6-5RTA試しにやってみた 53分47秒
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

6-5RTA試しにやってみた 53分47秒

2017-01-10 21:58
    誰もやらないと思いますがむしゃくしゃしたのでやった。後悔はしていない。

    タイムは53分47秒(ストレート)


    速いのか遅いのかわからないタイムですが少しでも参考になればと思って書きました。




    6-5編成 ダメコン使用0(1回目のCマスで秋月が大破)

    4周終了時点でキラが剥がれたのでまみいら使用


    基地航空隊(初回出撃時は熟練度すべてMAXでした)
    出撃の2部隊すべてボス振り分け








    周回してて改善しようか迷ったポイントがいくつかあります。


    ・Cマス(2戦目)で制空権確保を狙い安定をとるか制空権優勢で火力をとるか
    制空権優勢にして空母の艦攻を増やし火力を狙ったほうがRTA的にはよさそうなのですが、そうするともちろん大破率が上がる為、どちらにするか悩みどころです。(上記の編成は制空値400前後で確保)

    ちなみに秋月と摩耶で対空カットイン装備にすることによりCマスやボス戦の空母を棒立ち状態にできます(感覚としては60~70%くらいの確率)
    これにより安定して周回できると思います。


    ・基地航空隊3部隊のローテーション
    通常ならば第三基地航空隊は防空にするのがセオリーですがRTAの場合は疲労がたまってしまいます。
    そこで同じような装備の部隊を3つ作って一つは休息を取らせる(出撃できる部隊は2つまでなので)ことにしました。

    例えば
    1出撃2出撃3休息→1休息2出撃3出撃→1出撃2休息3出撃→これのローテ

    これで疲労がたまることはありません。
    装備は烈風改1と陸攻3です(装備振り分けは適当なので改善の余地有)
    烈風+一式陸攻3では航空劣勢に必要な制空値105以上が取れない為注意が必要です。

    ただ、出撃と休息の切り替えに多少時間がかかる為、改善の余地はあると思います。


    彩雲つけるか否か
    ここも通常ならば彩雲は不要だと思います。
    ただ、ストレート前提の場合RTAのタイムで差がつくところはボスのゲージを昼戦で削れるかどうかにかかっていると思います。(私は6出撃で1度しか昼撃破できませんでした)
    他も同様で不利を引くと倒すのに時間がかかってしまいます。

    彩雲をつける場合は
    ①Cマスの制空権確保を諦めて優勢で妥協
    ②大和に二式水戦改を2つ装備する
    ③摩耶→とねちくに変更して二式水戦改をつける

    ①はRTAの理論としては最速を見込めるのでありですがかなり運ゲーになりそう
    ②はたぶんないけど一応考えましたw
    ③はどうなんだろ・・・やってみないとわからない。


    ・ダメコンは不要
    6-5が実装されてから毎月やってて思ったのですが、上記の編成だと駆逐と雷巡以外は大破することがめったにない為、穴に機銃を入れて対空値を上げてあげればさらに安定して周回することができるかもしれません。



    ここまで書いて思ったこと・・・普通の攻略とほぼ変わらない編成だということにw
    来月は彩雲付けて空母にできるだけ艦攻をつけてチャレンジしたいと思います。
    数回やれば50分は切れると思います。
    まだほとんどの方がやってない6-5で一緒に全一を目指してみませんか(絶対流行らないと思う)








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。