• 雷電V : 敵弾が致命的に見えにくいけど雷電は雷電

    2018-04-10 21:04

     少なくとも Steam 版の雷電Vで致命的なのは正規の手法で日本語が外された点ではなく、敵弾が徹底的に見えにくい点にある。

     理由をいくつか考えてみる。

    1.メダルと敵弾の色が似ている
     →実はこの現象は雷電IVの頃からあった。特に勲章を拾いに行くと、勲章と思っていたものが敵弾でちゅどーん。勲章の色を変えればそれで済む話だと思うのだが‥‥。
     →そして雷電Vでは、画面中に勲章(メダル)が乱舞する勲章発狂状態が常時続く。メダルと敵弾が混ざって画面内がカオスになっている。

    2.画面が頻繁に拡大・縮小する
     →雷電Vでやらかした演出重視のやっちっち、その1。画面が節操なく拡大・縮小するもんだから、敵弾の体感速度がその度に変化し、敵弾の読みにくさに直結している。

    3.背景の高速スクロールはキャラクターが背景に溶け込む
     →雷電Vでやらかした演出重視のやっちっち、その2。敵弾や敵キャラを中心に見ると、高速スクロールはキャラの背景が激しく明滅する効果をもたらす。おかげで雷電Vは敵弾だけでなく、敵キャラクターすら視認性が悪い。しかも雷電Vのスクロールは縦方向のみの高速スクロールだけではない。背景がぐるんぐるん回転するわ、低速スクロールと高速スクロールが頻繁に入れ替わるわ。激しく動く背景に、キャラクターが溶け込んでしまっている。

     結論としては、雷電Vにおける敵弾の視認性の悪さはメーカーの演出力が追いついていないために発生した、と推測される。VIでは(VI出せるか? 出してお願い!)ぜひ。


    音声字幕「カラドリウスのノウハウはどうしたのよ‥‥」
    投稿者「‥‥‥‥あ゛」


     では雷電Vはクソゲーかと言うと、そんなものは雷電に何を求めているかでいかようにも変わるので、各自で判断すればよろしい。投稿者が雷電に求めているのは音つまり効果音。次いで破壊の快感である。この部分はまずまず及第点と言える。特に中ザコを壊した時の「チュドーン!」「ドコーン!」があれば雷電は雷電でいいのだ。しかも今作では地上中ザコの「重低音でドコーン」が復活している。これだけで、もう雷電Vがクソゲー枠に入ることは絶対にない。ええい文句あるか。

     ただし、撃ち込み時の効果音がちょっとショボい。ショボいのだが、雷電VにはBGMとステージ進行が完全シンクロしているという必殺の要素があり、この部分は成功している。失敗しているのは画面のキャラクターをうまく制御できていないという部分である。このトレードオフが非常に悩ましい。現段階において雷電IVと雷電Vのどちらをプレイするかと言われれば、うーんと考えて雷電Vに手が伸びてしまう。

    Rating:
    雷電DX:95 / 100(隠しキャラがしんどい)
    雷電IV : 90 / 100(破片を途中で消さないで!!)
    雷電V : 78 / 100(上記の通り)

  • 広告
  • Steam版 雷電V : メニュー画面までは日本語化できた

    2018-03-20 15:47

     バージョンアップで日本語がオミットされて散々に文句を言われている Steam 版の雷電Vが値引きされていたので発狂して購入してしまった。

     何も考えずに音声を切ってプラクティスで1周クリアし、ファイル構成を確認する。すると、日本語ファイルそのものは残っていることが分かる。例えば

    steamapps\common\Raiden V\rom

     にはしっかり xxx_jpn.mma というファイル群があるからして、後はこれをプログラム論理的に矛盾なくゲームに読ませてやれば日本語化できるという理屈になる。

     あくまで理屈は、ね。

     試しにファイル名 xxx_eng と xxx_jpn を入れ替えてみた。例えば menu_xxx.mma を入れ替えると、メニュー画面は日本語化できる。一方で round01_side_xxx の eng と jpn を入れ替えたらゲームが落ちた(=プログラム論理的な矛盾が発生した)。しかし、この部分はゲーム中の会話の部分と推測され、会話を確認したいのなら



     雷電にはこの御方がいらっしゃる。

     あと日本語にしなきゃいけない部分ってあるかー? オープニングとエンディングの字幕? まだやってないけど、該当部分を探して入れ替えてみて下さいな。
  • HtoL#NiQ : 2ボスで100回死ぬ

    2018-03-12 05:07

     Steam で日本一バンドルとしてホタルとディスガイアとローズがセットでお安くなっていたので購入し、ホタルの主人公ちゃんかわいいなぁ~、かわいいは正義だなぁ~。

     というレビューにおける多数派の意見などクソくらえのモッサリ操作感アンド見え隠れする理不尽さにイライラしていて、我々、いつから理不尽をクソと見なすようになったのでしょうか。

     とりま2ボスで詰んでいる。いくら操作が(意図された)劣悪であろうとも、これはないだろうと。箱を押して方向転換するのに、わざわざ箱の上に乗って・降りて・歩いて、頭蓋骨骨折したり火ダルマになったり全身複雑骨折グチャはないだろうと。いつから少女は氏賀Y太の世界になったのかと。愛でる対象ではなかったのかと。どこか操作に見落としがあるだろうと。

     仕方なく動画を参照してみると、きちんとその場で回れ右している。という事は、そのような動作も可能だという事である。3回死んで見つけた法則なのでよく覚えておくのよ、投稿者。

    ・箱を持って前後に動いている状態で、ホタルを主人公の下側から回すように動かすと、主人公は箱を手放してその場でまわれ右できる。

     2面クリアの段階では、ボスの行動パターンと落下物がランダムであり、それが原因で100回以上死に、たいへん胃によろしくない。という点以外では、特に問題はない。もろもろの不条理は開発者が意図したものだろうし。

     詰みからは脱することができたのでもうしばらく続けてみることにする。一度死んだら「かわいいは正義」と唱えよう‥‥と書いて、これを実際に行動へ移したら確実に発狂しそうなので、やめておく。