【コラム】アドバンテージの使い方について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【コラム】アドバンテージの使い方について

2013-08-09 12:08
    「爆アド」という言葉がある
    爆発的なアドバンテージの略だそうだ
    爆裂アドバンテージの略ではない(ずっとこっちだと思っていた)


    今回はこのアドバンテージの使い方について
    ポケモンにおけるアドというのは、どちらが有利か不利かという一つの指針になる
    ただし明確な数値が定められておらず(また、正確な数値を定めることがほぼ不可能で)、同程度のアドとディスアドの組み合わせでも、有利不利の認識は各個人で異なる
    このへんは距離感としてアバウトにでも把握しておくことで、取れる選択肢の幅が増える


    ・アドバンテージを維持して勝つ

    初手で有利対面を作って相手の1匹目を先に倒す
    →死に出し不利対面を作られ、1匹目を倒された
    →死に出しで有利対面を作り、相手の2匹目を倒した
    →死に出し不利対面を作られたが、先制技で削ってから2匹目を倒された
    →3匹目が先制技で相手の3匹目を倒した

    初手と1ターン目で出来た3:2という状況のアドバンテージを1:1交換を続けながら最後まで維持し、最終的に1:0で勝った
    こういうアドバンテージの使い方は勝ち筋や勝ち方をわかりやすくする


    ・アドバンテージを強化して勝つ

    初手で有利対面を作って相手の1匹目を先に倒す
    →死に出し不利対面を作られたが、相手の2匹目に有利な2匹目を後出しして半減で受けた
    →有利対面を利用し、交換読み交換で1匹目と相手の3匹目を対面させた
    →そのまま相手の3匹目を倒した
    →死に出し不利対面を作られたが、削ってから1匹目を倒された
    →死に出しで有利対面を作り、相手の2匹目を倒した

    2ターン目で出来た有利対面というアドバンテージを、交換読み交換で強化して、最終的に2:0で勝った
    こういうアドバンテージの使い方は相手の行動が透けている時に使いやすい


    ・アドバンテージを切り崩して勝つ

    初手で有利対面を作って相手の1匹目を先に倒す
    →死に出し不利対面を作られ、相手の2匹目に有利な2匹目を後出しして有利対面を作るor交換読み交換で2匹目と相手の3匹目の不利対面を作られる択が発生している
    →両方の択に対し被害の少ない1匹目捨てを選択
    →そのまま1匹目を倒された
    →死に出しで有利対面を作り、相手の2匹目を倒した
    →死に出し不利対面を作られたが、先制技で削ってから2匹目を倒された
    →3匹目が先制技で相手の3匹目を倒した

    初手と1ターン目で出来た3:2という状況のアドバンテージを、ケアという形で使い、最終的に1:0で勝った
    こういうアドバンテージの使い方は負け筋のケアが出来て優秀


    個人的にはアドバンテージを切り崩して負け筋をケアするという使い方がすごく好みだが
    どういうアドバンテージの使い方をしても1勝は1勝である
    そこを勘違いしてはいけない


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。