からきおす杯使用構築 ムウマ入りバシャバンギ バトンモデル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

からきおす杯使用構築 ムウマ入りバシャバンギ バトンモデル

2017-06-19 03:04
    皆様お久しぶりです。
    動画投稿はじめてからすっかりブロマガを放置してしまったイレベンです。

    6/18に行われたからきおす杯に
    デカグース軸でS2S3連続2000達成しているTN:Trump

    コレ↓


    がリーダーを務め、
    ワンダールームガチ勢などの狂人たちを率いた
    ホワイトハウス」とかいうチームに混ざって参加してきました。

    本チームメンバーの頭のイカレっぷりは
    襷デカグースの議論を4時間ぶっ通しで行うレベルであり
    おかげでツイッターのDMの通知がやばいことになっていた。

    No59.ホワイトハウス
    1.大統領(TN:Trump)★@nogizaka_loony 
    2.ファーストレディ=メラニア(TN:ヨハン)@nomekop_480
    3.娘=イヴァンカ(TN:まぐなむ。)@m_gn_m
    4.娘婿=クシュナー(TN:イレベン)@konomemakuro11
    5.プーチン(TN:t/T)@tTriaak

    今回自分は4番目としての参加。
    これには理由があり、今大会で最も気が狂っているチームDMM.com
    過去に動画で分身フェローチェを用いギッタギタに叩きのめしたエビテ氏
    入っていたのに気づいたので立候補しました。

    さて、今回使ったのはこちらの6匹。

    ムウマ
    バシャーモ
    バンギラス
    ドヒドイデ
    カプ・ブルル
    霊獣ボルトロス

    ムウマを除けば割とテンプレ。
    ゲンガーでいいような並びです。
    ですが、”ムウマだからこそのバシャバンギ”というものもあるんです。
    ただでさえ攻め手が多く型が読みづらいことで有名なバシャバンギ。
    ムウマを加えることでさらにその読みづらさに磨きがかかります。


    例えばトリルを張ってバンギかブルルで攻め
    掃除役にスカーフボルトロスやバシャーモ。(トリルモデル)

    バンギでステロ撒き呪いムウマで暴れてバシャーモで全抜き。(ステロモデル)

    ドヒドイデで毒びしを撒き、バシャーモでみがまも
    地面の一貫を切り、たたりめで攻めるムウマ。(どくびしモデル)

    バシャバンギはムウマの可能性を引き出す強力な構築の一つです。

    その中で今回からきおすに持って行ったのは
    バトンモデルバシャバンギ

    ムウマで起点を作り分身バトンバシャーモから
    3匹のエースに展開します。


    @しんかのきせき
    H167(252)
    A---
    B99(76)
    C123(140)
    D106(4)
    S110(36)

    こごえるかぜ
    フラッシュ
    でんじは
    おきみやげ

    ・今大会のために特別な調整を考えたりはしませんでした。
    別件で使っていた個体の流用です。
    しかし大会ではよく頑張ってくれました。

    今の環境、ただ電磁波を撒くだけならもっといいポケモンがごろごろいる
    (ジャローダとか)
    大切なのは、”地面タイプが相手でもS操作、起点づくりができるかどうか”。
    それがこのこごかぜフラッシュ
    電磁波が効かない地面タイプどころか電気タイプに対しても
    疑似的に電磁波効果の起点作りを行えるムウマです。

    狙い通り、電磁波を外した次ターン透かしに来た地面ポケモンに対しても
    万全の起点づくりをしてくれました。

    選出率100%の大物。
    というか起点づくりはこいつしか用意していません。
    それくらいには信頼していますし、それだけの活躍をしてくれました。




    @じゃくてんほけん

    H175(0)
    A203(244)
    B130(0)
    C---
    D122(12)
    S113(252)

    ストーンエッジ
    じしん
    ちょうはつ
    りゅうのまい

    こちらも別件で使ったものの流用。
    加速バトンからつなぎ、くろいきりを持っていそうな
    レヒレドヒドイデなどにあえて出していき
    ちょうはつで無理やり弱点保険を発動させて突破します。
    意外かもしれないですが、試運転でも恐ろしくよく決まりました。

    他にもナットレイやカバルドンなども起点にできます。

    残念ながら大会では出番がありませんでした。





    @たべのこし

    H177(252)
    A174(68)
    B135
    C---
    D138(180)
    S95

    いわなだれ
    やどりぎのタネ
    ビルドアップ
    みがわり

    こいつがやばかった。

    分身バトンからやどみがする、

    あろうことか一切の草技を切ったいわなだれ1ウエポンブルル


    以前、加速バトンをなんとナットレイにつなぎ、
    電磁波アイアンヘッドでまひるみしながらやどみがする構築を見かけ、
    その考えを取り入れたもの。

    草技の火力は頭おかしいですが、
    一致でなくても普通にA130あるので、わざわざ通りが悪い草技使わなくても
    回避を上げてビルド積めば雪崩で大体の相手に勝てます。
    挑発されいわなだれを押さざるを得なくなった局面で
    草技読みで後投げされたガモスが爆発四散したのは苦笑いしました。

    普通にエースとして強く、ドヒドイデと組み合わせてもいつも通り動けます。



    @マゴのみ

    H173(140)
    A---
    B132(236)
    C130
    D90
    S117(132)

    かえんほうしゃ
    かげぶんしん
    みがわり
    バトンタッチ

    同チームの狂人の一人、t/T(ティーパーティー)が特許を取得した分身バシャーモ。
    ムウマで起点を作ってこいつに回します。
    何をやるかはもはやこれ以上語らなくてもご理解いただけるでしょう。




    @カクトウZ

    H159(36)
    A---
    B98(60)
    C185(156)
    D101(4)
    S168(252)

    10万ボルト
    ヘドロウエーブ
    きあいだま
    わるだくみ

    多分サンムーンでシングルレートやってる人なら腐るほど見たボルトロス。
    3戦目の相手はパーティー全員が受けループかそれに近い構築を使用しており、
    こいつのおかげで全抜きできました。
    やっぱり受けループに対してはめっぽう強い駒であると同時に
    バトンとの相性も抜群に感じました。



    おまけ



    HB黒いヘドロくろいきり。以上。出番なし。




    チーム成績は3戦目敗退
    個人成績は
    1戦目:負け
    2戦目:勝ち
    3戦目:勝ち
    とそれなりの結果は残せました。

    今回はチームにお誘いいただき本当にありがとうございました。
    構築力、プレイング、いろいろな面で自分を高めるよい機会になったと思います。


    BV
    1戦目:UY8G-WWWW-WWW7-EKZH
    2戦目:KBQG-WWWW-WWW7-EKZS
    3戦目:7NLG-WWWW-WWW7-EKP3

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。