• AI War : 久々にプレイ

    2018-07-09 10:50

     リハビリプレイと本番プレイの2セッションをクリア。本番プレイという事は動画化の予定で、プレイ中からちまちま音声字幕に仕事をしてもらっているのだが、原稿を書くのは投稿者の役目である。要するにさっぱりすすまない。基本的な事はシーズン1でやってしまっているので書く事がないぞ。

     AI War IIの発売日である7月20日までにドロップさせようと脳内〆切を設定していたが、無理そうだ。気長にお待ち下さい。
  • 広告
  • AI War II : 早期アクセスリリースまで1ヶ月を切っていた

    2018-06-30 23:31

     What's New? 機械誤訳
     原文は Steam の販売ページ

    ・Crazy Moddable。
     →ただし他の Arcen ゲーも MOD をサポートしている様子なのだが、他のゲームのような活発な MOD コミュニティは捕捉できていないので、今回どうなるかは未知数。AI War より後のゲームはフォントを用意すれば日本語化できたので、そこんとこ、頼んますよ。

    ・マルチスレッド化。

    ・グラフィックは3D。

    ・UIの大幅な改善。メインビューとタブ付きのサイドバーを導入している。
     →UIは前作の大きな弱点だった。使ってみなきゃわかんないですけどね。

    ・ユニット数130以上。もちろん Mk の違いによる差分は数に入れていない!

    ・25人以上の声優から1500本以上の音声を収録済み。
     →え゛!?(不安要素)

    ・サウンドエフェクトにも力を入れている。
     →実は前作も「慣れれば音を聴けば、実際に見なくても何が起きているのかある程度の予測が可能」というくらい SE には気合いが入っていたりする。

    ・BGM は前作からの使い回しが4時間半くらい。新曲も投入予定。

    ・マップタイプは数多く用意し、それらは新しいもので、サブオプションも豊富に揃えた。

    ・他にも色々あるよ!

    (以下、個人的感想)
     フタを開けてみないと分からないでござる。果たして前作 AI War を陳腐化させるだけのブツを作れるかがキーだと思うのだが、早期アクセス特有のバージョンアップ・仕様変更などスタートアップ時のゴタゴタを鑑みると、とりあえず早期アスセス版を買って Arcen におぜぜを渡し、すでに完成されている AI War I を Steam サマーセール真っ最中の今 420 円で買って500時間ほど遊び倒してから AI War II の様子を見に行く、というのも選択手段のひとつとして提示してみる。

  • X Rebirth : 導入したMODと参照リンク

    2018-06-21 05:23


     以下は X Rebirth 入門 動画で導入した MOD 一覧である。特記のないものは Steam Workshop 経由で導入している。

    ・AutoLooter
    ・CopilotConvo
    ・No Music In Highway
    ・Silent assignment
    ・Skunk God
    ・Yorrick's Yisha

    ・HUD Only
     Nexus MOD から導入したが、これを書いている時点でサーチに引っかからない。かわりにSteam Workshop に同機能と思われる MOD が存在している。

    ・Japanese
     日本語化プロジェクト

     X3/AP は結構やり込んだのだが、XR になってなんか色々変わった部分にアタマがついていかない状態である。そもそも砲台とドローンで重武装した大型船をブン盗るとか、こっち側の戦力はどんだけ必要なの。ステーション建造も色々と準備する資材が大変そうである。日本語Wikiが早々に停滞してしまっているのが痛い。

     しかしながら、そうした上級レイヤーに手を出さず、のんびり単騎でマップを埋めていくプレイはそこそこ楽しい。発売から5年が経ち、セールで安く入手できるようになっているので、機会があったら触ってみて下さいな。

    参考リンク:
     日本語Wiki : 無いよりマシ
     英語Wiki : 各種性能表などが充実
     Roguey's X-Rebirth : システムからゾーンまでフォローするマップのコーナーがある。当然だがネタバレの宝庫。
     →本編
     →Teradi Outpost
     →Home of Light