、バシャーモでみがまも
    地面の一貫を切り、たたりめで攻めるムウマ。(どくびしモデル)

    バシャバンギはムウマの可能性を引き出す強力な構築の一つです。

    その中で今回からきおすに持って行ったのは
    バトンモデルバシャバンギ

    ムウマで起点を作り分身バトンバシャーモから
    3匹のエースに展開します。


    @しんかのきせき
    H167(252)
    A---
    B99(76)
    C123(140)
    D106(4)
    S110(36)

    こごえるかぜ
    フラッシュ
    でんじは
    おきみやげ

    ・今大会のために特別な調整を考えたりはしませんでした。
    別件で使っていた個体の流用です。
    しかし大会ではよく頑張ってくれました。

    今の環境、ただ電磁波を撒くだけならもっといいポケモンがごろごろいる
    (ジャローダとか)
    大切なのは、”地面タイプが相手でもS操作、起点づくりができるかどうか”。
    それがこのこごかぜフラッシュ
    電磁波が効かない地面タイプどころか電気タイプに対しても
    疑似的に電磁波効果の起点作りを行えるムウマです。

    狙い通り、電磁波を外した次ターン透かしに来た地面ポケモンに対しても
    万全の起点づくりをしてくれました。

    選出率100%の大物。
    というか起点づくりはこいつしか用意していません。
    それくらいには信頼していますし、それだけの活躍をしてくれました。




    @じゃくてんほけん

    H175(0)
    A203(244)
    B130(0)
    C---
    D122(12)
    S113(252)

    ストーンエッジ
    じしん
    ちょうはつ
    りゅうのまい

    こちらも別件で使ったものの流用。
    加速バトンからつなぎ、くろいきりを持っていそうな
    レヒレドヒドイデなどにあえて出していき
    ちょうはつで無理やり弱点保険を発動させて突破します。
    意外かもしれないですが、試運転でも恐ろしくよく決まりました。

    他にもナットレイやカバルドンなども起点にできます。

    残念ながら大会では出番がありませんでした。





    @たべのこし

    H177(252)
    A174(68)
    B135
    C---
    D138(180)
    S95

    いわなだれ
    やどりぎのタネ
    ビルドアップ
    みがわり

    こいつがやばかった。

    分身バトンからやどみがする、

    あろうことか一切の草技を切ったいわなだれ1ウエポンブルル


    以前、加速バトンをなんとナットレイにつなぎ、
    電磁波アイアンヘッドでまひるみしながらやどみがする構築を見かけ、
    その考えを取り入れたもの。

    草技の火力は頭おかしいですが、
    一致でなくても普通にA130あるので、わざわざ通りが悪い草技使わなくても
    回避を上げてビルド積めば雪崩で大体の相手に勝てます。
    挑発されいわなだれを押さざるを得なくなった局面で
    草技読みで後投げされたガモスが爆発四散したのは苦笑いしました。

    普通にエースとして強く、ドヒドイデと組み合わせてもいつも通り動けます。



    @マゴのみ

    H173(140)
    A---
    B132(236)
    C130
    D90
    S117(132)

    かえんほうしゃ
    かげぶんしん
    みがわり
    バトンタッチ

    同チームの狂人の一人、t/T(ティーパーティー)が特許を取得した分身バシャーモ。
    ムウマで起点を作ってこいつに回します。
    何をやるかはもはやこれ以上語らなくてもご理解いただけるでしょう。




    @カクトウZ

    H159(36)
    A---
    B98(60)
    C185(156)
    D101(4)
    S168(252)

    10万ボルト
    ヘドロウエーブ
    きあいだま
    わるだくみ

    多分サンムーンでシングルレートやってる人なら腐るほど見たボルトロス。
    3戦目の相手はパーティー全員が受けループかそれに近い構築を使用しており、
    こいつのおかげで全抜きできました。
    やっぱり受けループに対してはめっぽう強い駒であると同時に
    バトンとの相性も抜群に感じました。



    おまけ



    HB黒いヘドロくろいきり。以上。出番なし。




    チーム成績は3戦目敗退
    個人成績は
    1戦目:負け
    2戦目:勝ち
    3戦目:勝ち
    とそれなりの結果は残せました。

    今回はチームにお誘いいただき本当にありがとうございました。
    構築力、プレイング、いろいろな面で自分を高めるよい機会になったと思います。


    BV
    1戦目:UY8G-WWWW-WWW7-EKZH
    2戦目:KBQG-WWWW-WWW7-EKZS
    3戦目:7NLG-WWWW-WWW7-EKP3

  • 広告
  • 【ブロマガ企画】ムウマの新技を諦めきれないトレーナーのための、タマゴ技検証会

    2016-11-17 20:46
    いよいよサンムーン発売。
    サンムーンが発表されてから急いでシナリオを書き換えて
    必死で動画を作った辛い1年。


    ついにこの日がやってきました。


    先日の公式生放送によると
    ムウマは比較的序盤での登場となるようです。
    序盤にゴーストが出るパターンはシリーズ通して初めてではないでしょうかね。
    私もムウマをさっさと捕まえて旅に同行させたいです。



    さてここから本題。
    ぶっちゃけ先日のフラゲ情報によると
    ムウマには新技がないことが明らかになりました。
    ゲンガーの弱体化によってムウマの価値が上がり、
    ムウマならではの戦術を開発できるようになりそうですが
    正直なところ、ある理由からムウマに新技がないことを私は諦めきれていません

    あくまでこんなのは外人のフラゲ情報!!

    俺は、私は、諦めたくない・・・!

    ムウマの新技を期待したい!


    これはそんな方のためにシナリオをクリア次第、
    卵グループ不定形っぽいポケモンから技を遺伝できないかの検証や、
    遺伝ルートの検証を行い、
    何か発見した所で書き込んでいくブロマガ企画です!!


    新作の卵グループ"不定形"の疑いがあるポケモンで
    遺伝できそうな技がありそうなポケモンが2匹いるので挙げてみます。












    ------------一応フラゲ情報が入ります---------------------------------------------------------











    ポケモン:技


    ナマコブシくすぐる

    ムウマには似合わないと思う方もいるかもしれませんが一応。
    不定形ポケモンでくすぐるを覚えるポケモンはこれまでいませんでした。




    ミミッキュつぶらなひとみ ものまね あくむ

    つぶらなひとみはただの願望ですw
    もしあったらムウマの強化になりそうだなと。
    つぶらなひとみを覚える不定形ポケモンも今までいませんでした。

    それより気になるのが"ものまね"、"あくむ"です。
    ムウマはかつてエメラルドの教え技で"ものまね"を
    XD限定の教え技で"あくむ"を習得できていました。

    私がフラゲ情報を信じきれていない理由はここにあります。

    この機会に復活するのではと希望を抱いているのですが
    読者さんはどう思いますか?


    とりあえず仕事はお休みが取れたのでまずはじっくりゲームを堪能しながら
    育て屋さんと2匹のポケモンの遺伝経路を見つけて検証開始したいと思います。





    11/19
    はい。検証結果一通り出ました。
    ダメでした・・・。
    解析winです。
  • 【※システム関連フラゲ情報注意※】フラゲ情報から予想する7世代ムウマ

    2016-11-09 10:553
    海外でポケモンサンムーンのフラゲが始まってしまったそうですね・・・。
    ツイッターなんかでもだいぶ荒れているようですが

    私個人としては第七世代の対戦環境で
    どんなムウマで戦うべきか一刻も早く結論を探したいので
    システム面での情報はどんどん集めています。
    (ストーリーはなるべくスルーできるように努力していますw)

    集まってきた情報の中にはムウマにとって有益な情報も
    気を付けなければならない情報もあり、
    今回は情報が全部本当だと仮定して
    ムウマを取り巻く環境の変化をいち早く考えていきたいと思っています。




























    ----------------以下フラゲ情報を記載します---------------------------------------------------
























    1.ゲンガーの特性変更


    まずこの情報。

    ゲンガーの特性が
    "ふゆう"→"のろわれボディ"
    になるという旨の情報です。

    これによってゲンガーを地面タイプのポケモンや技で対処することができ、
    なにより、ムウマとゲンガーの明確な差別点ができました!!

    いえ、「できた」というよりは「復活」したんですね。

    先日動画を投稿し、
    その中でも長ったらしくお話をしましたが、
    (あの長話を何人が聞いてたかは別として・・・w)
    2世代対戦環境において当時のトップメタ、
    カビゴンの対策にゲンガーではなくムウマが起用されていたのは
    サブウエポンの地震を受けられるゴーストタイプがムウマだけだったからです。

    3世代で特性の概念が加わり、
    なぜかゲンガーとムウマは同じ特性"ふゆう"を習得。
    それからはずっとムウマ一族はゲンガーとの差別化を考えさせられ、
    ゲンガーの劣化だのと罵られてきました。

    地震を等倍で受けていた金銀時代のムウマとは違い、
    地面タイプの技は特性"ふゆう"で無効化できる。
    しんかのきせきで火力インフレにも何とかついていける耐久を持っている。

    実に14年ぶりに!

    2世代が誇る伝説の耐久キラー、
    ムウマが復活しようとしています!

    第2特性が追加されるくらいうれしい情報です!!
    というか輝石の耐久があれば
    "浮遊ゴースト"というカテゴリー内では
    多分ムウマが最強のポケモンとなります。





    私は声を大にして言いたい・・・。

    ゲーフリよくやった!



    ちなみに特性は今回もふゆう一つだけみたいですが・・・。
    相対的にムウマの地位が上がったということで
    とりあえずは喜びましょう。
    贅沢は言うまい。


    2.トリックーム弱体化?


    トリックルームが3ターンになるという情報。
    ダブルで暴れすぎたからかもしれませんが
    流石に"発動してから3ターン"という解釈で
    実際は4ターンのことなのではないでしょうか?

    状態撒きが弱体化した以上、
    高速アタッカーの対処にトリックルームを採用したムウマの使用も
    視野に入れていたのですが・・・。
    そうなってくると後続のためにトリックルームを張るというよりは
    ムウマ自身のためにトリックルームを使うプレイングの方がいいかもしれません。

    そういうムウマは私の手札にいます。

    ひかえめの悪巧みムウマ。


    技構成は

    シャドーボール
    わるだくみ
    トリックルーム
    みちづれ


    6世代で手ごたえを感じ、
    7世代でも運用できると実感しているムウマです。
    このムウマはトリックルームを活かして自分で戦うことができ、
    トリックルーム弱体化の影響も受けづらいと考えます。

    ※11/12 ガセネタの可能性あり

    3.耐久ポケモンが多い・・・?


    今回の新ポケモンは鈍足高耐久ポケモンの比率が多いように思えます。
    ムウマは耐久型相手に活躍しやすいポケモンなので
    耐久ポケモンの比率が増えることで活躍の機会も増えるのではないかと思います。


    4.新技は?


    リストから引っ張って訳してみました。


    基本 - なきごえ
    基本 - サイコウエーブ
    L5 - うらみ
    L10 - おどろかす
    L14 - あやしいひかり
    L19 - くろいまなざし
    L23 - たたりめ
    L28 - サイケこうせん
    L32 - いたみわけ
    L37 - しっぺがえし
    L41 - シャドーボール
    L46 - ほろびのうた
    L50 - おんねん
    L55 - パワージェム
    TM04 - めいそう
    TM06 - どくどく
    TM10 - めざめるパワー
    TM11 - にほんばれ
    TM12 - ちょうはつ
    TM17 - まもる
    TM18 - あまごい
    TM21 - やつあたり
    TM24 - 10万ボルト
    TM25 - かみなり
    TM27 - おんがえし
    TM29 - サイコキネシス
    TM30 - シャドーボール
    TM32 - かげぶんしん
    TM40 - つばめがえし
    TM41 - いちゃもん
    TM42 - からげんき
    TM44 - ねむる
    TM45 - メロメロ
    TM46 - どろぼう
    TM48 - りんしょう
    TM49 - エコーボイス
    TM57 - チャージビーム
    TM61 - おにび
    TM63 - さしおさえ
    TM66 - しっぺがえし
    TM73 - でんじは
    TM77 - じこあんじ
    TM85 - ゆめくい
    TM87 - いばる
    TM88 - ねごと
    TM90 - みがわり
    TM92 - トリックルーム
    TM97 - あくのはどう
    TM99 - マジカルシャイン
    TM100 - ないしょばなし
    Egg - いやなおと(?)
    Egg - みちづれ
    Egg - ふういん(?)
    Egg - うらみ(?)
    Egg - ふいうち
    Egg - かげうち
    Egg - のろい
    Egg - みちづれ
    Egg - あやしいかぜ
    Egg - わるだくみ
    Egg - スキルスワップ
    Egg - ワンダールーム
    Egg - さきどり(?)


    ・・・うん、新規技は多分ないです(^ω^;)
    ムウマージもありませんでした。
    ただ本当に何もないとさすがに切ないので
    教え技に期待したいですね・・・。


    5.みちづれ連打不可


    メガゲン弱体化のための策なのでしょうが
    ムウマにトリルみちづれを仕込むときは
    気を付けなければなりませんね。
    うっかり連打しないように気を付けないと・・・。

    まぁみちづれ連打強いからね。仕方ないね。

    まぁ戦術自体が全く機能しなくなるというわけでもないですし、
    少しテクニックは要りますが
    何とか使ってはいけるでしょう。



    6.進化の輝石弱体化or廃止



    は・・・・・・?


    待て・・・。
    いや、おい、ちょっと待て・・・。
    流石にそれはないやろ・・・ないよな?
    動画シリーズ企画倒れやろがい(^ω^;)

    今のところ情報が錯綜しています。
    内部データにはあるけど入手方法がわかってないだけだとか
    いろいろ話が出ています。
    とりあえずあるとは思います。思いたい。
    何のために叩き落とす強化したんだよと・・・。


    ※11/13 あ り ま し た。
         やったぜ。



    7.メガシンカしたターンから進化後の素早さ適応


    今までサーナイトに対応するためにHSムウマを扱ってきたんですが
    面倒なことになりましたね。
    やはりアタッカー気質のムウマの方が環境に合ってるかも・・・。


    7.やけどのスリップダメージ減少


    やけどのスリップダメージが1/8から1/16になりました。
    攻撃力ダウンはそのままなので
    物理アタッカーへの鬼火は安定しますが
    耐久ポケモンに対して鬼火祟り目型ムウマは
    立ち回りやダメージ計算を見直すべきでしょう。
    テンプレ型はどくどく採用も考えた方がいいかもしれません。

    (私個人的にはドヒドイデとムウマは相性がいいと考えてます。
     どくどく型は特性”ひとでなし”との相性がいいので
     タイプ相性だけでなく攻撃面の補完も優秀です。)


    8.絶対零度弱体化

    一撃必殺技”ぜったいれいど”が
    氷タイプに無効化され、
    また氷タイプ以外のポケモンが使うと
    命中率が下がるという弱体化を受けました。
    これによって

    ①ふゆうゴースト
    ・ムウマ
    ・ムウマージ
    ・ロトム

    ②飛行ゴースト
    ・フワライド

    の計4匹は以前にも増して一撃技に強い集団になりました。
    ただ、フワライドは絶対零度でなくても
    普通に氷技が弱点であることを考えると
    ムウマ系統にプラスになる変更点だと思います。


    9.スキン特性弱体化←new

    スキン特性の威力強化倍率が1.3倍→1.2倍もしくは1.15倍になったという情報。
    仮に1.15倍の場合、
    控えめメガサーナイトのハイパーボイスは

    性格:おだやか
    H252
    D132
    のきせきムウマで確定3発にできるようになります。
    (※D116で乱数2発 (0.39%)なのでこちらで妥協すれば
     基礎ポイントをもっと節約できます。)

    マンダのすてみタックルは相変わらず確定2ですが・・・。




    この後も何かあれば随時更新します。