• [感想] アイドルマスターSideM 10話 sunset of youth

    2017-12-15 01:15
    こんにちは、ヘルシアです。

     High×Jokerのお話でした。今更ですが、High×Jokerはトランプをイメージされていたことを知りました。

    ■春夏秋冬四季折々
     凱旋ライブにむけて、皆が出来ることをやろう! ライブが盛り上がる為にはどんなことをやろう!って考えられるところに、アイドルマスターらしさを感じました。

     もちろん、普通の高校生バンドでもそういった事は考えるでしょうが、「皆に楽しんでもらおう!」というお客さんを意識しているところ、エンターテイナーの自覚があるという点が、プロの世界の住人らしさであり、良かったと思います。


     さて、そんな中でも、秋山隼人君が頑張っていました。

     新曲を作ろうとしていたところもバンドぽくてよかったですが、お客さんだけじゃなくて、バンドのメンバーにも笑顔に成ってもらいたくて、四季が旬に怒られてしょぼくれたところをフォローするなど、そういう気の回っている所、見習いたいです。

     メンバーもそれぞれ、自分が出来ることは何かというのを考えていて、皆がライブを成功させる為に一つになっているところも、デッカイことを演ろうとしている感が伝わり良かったです。

     「目指す先はきっと同じ」と、隼人の作曲ノートのメモ書きに合ったように、直接は伝えなくても、伝わっている所がこのバンドの良さなのでしょう。


     冬美旬の悩みも、今回の話の見どころの一つでした。

     何を考えていたのかは分からないですが、榊夏来が言うように自分に何ができるのか、そもそも自分はお客さんを楽しませられるのか、そこに自信や答えが出ないから、悩んでいたように見えました。

     自分の限界に苛立つなど、実に高校生らしい悩みだと思いました。

     考えて答えが出ないなら、答えは自分の外にあるのが定石です。今回なら四季の言葉。


     伊勢谷四季の言葉というのは、なんだかよくわからない事が多いです。「ハイパーアゲアゲメガ盛りマックス」とかよくわからないですよね?言葉の意味ではなく、テンションが高いということが分かるぐらいです。

     しかし彼のテンション、その言葉に潜む自信というのが、彼が視聴体験したHigh×Jokerのライブに裏付けられていた、ということが今回の話の大きい所で、なるほどなと思ったところです。

     旬が最後に四季に言おうとした言葉かもしれませんが、彼はHigh×Jokerの最初のファンだったのではと考えるところがあります。


    ■伊勢谷四季
     四季は、High×Jokerの中で異質です。

     ボーカルなのに、仮入部。服装も校則を無視したような衣装を着ている。

     High×Joker がトランプという紹介があり、四季はジョーカー担当のようです。

     バンドの名前のJokerがそのまま四季を意味しているとしたら、Highが他の四人を表すのでしょう。

     個人的な印象としては、春夏秋冬の四人は普通の高校生で、四季はファンタジー高校生といったところです。ライトノベルに出てきそうな高校生です。

     そういった意味で、四人とは違う四季は、じゃあ何なのか?という疑問が出ました。

     そこで、今回の旬の答えから、四季はHigh×Jokerのファンなのだなと考えると、彼の言葉に説得力が生まれました。

     お客さんに喜んでもらえる自信はどこにあるのか?

     それは自分がファンだから、自分が楽しいと思えるから、きっと楽しんでもらえるという事がわかる。

     ある種のズルですが、Jokerらしい素敵な答えだなと思いました。


    以上
  • 広告
  • [動画] 「ヒャクハチジュウミツボシ☆☆★」を投稿しました。

    2017-12-13 00:00
    こんにちは、ヘルシアです。

     未央の誕生祭動画として作ったのですが、大幅に動画投稿が遅れて、未央に顔向けしづらいです。

     完全な見積もり不足でした。例えるなら、誕生日ケーキを作る予定が、3段重ねのウエディングケーキを作っていたようなものです。

     ともあれ、誕生日おめでとう、未央。

     


    ■はじめに
     今年になって、動画を積極的に投稿するようになりました。

     思えば、2016年に発売されたPLATINUM MASTERの「Miracle Night」が最高だったこと、スマホでデレステの録画が簡単に行えること、Aviutl で動画を作る知識があったことなど、幾つかの点がつながり、今日まで続けてこられたのだろうと思います。

     

     また、投稿した動画のいくつかがアイドルマスターカテゴリーランキングに入ったことも、モチベーションにつながりました。

     ご視聴、コメント、マイリスト登録、広告有難うございます。

     また、幾つか2017年上半期ニコマス20選に、選んで頂けたことも有りました。重ねてお礼を申し上げます。

     

     デレステの「本田未央とのメモリアル5」コミュにおける未央の言葉にも有るように、環境の変化に伴う機会の増加が、人生をより豊かにするのだろうと思うところです。

     来年は、転職と関東に移住することから、忙しくなり今年のように積極的に投稿できなくなるかもしれません。

     しかし、せっかく得た環境があるので、続けていきたいと思っています。

     とりあえずは、第7回シンデレラガール総選挙(予定)がターゲットです。

     また、スマホもパワーアップしたので、ミリオンライブシアターデイズの動画も作りたいと思っています。


    ■動画について
     総出演アイドル183名。

     一応、チェック表を作ってあるので、漏れは無いはずです。

     動画は6320フレームなので、1人あたりの持ち時間は1.15秒程度です。

     実際は、演出の関係でもう少し短くなります。

     いやもう少し長くならないのか? と思ったのですが、製作時間を考えると、コレでも動画時間を取っている方です。(結果大遅刻してしまいましたが)

     第6回シンデレラガール総選挙の時の動画でも少しやりましたが、やはり未央の動画なら全員出したい欲を押さえきれませんでした。

     出演したアイドルは、歌詞との関連性で選んだり、ユニットで選んだりしています。

     すべての演出に意味が有るわけではありませんが、大体は意味があるので気づいて頂けると、嬉しいです。


    以上
  • [感想] アイドルマスターSideM 9話 Over AGAIN・・・

    2017-12-05 23:14
    こんにちは、ヘルシアです。

     「Episode Of Jupiter」(以下EoJ) を含めれば、2度目のJupiterがメインのお話でした。

     大雑把には、今まで事務所に所属したアイドルが少しずつ活躍し始めたという報告と、JupiterがEoJの頃から比べて、315プロで夢を叶えられるのか?その感触を描いたと思います。


    ■伊集院北斗
     今回印象的だったシーンはいくつか有るのですが、やはり北斗に注目したいなと思います。

     特に、S.E.M の舞田類に大学時代から印象が変わったことを告げられ、

     「世の中が、結構面白いって感じられるようになったよ」

     と北斗が答えていたことが印象的でした。

     このセリフの裏を読めば、315プロに入るまで、或いは今日に至るまで北斗は、世の中がツマラナイと思っていた事になります。

     普段は「エンジェルちゃん」「チャオ☆」と陽気に明るく振る舞っている北斗ですが、その実、心の中のある種の乾きがあることを読み取れて面白かったです。

     こう書くと、何か北斗が良からぬことを考えていたのではと思われるかもしれません。

     しかし、アニメではまだ説明されていないのですが、北斗はアイドルになる前に、既に1度挫折を経験しているので、そういったところを原点とする感情だと考えます。

     挫折から961プロでの活躍も束の間、黒井社長と袂を分かち、そしてEoJの失敗があって、ようやく315プロという自分たちの場所を見つけられた、そういった安心感を北斗は持ち始めたのだと思います。

     Jupiterという単位ではなく、北斗自身にとっても315プロが最高の場所になりつつあるというところに、この作品のテーマが感じられました。


    以上