2017年になりましたので曲紹介のブロマガを(Dear May)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年になりましたので曲紹介のブロマガを(Dear May)

2017-01-09 02:01
  • 1
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
去年は実力も付き、出会いも沢山あったので、今年はそれらを上手いこと繋ぎ合わせて先へと進んでいきたいですね。
頑張るぞう。

因みに今は新曲を手がけています、作業も残り少ないので間もなく投稿すると思います、どうぞよろしく。

もう二ヶ月したらボーパラ関西というところで去年出したアルバムのリード曲の紹介。


渾身の一曲!
前半と後半で温度感がかなり変わる曲となっています。

アコースティックなものを前面に押し出すアレンジになっています、アコギの録音とミックスはかなり拘りました。
アコギソロなんて付けたのも初めてですね。

ドラムもリズム感良い感じで、バスドラをしっかり踏ませてスネアドラムを細かく配置して心地良くしました。
ベースもその上から乗らせるノリで。
因みにリズム隊の兼ね合いは丁度その時リアルの方で聴いたバンドの曲の影響があったりなかったり。
ピアノも歯切れが良い感じに出来て、且つリフも綺麗に出来たのでお気に入りです。
ストリングスも曲調に合わせて、この音の温度感がそのままアルバム全体を表してますね、何処かアコースティックなものがテーマでした。

後半にかけて、初めて曲中でテンポチェンジを使いました、憧れていたのでちゃんと作れて嬉しかったですね。

後半ゆっくりになってからはエレキギターが参戦、主役が変わります。
元々そこまできっちり弾く予定はなかったのですけど気付いたら流暢なギターソロを弾いてましたね。

何気に最後部分ではボーカルが三声です、三声でハモらせるのはきちんと鳴らせられると楽しいです。

歌詞はアルバムさよなら五月をきちんと完結させるような内容になっています。
一つの方向へと色々な感情が向けられるアルバムに仕上がっているのですけど、その中の結論が描かれているので、こう、まとまりのある歌詞になりました。
アルバムに収録された曲の歌詞を思い出しつつ聴いてみるとまた違った聴き方が出来るかもしれません。

思えば五月雨から始まり、約10ヶ月の集大成ですね。
五月雨を投稿した時はここまで精力的に活動すると思っていなかったので、そう考えると中々感慨深いものがあります。
この感情を一つの作品集としてまとめられたのは大きかったですね。
さよなら五月はまだいくつか売れ残りがあるので、聴きたい方は是非イベント等で手にとっていただければと思います。
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。