• 人間になりたい人生だった(人間になりたい)

    2017-02-12 14:421
    人間になりたい人生だったっていう響きの強さよ。
    新曲投稿しました。



    明るい曲調だけど歌詞が異様に暗い曲。
    元々暗い歌詞を書く方が得意なんですけど、これはその真骨頂な気がしますね。

    アレンジは全体的に気持ちシンプルに作ってます、これには歌詞を聴こえやすくする意図があったりなかったり。

    投稿曲見直してみましたけどこういうリズムを主軸に持っていく曲は初めてっぽいです。
    ドラムは珍しく同じようなリズムがループする曲です。
    普通にビートを刻むのもあってたのかもしれないですけど、それだと何となく普通のロック曲になるなと思ってちょっとマーチングドラム(?)的なフレーズにしてみました。

    ベースも非常にシンプルです、1サビ手前でギターとハモる部分以外は一貫してシンプルです、めっちゃ楽してます、録音楽でした。

    ギターもバッキング中心です。
    大体こういう曲だとリードギターパートをしっかり練ることが多かったり、サビだと高い音程でアルペジオを弾かせたりするんですけど、今回は頑張って我慢しました。
    我慢しきれなかった感じがギターソロにがっつり出てますけどね。
    ギターソロでツインギターでハモるの地味に夢だったんですよね。

    一番頑張ったのは歌詞ですよね、魂削る勢いで書きました。
    こういう世の中というか自分に対する不満は多くて、今まで小出しに歌詞に使ってたんですけど、こういう暗い部分ばっかりを詰め込んだ歌詞を書きたいという欲はずっとあったんですよ、それをようやく形に出来て本当に良かったです。
    改めて自分の強みも再確認出来た気がします。
    人間になりたいです。

    今月は他にリミックスを1曲投稿する予定です、後は気分次第で1曲投稿するかしないかってところですねえ。
    来月のボーパラ関西に新しいアルバムを持っていくんですけど、今はその準備に手一杯だったりしますね、それでも最低月1ペースは保っていけてるので頑張れてるところだと思います。
  • 広告
  • 三代目センチメンタルブラザーズ(Sentimental(retake)その他諸々)

    2017-02-06 15:261
    今年入ってから新曲結構上げた気がするんですけどすっかりブロマガの更新をサボってました、ナツです。
    1月に上げたものに関してはまたいつか気が向いた時に記事に出来ればいいかなーってところです。

    リメイク的なの上げました。



    まさかの3回目です。
    一つの曲にここまで固執するとは自分でも思ってなかったですねえ。
    とまあ、どうせならということで、初代からそれぞれ振り返っていこうかなと思います。


    流石に音は曇ってるしエンコードミスって音劣化してるしイントロのギターチョーキング上がりきってないしボーカルベタ打ちですしポンピングしまくってますけど、編曲的な部分というか曲の全体像はこの3年前の時点で出来上がってますね。
    実はまともなリードギターっぽいフレーズを作ったのはこの曲が初めてだったりするので、そういった面でも思い入れが強い曲ですね。
    この収録で使ってたギターは当時持ってたレスポールスペシャル、今も所持してるレスポールスタンダードタイプ、それと借りたストラトキャスタータイプですね。
    あと、確かこの時はワウペダルを買った直後だったのでギターソロで使ってみてますね、懐かしい。
    このバージョンで気に入ってるのは最後のアドリブソロですかね、かなりメロディアスに弾けて、逆に次バージョンでは反省点となりましたね。


    バージョン2ですね。
    この曲を作った時は自分がテレキャスを買うとは思っておらず、そういう皮肉さを歌った冒頭の歌詞だったんですけど、まさかの買っちゃったんですよね。
    その記念というのもあって、全部のギターをテレキャスで録り直してます。
    ドラムとベースは同じ素材を使ってた覚えがあります。
    音作りも初代に比べればよくなってはいますね、当時は色々あってミックスのことを気にしだしていたのですけどまだ勉強を始める前の時の曲ですね。
    あとボーカルは初音ミクに変えてます。
    初代バージョンを作ってる時にkokoneを買いまして、それで勢いで使ったのですけど、この曲の寂しい感じはミクの方が似合うかなと考えての変更でした。
    このバージョンに関しては個別に記事を書いてた覚えがあるので興味在る方はそちらもどうぞ。

    バージョン3に行く前に、実は動画投稿はしてないですけどモノローグEP収録のバージョンはまたちょっと違っていたりするのでそれを一応記述しておきます。
    ギターはバージョン2のものを使い回し、ドラムとベースを当時使用してたシステムの音に差し替えて若干フレーズのアレンジを加えてます。
    バージョン2まではドラムは2mixで書き出して音を作っていたのですけど、このバージョンではパーツ毎に書き出してるので音作りもかなり改善されていた気がします。
    マスタリングが僕ではないのでまた違った仕上がりになってる要素は在る気がしますけど(マスタリングデータ見してもらったら大分EQ弄っていたもので)。

    そしてバージョン3、今回についてですね。
    動画内で述べている通り過去のデータも使用しております。
    具体的にLギターのバッキングは初代のものを(最初のバッキングのみの部分だけ録り直しました)、Rギターのリフは2代目のものを、そしてイントロのメロディとギターソロ、エンディングのアドリブは改めて録り直しました、この曲めっちゃ難しいですね。
    アドリブは上手くいった初代のフレーズを意識しつつそれっぽいものを弾きました、今までのバージョンは1、2回くらいで録り終わったのですけど今回は50回くらい弾き直しましたね、左薬指に豆が出来ました……。
    初代のバッキングはDAWのアンシミュで音を作っていたのでそれだけ作り直しました。
    ドラムとベースはモノローグEPバージョンのものを使用、あとボーカルのコーラスの音程を一部変更してます。
    で、ボーカルをkokoneに戻しました、こうやって改めて使用してみるとしっくりくるものがありますね。
    皆さんはどっちが好きですかね、好きな方を聴いていただければと思います。

    今回はコメントも温かくて嬉しかったです。
    個人的にリミックスやリメイク版を作ったり投稿し直すことに関しては懐疑的で、その時間を使って新しい曲を作るべきだとは思っているのですけど、投稿後の反応を見た感じ今回に関しては上げておいて良かったなーっといったところです。
    初代から聴いていただけてるという声は本当にありがたかったです、感無量です、ありがとうございます。

    今月あと1曲だけリミックスを上げようと思います。
    この曲は、当時滅茶苦茶自信があって上げたのにそこまで伸びなかった曲で、今聴き直してみて、ミックスバランス故か元々の僕の意図と違った色合いの曲になっていたみたいで、それが悔しかったというのが理由です。
    前より上手くいくかは分からないですけど精一杯足掻いてみようと思います、よろしくお願いします。

    因みに完全新曲が上がります、今日上がります。
    本日19時新曲投稿です、魂こめました、よろしくお願いします。
  • 2017年になりましたので曲紹介のブロマガを(Dear May)

    2017-01-09 02:011
    あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
    去年は実力も付き、出会いも沢山あったので、今年はそれらを上手いこと繋ぎ合わせて先へと進んでいきたいですね。
    頑張るぞう。

    因みに今は新曲を手がけています、作業も残り少ないので間もなく投稿すると思います、どうぞよろしく。

    もう二ヶ月したらボーパラ関西というところで去年出したアルバムのリード曲の紹介。


    渾身の一曲!
    前半と後半で温度感がかなり変わる曲となっています。

    アコースティックなものを前面に押し出すアレンジになっています、アコギの録音とミックスはかなり拘りました。
    アコギソロなんて付けたのも初めてですね。

    ドラムもリズム感良い感じで、バスドラをしっかり踏ませてスネアドラムを細かく配置して心地良くしました。
    ベースもその上から乗らせるノリで。
    因みにリズム隊の兼ね合いは丁度その時リアルの方で聴いたバンドの曲の影響があったりなかったり。
    ピアノも歯切れが良い感じに出来て、且つリフも綺麗に出来たのでお気に入りです。
    ストリングスも曲調に合わせて、この音の温度感がそのままアルバム全体を表してますね、何処かアコースティックなものがテーマでした。

    後半にかけて、初めて曲中でテンポチェンジを使いました、憧れていたのでちゃんと作れて嬉しかったですね。

    後半ゆっくりになってからはエレキギターが参戦、主役が変わります。
    元々そこまできっちり弾く予定はなかったのですけど気付いたら流暢なギターソロを弾いてましたね。

    何気に最後部分ではボーカルが三声です、三声でハモらせるのはきちんと鳴らせられると楽しいです。

    歌詞はアルバムさよなら五月をきちんと完結させるような内容になっています。
    一つの方向へと色々な感情が向けられるアルバムに仕上がっているのですけど、その中の結論が描かれているので、こう、まとまりのある歌詞になりました。
    アルバムに収録された曲の歌詞を思い出しつつ聴いてみるとまた違った聴き方が出来るかもしれません。

    思えば五月雨から始まり、約10ヶ月の集大成ですね。
    五月雨を投稿した時はここまで精力的に活動すると思っていなかったので、そう考えると中々感慨深いものがあります。
    この感情を一つの作品集としてまとめられたのは大きかったですね。
    さよなら五月はまだいくつか売れ残りがあるので、聴きたい方は是非イベント等で手にとっていただければと思います。